町の弁護士チョ・ドゥルホ-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!【シーズン1】

韓国ドラマ-町の弁護士チョ・ドゥルホ-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

町の弁護士チョドゥルホ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミョンジュン殺害の容疑者になってしまったドゥルホ。このままでは帳簿もチョン会長の悪事も明かせないままになってしまいますよね・・。
ウンジョたちやヘギョンは、ドゥルホを救い出すことが出来るのでしょうか?

今回は16話からお伝えしていきますね♪

【町の弁護士チョ・ドゥルホ】(ネタバレあり)

16話

ドゥルホの予想通り、エラやウンジョたちも家宅捜査され、作戦会議をすることにしたウンジョたち。
するとそこに「私にも手伝わせて欲しい」とヘギョンが事務所にやってくる。
ヘギョンはドゥルホのため、娘のために動いたんでしょうね♪

ソジョンの行方が分からず、ウンジョたちもチョン会長たちも必死に探していた。
・・ソジョンは兄ミョンジュンが亡くなる前に連絡をもらっていた。「明日、一大決心をする。もし俺から連絡が来なければ、帳簿を持って逃げろ」「もし困ったら、番号を教えるから、この人に連絡しろ」と指示があった様子。
ミョンジュンは殺されるかもしれないと分かっていたような言い方ですよね・・

その頃、追加調査したことを知ったジウクは父ヨンイル検事長の元へ。
「物証(青酸カリ)が出たのに、なにを探すんですか?」と聞くと「殺害動機だ」と話すヨンイル・・しかし「帳簿を探しているんですね・・父さんも関係しているとは・・」と失望するジウク。
すると「うるさい!お膳立てしてやったんだ。早くドゥルホを逮捕しろ!」と言うヨンイル・・青酸カリを仕込んだのが父だと分かり、怒りと失望に満ちた表情のジウク・・。
ヨンイル検事長は一体何を企んでいるのかいまいちわかりません・・

ミョンジュンが殺害の容疑を晴らすため、奮闘するウンジョたち。すると事件当日、駐車場に停まっていた車載カメラから、不審な人物が換気口から侵入していることを発見する。
犯行時刻も一致しているため、かなり有力な証拠だと見せるウンジョとドゥルホ・・しかしジウクは、葛藤している様子。
父を守るか、正しいことをするべきか・・

真実を追求することを決めたジウクはウンジョと共に現場検証へ。
実際に排気口に入り、犯行に使われたであろう注射器を発見するジウク・・。
決定的証拠が出ましたね!

その後、ヨンイル検事長に「ドゥルホの釈放」報告に向かうジウク。
しかしヨンイル検事長は「理由があって命じたんだ。なぜ逆らう!!正義の味方になったつもりか?」とジウクを平手打ちする。
「・・父さん!!もうチョン会長の言いなりになるのはやめてくれ!」と怒鳴るジウク・・しかし「言いなりではない。私が利用したんだ・・お前もいつか分かる」と去って行くヨンイル検事長。
ジウクの気持ちを考えると苦しいです・・

釈放されたドゥルホ。
携帯を確認する知らない番号から連絡が・・ソジョンだった。
ソジョンに連絡をするドゥルホ・・居場所を聞いたドゥルホたちはソジョンの元へ。
しかしドゥルホに尾行を付けるヨンイル検事長、そして、ドゥルホとヨンイル検事長の動向をさぐるために尾行をつけるチョン会長。
・・しかし、2重の追手から上手く逃げ出すドゥルホ。
チョン会長は疑り深い性格ですね・・

ソジョンのいる場所へ到着。
「帳簿は私の手で消します」と話すソジョンに「帳簿があればチョン会長を倒せます」と話すも「あんな恐ろしい人とは戦えません」と・・。

その夜、ソジョンの部屋に何者かが侵入し帳簿を探している様子・・しかし、追手が来ていることに気付いていたドゥルホたちは、ウンジョをソジョンの代わりに見立て、犯人を捕まえることに。

ウンジョを人質にする犯人に「彼女を解放しないと燃やすぞ」と帳簿を見せる・・どうやらこの人物がミョンジュンを殺害した様子。
帳簿を燃やすドゥルホ・・そこへジウクが現れ、ミョンジュン殺害の真犯人を連行する。
・・ミョンジュン殺害はチョン会長の指示だった。
チョン会長は人を殺すことに抵抗がない最悪な人ですね・・

その後、ソジョンを海外に逃亡させるため見送るドゥルホ。
・・ソジョンは「役に立つと思います」とロッカーの預かり証をドゥルホに渡していた。ロッカーを開けるドゥルホ・・その中には燃えたはずの帳簿が・・燃やしたのはデスの集金帳だったのだ。
ドゥルホは有能なだけでなく、信頼も厚いんですね!

翌日、ドゥルホは裏金帳簿に唯一名前のない国会議員キム・スンヒョンの元へ。
「リストだけでは否定されたら、意味がない。口座や金額、日付などパズルを合わせて立証しなければ」というキム議員に「私がそのパズルを完成させたらどうしますか?」と去って行くドゥルホ・・。

17話

ドゥルホが歩いていると「パワーキングを飲んで、娘が死んだ。パワーキングの販売停止を!」と1人で抗議する女性ヨンスクに出会い「もし困ったら連絡を」と名刺を渡すドゥルホ。

その後、ヨンスクが「パワーキングの販売を中止させたい」と事務所にやってくる。しかし企業相手の訴訟は多くの人材を必要とするため、断ろうとするドゥルホ。
すると「ヨンウォンフードはテファの系列会社です」とウンジョから聞き、引き受けることに。
チョン会長と戦う機会がやってきました!

・・母子家庭のため塾に通わせることが出来なかったが、寝るのを惜しんで勉強し、成績は5位以内だった娘ユラ。そんな娘が徹夜するために飲んでいたエナジードリンクが「パワーキング」だった。
するとある日「カフェインの過剰摂取による嘔吐で肺が塞がった」と亡くなってしまった。
かなり危険なドリンクのようですね・・

パワーキングについて調査していると「オ・ミンチョル」という教授が論文を書いていることを発見し、会いに行くドゥルホ。
「カフェインが通常の3倍も入っているのに、健康補助食品だというんですか?」「5千万ウォンもらいましたね?」と脅し、研究結果を証言して欲しいと話すドゥルホ。

裁判当日・・ヨンウォンフード側の担当はヘギョン。
パワーキングの危険性を訴えるドゥルホ側・・しかし「コーヒーにもカフェインが含まれ、パワーキングだけが直接的な死因ではない」と反論するヘギョン。
平行線をたどる中、ミンチョルが到着・・証人として出廷することに・・。

「パワーキングの論文をヨンウォンフードに5千万ウォンもらって書きました」
「他社と同じようにカフェインやタウリンなど一般的な成分が入っているだけなのに、健康補助食品と偽り、論文を書いた」「しかもカフェインの含有量は類似製品の3倍以上だが過剰摂取による健康被害を言及しなかった」と真実を話し、亡くなったユラに対し、謝罪するミンチョル。
・・次回、証人にチョン会長を申請するドゥルホ。クムサン法律事務所を守り、テファと縁を切るため、受け入れるヘギョン。
偉い教授が論文で大丈夫だと言えば、消費者は信じてしまいますよね・・本当に許せない事案です!

その夜、ヨンイル検事長はドゥルホを呼び出す。
「何を握っているんだ?」と聞くヨンイルに「裏金帳簿のリストです」と正直に話し「どうか力を貸してください。捜査は弁護士ではなく、検察の仕事です」「総長になるのならチョン会長を出頭させて徹底的に調べるべきです」と帰るドゥルホ。
ドゥルホはヨンイル検事長の良心を信じているようですね・・

翌日、ジウクは「チョン会長を出頭させる。父さんは必ず私が守ります・・だから一日でも早くチョン会長との縁を切るべきだ」とヨンイルを説得する。

18話

パワーキングがカフェインの塊なのに警告表示もなく出荷できた理由を尋ねに役所に向かうドゥルホ。
ジュチョル課長に「2千万ウォンもらいましたよね?」と聞くと「最初はカフェインの危険性を訴えたが、上層部に論文を見せられ、それでも納得出来ず検討すると答えたら、テファが子どもの手術費用に困っていた妻に2千万ウォンを・・」と真実を打ち明けるジュチョル課長。
奥さんにお金を渡すなんて、人の弱みに付け込むテファが許せません!

裁判当日。
国民の関心度が高く、記者もたくさん傍聴しに来ている。
ジュチョル課長は真実を証言し、ヨンスクに謝罪する・・しかしヘギョンが「2千万ウォンは誰からもらったのか、名前を教えてください」と言うと「分かりません」と答え、「名前も知らないのにテファの人間だと断定するのはおかしい」と反論する。

するとそこに証人として入廷するチョン会長・・車椅子に乗り、体調不良を装っていた。
ドゥルホの質問全てに「知りません」「分かりません」で答えるチョン会長・・そんなことは想定内のドゥルホは「それではこちらをご覧ください」と論文を書いた教授仲間とのゴルフ写真や使用したクレジットカードの領収書を見せる。
しかも教授にはクラブを妻には商品券まで、贈っている様子。
仮病がバレバレで笑ってしまいましたww

その上、広告代理店との打ち合わせで「カフェインの取り過ぎはお控えくださいだと?私がなんとかするから外せ!」と怒鳴るチョン会長の音声データを流すドゥルホ。
自分の声も「知りません」と話すチョン会長に法廷内は呆れた笑いが・・。
チョン会長がボロを出すことが分かっていたんでしょうねww

続けて「息子の兵役免除のために賄賂を渡しましたね?」と次々とチョン会長の賄賂を暴露するドゥルホ。
そして「この情報を私がどこで手に入れたか気になりませんか?」「この情報は証人の裏金帳簿の内容と一致していますか?」と聞くと「知りません」と答えるチョン会長。
「私が裏帳簿を見せると言ったら答えてくれますか?」と責めるドゥルホ。

すると「見たと思います」とドゥルホの罠にまんまと引っかかり賄賂の内容が本当だと言ってしまうチョン会長。
気付いた会長は激怒し「ふざけるな!」と立ち上がる・・ドゥルホは「あら?立ち上がれるようになったんですね!奇跡だ!」と拍手し、チョン会長の仮病もばれてしまう。
ドゥルホはこの勢いでどんどん追い込んでいくつもりの様子

その後「パワーキングは不正な方法で販売許可を得た上、消費者の安全も考慮した接種量の表記も怠った。よって本製品の消費者のカフェイン中毒死は危険性から考えるとパワーキングが原因の可能性が高く、ヨンウォンフードは3億ウォンの支払うように、そして正しい説明表記を義務づける」と判決が下る。
一人でも娘のために戦ってきた母親の思いが勝って本当に良かったです!

ヨンイル検事長はパワーキング事件で賄賂をもらった人物を検察で取り調べるようジウクに指示する。
一方、ドゥルホはこの勢いを失速させまいと、以前親交のあった記者にチョン会長の実名を伏せた帳簿コピーを渡し、ネット記事にするよう頼む。
その効果で賄賂をもらった人物たちは焦り始め、一同は高級料理店に集合することに。

尾行し、従業員として侵入し、盗聴器を仕掛けるエラ・・車でその会話を聞いてるデスとドゥルホ。
ある程度の証言を聞いたところで、ドゥルホが侵入し「盗聴器を仕掛けました。なのでこれからチョン会長を手助けしたら、これを暴露します」と警告して去る。
周りから責め、チョン会長の味方を失くす作戦のようですね!

一方、ヨンイル検事長がチョン会長を調査している事を知ったシヌ代表はヘギョンの「ここでテファとの縁を切らないとクムサンが全ての責任をかぶることになる」という助言で「テファの関連資料を全て破棄し、海外口座も閉じろ。ヨンイル検事長が裏切ったら大変なことになる」と覚悟を決めるシヌ代表。
シヌ代表も動き出しました!

ある日、検察はチョン会長に出頭命令を出す。
しかし「出頭命令を出すには早すぎる・・」とヨンイルの狙いが何かを疑うドゥルホ。

町の弁護士チョ・ドゥルホ 16話・17話・18話 感想

他人の事を利用し、全てお金と権力で服従させてきたチョン会長を攻撃するタイミングがやっときた様子。裏金帳簿はドゥルホの元にあり、チョン会長の味方をしてきた権力者たちが動けないようにする辺り、ドゥルホの機転の良さの方が有能だったことを証明していますよね!!しかし、ヨンイル検事長とシヌ代表は帳簿が公開された時に無事でいられるのでしょうか?それでも、悪事を失くし、正しいことをするべきです♪
きっとジウクやヘギョン、これからの検察やクムサン弁護士事務所をリードする子どもたちが証明してくれるでしょう。これからチョン会長との戦いが本格的に始まる予感・・しっかりと見届けていきましょう!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください