猟奇的な彼女-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-リッチマン-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

猟奇的な彼女

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
やっと王女の前で素直になれたキョン・ウですね。
熱い口づけが王女とキョン・ウの心を解かしました(^▽^)/

【猟奇的な彼女】ネタバレあり

第11話 恋路

キョン・ウは清のダルハンに扇を見せる。
キョン・ウが清の皇帝から頂いたものだった。

「この扇を見せれば願いを叶える」と皇帝から約束された扇。
「縁談を諦めて欲しい」と頼むキョン・ウだった。

そして清のダルハンは帰って行く。
王女とキョン・ウはとても仲睦まじかった。

捕らえられた戸曹判書は口を割らなかった。
そこで「王様自ら尋問しては?」との意見が出る。

しかしチョン・ギジュンたちは焦っていた。
戸曹判書が口を開けば自分達も危ないと。

そこで牢にいる戸曹判書の命を狙ったギジュンたちは、食事に毒を混ぜる。
カン従事官の機転により何とか食い止められた。

元子の師匠に復職したキョン・ウ。
「王女にも頻繁に会える」と元子の師匠を申し出たのだった。

その頃、ダヨンは王女の破談の原因を聞き怒り狂っていた。

ヘミョン王女は恵民署で奉仕をする。
ダヨンは多くの貴女を従えて恵民署へ。

お手伝いに来たというが全く役に立たず、お客様状態の彼女達。
ダヨンはそんな中、王女に話があるという。

そしてありもしないキョン・ウとの縁談の話をするのだった。
そして「帯飾りももらった」と王女の心をかき乱す。

キョン・ウはヨンシンからその話を聞き、王女を抱擁するのだった。

翌日、開かれるという戸曹判書の尋問。
パク・スンジェは牢にやって来て鍵を投げ込む。

これは罠だった。
逃げ出した戸曹判書は殺されてしまった。

チョン・ギジュンの家に投げ入れられる文。
「事必帰正 因果応報」と書かれていた。

キョン・ウと王女の元に、10年前ヘミョン王女の母、廃妃に仕えていた尚宮が見つかったとの連絡が。

会いに行くキョン・ウ。
その女性は言う。

「王女の母親は密通の罪で廃された」という。

この女性、ヘミョン王女の母では??

第12話 仮面

キョン・ウがあった女性は。
「王女の母は密通の罪で廃された。捜すのは危険だ」と言う。

キョン・ウは王宮で待ちわびていた王女に説明する。

「アン尚宮は当時療養のため宮中にいなかった。帰ってきたら箝口令が敷かれていたので何も知らない」と。

今は何も伝えない方が良いと思ったキョン・ウは嘘をつきました

かつての幼き王女にとっても、母王妃にとっても、とてつもなく辛い出来事であった。
親子が引き離されてしまうと言う現実は。

王女はいてもたってもいられず夜に寺へと向かった。
しかしそこにアン尚宮はいなかった。
荷物をまとめて出て行ったと言う。

このアン尚宮こそヘミョン王女の母ですよね

キョン・ウが王女に廃妃になったん理由を隠したゆえに、王女と気まずくなる。
そんな王女もまた浮かぬ顔。

王女は恵民署でチュンプンと会う。
チュンプンに悩みを相談した王女。
「恋人を信じなさい」と言われ、気持ちが楽になったようである。

王女と仲直りしたキョン・ウ。
その頃ダヨンはキョン・ウへの想いが一方通行でうまく行かず、苛立ち臥せっていた。

王妃パク氏とギジュンの手下ウォルミョンは。
その昔、恋仲だった。

「下級役人の妻では満足できない」と言って王妃を望んだパク氏。
そしてウォルミョンをギジュンの下に就かせるのだった。

自分勝手な想いでウォルミョンを操って来た王妃パク氏のようです

ある日、落とし文が街中に。
「王の上に立つ左議政、何も言わぬ愚かな王。国の元凶である2人とも私が裁く」と書かれていた。

鬼仮面が落とす文。
チュソン大君だと噂される。

10年前に廃妃と密通したと言われたチュソン大君。
火の中へ入って亡くなったと思われていたが・・・。

ヘミョン王女は王妃パク氏にチュソン大君について聞きに行く。
そこで聞いた箝口令の内容。

「母がチュソン大君と密通し廃妃となり、チュソン大君は謀反を犯した事がバレた」と。

その頃また鬼仮面が。
キョン・ウは鬼仮面に矢を向けられる・・・。

第11話から第12話の感想

清の皇子ダルハンと一緒に清に嫁いでしまうのかと心配しましたが。
一安心です(^▽^)/
キョン・ウは王女に少しずつ心を開き、王女もまたキョン・ウへの想いを素直に表すようになりましたね。
とてもお似合いのお二人です(^▽^)/
そんな王女たちの裏では、私利私欲に走るチョン・ギジュンはじめとする悪徳役人たちが動いていました。
10年前に王女の母を廃妃に追いやった現王妃のパク氏とギジュン。
罪のないチュソン大君や母を窮地に追い込んだ人間を許せない王女。
少しずつ過去を知り、戦おうと立ち向かっていますね。
これ以上悪事を働く前に、ギジュンたちを捕まえて欲しいものです。
キョンウを一方的に想い続ける気の強いお嬢様ダヨン。
何が何でも欲しいものは手に入れようと、父親譲りの根性が垣間見られますね(≧∇≦)


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください