私の心は花の雨-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-40話-41話-42話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミンギュとヨニが浮気しているかのようにヨンイムに思い込ませる作戦・・現実的に考えるとあり得ないだろ~と突っ込みたくなりますが、あのお騒がせキャラのヨンイムはものの見事に信じてくれましたねww
この作戦、成功するのでしょうか?

今回は40話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

40話

イルランを探すヨンイム・・ちょうどその頃、電話が・・。
その隙にヨニの部屋から出て難を逃れるイルラン。
イルランの悪運の強さはすごいですね~

その夜、昼間にイルランが「ご主人がこの前、40代くらいの品のある女性と歩いていた」と話していた事を思い出し、ヨニが台所で仕事をしている隙にヨニの部屋を探るヨンイム。
・・そこでミンギュのライターを発見したヨンイムが、ヨニの所へ行き、怒鳴りながら水を掛け、掴みかかる。
騒動を聞き、駆けつけたミンギュ・・そんなミンギュも責めるヨンイム。
とっさに状況を把握したミンギュは「そのライターをなくしてしまい、探してくれと頼んでいたものだ」と機転を利かせる。
部屋に戻ったヨニは、スンジェから昔もらった手紙を胸に当て、悔しくて泣いていた・・。
ミンギュはなぜとっさにかばったのでしょう?このミンギュの優しさが凶と出るか、吉と出るか・・

一方、ガンウクはソノと会っていた。
そこでコンニムに大学生だとか偽らず、交際を申し込むつもりだと話すガンウク・・その話に落ち込みながら「僕は好きな人とは、ダメみたいだ・・その人もその他の人も傷つくことになる・・」とコンニムを諦めようとするソノ。
ガンウクはソノの好きな相手が、コンニムだという事はまだ知らない様子ですね

翌日、ミンギュとヨニの間をいまだに疑っているヨンイムは、ヨニと1対1で話すことに。
そこで「夫にライターを探すように頼まれた?」「なぜ、夫は嘘をついたのか・・」と聞くヨンイム・・しかしヨニは戸惑うばかりで何も答えられない・・。
・・そんなヨニの態度にますます疑いを深めていくヨンイム。
ヨンニムの思考はもう止まりませんよね!!

一方、帰宅途中のコンニムはウニョンに会うため、劇場に寄る・・その頃、ヘジュもソノに会いに劇場に向かっていた。
・・チケット売り場に到着するもウニョンがいない・・そこで帰ろうとするとソノがやってくる。急いで帰ろうとするコンニム・・「行かないで」とコンニムを抱きしめるソノ。
無理やり蓋をしていた気持ちが、コンニムを目の前にした途端、溢れ出てしまったんでしょうね

そんなソノに「ヘジュはソノさんの事が好きなんです」と話すコンニム・・しかし「コンイムさんも僕と同じ気持ちですよね?」と真剣な表情で話すソノ・・涙を流すコンニムを抱きしめるソノ。
そんな2人を驚いた表情で見つめるヘジュ・・。
ヘジュが見ていたとは!!これはやばい展開になりそう・・

翌朝、出勤するコンニムを待ち伏せしていたヘジュは、コンニムを睨みながら、頬を叩く・・。

41話

ヘジュが昨夜の件で、コンニムに裏切られたと思い、「私のせいで、ソノさんを拒否し続けなきゃいけなくて大変だったでしょう?」「善人ぶっておいて、やっぱり諦められない?」「もう友達じゃない」と責め、去って行くヘジュ・・。
頬を叩き、罵倒するヘジュ・・ちょっとやりすぎじゃないですか??

一方、ヨンイムが外出中に、言われた通りスープを煮込んでいるヨニ・・そこにミンギュが帰宅。
急いでミンギュの食事の支度をしようとしたヨニは、煮込んでいた鍋で火傷をしてしまう。
そんなヨニを心配し、駆け寄り、気遣うミンギュ・・そんな2人の姿をちょうど帰宅したヨンイムは目撃し、激怒する。
逆上したヨンイムはヨニを大雨の中、荷物をともに放り出す・・。
火傷したヨニの手を握ったりするから~これからヨニはどうするのかな?

大雨の中、ずぶぬれになりながら途方に暮れるヨニ・・そこにちょうどチュンシムが通りかかり、体調の悪そうなヨニをクッパ店に連れて帰る。
・・事情を言わないヨニに「朝まで誰も来ないから、今日はゆっくりここで寝て」と話し、帰宅するチュンシム。
チュンシムは口では強気なことを言うけれど、とても優しい人ですよね♪

翌朝、ミンギュが新聞を取り出ているところを目撃したスチャンは「あの家にヨニがいない」という事を悟り、喜ぶイルランとスチャン・・。

42話

翌朝、ヨニが泥棒だったらどうしよう・・と不安を抱きながら、クッパ店に向かうチュンシム。
しかし、泥棒どころか、食器を洗い、掃除も完璧、その上、忙しくなった店内の接客もこなすヨニを見て、「ここに残って店を手伝ってくれない?」と提案するチュンシム。
その言葉に感謝し、お礼を言うヨニ・・。
あの大雨の日に偶然通りかかったのが、チュンシムで本当に良かった♪

一方、コンニムの出勤時間を狙い、待ち伏せしていたソノは「明日、花見に行こう」とデートに誘う・・しかし、「仕事だ」断るコンニムに「君の勤務時間は知ってる。明日は休みだろ?」「先にあれこれ考えて君を逃したくない・・迷わないで僕の所に来て欲しい」と話すソノ・・。
何かが吹っ切れたかのように、積極的なソノ・・

その頃、ヘジュはミンギュに会いに劇場に来ていた。
そこでソノへの気持ちを伝え、「彼には他に好きな人がいるみたいです・・お父さんから話してもらえませんか?」と話すヘジュ・・。
ソノの気持ちとか関係ないんですかね?ww

劇場を出たヘジュはひったくりに遭い、転んでしまう・・そこへガンウクが助けに来る。そんなガンウクにお礼をしようと財布の中にあるお金を全て渡そうとするヘジュに「人の親切にいつもお金を払うのか?そんなやつ、助けるんじゃなかった」と去って行くガンウク。
この2人・・父親がスチャンだという事は兄弟ですね・・

翌日、知り合いに「何度もあなたを探しに人が訪ねてきた」と言われ「自分は釜山に行ったと嘘をついて欲しい」と頼むヨニ・・その情報をすっかり信じてしまうガンウクやスチャンたち。

一方、ソノとの待ち合わせ場所に向かうコンニム。
2人は手を繋ぎ、桜並木を楽しそうに歩いている・・デートが終わり、自宅までコンニムを送り届けるソノ。
とても幸せそうで、楽しそうな2人♪

楽しかったデートから帰宅したソノを呼び出したミンギュは「好きな人がいるのか?1週間やるから、相手と別れるんだ」と言い放ち、部屋に戻る・・そんなミンギュの言葉に憤りを感じるソノ・・。
ミンギュはどうにかしてヘジュと交際させたいのでしょう・・

翌日、クッパ店に手伝いに向かうコンニム・・そこには準備中のヨニの姿が・・。

私の心は花の雨 40話・41話・42話 感想

イルランとスチャンの思い通りに作戦に引っかかったヨンシムは、ヨニを追い出してしまいましたね!!そして、ヨニの事を好きなんじゃないかと思うぐらい、ヨニに優しいミンギュの行動もいけなかったと思います・・。
そのお陰かどうかは分かりませんが、チュンシムの所でお世話になることになったヨニ・・運命なんでしょうか?血のつながりなのでしょうか?ヨニとコンニムが近付くことに♪なんだか、運命の歯車が再び動き出した気がします^^
そして、コンニムとソノはお互いの気持ちを確かめ合い、楽しそうだったのに、ミンギュの反対でいきなり雲行きが怪しくなってきました・・。