漆黒の四重奏-あらすじ-10話-11話-12話-最終回までネタバレありで詳しく!

韓国ドラマ-漆黒の四重奏-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンウは理事長に復讐するために現れました。
ハジンは記憶を戻すことが出来るのか?
ドユンの怒りの行き場はどこへ向かうのか?
ミニの思い通りにすすめることはできるのか?
今回もまたどうなっていくのか楽しみに見ていきましょう。

【漆黒の四重奏】ネタバレあり

「第13話」

ミニは加害者としてハジンに接するもハジンは全くミニを覚えている様子は見られなかった。
ハジンは何事もなく車で配達先へと向かい、ミニは敵である自分の事を全くわからないハジンを声を出してあざ笑うのだった。
だって記憶喪失なんだもの。

夜中にドユンは書斎で引き出しの奥にしまわれた高級そうな箱の中から元気くんと書かれた超音波写真を眺めている。
翌朝、上機嫌のミニと浮かない顔のドユンは対照的だった。

かわいそうと笑うミニ!

愛人はハジンを探させていた。
嫌がらせしてやると朝の食卓にもわざとドユン達と一緒にとる。
ミニの娘ヘリンにちぃおばあさんと呼ばれへそを曲げるが、ヘリンをちぃおばあさんとして遊びに行こうと誘う。

愛人はなんか企んでいるね!

愛人、ヘリン、ドユンの母、部下でハイキングに訪れていた。
そこへハジンが弁当を持って現れ、ドユンの母は仰天してしまう。
愛人が仕組んだことであり、ハジンを使ってドユンの母を脅迫するのだが、ハジンは全く状況が飲み込めないでいた。

気まずい空気にヘリンがかわいそう。
愛人はなかなか策士ね。

ドユンの母はLKへドユンに会いに行き、昔の恋人を探すのなんてやめて、ミニの家に対しても体裁が悪いと言うのだった。
そこへドユンの母マルスンを見かけた会長に話があるとマルスンは呼ばれ、愛人を早く返せ、せめてテユンだけでもとせっつかれるのであった。

ドユンの母はつくづくそんな役回りだわ。

その頃愛人はハジンを使ってテユンを昇進させてやると、テユンと2人笑うのだった。
テユンも悪になってきたわね。
ドユンはハジンが以前より貧乏な暮らしをしていることにショックを受け、追加調査を中止にする。

また、ドユンは理事長から呼び出しを受け会いに行く。
理事長はドユンに嫌味を行った後、実力はわかったからこれ以上、仕事の幅は広げなくてもよい、ドユンを会長がにする次期は自分が決めると言うのだ。
理事長はドユンがかわいくない婿みたい。

それが面白くないドユンは帰りの車でナム室長にウォール街の銀行の投資の誘致を進めろと命令するのだった。
これ以上、LKを義母の好きにはさせないというドユンの言葉にナム室長の顔の表情も神妙になるのだった。

理事長とドユンの対決も見ものだね。

ミニはテナントで自分のブランドの服を部下に命令してマネキンに着せていた。
その様子を見ているジョンウにミニは気づき追いかけるもみつからなかった。
しかし、ジョンウはまた影からミニを見ている。

ジョンウとミニはかつて恋人であった。
ジョンウは理事長に認められてもらうために会計試験に合格した後、ミョンハ財団に入り理事長の望むような資産管理人となると恋人ミニに誓うのだった。

やっぱりそういう関係なのね。

しかし、ジョンウの父の事件のせいで決裂してしまうのであった。
理事長の家出必死に父の事で訴えるジョンウを非常にも理事長は人手を使って追い出し、またミニは黙って見ていることと、ジョンウに名前を呼ばれても理事長に従い部屋に戻ることしか出来なかった。

苦い過去を思い出すミニとジョンウ。
ミニにも可愛らしい時代があったのね。

ミニとドユンはヘリンの教育方針で対立していた。

ドユンはヘリンを会社の後継者ではなく普通の子として育てたくて一般の学校に通わせていた。
ミニはヘリンを有名私立に通わせたかったが、ドユンの意見をのみこんでいたのだが、やはり特別な子として自分のように育つべきであり、ヘリンもいつかは感謝するはずだと反論する。

理事長、ミニみたいにヘリンがなるの??
悪女量産は勘弁して欲しいな。

ジョンウは現在のミニをスマホに写したのを見ながらブラックパールで酒を煽る。
女社長はジョンウをみかねてつらい戦いになるから強い意志がないとだめだと諭す。
ジョンウもミニには弱いのね。
現在のミニを知ったらどうするのかしらね。

ハジンの母は大家を見かけ、みすぼらしく哀れに思ったのと髪の毛を引っ張ったことで責任を感じ、家に大家を招待しご飯を食べさせようとする。
大家は家の中の本棚からドユンの表紙の雑誌をみつけ、この男がお宅の娘とケンカしていたと言うのだった。

よくもまぁ都合よく見つけること!
 
ハジンの店で心配する母と妹だったが、ハジンはドユンをただの詐欺師だと言い切る。

気持ちが収まらないハジンの母はよそ行きの服に着替え、LKへとドユンに会いに行く。
ドユンはハジンの母に驚くも、オモニと丁寧に対応するのだった。
ここでドユンはハジンの母からハジンが記憶喪失だと聞かされ、驚くも認めなければならなかった。

ハジンの母はドユンにハジンは苦しみから逃れるために記憶を捨てたのだから、もう記憶は戻させないし、自分だって財団の娘と結婚したのだからハジンに会うなと言う。
その他にも過去のことでハジン母はドユンを怒る!
色々あったからねー。

しかし、ドユンは自分の事を忘れ、今のハジンは幸せに生きているというハジンの母の言葉を聞き怒りを爆発させる。
ドユンの今の生活は地獄そのもので幸せではなく、自分のした事を忘れ幸せに暮らすハジンが許せないというドユンにハジン母も驚きで戸惑う。

ドユンの気持ちはわからなくはないけれど、記憶喪失なんだもの。

ドユンは席を外すと怒りの感情のまま車を走らせるのだった。

「第14話」

ハジンの店で新しい目立つ看板が飾られて喜ぶハジンと妹の姿をドユンが怒りで興奮した様子で見ていた。
ドユンは何を考えているの?

ハジンの母は慌てた様子で店に帰ってきて目配せの合図で妹を呼び出し、ドユンが来たかと尋ねる。
妹にハジンの母がLKに行ったことがばれてしまうが、ハジンの母は自分の言葉でドユンを怒らせてしまったのかと悩む。

どうもハジンの母はかきまぜ要因よね。

ドユンはブラックパールで酒を飲み過ぎ、酔いつぶれた姿で部下に家へと運ばれて来る。
ミニは寝室に戻ったドユンの世話をしながら、ハジンのことで酔ったのか質問しながら会ってもハジンが傷つくことになり、ハジンのためにも会わないようにと促すのだが、ドユンがハジンの記憶喪失を知ったことをミニは知る。

ドユンは未だに自分は8年前から進めないのに、ハジンが幸せに暮らしていて悔しい、何とか許そうとしたのだが、このままでは終われないという。
その言葉にミニは顔をしかめ、ハジンは記憶がないのにドユンは何をするつもりなのか、復讐でもすればすっきりするのかと首を傾げる。

ドユンは純粋なだけに何をしたいのかわかりかねる!?

ハジンの母の病院の検診の結果は腎臓の移植の件で慢性の拒絶反応が出る頃であり、抗体注射で治療をとハジンは医師に告げられる。
ハジンは母には詳しいことは知らせずにいるが、母は治療費が高いならやめようかと言うのだったが、ハジンは治療費くらい出してみせると豪語し母を微笑ませる。

腎臓移植しても、そう簡単ではないのね。

店でハジンと妹セヨンは400万ウォン以上かかるという治療費のことを話し合う。
ハジンはセヨンの学費にだけは手をつけてはならないと誓う。
セユンはいつもお金の心配ばかりしてかわいそうだ。

会長は愛人の最後に信じられるのはテユンだけという言葉を気にしていたが、テユンは誰が自分の動向を兄にちくったのか、自分は次の社長だぞと社員達を怒鳴りつけ罰を与えていた。
そこに現れた会長はテユンに失望して殴り、テユンをレストランのホールマネージャーにする。

テユンがここまで暴君だったとはね。

愛人はテユンの処遇に腹をたてて会長の元へ乗り込むが、会長にテユンは可愛いが社長の器ではない、もっとテユンがまともになるなら考えると言われてしまう。
愛人はテユンをまともにしようとするのだが、テユンは自分はまともだと地団駄を踏み、愛人もサジを投げる。

テユンがいつまともになるのかは誰もわからない。

ミニはジョンウから連絡が入り動揺し、ミニの父へと相談する。

ミニはジョンウと以前付き合っていた事を告げるが父はなんとなく気づいていた。
2人はジョンウからミニへの連絡はこれが初めてであること、ジョンウが何を考えているのか探らなければ対応出来ないと相談しあう。
ジョンウはミニでも手をあます?

その頃ブラックパールでは女所長が、理事長を検察に告発されるように準備していた。
ジョンウは早いと驚くも女社長のどうする?という問いにまだ決めていないと言うのだった。
ジョンウはミニが今でも好きなの?

ハジンはLKの食品部から連絡があり浮かれていた。
ジョンウと会った時もLKの話をし、添加物にも気を使ういい会社だから期待していると笑うハジン。
ハジンの周りをうろつくジョンウ。

ハジンは大切な約束があるからと着るものがないので母に20代の頃の服を準備してもらい喜ぶ。
母はハジンが稼いでいたこともあったのよというが、ハジンは他人事のように信じられないと言うのだった。

ハジンの記憶が戻ったら生活が変わるのかしら?

LKに訪れたハジンは会長とすれ違い、会長は自分の目を疑う。
ハジンが受付で手続きしていると妹からまだ帰らないのかと連絡がきて、LKの本社で会議があると告げる。
ハジンは残念な結果だった場合のことを考え、変に期待させないように黙っていたのだ。

妹は電話が切れた後もハジンを心配しながら走り何度も電話をするが通じない。
その頃、ハジンはナム室長に社長室へ案内され何かの間違いでは戸惑うが、そのまま社長室に通される。
もう嫌な予感しかしない。

ミニはジョンウに連絡して会う約束をする。
カフェでミニを待つジョンウだったが、現れたのはミニの父であった。
憤慨したジョンウはチンピラのように大声でミニの名前を呼びながら正体をばらすぞと叫ぶ。

ジョンウがガンペみたいで怖い!

サングラスをかけたミニが現れ、ミニの父は神妙な顔で店の外へと出て行くのだった。
ジョンウはミニに久しぶりと笑いかける。

一方、ドユンはハジンを待ち構え、対面したハジンを驚かせるのだった。

「第15話」

まだミニへの未練を断ち切れないジョンウは現在の気持ちをミニへ問う。
ミニは正直に話すと言い、ハジンをバカな女と比喩して以前にバカな女に恋人と別れろと脅したら、好きな男の為に全てを捨てたバカな女だとジョンウの前であざ笑う。
ミニ嫌なやつだわー。
8年前にジョンウと別れられたおかげで、LKの妻ミョンハ財団の妻でいられるとミニは冷酷に笑い、あなたなら娘にこの生活を与えられるかと逆にミニはジョンウに問い、身の程知らずと罵る。

こんなこと言われたら100年の恋も冷めちゃうね。

ミニはもう二度と連絡するなと立ち去ろうとするが、ジョンウはミニを後ろから抱きしめ、
未練を断ち切れたお礼を告げ、今のミニは理事はそっくりだと吐き捨てるのだった。
ミニの父は店を出たジョンウの後を部下につけさせるが、ジョンウに気づかれて失敗に終わる。

ジョンウのいう通り、ミニは理事長みたいだよね。

ドユンはハジンが記憶喪失であると納得しなければならない事が非常に腹ただしく、今まで溜まっていた思いをハジンにぶつける。

最初は反発していたハジンだったが、ハジンのせいで事故に遭い、何度も手術を繰り返した上、歩けるまで辛いリハビリをし1年もかかったのだというドユンの話を聞き、ドユンを心の底から心配する。

ハジンはやっぱり人がいいね。

そんなハジンに戸惑い後ずさることしかできないドユンだったが、僕は君に何をするのか宿題を与えるとハジンに言い渡す。
そんな宿題いりません!

ハジンはLKのロビーでドンウとの対峙で疲れフラフラとしていると妹が駆けつける。

理事長はジョンウの父親の美術品のことで検察に告発され、ジョンウにやられたと悔しがる。
しかし、証拠がない限り財団の捜査令状は出せないはずだと踏み、美術品の購入者を総長に調べてと命ずる。

理事長と総長もなかなかやるね。

理事長たちは美術品の購入者がドリームゴールド投資銀行のジェイ・リーダースだと突き止める。
この銀行とジェイはドユンも目をつけている!

ジョンウはタクシーを降り、高級そうな建物に入ると皆にお辞儀をされて向かいいれられ、立派な部屋で幾つも並ばれた高級そうなスーツを選ぶ。
理事長がくいついたという女社長からの電話にジョンウは笑い、長引くと気づかれるから一気にすすめて一度で息の根を止めるとジョンウの眼光が鋭くなる。

理事長とミニはやばい人を敵に回しちゃったんじゃない?

ハジンの店では、ハジンが妹に本当はドユンのことを知っていたのではと詰め寄り、事実だと知るとドユンのいう通りハジンは二股をかけ、事故にあったのも自分のせいなのかと頭を悩ます。

こんな事、急に言われても信じられないよね。

ハジンの妹も詳しくは知らない為戸惑い、姉さんは何も昔から変わらないと怒り、むしろ自分の方が迷惑をかけていると泣いてしまい、ハジンはもう過去に縛らるのはやめようと誓うのだった。

当時のことはセヨンは写真ぐらいしかわからないのよ。
過去より今が大事ね。

ドユンが帰るとミニが愛人が会長の元へ帰ると教えにやってくる。
その際に契約では気を遣うのお義母さんだけではないか、姑が2人もいると話は別だと話し合いしているのを愛人が盗み聞く。
愛人、やったね!

愛人は契約と仕事の話ばかりで夫婦らしくないとミニとドユンの関係を怪しみ、ミニの部屋に忍び込み、部屋探しをする。

愛人は続けてドユンの書斎にも忍び込み、夫婦のベットとは別のベットを見つけますます怪しむ。
会長が愛人を迎えにくるも、愛人は帰れない、今後もここで暮らすのだと言い、会長は怒って帰ってしまう。

愛人は息子と自分の行く末のために頑張るのよ!

テユンはレストランで働くもさぼり、お小言をうけるもまたも弁当を買いにきたハジンの妹を見かけ、隠れる。
またもテユンとセヨンのニアミス。
2人の間に韓国ドラマあるあるが発動するのかな!?

会長はドユンが仕事に身が入っていないことが気がかかり、ナム室長をなかば脅してドユンがハジンと会っていることを聞き出す。
会長はどう動く?

ドユンの母はハジンの店の前で偵察に来るが、古くてこんな小さい店だと嘆き、以前より生活が苦しそうだと同情するも大家に話しかけられ逃げて行く。
やっぱり、ハジンが気になるのね。

大家はハジンの店に家賃をもらいにやってきたのだった。
ハジンは大家にお金を渡して指図したのは誰かと問い、証拠があるから警察に通報すると言われる。
ハジンも負けていませんね。

店から逃げ出した大家は、ミニに慌てて連絡し、ハジンにばれた、証拠があるのかとミニに問うが、ミニはそんなわけがないと呆れる。
大家は突然、自分の背後にハジンが現れたことで驚き携帯を落とし、大家の変わりにハジンが拾って応答する。

ハジンの反撃開始か!?

ハジンの声を聞いてミニの顔は凍りつく。

13話-15話の感想

物語はジョンウが動き出してますます面白くなってきました。
愛人がドユン達と一緒に住んだことで契約結婚のこともばれてしまうのか気になるところですね。
ミニと理事長はどう対応するのかも楽しみです。
私は個人的にドユン役のキム・スンスさんの演技がもうすごくて目が離せません。
ドユンみたいな役って結構演技が難しくて空気になっちゃうこともあるのですが、ドユンの心の葛藤を上手に演じれていてすごいの一言です!
この演技を見るだけでも価値があると思いますね。
今回はハジンもミニには負けなそうで心強い気がして見ていましたよ。
早く続きが気になりますね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。