白詰草-あらすじ-85話-86話-87話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-白詰草-あらすじ-85話-86話-87話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

白詰草

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
妊娠の嘘までばれてしまったセヒは、ソンジュやユミンにも見放されました。
そんなときセヒはDNA鑑定の結果、ウンギルがソンジュの息子だとわかりました。
ファランの借金のせいで積賢斎は人手に渡ってしまいました。ソンジュはスンナムの弱みを握るために積賢斎を買い取ろうとしますが、先に買ったのはドゥムルでした。

スポンサーリンク

【白詰草】ネタバレあり

85話

セヒはウンギルがソンジュの息子だとわかった。

積賢斎を買い取ってくれた人を招待したファラン。
スンナムも積賢斎を買った人を知りたくてやってきた。
そこに入って来たドゥムル。
ドゥムルは、積賢斎は今日から僕の物だと言う。

ドゥムルは積賢斎を他人に渡したくなかったと言う。
ユミンは恩に着せないでくれと言う。
ドゥムルは取り壊しを防いだのだから礼くらい言ったらどうかと言う。
ユミンはその場から出て行く。

スンナムはドゥムルにお礼を言う。
ドゥムルは利用価値があるから投資しただけだと言う。
さら地にして立て直すかもしれないと言う。
建物をそのまま残したければ利用する案を出してくれと言うドゥムル。

ウンギルはドゥムルになぜ積賢斎を買ったのかと聞く。
ドゥムルは積賢斎で料理番組を収録し、新メニューも開発すると言う。
ウンギルはのん気すぎると言う。
セジョンは積賢斎が残ると聞き久しぶりに笑顔になった。
セジョンは笑っているほうがかわいい!

ソンジュはボクヒがいなくなってしまったので捜している。

ドゥムルは朝から積賢斎にやってきた。
ファランに番組を収録するから台所と倉庫を掃除しろと言う。
倉庫に食材を運び片付けさせるドゥムル。

ユミンはギョンファを捜している。
ギョンファの娘の名前がセヒだと知ったユミン。
あなたの妻のセヒです!

スンナムはソンジュに監査を中止した方がいいと言う。
株価の暴落を知っているだろうと言う。
ソンジュは誰のせいだと思っていると言う。
スンナムはセヒのせいだと言う。
ソンジュは先に言ってくれたら自分がセヒを罰したと言う。
スンナムは会長も社長のようにセヒをかばうだろうと言う。

私を監査の標的にしたら新商品の企画は頓挫すると言う。
賢明な判断をしてほしいと言うスンナム。

ユミンはボンチョルとセヒのDNA鑑定をすることにした。

スンナムの企画書を見ているユミン。
スンナムは私の仕事を横取りするなと言う。
ユミンは監査の結果が出たら君は追い出されると言う。

スンナムは極秘に新商品をマスコミに発表した。
黄龍の新商品は話題になり検索ワードのトップになった。
そして会社の前ではスンナムが新商品発売イベントを開いた。

勝手にマスコミに発表したスンナムに腹を立てるソンジュ。
スンナムは黄龍のためにやったと言う。
ソンジュは復讐のために黄龍を利用する気だろうと言う。
ソンジュはスンナムに出て行けと言う。

スンナムはライバル会社の情報を見せた。
明日ライバル会社が類似商品を発売すると言う。
私のためでなく企画室を代表して発売に踏み切ったのだと言う。
私情にとらわれているのは会長の方だと言うスンナム。
確かに! 会長らしくないですね

ソンジュはマスコミにも大々的に出てしまったから今回の件はスンナムに任せることにした。

ユミンが依頼したDNA鑑定の結果は間違ってスンナムの机に置かれた。
スンナムは封筒を開けて中身を見る。
そこにユミンがやってきて書類を取り上げる。
スンナムは誰と誰が親子なのかと聞く。

そこにセヒがやってきた。

86話

セヒはスンナムに勝手な真似をするなと言う。
スンナムは、あなたは謹慎中だろうと言う。

ユミンはセヒを連れて行く。
ユミンは、会長は新企画をスンナムに任せたと言う。
利益のためなら何でもする人だと言う。
セヒは全て実の子供のためだと言う。
ユミンは我々が先に子供を見つけようと言う。

セヒはユミンに、あなたの望みは黄龍を手に入れることかと聞く。
ユミンは僕でなく我々だと言う。
我々で黄龍を守ろうと言うユミン。

ユミンが去ったあとセヒはユミンも自分を利用したかっただけだと思った。
それでもいいから結婚したかったのでしょう?

ユミンはDNA検査の結果、セヒがボンチョルの娘だったと知った。
自分の父親を殺した男の娘と結婚したことにショックを受けるユミン。

ボンチョルはソンジュにスンナムを追い出せと言うが、ソンジュは会社の利益を優先すると言う。
新企画を発表したおかげで株価も上がっていると言う。

セヒはソンジュにママの力になりたかっただけなのに、いつも失敗ばかりだと言う。
失望したでしょうと聞くセヒ。
いっそ、養子縁組を解消してくれと言う。
認めてもらおうと必死な自分がバカみたいだと言う。

ソンジュはいくら出来が悪くてもあなたは私の娘だと言う。
自分を責めるな、あなたを追い込んだのは私とパパだと言う。

ユミンはボンチョルに裏帳簿を渡す。
ユミンはソンジュが目の病気であまり長く仕事は続けられないことを話した。

積賢斎では料理番組の収録をしている。
ドゥムルはファランに明日の食材を買って来いと指示をする。

ソンジュはスンナムに今回はあなたの勝ちだと言う。
監査は取り止めると言うソンジュ。
スンナムはお礼を言う。
ソンジュは今度ミスをしたら追い出すと言う。
スンナムは公正に判断をしてくれるなら悪いことにはならないと言う。
誰かと違って卑劣なことはしませんから

ウンギルはスンナムが勝手に新商品を発表してしまったことを謝るためにソンジュに会いに来た。
ソンジュはスンナムの真意がわからないと言う。
新商品の成功が目的なのか、他に魂胆があるのかもしれないと言う。

めまいでふらつくソンジュを家まで送っていくウンギル。

セヒはソンジュと一緒に家まで入って来たウンギルを見て驚く。
部屋まで連れて行くと言うウンギルを突き飛ばすセヒ。
ソンジュはセヒに失礼なことをするなと言い、ウンギルに謝る。

ウンギルはスンナムにウンギルフードの代理人は辞めて黄龍の社員になったらどうかと聞く。
スンナムは望むならそうすると言う。
ウンギルは何かあったらウンギルフードの責任になると言う。

ドゥムルはウンギルに勝手なことを言うなと言う。
ウンギルはこれからも黄龍とはうまく提携していけると言う。
ドゥムルはスンナムの企画を最後にすると言う。
セヒがいるし、セジョンのことを考えろと言うドゥムル。

ボンチョルはソンジュの目がかなり悪化していることを知った。
ユミンはボンチョルにソンジュの様子はどうかと聞く。
ボンチョルは俺が会長の病気を知って喜ぶと思ったのかと聞く。
30年以上もソンジュを思って来たと言うボンチョル。
愛しているというのですか?

ボンチョルはなぜ治療を勧めなかったかと言う。
ユミンは手術を勧めたが会社のために休めないと言われたと言う。

ボンチョルはセヒにママに気を使えと言う。
セヒはどうせママは実の子供にしか関心がないと言う。
ボンチョルは死んだ子供に嫉妬するなと言う。
セヒは、子供たちは生きていると言う。
ママは何年も探し続けていると言う。

セヒは見つけたら実の子供が会長の座に就くことになると言う。
セヒはウンギルフードと手を切れと言う。
ウンギルがママの子供のムノだと言う。
DNA鑑定もやったと言う。

ウンギルも親を捜しているから時間がないと言う。
パパと私の将来がかかっていると言うセヒ。
ボンチョルは、ソヌはどうしたかと聞く。
セヒはソヌと一緒ではなかったと言う。

ユミンはスンナムに相談もせずに新企画の輸出先を決めてしまった。
それを知ったスンナムはユミンに怒る。
ユミンは君を見習っただけだと言う。
契約締結式に同席してくれと言うユミン。

契約締結式が始まった。
ユミンはソンジュに契約書にサインとしてくれと言う。
しかしソンジュは契約書がよく見えない。
スンナムはソンジュの様子がおかしいことを気付いた。

スポンサーリンク

87話

ボンチョルはソンジュを見て、契約書にサインもできないほど重症なら退任すべきだと思っていた。
スンナムはソンジュの様子がおかしいことに気付いた。
ソンジュに何か問題があるのかと声をかける。

スンナムは契約書を読み、記載内容に漏れがあると言うスンナム。
内容を修正するから少し待ってくれと言う。

ユミンはスンナムを追いかける。
ユミンはどこに問題がある、契約書を返せと言う。
スンナムはこれでは黄龍にメリットがないと言う。

スンナムは契約書に追加項目を記入し、再びソンジュに渡す。
ソンジュがサインをするのを手伝うスンナム。

ボンチョルはユミンに会長の弱点を明かすはずが、反対にスンナムの株をあげてしまったと怒っている。
そこに入って来たドゥムル。
ドゥムルは今回もスンナムのおかげで高い原料を仕入れずに済んだと言う。
スンナムにボーナスでも出した方がいいのではないかと言う。
ボンチョルは何かの謝礼はすると言う。

ソンジュはスンナムに助かったと言う。
スンナムは病院で治療をした方がいいと言う。
ごまかすのは難しいから周囲に病気のことを明かしたらどうかと言う。
ソンジュはまだ話せる状況ではないと言う。

スンナムは会長の目のことを知っている人が今回の契約を企てたようだと言う。
スンナムは私以外に目のことを知っている人はいるかと聞く。
そこにウンギルが入って来た。
親子3人の対面!

ウンギルはソンジュを病院に連れて行く。

医師はソンジュにしばらく安静が必要だと言う。
これ以上悪くなったら手術しても完治が難しくなると言う。

ユミンはボンチョルにスンナムを追い出すならウンギルフードごと切らなければならないと言う。
ボンチョルはスンナムの弱みを知っているかと聞く。
弱みがないなら仕組んでみろと言う。
婿として私に認められたいなら本気を出してみろと言う。

スンナムはユミンに私のせいでボンチョルに怒られただろうと聞く。
ユミンは婿だから追い出されることはないと言う。
君にはドゥムルが付いているのだから辞めたらどうかと言う。
スンナムは私を追い出したいなら弱みに付け込んだりせずに、仕事で勝負しろと言う。
スンナムはユミンにあなたってセヒより悪質な気がすると言う。
怪物のセヒより悪質って悪魔?

セヒはウンギルがソンジュの息子だと言う証拠を消すためにセジョンに会いに行く。
セヒはセジョンにウンギルが子供の頃に持っていたと言うおもちゃのラッパを見せてもらう。
セヒにジュースを入れるため台所に行ったセジョン。
その隙にラッパ持って帰って行くセヒ。
それを知らずにセヒを捜すセジョン。
子供の心を踏みにじるなんてひどい母親です

ウンギルは明日警察にラッパを提出しようと思っていた。
しかしラッパが、見つからずに探す。
セジョンは知らないと言う。

ウンギルはスンナムに会長の病気をネタに脅すつもりかと聞く。
スンナムはその気ならもうやっていると言う。
ウンギルフードに損害は与えないと言うスンナム。
ウンギルは会長のことが心配だと言う。
復讐など辞めたらどうかと言う。

スンナムは個人的感情で私に指図をするなと言う。
ウンギルは人生を復讐に費やしていないで、いっそ自分の親を捜せばいいと言う。

ドゥムルは僕も君のことが心配だと言う。
スンナムは余計なお世話だと言う。
今なら止めてどうやって生きていけばいいのかと泣くスンナム。
ジュニョンのためにも止められませんよね

スンナムはドゥムルに頼り過ぎていたと言う。
会社からも家からも出て行くと言うスンナム。

セヒは復帰したと言い会社にやってきた。
スンナムは会長が許可をしたのかと聞く。
ユミンは、十分に処分は受けたと言う。
スンナムは復帰するなんて聞いていないと言う。

セヒはスンナムに偉そうな口をきくなと言う。
席をどけろと言うセヒ。

スンナムはソンジュにセヒの復帰を許したのかと聞く。
ソンジュは勝手な真似をして、すぐにセヒを呼べと言う。
スンナムはセヒもユミンも堂々としていたから何かあるのかもしれないと言う。
気を付けてくれと言うスンナム。

ソンジュに呼ばれたセヒ。
セヒはスンナムにもう言いつけたのかと言う。
スンナムは会長の許可も出ていないのになぜ出社したのかと聞く。
セヒはパパが許したのだと言う。
スンナムはだったらそう話せばいいと言う。

セヒはソンジュにパパが許可してくれたのだと言う。
ソンジュは許していないから帰れと言う。
セヒは部下に復帰したと言ったから恥ずかしいと言う。

ソンジュは視界がぼやけてきた。
ソンジュはあなたが出て行かないなら私が出て行くと言い部屋を出る。

スンナムは会社の廊下をふらつきながら歩くソンジュを見つけた。
スンナムはソンジュを追いかける。
ソンジェは何者かによって階段から突き落とされてしまった。

スンナムは階段の下で倒れているソンジュを見つけた。
ソンジュに声をかけるスンナム。
セヒもやってきた。
セヒはスンナムにあなたがやったのかと聞く。

スポンサーリンク

85~87話感想

弱みのないスンナムは罠にはまってしまったようです。ソンジュを突き落としたのはユミン? もしそうならスンナムの言う通り夫婦そろって悪質な2人です。
ウンギルはスンナムに厳しいですね。子供の頃はスンナムに甘えて頼っていたのに、姉に説教をするとは立派になったのですね。早く姉弟とわかって欲しいです。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください