王女ピョンガン-月が浮かぶ川のあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回ご紹介するのは韓国で2021年2月15日から2021年4月20日まで放送された『王女ピョンガン 月が浮かぶ川』です。
『トッケビ』や『君の声が聞こえる』のキム・ソヒョンと『シンデレラと4人の騎士』に出演したナ・イヌ主演の韓国ドラマ。
日本ではNHKで10月31日(日)21:00から放送予定です!

今作品は韓国で最高視聴率10%を記録した作品で、韓国では幅広く知られているピョンガンとオン・ダルのラブロマンスを描いています。
ここでは韓国ドラマ『王女ピョンガン 月が浮かぶ川』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきます。
どうぞお楽しみにしてくださいね♪

王女ピョンガン-月が浮かぶ川 あらすじ

高句麗の国王の長女であるピョンガンの父の後を継ぎ自らも高句麗の王となり国を守ろうという夢を持っている、正義感の強い娘だった。
その頃、朝廷では桂婁部族のコ・ウォンピョや他の部族が秘密裏に結託し高句麗の王座を狙うべく動き始めており、ピョンガンの母・ヨン王妃はピョンガンを連れて逃げ出す。
国境を守る順奴部族のオン・ヒョプ将軍に助けを求めたヨン王妃だったが、ヨン王妃はウォンピョたちの策略に酔って殺されてしまう。
オン・ヒョプ将軍はヨン王妃殺害の濡れ衣を着せられて殺され、オン・ヒョプ将軍の息子であるオン・ダルと逃げていたピョンガンも行方不明になってしまう。

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-1話-2話-3話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-4話-5話-6話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-7話-8話-9話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-10話-11話-12話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-13話-14話-15話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-16話-17話-18話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-18話-19話-20話

王女ピョンガン-月が浮かぶ川-最終回(20話)

見どころポイント
今作品の見どころは韓国で有名な逸話である逸話「ピョンガン王女とバカのオン・ダル」を現代アレンジで描き、1500年も語り継がれた二人の純愛模様ですね。
皆が知るからこそ描きづらいテーマではあると思いますが、書かれていないifストーリー的な部分もあり皆さんが楽しめる作品になっていました。

韓国内でも久々に面白い時代劇が出てきたと報番のようで、キム・ソヒョン演じるピョンガンとヨン・ガジンというキャラの対比が非常に良かった。
時代劇や歴史ドラマは長くなりがちですが、そこを20話という短さでテンポよく収めたのも良かった!ピョンガンとオン・ダルのラブシーンもドキドキものです。

王女ピョンガン-月が浮かぶ川 評価・レビュー

韓国ドラマ「王女ピョンガン-月が浮かぶ川」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

韓国に1500年伝わる逸話をベースにした今作品、20話という比較的短い作品であったものの逆にこの短さが良かったですね。
まさかのオン・ダル役の途中交代というハプニングもありましたが、それでも完成度は高かったんじゃないでしょうか?

序盤から駆け抜けるようなテンポ感、最初は登場人物や設定などが一気に押し寄せますが人物描写はわかりやすかったほうですね。
最初から最後まで活躍するコ・ウォンピョがしっかりと悪役していたのも高評価だし、変に小者感が無いのも良かった。
強いて言えば、父であるピョンウォン王がどーしようもないって感じ、ただ逆にどーしようもないからこそ物語に発展するので。

中盤になると記憶を取り戻したピョンガンがオン・ダルと急接近、そして宮廷内での謀略に立ち向かっていく展開に。
よくある「女同士の醜い争い」や「台詞だらけの口だけ権力争い」みたいのが起きなかったので楽しくテンポ良く見れました。
ここからコ・ゴンが歪んでいきますがコ・ゴンはコ・ウォンピョに比べるとまだまだだなって感じも逆にコ・ウォンピョを引き立たせてましたね。

終盤でコ・ウォンピョとジン妃が良い仲だったとバレますが、あの慎重なコ・ウォンピョも女選びはあんまり上手くないようで。
そしていきなり4年経つという展開にも驚きましたが、逸話では最後は死んでしまうオン・ダルが今作品では生きていたと言うifストーリーも良かった。
やっぱりこれくらいの話数でしっかり展開を描けるドラマは強いなって感じましたね、長々続かしてテンポ悪くするのは悪手だと思います。

王女ピョンガン-月が浮かぶ川キャスト・登場人物

韓国ドラマ『王女ピョンガン-月が浮かぶ川』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリストでご紹介します!。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

ピョンガン,ヨム・ガジン役/キム・ソヒョン
高句麗のピョンウォン王の長女として生まれるが国を追われて逃げ、殺し屋の集まりである殺手房に拾われ殺し屋として育てられる。
実権を奪われてしまい、他人を疑うようになってしまった父に代わり国を収めようとし、女性で初めての高句麗王を目指す。

オン・ダル役/ナ・イヌ
スノブ部族長であるオン・ヒョプ将軍の息子、ピョンガンを逃がそうとして殺されてしまった父の遺言を守り山で暮らす。
心が優しく動物を愛し非暴力を誓う人間ではあるが、ピョンガンの夢を叶えようと自らの巨大な力を振るい闘う。

コ・ゴン役/イ・ジフン
ゲル部の首長であるコ・ウォンピョの長男であり、品位と権威を併せ持つエリート将軍でピョンガンの剣の師匠でもあった。
ピョンガンに剣を教えている時からピョンガンの事を想っている。

ヘ・モヨン役/チェ・ユファ
ソノ部の首長へ・ジウォルの養女、キレ者であり資金運用に長け父親の代わりにソノ部の実権を握っている人物。
薬草店を営み薬草の知識もある。

オン・ヒョプ役/カン・ハヌル
国境を守るスノブ部族長でオン・ダルの父、ピョンガンの母であるヨン王妃を逃がそうとしたが逆にヨン王妃殺害の濡れ衣を着せられる。

王女ピョンガン-月が浮かぶ川 基本情報

放送日 2021年2月15日~2021年4月20日
話数:20話
キャスト:キム・ソヒョン ナ・イヌ イ・ジフン チェ・ユファ
監督:ユン・サンホ
脚本:ハン・ジフン

ユーザーレビュー
あなたの評価を投稿
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

あなたの評価を投稿

王女ピョンガン-月が浮かぶ川
平均点:  
 0 件

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください