白詰草-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-白詰草-あらすじ-34話-35話-36話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

白詰草

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スンナムは詐欺容疑で警察に捕まり、ユミンはそんなスンナムを捨てて離婚を決意しました。しかし離婚してもジュニョンは手離さないと言うユミン。セヒにとってジュニョンは邪魔な存在です。
セヒはスンナムがジュニョンと出て行くしかないように脅しをかけ、そして家を出るしかなくなってしまったスンナムです。

【白詰草】ネタバレあり

34話

ボクヒはスンナムが家を出て行き泣き崩れる。

その頃スンナムとジュニョンはバスに乗っていた。

ファランは挨拶もなしに夜中に黙って出て行くなんてありえないと言う。
これで離婚は成立するのか心配する。

ファランはセヒにスンナムたちが出て行ったことを伝える。
セヒはこのまま離婚に持ち込みたいので、家族がユミンを説得しないようにしてほしいと言う。

ユミンはスンナムが家を出たことを聞き積賢斎に駆けつけた。
ユミンはなぜスンナムが家を出たのかと聞く。
ボクヒはスンナムがジュニョンを連れて家をでたのはお前が怖いからだろうと言う。
ユミンは病み上がりのジュニョンを連れて行ったのかと聞く。
ボクヒはお前がジュニョンを奪うと言ったからだと言う。

ユミンは無責任な母親だと言う。
子供が誘拐されたと警察に通報しようと言う。
ボクヒはユミンに正気かと聞く。
ボクヒは母親を誘拐犯にするつもりかと言いユミンを叩く。
ユミンはジュニョンさえ見つかればスンナムはどうなろうと関係ないと言う。

ボクヒはユミンに出て行けと言う。
出て行くのはスンナムではなくお前の方だと言う。
ボクヒはファランにも出て行けと言う。

セヒはスンナムたちの行動を見張らせていた。

スンナムは自分が子供のころに住んでいた地方の寺に向かった。
スンナムはジュニョンにここでお爺さんに会ったのだと言う。
そしてお爺さんに引き取ってもらい、家族が出来て嬉しかったと言う。
スンナムはお爺さんに会いたいと言う。
ジュニョンは私がいるから悲しまないでくれと言う。
スンナムはいつまでもお母さんの隣にいてほしいと言いジュニョンを抱きしめる。
そうなる事を願いたいですが…

ユミンはミョンジャにスンナムの行方を聞くが、ミョンジャは知らないと言う。
私よりもセヒに聞いたらどうかと言うミョンジャ。
ユミンはどういうことかと聞く。
ミョンジャは、スンナムはセヒからひどい目にあっていたと言う。

そこにセヒがやってきた。
セヒはミョンジャに友達をかばいたい気持ちはわかるが、私のせいにするのは困ると言う。
ユミンを連れて行くセヒ。

セヒはユミンにトゥアン会長が明日韓国に来るようだと言う。
私たちに連絡もなく来ると言うことはライバル会社と契約をするのかもしれないと言う。
ユミンは、明日は一緒に行動しようと言う。

ソンジュはユミンにトゥアン会長に会うつもりかと聞く。
ユミンは先回りして待つつもりだと言う。
ソンジュはトゥアン会長に会うということは身辺整理ができたのかと聞く。
ユミンは妻とは離婚すると言う。
ソンジュは離婚成立までは時間がかかると言う。
特に子供がいる場合、安易に決着はつかないと言う。

ソンジュはユミンに子供を手放せるかと聞く。

実はセヒがソンジュにユミンに子供を諦めさせるよう頼んでいたのだった。

ソンジュはユミンに私のところに来るつもりなら家族との縁は切ってくれと言う。
不安要素は排除したいと言うソンジュ。
子供か黄龍グループかどちらかを選べと言うソンジュ。
これでもスンナムの母親でしょうか!

その話を聞いていたボンチョル。
ボンチョルは秘書にスンナムを捜しだせと言う。
ユミンが黄龍グループより子供を選ぶように仕向けると言う。

セヒはユミンにトゥアン会長に会いに行こうと言う。
そのときユミンの携帯にジュニョンからのメールが届いた。
ジュニョンはお寺の写真を送り、綺麗なところだから今度はお父さんも一緒にこようとメッセージを送った。

それを見たユミンは車に向かう。
ユミンを追いかけてきたセヒは子供を探している場合ではないと言う。
トゥアン会長との契約はどうするのかと言う。
子供の居場所がわかったのなら、まず会長に会ってから行けばいいと言うセヒ。
ユミンは今行かなければ駄目だと言い、車で行ってしまう。

ドゥムルもスンナムの居場所がわかり寺に向かう。
しかし、寺から出てきた2人に気付かず通り過ぎてしまった。

ユミンは思い直してセヒのところに戻ってきた。
仕事を優先すると言うユミン。
セヒは戻って来てくれただけで嬉しいと言う。

スンナムたちはバスを待っている。
バスがなかなか来ないのでスンナムはスーパーで聞いてくると言いバス停を離れる。
スンナムに声をかける男がいた。

車に乗せられたスンナムはバス停で待っているジュニョンの前を通り過ぎる。

35話

ジュニョンはずっとバス停でスンナムを待っている。
ジュニョンに話しかける女性がいた。

ジュニョンは警察に保護された。
それを聞いて迎えに行くドゥムル。
女性は子供がバス停にずっと一人で座っていたのでここに連れて来たと言う。
ドゥムルはその女性にお礼を言う。

ドゥムルは、ジュニョンにお母さんはどうしたのかと聞く。
ジュニョンはスーパーに行くと言ったきり戻ってこなかったと言う。

ユミンはボクヒからジュニョンが戻ってきたと聞いた。
急いで積賢斎に帰るユミン。

スンナムを拉致したのはボンチョルだった。
ボンチョルの手下はボンチョルに、子供は帰したが母親はどうするかと聞く。
ボンチョルはしばらく閉じ込めておけと言う。
まるでやくざですね

ジュニョンは家に戻ってきた。
ボクヒはスンナムがジュニョンを置いていくなんておかしいと言う。
ファランは急に捨てたくなったのかもしれないと言う。
それはあなたでしょう

ジュニョンはドゥムルにバス停で待っている間に黒い大きな車を見たと言う。

ユミンがやってきた。
ユミンはジュニョンを抱きしめる。
ジュニョンはユミンに母さんを捜してくれと言う。
ユミンは子供を置き去りにするとは何を考えているのかと言う。

ボクヒはユミンにいくら腹がたっているからとスンナムを疑うはおかしいと言う。
何かが起こっていなくなったのだろうと言う。
ボクヒはユミンに警察に行ってスンナムを捜せと言う。

ユミンは嫌だと言う。
ユミンは、これは明らかに誘拐だと言う。
スンナムは捜さず、ジュニョンは僕が育てると言うユミン。
ユミンは、スンナムは自分の意志で消えたのだから母親の資格はないと言う。

ユミンはジュニョンの荷物をまとめ始める。
ファランはユミンに仕事の間、ジュニョンはどうするのかと聞く。
ユミンはジュニョンをここに置いておくのは不安だと言う。
ボクヒはさっき帰って来たばかりなのに無理だと言う。
ユミンは僕が父親だと言う。

ユミンはジュニョンに父さんと一緒に行こうと言う。
ジュニョンはここで母さんを待たなければいけないと言う。
ユミンは、母さんはここには戻ってこないと言う。

ドゥムルはジュニョンに心配しなくていい、おじさんが母さんを見つけると言う。
ユミンはおじさんが母さんを見つけてくれるまで父さんと一緒にいようと言う。
ジュニョンは行きたくないと言う。
母さんが戻った時に迎えてあげたいと言う。
ジュニョンにとって、スンナムが一番大切なのですね

ファランはセヒに電話をする。
ユミンがジュニョンを引き取ると言い、さっき荷物をまとめていたと話すファラン。

ユミンはセヒにジュニョンを引き取ると言う。
もし妻が戻って来たとしても子供を任せられないと言う。
セヒはまずは奥さんを見つけなければ離婚もできないと言う。
ユミンはこのまま現れなければ好都合だと言う。
ユミンはジュニョンさえいればいいと言う。

セヒはジュニョンを警察に連れて行った女性が刑務所から出て来たばかりで前科10犯だと知った。
その女を怪しいと思うセヒ。

その女はスンナムを監禁していたのだった。
宿にスンナムを連れて行き、ホテルの従業員に自分は友人だと名乗り数日間は掃除もしなくていいと言っていた。
部屋で縛られているスンナム。

ファランは食堂を再開するためにサムに食材を買いに行かせた。
それを聞いたボクヒはスンナムが行方不明なのに何を考えていると言う。
ボクヒはファランにあなたには人情ってものがないのかと聞く。
全くなさそうです

ジュニョンはスンナムが帰ってくるように千羽鶴を折り始めた。

ベッドで縛られているスンナムは目を覚ました。

セヒはスンナムの拉致はパパの仕業かと聞く。
ボンチョルは知らないと言う。
セヒはママが知ったらどう思うだろうと言う。
ボンチョルは証拠でもあるのかと聞く。
セヒは私がスンナムを捜すと言う。
離婚させるために見つけて、ユミンと結婚してパパに見せつけてやると言う。

スンナムは縛られていたテープをほどくことができた。
ホテルの部屋から出て行くスンナム。
それを見つけた前科10犯の女性はスンナムを抱える。
スンナムはその女がここに連れて来た女だと気付き、女を突き飛ばし、その間に逃げる。

スンナムはガラスを踏んで足から血を流している。
非常階段を降りて行くスンナム。

そこにスンナムを捜しにきたドゥムルがスンナムを見つけた。

36話

ドゥムルはスンナムを見つけた。
スンナムを抱きかかえるドゥムル。

そこにボンチョルの手下がスンナムを捜しに降りてきたがドゥムルの姿を見て逃げて行く。

ボンチョルはスンナムが逃げたと聞き、警察沙汰になったらまずいと言う。

ドゥムルはスンナムを積賢斎まで送っていく。
スンナムはドゥムルに監禁されていたことは義母さんには言わないでくれと言う。
ドゥムルは子供を捨てたと誤解されているのだから話すべきだと言う。
ジュニョンの耳に入ったら心配するから駄目だと言う。

スンナムはジュニョンを抱きしめる。
母さんが悪かったと謝るスンナム。

ボクヒはスンナムに黙って家を出るような子に育てたつもりはないと言う。
私のことを本当の母親だと思っていたらこんなことはできないと言うボクヒ。
親子はいいことも悪いことも分かち合うものだと言う。
つらいと素直に言えないのなら私には母親の資格はないと言う。

そこにジュニョンが入ってきてお母さんを怒らないでくれと泣きながら頼む。
3人は泣きながら抱きしめあう。

セヒがスンナムに会いに来た。
セヒはスンナムの頬を叩く。
セヒは子供と姿を消すと言ったのになぜ戻ったのかと言う。
スンナムは事情があったのだと言う。

セヒは計画通りにもう一度出て行けと言う。
スンナムは娘を守るために要求を飲もうと思ったけれど義母のためにここに残ると言う。
セヒは勘違いしていると言う。
ユミンと離婚をしたらあなたはこの家とは関係なくなると言うセヒ。

スンナムは先に出て行ったのはユミンで、ここは私の家だと言う。
だから私には関係なくユミンを説得すればいいと言う。

セヒはそうはいかないと言う。
私は娘を引き取るチャンスをあげたのにあなたは約束を守らなかったと言う。
大事な娘を失って泣く羽目になると言う。
またまたジュニョンが危ない!

警察の事情聴取を受けるスンナムに付き添うドゥムル。
犯人たちは何の形跡も残さずに消えてしまった。
ドゥムルは犯人の足首についていた刺青の話をする。

ユミンはジュニョンの養育権についてスンナムと争う準備を始めた。
スンナムも弁護士に相談した。
弁護士はスンナムに子供を引き取るならお金がないと駄目だと言う。
せっかく引き取ってもお金がないと親戚などに預けるケースが多いと言う。

スンナムは働いて育てると言う。
弁護士は何の仕事をしているのかと聞く。
答えられないスンナムは子供を傷つけずに早く終わる方法はないかと聞く。
弁護士は泥沼の争いになるから子供も避けられないと言う。

ソンジュはセヒにトゥアン会長が契約をすると言って来たと言う。
しかしユミンが早く離婚しないと問題になるかもしれないと言う。
セヒは子供のことで調停になれば時間がかかるかもしれないと言う。

そこにユミンが入って来た。
ユミンはソンジュの前で土下座をする。
ユミンは家族とは縁を切るが子供だけは諦められないと言う。
ソンジュはセヒと結婚する気があるのかと聞く。
ユミンはあると言う。
ソンジュはそれなら2人で結論を出せと言う。

セヒはユミンに子供を育てる自信はないと言う。
ユミンはわかっているが僕と子供は切り離せないと言う。
弁護士が子供を引き取るには家庭環境を整える必要があると言っていたと言う。だから早く結婚しなければならないと言うユミン。

セヒは子供のために私と結婚するのかと聞く。
その通りです

ユミンはあなたの期待に応えると言う。
夫として会長の味方をしてこの会社を成功させると言う。

セヒは、自信はないけれど子供を引き取ろうと言う。
結婚した後で捨てるつもりでしょう

セヒはユミンに近いうちにお披露目の席を用意すると言う。
セヒはいつまで奥さんを積賢斎に置いておくのかと聞く。
ユミンは僕が追い出すと言う。

ユミンはファランに電話をし、ジュニョンを迎えに行くと言う。
ジュニョンは父さんに会いたかったと言いユミンについていく。

ユミンはジュニョンを家に連れて来た。
ジュニョンのためにたくさんの料理を用意した。
そこにセヒがやってきた。
ユミンはジュニョンに父さんがお世話になっている人だと紹介する。

セヒはジュニョンにこの前はごめんなさいと言う。
書留が届いたと聞き、セヒは私が取りに行くと言う。
ジュニョンに一緒に行こうと言うセヒ。

スンナムはジュニョンがユミンに着いていったと聞きマンションにやってきた。
スンナムはユミンの部屋に入ろうとするが、ユミンは君には関係ないと言う。
君はジュニョンのそばにはいられないと言う。
ユミンはジュニョンの保護命令を出したと言う。
僕にもジュニョンにも近づくなと言う。

ジュニョンがセヒと戻ってきた。
ジュニョンはスンナムに駆け寄る。

34~36話感想

セヒが最低なのはわかっていましたがユミンも最低な男ですね。ユミンがジュニョンのことを諦めればスンナムもひどい目にあわずに済むのです。ほとんど子育てをしていないくせに今さらジュニョンの父親ぶるのは止めてほしいです。
セヒに育てられるジュニョンが一番可哀想ですが、育てる前にどこかに捨てられてしまうのでしょうね。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください