浪漫ドクターキムサブ2-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

脳死状態の女性患者・スニョンがトルダム病院に搬送されて来て、スニョンの母が悲しみに暮れる中、娘の意志を尊重し臓器提供をサブに頼んだ前回。
そして今回、スニョンの臓器が提供される先が決定するも…。

スポンサーリンク

【浪漫ドクターキムサブ2】ネタバレあり

16話

スニョンに脳死判定が下され、スニョンの母は生前臓器提供を希望していた娘の意志を尊重し、臓器提供に同意。
そんななか、ウンジェは同じタイミングでトルダム病院に刑務所から搬送されて来た腎不全を患う殺人犯の患者にスニョンの腎臓を移植できないかとサブに提案した。

どうやら血液型などが適合しているようです

隣でその話を聞いていたウジンが猛反対するなか、その会話をスニョンの母が聞いてしまう。
自分の娘の臓器が殺人犯に移植されるということを知ったスニョンの母は臓器提供への同意を取りやめるのだった。

確かに母としては嫌ですよね…

その後、殺人犯患者の母が病院にやって来て、息子の容体の悪さに泣き崩れる。
その姿を目撃したスニョンの母は同じ母親として複雑な気持ちになるのだった。
その後、スニョンの母は殺人犯患者の母と話していた。
「息子が殺人犯になったのは子供の頃に自分が飲ませていた薬のせいで病気になり、いじめられていたからなの…」と涙ながらに話す母。
それを聞いたスニョンの母は、胸が締め付けられる思いになり、殺人犯患者に娘の腎臓を提供することに決めた。

同じ母親としていたたまれなくなったんでしょうね

その後、スニョンは医師たち、そして仲間の救急隊員たちに見送られ、臓器の摘出と移植手術が行われる。
スニョンの母は手術室に入っていく娘と涙ながらに最期の別れを告げた。
そしてスニョンの体から各臓器が摘出され、腎臓は無事に殺人犯患者に移植された。
その後、ウンジェは自分にこの病院を辞めるよう脅してきていたミングクの部下の医師の元へ。
そこでウンジェは「脅しには屈しません!」とここに留まることを強く宣言した。
その後、ウンジェはウジンと話していた。
するとウジンはウンジェに突然キスをした。

スポンサーリンク

17話

突然ウジンにキスされ驚くウンジェ。
ウジンはウンジェが自分の生い立ちで心を痛めていることを知ると「俺のことで胸を痛めるな」と言いその場から立ち去った。
その様子をミングクの部下でウジェンに何かと嫌がらせをして来るホジュンが部屋の外から見ていた。
そんななか、サブは突然右腕に力が入らないという症状に見舞われる。

サブに何があったのでしょう…

翌日、ミングク新院長の指示によりウジンとウンジェ、そしてホジュンのデスクが同じ部屋になる。
ウンジェのことが気に入らないホジュンは何かと嫌がらせをしてくるのだった。

嫌なヤツですね…

その後、ミングクは医師たちを会議に招集。
しかし、ウンジェとミョンシムだけ外されていて、それが納得できないミョンシム。
そしてサブは召集されていたが病院におらず不参加のまま会議がスタートする。
そこでミングクは運営計画書を見せシステムを改正すると言い「これまで中心だった外傷の急患数を減らし、外来と本院から来た患者の外科手術を中心にする」と宣言。
さらに今後は医師の報酬を成果報酬にすることも宣言。
それを聞いた医師たちは戸惑うのだった。

トルダム病院はどうなってしまうのでしょう…

その後、会議の内容と今後の運営計画を聞いたミョンシムは利益主義な方針転換に納得できずミングクに抗議しに行く。
声を荒げて抗議するミョンシムだったが、ミングクは「あなたには関係ない」とあしらうのだった。
そんななか、ウジンはサブが右手に持病を抱えていることを知り、それをウジェンに話す。
その話をホジュンは部屋の外で盗み聞きしていた。

スポンサーリンク

18話

ウンジェやウジンたちはサブが手根管症候群であることを知る。
どうやら3年前のケガを引きずっていて、仕事が忙しく手術を先延ばしにしていたことで、今回その症状が出たのだとか。
それを聞いたウジンは驚きながらも、前にサブがこの症状とは関係ない肘を気にしていたことを思い出し、少し引っかかり心配になるのだった。

また別の病気なんですかね…

その夜、朝から他の病院に出かけていたサブとやっと連絡がつきひと安心したのも束の間、サブは病院に戻るために乗り込んだバスで交通事故に巻き込まれてしまう。

バスが横転し路肩に転落してしまう大事故です

幸いサブの怪我はさほどひどくはなく無事だったが、横転したバスには妊婦や若者など多くの乗客が乗っていて、多くの重症者が。
サブはトルダム病院に連絡し、そこで医師たちはサブが交通事故に巻き込まれたことを知る。
ウンジェとウジンは救急キットを持ち急いで事故現場に向かい、他の医師たちは患者の受け入れ準備を整えるためそれぞれ動き始めた。
その後、事故現場に救急隊が到着し、ウンジェとウジンも現場に到着。
サブはバスの中で大怪我を負った妊婦の救助を行うも、妊婦は心肺停止状態に陥ってしまった。

サブたちはバスの乗客たちを救えるのでしょうか…

スポンサーリンク

感想

16話は脳死患者の臓器提供についてのストーリーで、脳死患者の母の葛藤する姿はとても考えさせられました。
脳死状態のスニョンの臓器提供が決まり、仲間の救急隊員たちに見送られる場面、そして母とスニョンの最期の別れの場面は胸にグッと来るものがありました。
17話はミングク新院長により病院の方針転換が宣言されたり、サブの右手に持病があることが判明したりと不穏な空気が流れた回でした。
病院やサブの今後が少し心配になるストーリー展開でしたね。
そして18話ではサブの病気について明らかになる中、サブが乗るバスが大事故に巻き込まれてしまうという驚きの展開でした。
サブたちはバスの乗客を救えるのか、そしてサブの病は大丈夫なのかなど、次回の展開が気になるところです。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください