白詰草-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-白詰草-あらすじ-46話-47話-48話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

白詰草

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジュニョンが亡くなってしまいました。ボクヒも意識不明です。
ユミンはジュニョンが亡くなったときにセヒと旅行を楽しんでいた自分が許せません。連絡が取れなくなったユミンにイライラするセヒ。
セヒは事故現場に自分がいた形跡を消すためタクシー運転手を買収しました。加害者のトラックの運転手の意識が戻ったと聞き、会いに行くスンナム。

【白詰草】ネタバレあり

46話

加害者はセヒを指さした。
急いで逃げるセヒ。

加害者はまた意識を失ってしまった。

スンナムは刑事に目撃者を探そうと言う。
刑事は意識がもうろうとしているときの証言なので信憑性がないと言う。
スンナムは、加害者は髪の長くない女性がいたと言っていたではないか言う。
刑事はまた加害者の様子を見ようと言う。

セヒはユミンに会いに行く。
ジュニョンの書いた絵を見て泣いているユミン。
セヒはその絵を取り上げ破いてしまう。
最低な女!

セヒはユミンに今のあなたの姿を見て一番喜ぶのはパパだと言う。
ユミンは関係ないと言う。
セヒは元のあなたに戻ってくれと言う。
ここはあなたが一番嫌っていた積賢斎だと言う。
まさかスンナムと寄りを戻すつもりかと聞くセヒ。
私を見捨てるつもりかと聞くセヒに、出て行ってくれと言うユミン。

セヒはソンジュにユミンを説得してほしいと頼む。

ボクヒにずっと付き添っているスンナム。
ドゥムルは、ここは看病人にまかせて目撃者を探そうと言う。

ユミンに会うために積賢斎にやってきたソンジュ。
ソンジュはユミンを見てひどい顔だと言う。
ソンジュは私も子供を2人とも亡くしたからあなたの苦しみはわかると言う。
20年経ったけれど心の痛みは変わらず、ずっと苦しんでいると言う。

ソンジュは1日か2日か苦しんで済むことではないからとことん苦しんだらいいと言う。
しかし会社に出て来いと言う。
仕事に没頭すれば何も考えなくていいと言う。
同じ苦しみを味わった先輩としての助言だと言う。

ウンギルフードは中国への進出が決まった。
ウンギルは会社を大きくできると喜んでいるが、ドゥムルは目撃者探しの横断幕の作成に夢中になっている。

スンナムはジュニョンの夢を見た。
ジュニョンの痛いと言う声が聞こえ、泣きだすスンナム。
その様子に気付いたドゥムルは声をかけようとするが言葉が出ない。

翌日ドゥムルはスンナムを誘って湧水をくみに行く。
ドゥムルは、自分は悩んでいるときにここに来ると言う。
湧水があふれ出るように悲しみも出てくる、それを止めることはできないと言う。
つらい時は苦しみと悲しみをくみあげたらいいと言う。
それでも悲しい時は僕を一発殴ってくれと言うドゥムル。
いいんですか? 本気で殴っても(笑)

ユミンは髭をそり、スーツに着替えた。

ボクヒの病室にやってきたユミン。
スンナムに入院費を支払おうとしたら清算済だったと言うユミン。
今後は入院費や看病人代金は自分が払うと言う。
スンナムは、お義母さんは私が面倒と見ると言う。
ユミンは、お金はどうするのかと聞く。

スンナムは、今後はお互いの道を進もうと言う。
セヒもここに来させないでくれと言う。

そこに入って来たドゥムル。
ユミンはまたあなたかと聞く。
ドゥムルは、自分は積賢斎の従業員だったと言う。
ユミンは、今後は自分が面倒をみると言う。
ドゥムルは今まで一度も顔を出さなかったくせにと言う。
スンナムはユミンに帰ってくれと言う。

ユミンは黄龍に出勤した。
セヒはユミンの腕にしがみつき喜ぶ。
気持ち悪い!

ユミンはセヒに母の病院に行ったのかと聞く。
セヒは、一度くらいは見舞いに行かなくては駄目だと思ったと言う。
ユミンはスンナムが嫌がるのでやめてくれと言う。

ユミンはソンジュに挨拶に行く。
今後は仕事に没頭すると言うユミン。

ボンチョルが入って来た。
ボンチョルはユミンにウンギルフードが中国に進出したと言う。
早く提携して君の実力を期待している人に見せてやれと言う。
ユミンは詳細を調べて接触すると言う。

セヒはトラック運転手を他の病院に移した。
それを知ったスンナム。
ドゥムルは警察からは逃げられないからあとで捜そうと言う。

ユミンがウンギルフードにやってきた。
ユミンはウンギルに業績が好調のようだが、我が社の流通網を使ったらもっと利益が増えるはずだと言う。
ウンギルは僕に権限があれば飛びつきたいのだが、決定権のあるものが黄龍流通との提携に乗る気でないと言う。
ユミンはその方と自分が直接話をしたいと言う。
直接話をしたら無理だとわかるでしょう

ボクヒたちを乗せたタクシー運転手が休暇の申請を出した。
それを聞いたスンナムとドゥムル。

ウンギルはユミンに、自分が説得する自信がないので直接会ってみたらいいと
ドゥムルの家の住所を渡した。
ユミンが辿り着いたところはスンナムの家だった。

タクシー運転手に会うために家を出てきたスンナムとドゥムル。
ユミンはドゥムルになぜお前がここにいるのかと聞く。

47話

ユミンはスンナムになぜ2人が一緒にいるのかと聞く。
スンナムは行くところがあって急いでいると言う。
ドゥムルの車で出発する2人。

タクシー運転手はすでに帰宅していた。
次に出勤するのは1週間後だと言う。

タクシー運転手はセヒに電話をしていた。
ずっと電話がかかってくるので何とかしてほしいと言う運転手。
セヒは渡したお金で旅行にでも行けと言う。

セヒはユミンに明日は離婚調停の日だろうと言う。
養育権の問題はなくなったのだから明日合意して終わらせてくれと言う。
問題を無くしたのはあなたです

私たちが結婚したら黄龍流通の仕事はしなくていいと言う。
ユミンは疲れたから帰ってくれと言う。

翌日ユミンはボクヒの病室にいるスンナムに会いに来た。
昨日のことを説明しろと言うユミン。
スンナムは、ドゥムルはミョンジャの家の大家だと言う。
ありえないと言うユミン。

ユミンは、俺たちはまだ夫婦だと言う。
スンナムはもうすぐ離婚が成立するのに何を言っているのかと呆れる。
あなたはセヒと結婚するのだろうと言う。
ユミンはあの男は君に関心を持っていると言う。
スンナムは、ドゥムルは私にとっては恩人だと言う。

ユミンは善意には裏があると言う。
スンナムは、あなたは随分ひどい世界で生きているようだと言う。
裏のない善意もあると言う。

ユミンはドゥムルとは何の関係もないのかと聞く。
スンナムはジュニョンが亡くなったばかりで、よくそんな話ができると言う。
あなたと20年以上一緒にいたのが信じられないと言う。
まるで別人だと言うスンナム。

スンナムはあとで、裁判所で会おうと言う。

ミョンジャはウンギルフードの加盟店に登録しようと説明を聞きに来た。
そこでウンギルフードがウンギルの会社だと知ったミョンジャ。
ウンギルはドゥムルにばれてしまったと話す。
この際スンナムをスカウトしようと言うウンギル。
料理人として?

ユミンは裁判所に来なかった。
それを知ったセヒはヒステリックに怒り出す。

セヒはファランに電話をする。
セヒは、ユミンは離婚を迷っているようだと言う。
ファランは離婚したいと言ったのはユミンだろうと言う。
セヒはジュニョンが亡くなってからユミンの様子がおかしいと言う。
ファランはユミンに聞いてみると言う。

ユミンは自分の部屋にいた。
セヒがやってきて何をしているのかと怒る。
ユミンはほっといてくれと言う。
セヒはなぜ裁判所に行かなかったのか理由は何かと聞く。

ユミンはすべて話さないといけないのかと聞く。
セヒはその言い方は何だと言う。
ユミンは何もなかったように振る舞うなんて無理だと言う。
セヒは、時間はあげるが離婚はできるだろうと言う。
セヒはまさかスンナムに未練があるのかと聞く。
ユミンは帰ってくれと言う。
ヒステリックは女には魅力はありません

ドゥムルはミョンジャに店舗をスンナムと2人に任せたいと言う。
ウンギルは、スンナムは食堂の経験もあるから適任だろうと言う。
ミョンジャはそれならスンナムに話をするべきだろうと言う。
ドゥムルはスンナムが遠慮しないように店のオーナーはあなただと話をしてくれと言う。

ミョンジャは加盟店の代金は払わなくていいのかと聞く。
ドゥムルは自分の店だと思って経験を積んでくれと言う。
ミョンジャはドゥムルの顔を見て、お金とはまったく縁のない顔だと思っていたが今はオーラが出ていると思った。
同感です!

ミョンジャはスンナムに食堂をやろうと話を持ちかける。
スンナムはまた食堂をやるのは怖いと言うが、お金を稼がなくてはならないので考えてみると言う。

スンナムはボクヒの洋服の中からアクセサリーの一部を見つけた。
自分のカバンにしまうスンナム。

セヒがボクヒの病室に入って来た。
意識のないボクヒにこのまま眠り続けろと言うセヒ。
セヒは事故のときにボクヒが自分のブレスレットに捕まったのを思い出した。

急いで家に帰りブレスレットを調べるセヒ。
すると一部が無くなっているのに気づき、事故現場に探しに行く。
道路に落ちていないか探し始めるセヒ。

スンナムとドゥムルは目撃者探しの横断幕をかけるために事故現場に向かっていた。

48話

セヒはブレスレットの一部を探している。
そこにパン・グァンシクがやってきた。
グァンシクはスンナムが来るから早く車に乗れと言う。

車で走り去るセヒ。

セヒはグァンシクになぜあの場所に来たのかと聞く。
グァンシクは、犯人は現場に戻ると言うからもうあの場所には行かない方がいいと言う。

セヒは無くしたブレスレットの一部をまた買えばいいと思いアクセサリー店にやってきた。
同じものはないと言う店員に駄目だと怒鳴りつけるセヒ。
店員はフランスの本社に確認してみると言う。

ユミンはウンギルフードと提携して実力を認めてもらおうと必死になっている。
ウンギルから教えてもらった住所に向かう。

ユミンがその家にいくと出てきたのはセジョンとドゥムルだった。
ユミンはウンギルフードの営業部長はここにはいないのかと聞く。
ドゥムルは自分が営業部長だと言う。
提携は諦めましょう

スンナムはミョンジャに食堂をやると言う。

ドゥムルはユミンに黄龍流通と提携するつもりはないと言う。
ユミンは個人的な感情からかと聞く。
ドゥムルは積賢斎への嫌がらせも中小企業へのいじめも両方だと言う。
ユミンはスンナムのためかと聞く。
ドゥムルは率直に言うとそうだと言う。

スンナムが黄龍から受けた仕打ちを許せないと言う。
ユミンは、これは仕事だと言う。
ドゥムルは僕にとっては道理のほうが大事だと言う。

ユミンはあなたがなぜスンナムをかばうのか理解できないと言う。
ドゥムルはあなたが裏切ったからだと言う。
ジュニョンも奥様もいない今誰かがスンナムを守ってあげなくてはならないと言う。
何を言おうと考えは変わらないと言う。

そのとき、スンナムが入って来た。
スンナムはユミンを見てなぜここにいるのかと聞く。
ユミンはスンナムを連れて行く。

ユミンはいつもさっきみたいに出入りをしているのかと聞く。
スンナムはなぜ裁判所に来なかったのかと聞く。
ユミンは離婚を急ぐのはドゥムルのせいだろうと聞く。
自分が離婚したいと言ったのに馬鹿な男です!

ミョンジャが出てきた。
ミョンジャはユミンにここにいることをセヒは知っているのかと聞く。
ユミンは黙って出て行く。

ボンチョルはユミンに他の人に任せるからウンギルフードから手を引けと言う。
ユミンは自分にやらせてくれと言う。
ボンチョルは失敗したら会社も君も困ることになると言う。
ユミンは早急に話を進めると言う。

ユミンがソンジュの家にやってきた。
セヒとの結婚を急ぎたいと言うユミン。
ボンチョルはまだ離婚していないだろうと言う。
ユミンは、入籍は先になるが、もうすぐ片付くと言う。

ソンジュは構わないと言う。
先に式を挙げたらいいと言う。
ボンチョルは怒り出すが、ソンジュは婚前契約書を準備すると言う。

ユミンとセヒは婚前契約書にサインをした。
ソンジュは、結婚式は簡単に行うと言う。
セヒはユミンを早く本社に戻してくれと言う。
黄龍流通の所属だから俺が決めると言うボンチョル。

セヒはブレスレットの一部をボクヒが持っているかもしれないと思い、病室にやってきた。
ボクヒの部屋を探し始めるセヒ。
看病人が戻って来たので慌てて出て行くセヒ。

セヒは看護師にボクヒの所持品を受け取れるかと聞く。
看護師は家族に渡したと言う。
セヒはスンナムが持っているかもしれないと思った。

セヒの部下たちはミョンジャが食堂を始めたと聞き、みんなで飲みに行った。
セヒも現れ、ミョンジャに和解しようと言う。
ミョンジャは吐き気がすると言う。
酔っ払ったミョンジャに家まで送っていくと言うセヒ。
今度は泥棒になるのでしょうか

ミョンジャを家まで送ったセヒはスンナムの荷物を探し始める。

スンナムは看護人からセヒが病院に来たことを聞いた。
家の前にセヒの車が停まっているのを見つけたスンナム。

セヒはボクヒの所持品の入っている紙袋を見つけた。
その中を調べるセヒ。
そこにスンナムが帰ってきた。

46~48話感想

ユミンはスンナムがドゥムルと仲がいいので焼きもちを焼いているようです。あんなヒステリックなセヒよりスンナムの方がいいと気付く日は来るのでしょうか。セヒはいつも叫んだり、怒鳴ったりしているのでユミンの前で甘える仕草などをすると帰って気持ちが悪くなります。絶対、女友達がいないタイプです。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください