番人!もう一度、キミを守る-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-番人!もう一度、キミを守る-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

番人!もう一度、キミを守る

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボミちゃんは自分の両親と姉を殺したカン・ジングと決着をつけるために一人で、立ち向かっています。カン・ジングは相手が女一人と思い、タカをくくっている様子。さあ、ボミちゃんはカン・ジングをやっつけられるのか!!日本の必殺仕事人を彷彿とさせるドラマストーリー。まあ、有れとは違いボスの存在が未だスジたちには明かされていません。一致団結して悪者をやっつける感じではないので、何かしらスッキリ感が得られにくいのですが、ドハンの目的はユン・スンノ検事長の悪事を暴いて裁きに欠けることなのかな。スジやギョンス君、ボミちゃん、そしてその関係者たち【ざっくりとくくってしまいましたが。】果たしてこの先のストーリーで皆が納得するラストを迎えられるのでしょうか・・・。

【番人!もう一度、キミを守る】ネタバレあり

番人!もう一度、キミを守る 第9話

ボミはカン・ジングに銃口を向ける。自分の両親と姉を殺した犯人が目の前にいる。けれどボミはスジの言った言葉が頭から離れない。発砲していいのは「正当防衛」の時だけ・・・。そう、それは自分を守るためでもある。葛藤する思い・・・、結局ボミはカン・ジングを撃てずに自分の部屋に逃げ込み鍵をかける。カン・ジングが部屋の外にいる。ボミの脳裏にあの時の姉の光景が蘇り恐怖におののく。あの時姉は、「警察に電話して!」と自分に言っていた。あの時は出来なかったけれど、今度こそ・・・!ボミの通報でマンション前には警察が集まる。スジとギョンスはボミを助けようとマンションにやってくるが、警察がいて手も足も出ないでいた。けれどスジはボミを救出するべく行動を起こす。いや、本当にスジは不死身じゃないかしらと思ってしまいます。だって拳銃で撃たれて大けが負っているはずですよね・・・。あれ?あれから月日が経っている・・・?いやいやそれはないです。まあ、ドラマですからここは黙ってみていましょうね。スジはボミにいる部屋に侵入成功。間一髪でボミを救出するのだった。正直警察は何しているのと突っ込みたくなります。スジが一人で全部解決しているじゃないと思っていしまいます。キム検事はスジが怪我した時の状況を当時そこに駐車されていた車の車載カメラで確認していた。そこにはキム検事の驚く映像が残されていた。倒れたスジに駆け寄った人物は、なんとドハンだったのだ。キム検事はそれまでのドハンへの不快感が不信感にかわるのだった。

番人!もう一度、キミを守る 第10話

ユン・スンノ検事長はヘソン新和党代表と密かに会っていた。そこでは穏やかに会話しているように見えてお互いが批判し合っていた。

ボスからの新しいミッションがスジたちに届く。今度のミッションはギョンスの母の失踪事件についてだった。

キム検事は17年前の事件を調べ始めていた。ドハンの継父の事件だった。継父イ・シニョクとその実子グァヌ。グァヌは義理の兄にあるのだ。再婚同士の家庭だったが、継父が暴力で妻を殺害したという事件だった。

ドハンは継父のいる精神病院にいた。ドハンが分からない継父はドハンに何かしら必死に詫び続ける。そんな継父を悲しそうにみつめるドハンだった。

スジたちはギョンスの母の事件を調べ始める。ギョンスは当時自分で必死に事件の真相を求めて資料を集めていた。しかし母の失踪の真相は未だに分らないままだった。残された手掛かりをもとにボミやスジがギョンスの母の人となりをギョンスに尋ねる。ギョンスは母は普通の人だった。ただ鬱状態でとても不安定な状態だったと話すのだった。

キム検事は事件後のグァヌとドハンの仲がこじれたこと。継父が暴力的になったのはスパイ容疑で捕まり酷い扱いを受けたせいだと当時噂されていたことを聞かされるのだった。

ボミたちは残された手掛かりにギョンスの母の名義ではないアドレスのパスワードを見つける。そこには母の失踪の日に弁護士に送ったメールが残されていた。そしてその内容は3人を驚愕させる内容が書かれているのだった。母は毒蛇という刑事に脅されたこと。再審の証言をすると息子ギョンスの身に危険が及ぶこと、そして証言を頼みに来たドハンは実はグァヌだということ・・・。何とも衝撃の内容。ドハンがグァヌでしかもギョンスの母とかかわっていたという・・・。そして母毒蛇の正体を暴くと弁護士にメールしていた。

ドハン=グァヌは継父ではなく実父に会いに来ていたのだった。父に拷問した刑事の顔写真を見せる。それはナム刑事の写真だった。父はただ、手をこすりあわせ必死に実の息子のどはん=グァヌに自分がやった、ここから出してと懇願し続けるのだった。その姿に涙を見せるドハン=グァヌ。現実が分からない父に怒りと悲しみだけがこみ上げるのだった。

キム検事はドハン=グァヌの父に会いに病院に来ていた。そして面会人の中にグァヌの名前を見つける。急いでキム検事はグァヌを探す。中庭にドハンと男がいた。二人の会話を盗み聞くキム検事。ドハンは男を「ドハン」と呼び、男はドハンを「グァヌ」と呼んでいた。

スジたちもギョンスの母が何かしら事件に関わり毒蛇と言われる刑事に脅されていたことを知る。そしてドハン=グァヌが自分たちのボスだと考える。そのグァヌ=ボスはユン・スンノ検事長の手下になっている。何が目的なのか・・・・。スジたちはボスを疑うのだった。スジはドハン=グァヌの家に忍び込み手掛かりを探すのだった。ギョンスも弁護士のオフィスに忍び込み金庫の中を調べる。金庫の中にはグァヌの父のスパイ容疑事件の資料が隠されているのだった。グァヌが戻ってくるとボミから知らされ、仕方なく家を出ようとするスジ。その時あるものデスクの引き出しから見つける。それはいつもボスから指示で送られるときに使われる紙。いつも紙は一部に何か描かれているが何の絵か分からない。しかし明らかに同一の紙だった。

ドハン=グァヌは帰宅するが明らかに家の様子がおかしいと気が付く。時計に隠されていた防犯カメラ映像を確認し、そこにスジが映っていたこと、そして引き出しの紙を見ている様子に狼狽えるのだった。

キム検事は今までのドハン=グァヌの様子にいつも違和感を覚えていたことを思い出す。そしてそれらが意味することを必死に考えるのだった。

スジは今までのボスからのメッセージの紙を並べてみる。そしてドハン=グァヌの家から持ってきた紙を更に空いた部分に並べるとあの描かれていた絵が蝶の絵だとスジたちは気が付く。しかもこれは手書き。グァヌ神父=実はドハンの絵ドハン=グァヌの真意も目的も定かではないが、自分たちを利用してでもユン・スンノ検事長に復讐をすると、皆の目的は恐らく同じだと考えるスジたちだった。スジは自分が撃たれた時に助けに来たドハン=グァヌを思い出しています。やはりドハン=グァヌは悪い人物ではなかったのね。

ギョンスはグァヌ神父の部屋に忍び込み、グァヌ神父の携帯からドハンに教会で会いたいとmailするのだった。ギョンスとボミは教会でボスとグァヌ神父が会うその瞬間を確認する為に張り込むのだった。しかしボミは指名手配されて顔が公開されていた。少女がボミの顔に気が付く。慌ててギョンスが機転を利かしてその場を離れるのだった。ギョンスは母が必ず見つかると信じているけれど、ボミはあまり期待しない方がいいともう一つの過程もあることをギョンスに言います。何とも辛いけれど、ギョンス君の今までの辛さが解消されるためには、やはりどんな結果でもお母さんの消息をハッキリさせないと・・・。

グァヌ神父とドハンが教会で会うその瞬間、スジが現れる。嵌められたと気が付いた二人にスジは実は二人の名前が入れ替わっていることも話す。ドハンがボスであることも手紙の存在でわかっていることを指摘する。ドハン=グァヌはスジが自分の家に忍び込んだことを知っていたと話す。スジは警察に電話する。そして今いる場所に来るようにスネたちに言うのだった。これはスジの賭けだった。自分が捕まればドハン=グァヌも捕まることをネタに何故、スジたちを集めたのか何をしたいのかとドハン=グァヌに真相を吐かせるのだった。ドハンはユン・スンノ検事長の悪事を暴くために全ては仕組んだと話す。スジは自分の娘ユナの死をドハン=グァヌに問いただす。そこまでしてユン・スンノ検事長を追い詰めないといけなかったのか。他に方法はなかったのかとドハン=グァヌに叫ぶように詰め寄るのだった。

スネたちはスジの携帯の位置を確認したいほに向かっていた。キム検事もその知らせを受け、一緒に向かうのだった。ギョンスとボミはドハン=グァヌにギョンスの母のことを尋ねる。ドハン=グァヌは時間がないのではと言うが、実際はギョンスが別の場所へ誘導して警察を撹乱していたので、時間はあるとドハン=グァヌに言うのだった。キム検事とスネ刑事はまんまと騙されたことに気が付く。キム検事はドハンの居場所を特定してそこに向かうことをスネ刑事たちに指示するのだった。

番人!もう一度、キミを守る 第9-10話 感想

何とも展開が目まぐるしいですね。まさかドハンとグァヌが入れ替わっていたとは。ドハン=グァヌがボスであることもスジたちにバレちゃいました。ユン・スンノ検事たちにドハンの父の事件が絡んでいるのは間違いなさそうです。けれどスジはユナがなぜ殺されなければならなかったのかが納得いきません。そして裁かれないことにもね。さあ、お話はどんどん面白い方向に進んでいきますよ。