町の弁護士チョ・ドゥルホ-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレでありで!【シーズン1】

韓国ドラマ-町の弁護士チョ・ドゥルホ-あらすじ-4話-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

町の弁護士チョドゥルホ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
3年間の放火殺人事件、何やら隠さなければならない事情が裏で動いているようですね~!チョン会長とヨンイル検事長がこの事件に関わっているのは、間違いなさそうです!
ドゥルホはピョン容疑者を助けることが出来るのでしょうか?

今回は4話からお伝えしていきますね♪

【町の弁護士チョ・ドゥルホ】(ネタバレあり)

4話

ドゥルホは事務所の防犯カメラから、何者かが侵入しキム元刑事から受け取ったUSBをすり替えたことに気付く・・しかも、犯人の顔見覚えがある様子。
USBにはキム元刑事が言うように、相当やばいものが・・?

その後、クムサン法律事務所に向かい、代表で義父のシヌの元へ行くドゥルホ。
「お義父さん、USBを返してください」と話すドゥルホに「向こう見ずで非常識なのは相変わらずだな」「このままじゃスビンに相手にされないぞ」と動じないシヌ。
その頃、USBを盗むよう指示したテジョン弁護士は「素人みたいにばれやがって!」と電話口で怒鳴っていた・・その会話やデジョンの怪しい動きを見たウンジョは「USBすり替えはクムサンが関係しているのでは?」と思い始める。
義父との久しぶりの対面のようですが、最悪な対面の仕方ですねww

翌日、ピョンの判決が決定する。
「被告人が被害者を殺害し、放火したという直接的証拠はない。しかし多くの状況証拠や証言からして犯罪を犯した可能性は高い。よって被告人を懲役8年の有罪とする」と判決を下す裁判官。
・・その判決を父の大好物を持って、傍聴しに来たスンモは父ピョンに会わずに去って行く。
スンモはピョンに謝りに来たのでは?

その後、面会でスンモからの差し入れを持って行くドゥルホとウンジョ。
「勇気を出して控訴すべきです」「息子さんを巻き込まず、新証人を見つけます」と説得するドゥルホ・・スンモの差し入れを食べながら涙し、控訴することを決意するピョン。
ピョンは息子スンモに背中を押され、もう一度頑張ってくれるようですね!

3年間の交通事故について調査するドゥルホ。
近くで店を営んでいる老婦人が事故を目撃し、通報したけど認知症だと信じなかったと聞き、老婦人イ・マルスクに会いに行くことに・・するとそこにウンジョも現れる。
・・「3年前、屋根のない車が男をはねたの。男をはねた車から若い男と女が降りてきて、ひかれた男を積んで走り去ったの」「大怪我で頭から血が出てた」とパニックになるマルスク。近づこうとするドゥルホたちに黄色の傘を広げ「近づくな!」と・・その傘は「3年前の事故当日、被害者が落とした傘」だった。

控訴審当日。
マルスクは黄色の傘を持って入廷する・・。
「2013年3月25日深夜1時に起きた交通事故を目撃しましたか?」と聞くドゥルホに「はい。(ひかれた男性は)黒いジャンバーを着てカバンを持っていました」と答えるマルスク。
「はねられた男はノ・グァンスなら、グァンスの死因は放火ではなく、交通事故であり、被告人は犯人でない。近所の交番の当日の日誌と被告人の証言をご覧ください」「初対面の被告人と証人の証言が一致していますよね」と弁護するドゥルホ。
まさか事故の目撃者を連れてくるなんて、ジウクは思わなかったでしょうね・・

しかし、事前にマルスクの認知症症状が一番出る時が、息子が交通事故で亡くなった話をした時だと主治医から聞いていたジウクは、「息子が死ぬ瞬間と勘違いしたのでは?」とマルスクを攻撃
ジウクはドゥルホに、対抗心を抱いている様子

すると認知症の症状が出て「ここはどこ?」と動揺し始めるマルスク・・。
そこにウンジョが祖母の認知症からヒントを得て、マルスクの嫁を連れてやってくる・・可愛がり、普段から一緒に生活をする人の前では、認知症の症状が出にくかった祖母を思い出したのだ。
ウンジョとドゥルホはいいコンビなのでは?

嫁の姿を見て、落ち着くマルスク・・。
すると「こら検事!!息子は柔道をしてて体重が100キロ以上あった。母親の私が息子を見間違えると思うか?ボケてはきているが、見分けがつかないほど重症じゃない!3年前、この目ではっきりと見た!」としっかりした口調で証言するマルスク。

5話

事故現場にあった黄色の傘を証拠品として提出するドゥルホ。
開くとそこにはホームレスのノ・グァンスが通っていたシェルターの名前と「タイヤ痕」がくっきりと写っていた。
この黄色の傘が勝敗を決定する証拠品になりそうですね!

控訴審の判決がくだる。
「被告人には被害者を殺害する動機はあるが、新たな証言が被告人の主張と一致する。よって被告人による殺害の可能性には合理的な疑問点が多いため、被告人を無罪とする」と・・。
「ありがとうございます!」とお礼を言うピョン。そんなピョンを涙を流しながら抱きしめるスンモ・・。
無罪を勝ち取り、スンモとも仲直り出来て、本当に良かったです!

ドゥルホに負けたジウクは悔しがるも父であるヨンイル検事長は「お前が油断してる間、ドゥルホは思いつかない証拠を見つけ出した。お前はヤツにはかなわない」と・・。
父にそんなこと言われたら、ジウクも傷つくでしょうね・・

翌日、外食をしに昔のいきつけの店へ向かうドゥルホたち一行。
しかし以前の人気はなく、客はドゥルホたちだけ、食堂で働く息子ヨンス・・するとそこに文句お言いながら横柄な態度で入ってくる男性が。
どうやら建物を再建築するから、立ち退き料金を払わず、立ち退くよう嫌がらせをされている様子。
そこで立ち退き業者を相手にドゥルホが弁護することに・・。

どうやら大型ショッピングセンターを作る計画があるらしく、たくさんの店が立ち退きを強いられている状況の様子・・しかも、テファグループ内のテファハウジング・チョン会長息子のマイケル・チョンの仕業だ。
マイケルはお金さえあれば何でも解決できると思っていそう!

一方、マイケルはヨンスの店に来て「どうしてこんな小汚い店をつぶせないんだ!」と業者に暴言を吐く・・そこに立ち退き訴訟でテファ側の弁護をすることになったウンジョが止めに入る。
その頃、色んな店を回り、署名活動をするドゥルホ・・。

6話

ウンジョはヨンスに「100%敗訴しますよ。今なら次の店舗の内装費を支払うので合意して欲しい」と店に来るが、そこに来たドゥルホに「結果を決めつけるな。30年営んできた店を潰される気持ちがお前に分かるのか?」と言われ、「・・分かります」と寂しそうに去って行くウンジョ・・昔、似た経験をした様子。

翌朝、ヨンスの店に落書きの嫌がらせが・・それはマイケルの仕業だった。
近くでヨンスがパニックになる状況を笑っているマイケルを発見したドゥルホは、マイケルを屋上から突き落とそうとする。
その後「死にそうだったか?追い出される借主も今のお前と同じ気分だ。分かったか?」と話すもドゥルホから逃げるマイケル。
ドゥルホはいつも予想外の行動をするから、見ていて面白いです♪

するとドゥルホが「助けてください、社長!命だけは・・」とマイケルに突き落とされているかのような演技を始める・・その動画を撮影するエラ事務長。
その後、この動画をマイケルに送り「お前の父ちゃんにも送り付けるぞ!」と脅し、ヨンスの店に手を出さないよう話す。
最後の最後まで抜かりがないww

その後、マイケルはクムサン法律事務所に「優秀な弁護士に変えろ!」と文句を言いに行く。するとクムサン法律事務所副代表で弁護士、そしてドゥルホの元妻ヘギョンが「他の事務所を紹介します」ときっぱり断る。
すると大人しく言う事を聞くマイケル・・。
ヘギョン、かなり仕事が出来る女性!って感じがします!

ウンジョはヨンスの店へ。
すると母親がいなくなったと連絡が入り、病院に行かないといけなくなったヨンスの代わりに「昔、両親が食堂をやっていたので」と店番をするウンジョ。
ウンジョもお人好しですね~

その後、皿洗いをしていると突然電気が消え、真っ暗になり転倒した上、腰を打ち、動けないウンジョ・・外でテジョン弁護士の指示で電線を切り、出られないようドアを板で塞いでいた。
ヨンスからの連絡で店に向かったドゥルホに助けられるウンジョ。

薬局で湿布を買い、ウンジョに渡したドゥルホは「行く所がある」と不動産屋へ。
するとそこにはヨンス母が土下座をし、立ち退きを中止してもらえるように頼んでいた・・ヨンス母を連れ出し、病院へ向かうドゥルホ。
ドゥルホは素っ気ない態度ですが、優しい性格なんですね♪

一方、マイケルの数々の不正を疑い、調査することにしたジウク検事。
その情報を仕入れたヨンイル検事長は「ドゥルホの二の舞になるぞ。辞めておけ」「チョン会長を敵に回すな」と反対する。
チョン会長は相当な権力を持っているようですね・・

ドゥルホたちはマイケルたちが店を立ち退かせた後、ショッピングセンターを作り再建築せず、外国人に賃貸するつもりだという情報を得て、ある作戦にでる。
・・デスに架空外国企業の代表、エラに婚約者を演じさせ、マイケルから証言を得ようとするも正体がばれ、失敗に終わる。
この作戦には無理がありすぎるような・・

その夜、ヨンスの店はドゥルホとヘギョンの思い出の店だったのもあり、気になり覗きに来るヘギョン。
するとドゥルホが出てきて「俺たちの思い出の店がなくなってもいいのか?」と聞くも「消したい記憶よ」とはっきり言うヘギョン・・。

町の弁護士チョ・ドゥルホ 4話・5話・6話 感想

ピョンは無事に無罪になり、息子スンモとも再会出来て、本当に良かったですね♪きっとドゥルホがピョンを信じていたからこその勝利ですよね!
ぶっきらぼうに見えて、本当は心優しい、温かい人なんだな・・と少しずつ感じるようになりました!
この調子でヨンスの店も守って欲しいです♪それにしても、マイケルに屋上から突き落とされる演技をしたり、エラとデスが大企業の代表と婚約者になりきったりと、一般常識ではあり得ないことをよく思い付くドゥルホ!こんな事務所で働けたら楽しそう!!
そして、クムサン法律事務所のやり方が自分の理想とする弁護士と気付き始めたウンジョは、自分の気持ちに蓋をしクムサン法律事務所にの事のか、それとも辞めてドゥルホの元へ行くのか・・こちらも楽しみですね♪