私の心は花の雨-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-31話-32話-33話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ガンウクが刺されるなんて・・!!傷の具合が心配です・・。
というか、囲まれ、最後に刺されるなんて、そんな危険な職業、怖すぎます!!なんとか、今の仕事から転職できないものなのでしょうか??

今回は31話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

31話

お腹から血を流しながら帰ってきたガンウクを部屋に連れていくコンニム。
病院に行くことを拒むガンウク・・戸惑うも応急セットで止血を試みるコンニム。
ようやく血も止まり、眠っているガンウク・・。
こんなに大怪我を負っているのに、病院に行けないなんて・・

翌朝、ガンウクが目覚めると、そこにそのまま寝てしまったコンニムの姿が・・。
ガンウクの怪我を見たソノは、すぐにガンウクを病院に連れて行き、そのまま入院することに・・。
自分の怪我よりも、コンニムが看病してくれたことが嬉しい様子ですね♪

一方、ギテクたちはコンニムが外泊したと大騒ぎ・・「どこで働いているんだ!」と激怒したギテクは家族から、コンニムが中央劇場で働いているという事実を知らされる。
中央劇場はチンピラの巣だと激怒したギテクは、コンニムを劇場から強制的に連れ帰る・・。
ギテクからすれば、借金取りの住む場所ですもんね・・

その頃、イルランはヘジュとソノの事を口実に、ヨニの事を探ろうと会う約束をする。
・・あまり情報収集できなかったものの、ヨニをあの家から追い出そうと考える。
ヨニが近くにいると怯えながら生活しなきゃいけないですもんね~

入院から通院治療に切り替えたガンウクはソノに連絡し、コンニムが無事に家に帰ったか確認をする・・そんなガンウクの連絡に複雑な心境なソノ。
その後、クラブに出勤したガンウクを心配して、ヨニがお粥を持ってやってくる・・そして「こんな危険な事が二度と起きないように、また家に戻ってきて・・」と頼むヨニ。
ソノは振られた上に、ガンウクと仲良く話すコンニムの姿を見るのは辛いですよね・・

一方、ソノを諦めきれないヘジュは帰宅時間に合わせて、劇場に向かうももうすでにいなかった・・その頃ソノは、ガンウクとコンニムの事でやけ酒を飲んでいた。
ソノは相当コンニムの事が好きなんですね・・

泥酔して店から出るソノ・・そこに偶然通りかかるヘジュ。
ヘジュは千鳥足のソノを支え、歩いている・・するとよろけた拍子にソノのカバンが落ち、中身が出てしまう。
片付けるヘジュ・・すると「チョン・コンニム」と書かれた茶封筒を見つける・・。

32話

ソノを家まで送り届けるヘジュ。
・・家に帰ったヘジュは、ソノのカバンにあった「チョン・コンニム」と書かれた茶封筒を持ち帰り、中身を確認していた。
そこには「すべてのものに名があり、喜びがある」「僕の大事な人」など詩が書かれた紙が入っており、ソノの好きな人はコンニムではないかと考えるヘジュ・・。
ソノが友達コンニムを好きな事が判明した今、ヘジュはどういった行動に出るのでしょうか?

中央劇場で働くことに大反対のギテクだったが、前借した分は働かないと!というコンニムの説得に渋々、納得するギテク。
その後、サニーからガンウクの容態が安定している事を聞き、安心するコンニム。
コンニムの中で、ガンウクへの印象が変わってきた気がします^^

翌日、出勤したコンニムはガンウクに怪我の具合を尋ねる。
そんなコンニムに「俺を心配してくれたのか?」と嬉しそうなガンウク・・。
一方、「ガンウクを家に戻して欲しい」というヨニの頼みを受け入れるミンギュは、ガンウクに家で一緒に再び暮らすよう話す。
コンニムの言葉に嬉しそうなガンウクの笑顔が、かわいいです♪

ヘジュはコンニムに会いに劇場へ・・。
そこで「ソノさんの事、あなたはどう思ってる?」と聞くヘジュに「職場の同僚ってだけよ」と答えるコンニム。
ヘジュは直球ですねww

・・その後、ソノを呼び出したヘジュは、茶封筒を返し「コンニムの事が好きですか?」と聞く。
そんなヘジュに「今後も彼女には内緒にしておいて欲しい」「コンニムさんに辛い思いをさせたくない」と帰って行くソノ。
ソノの口からコンニムへの気持ちを聞いたヘジュはきっと辛いでしょう・・

一方、イルランはヨニをミンギュの家から追い出す作戦で、個人病院の看護師の仕事を紹介してもらえるよう、手配の連絡をしていた。
するとそこへ、ゲオクがやってきて「そういえば、あなたも看護師だったわ。あれから20年も経ったのね・・」と息子スンジェを思い出し、涙する・・。
こんなゲオクの姿を見ても、騙し続けるイルラン・・本当に怖い女性です

翌日、ヨニに会うため、会社を急いで出ていくイルラン・・そんなイルランが何かを企んでいると思い、尾行するスチャン。
するとイルランとヨニが会っている所を目撃するスチャン・・。

33話

イルランの事をヨニではなく「イルランさん」と呼び、相手の女性を「ヨニさん」と呼ぶ光景を見たスチャンは違和感を感じ、尾行を続ける。
スチャンの勘はすごいですねww

イルランは看護師の仕事をヨニに紹介するも、「看護師だとスンジェさんを思い出すから・・お気持ちだけ受け取ります」と断るヨニ。
・・ヨニが去った後、イルランの前に姿を現わすスチャン。
イルランはスチャンにまた弱みを一つ握られてしまいましたね~

イルランがミン家(スンジェの家)の嫁になりすまし、ヨニの人生を乗っ取っている事を知ったスチャンは、ヘジュは自分の子どもではないか?と疑う・・しかし、イルランは「ヘジュはミン家の子どもで、ヨニの人生を乗っ取るために連れ去った子だ」と話す。
・・そんなイルランに「お前は怖い女だな」と驚愕するスチャン・・。
改めて聞くと、本当に恐ろしい事をしてますよね・・

一方、出かけるガンウクを見かけたコンニムは、ガンウクに声を掛ける。
怪我の具合を聞いたり、笑いながら談笑する2人・・そんな2人を複雑な思いで見つめるソノ。
ガンウクとコンニムの距離がグッと縮まった気がします♪

その日の夜、売り上げの計算をしているコンニム・・すると電球の調子がおかしく、真っ暗になってしまう。
そこで事務室いたソノに手伝ってもらうことに・・しかし、ちょうどその頃、劇場に帰宅したガンウクがちょうど電球の調子が悪いことに気付き、修理していた。
チケット売り場から出てくるガンウクにお礼を言うコンニム・・そして看病のお礼に買ったヘアアクセサリーを渡そうとするも、結局渡せないガンウク・・。
ガンウクはコンニムにお礼を買っていたなんて!かわいい♪

翌日、ソノの家へ戻ってくるガンウク。
一方、イルランから「ヨニの監視をしてほしい」と頼まれたスチャンはミンギュ宅へ・・するとミンギュ宅から出てくる息子ガンウクを目撃し、驚くスチャン・・。

私の心は花の雨 31話・32話・33話 感想

刺されてしまったガンウク・・その看病をした事で、ガンウクとコンニムの距離がすごく縮まった感じがしますよね♪
ガンウクもコンニムに対し、優しいし、何よりコンニムに話しかけられるととっても嬉しそう♪いつも表情のないガンウクだけに、その姿がかわいいです^^
その一方で、ソノの表情が暗いことが多くなった気がします・・しかもソノの気持ちを知ったヘジュも。この2人が嫉妬したりして、恐ろしい四角関係にならないことを祈ります。
そして、スチャンにヨニの人生を奪った事を知られたイルラン。次はどんな手を使って、ヨニを追い込むのでしょうか?これ以上、ヨニの人生の邪魔をするのは辞めて欲しいですね・・。