潜入弁護人-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

だんだん事件の背景があきらかになってきましたね。大人の欲にまみれた本当にひどい高校ですが、当の生徒ももう高校生なので、自分が悪いことをしている自覚はあったはず。この子どもたちがこの後どうなっていくのか目が離せません。ついにソヒョンもムヒョクに協力してくれることになり、検事ヒョンジョンと3人で事件解決に挑みます!

それでは16話からお伝えしていきますね~

【潜入弁護人】ネタバレあり

16話

イ・テソク事務長に呼び出されたムヒョクは、高校に協力的な態度が認められ、チョ先生の代わりに2組の担任に任命されます。教務主任からは、テラの成績管理を任されることに。今回のテラのテスト成績を全科目トップにするよう指令を受けたムヒョク。
イ・テソク事務長は、兄から盗聴され、動きを監視されているようです。

2組の担任がムヒョクになったことで怯えるイェリ。ボムジンに、ムヒョクにからデビューできなくしてやる、と脅されていること、ギフンが撮ったスアの写真に写っていた男性がイ・テソク事務長だとムヒョクが疑っていることを話し、助けを求めます。
スアとムヒョクがどう関係しているのか思案するボムジン・・・

ヤン次長検事が、イ・テソク事務長が経営するエンタメ事務所のモデルに接待を受けている写真を見て、密かにヤン次長検事の調査を始めるヒョンジョン。
ヒョンジョンがチョンミョン高校やウナム大について調べていることに激怒するヤン次長検事。めちゃくちゃあやしい!

ムヒョクは、テスト中に生徒の携帯を教師が預かることに目を付け、その間に生徒の携帯をハッキングしてデータを抜き取ることを思い付きます。ウォンソクが開発したアプリで生徒の携帯とムヒョクの携帯を有線でつなぎ、その間にハッキングするのです。
ビョンホ、ギフン、次にボムジンの携帯をハッキング中にボムジンが試験を終え、携帯の返却を求めます!!ムヒョク、危ない!

17話

ボムジンの携帯を自分の携帯につないで、データをハッキングしていたムヒョク。まだハッキング中なのに、ボムジンは、試験を早く終えたから携帯を返してほしい、と迫ります。危機一髪!ボムジンにハッキングが見つかることはありませんでした。
ボムジンの携帯には、スアの接待モデル宣材写真が入っていました!

ボムジンの携帯をハッキングしたウォンソクは、お天気アプリが監視アプリのダミーであることに気づきます。しかし、途中で線を抜いたため、ハッキングには失敗。データは消えてしまいました。更にジョンホの携帯にはイ・テソクとのやり取りが残っていました。
ボムジンは誰を監視しているのでしょうか!?

ボムジンの父、ユ・ヤンギ国会議員は教育委員会委員長であることが判明。ウナム大買収には大きく関わりそう・・・ムヒョクはユ・ヤンギをスアが接待した0番ではないか、と疑います。しかし、ヤンギは品行方正、教育の行き過ぎを懸念し予備校に罰則を科す、子ども思いの議員です・・・
ボムジンはジェジュンを借金取りから助け、言うことを聞けば学校に戻してやる、と言います。何をさせるつもり!?

スアのマンションの出入り口の防犯カメラから、ハンスの映像しか出ないことから、再捜査に持ち込むのは厳しいと言うヒョンジョン。ムヒョクはスアのマンションから出入口を通らず大通りに出る抜け道を発見。ウォンソクが周辺の膨大な量の防犯カメラをチェックしてハンス以外の犯人を探します。
真犯人が写っているでしょうか!?

18話

ソヒョンはビョンホを呼び出し、ハンスが眠っている病院に連れていきます。ハンスに面会に来た時何を話したのか、聞き出すためです。病床のハンスに会ったビョンホは罪悪感にかられ、ソヒョンに真実を話します。
イ・テソク事務長に指示され伝えたことは、スアが怪我したのはハンスが余計なことをしたせいだ、スアの命が助かるには人魚姫の結末がヒントだと・・・

ビョンホの告白を聞いたムヒョクは、自殺を促す脅し文句ではなかったことを残念がります。何の意味もない言葉だと。ソヒョンはビョンホが勇気を出して告白した内容を意味がない、と言い切るムヒョクに反発します。教師らしく生徒に愛情をもって接してほしい、と。
しかし、ビョンホはまだ隠しごとをしていました。原作の人魚姫の最後は王子を想い、代わりに死ぬ結末なのです。全部話そうとするとそこへボムジンが現れ・・・

ギフンは父親イ・ドジン所長に、スアとホテルで会ったのではないか?密会にイ・テソク事務長が関わっているのではないか?誰がスアを殺したのか!?問い詰めますが、無言の父。ギフンはスアを襲った時、ハンスが助けにきたこと。ハンスに殴られながらも、スアにイ・テソク事務長に体を売っていたのでは?と聞いたことを思い出しています・・・
ギフン!最低!そして、父親もスアに接待させていたとしたら、目も当てられませんね・・・

ヤン議員が発案した“私学財団規制緩和特別法”に着目するムヒョク。大学を買収しやすくする法案です。しかし、1年も保留にされている法案・・・ヤン議員とイ・テソク事務長の関係が分からないムヒョクは、イ・テソク事務長の部屋の金庫に携帯と手帳が隠されていることを思い出し、手に入れようとします。
イ・テソク事務長の部屋に訪れたのは・・・ムヒョクではなくギフンでした。スアとの関係を問いただすギフンを殴り飛ばして追い返すイ・テソク。

16話から18話の感想

スアは、イ・テソク事務長が経営するエンタメ事務所のモデルで、イ・テソクと取り引きして、VIPの接待をしていたのですね・・・その相手は、ホテルにいたギフンの父、イ・ドジン所長!?その事実を疑いながらもスアを襲ったギフン・・・ハンスを自殺に追い込んだビョンホも真実を明かし始めました。やはり黒幕はイ・テソク事務長?

謎は謎を呼びますが、とにかく、明かされる謎が悲劇的要素しか含んでいない、という絶望の展開ですね・・・

次回もお楽しみに!

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください