私の心は花の雨-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-43話-44話-45話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨニとコンニムがいよいよ本格的に接近することになりそう♪この2人が親子だと気付くかは、まだまだ分かりませんが、少しずつ軌道修正されている気がします^^
そして、コンニムたちの恋の行方も気になりますね♪

今回は43話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

43話

顔を合わせたコンニムとヨニ・・コンニムが牛乳配達の人だと知り、喜ぶ2人。
2人は独特な箸の持ち方や、好きな食べ物が一緒で、何かと共通点があることに驚く。
そりゃ、親子ですもんね~♪

クッパ店を出たコンニムは、ミソン製菓に出勤・・そこで「スチャン宛の郵便物」を受け取り、スチャンの元へ届けに。
そこでイルランの元を訪ねてきていたヘジュを見かけ、声を掛ける・・
話をしようとヘジュを説得するも「友達じゃない」とコンニムと話そうともしない。
ソノが振り向いてくれないのは、コンニムのせいじゃないのに・・

ヘジュはゲオクに、ソノとの仲を取り持ってもらえるように説得するため、一緒に食事に出かける。しかし、ミンギュの息子ソノとの交際には反対だが、ヘジュがいうならソノに会ってみてもいいと話すゲオク。
しかし「こういう場合、男性が相手の親族に会うのなら真剣だという意味だけど・・女性側から言うのは・・順番が違うと思う」と言われ、落ち込むヘジュ。
ヘジュはソノを付き合えるなら、どんな手でも使うつもりのようですねww

一方、イルシン商会からの注文書が届き次第、納品するようスチャンに依頼するドクス。
・・ヨニの追い出し作戦でさらに要求がエスカレートしてきたスチャンを疎ましく思っていたイルランは、机の上に置いてあったスチャン宛の郵便=イルシンからの注文書を破り捨て、スチャンを陥れようとする。
イルランにとって、スチャンが一番の元凶ですもんね~

仕事終わりにクッパ店に寄るコンニム・・ヨニに枕をプレゼントし「夢を見ないで済むく
らい、ぐっすり寝てください」と話すも「夢の中でなら会いたい人や今は会えない人、そして必ず見つけたい人に会える」とつぶやくヨニ・・。
ヨニはコンニムを見送りながら、ガンウクの好きな人の名前がコンニムだったことを思い出し、こんな形で会えるなんて・・と喜んでいた。
本当に縁というものは、切っても切れないものなんですね♪

翌日、「彼に会えばおばあさんも気に入るはず」とゲオクと映画を観る約束をし、ソノとゲオクを合わせる作戦を思い付くヘジュ。
・・待ち合わせの時間よりも早くついたゲオク。すると理不尽な客に怒鳴られている映画館の従業員を凛とした姿勢で守るソノの姿を目にし、感心する・・。

その頃、イルシンから納品されていないと叱りの連絡が入り、スチャンに問いただすドクス・・その様子を見ていたコンニムは「数日前にイルランからの郵便物を机の上に置きました」と話すも、「そんな郵便物見ていない」「郵便物を失くしたことを嘘ついてるな?」とコンニムを疑うスチャン・・。

44話

コンニムとスチャンの言い争いに駆けつけるゲオクたち。
濡れ衣を着せられそうになったコンニムは「あなたも私が郵便物を届ける所を見たでしょ?」とヘジュに助けを求めるも「見ていないし、あなたは何も持っていなかった」と嘘を付かれてしまう。
この件でコンニムに失望してしまうゲオク・・。
この件とソノは関係ないのに、噓をつくなんて・・ヘジュを見損ないました・・

納得のいかないコンニムは「どうして?ソノさんのせい?・・ごめんなさい・・でもこれは別問題でしょ?」とヘジュに詰め寄る。
しかし、「あなたと私はもう友達じゃない。ソノさんとあなたは住む世界が違うの。彼に付きまとっていたら、あなたが傷つくだけ・・」と険しい表情で話すヘジュ。
・・濡れ衣を着せられ、ゲオクに失望され、ヘジュにまで裏切られたコンニムは落ち込んでいた・・。
元々、ミソン製菓の孫はコンニムだし!!と大きな声で言いたいww

一方、チュンシムはガンウクがヨニを必死に探していることを知り「待っているはずだから、連絡した方がいい」とヨニを説得する。
その後、ガンウクに連絡するため、電話をかけようとするヨニ・・そんなヨニを見つけるガンウク。
会いたいと強く思っていれば、会えるものなんですね♪

その後、喫茶店に入った2人・・ヨニはコンニムのクッパ店に住み込みで働いていることを話し、そんな近くにいたとは・・と驚きを隠せない様子のガンウク。
・・その後、チュンシムからコンニムが濡れ衣を着せられていることを聞いていたヨニは、その事をガンウクに伝える。

ヨニからコンニムの話を聞いたガンウクは、退勤時間を待ち伏せし、コンニムを自転車の後ろに乗せ、桜並木を走る。
ガンウクの「しっかりとつかまって」という言葉に、ガンウクの腰にギュッとつかまるコンニム・・そんなコンニムの行動に嬉しそうなガンウク。
コンニムにとっては、ガンウクは何でも相談できるお兄ちゃん・・って感じなのかな?

一方、商工会の集会に出かけたゲオクは、そこでミンギュとソノの姿を見かけ、以前映画館で見かけた青年がヘジュの好きな人=ミンギュの息子だと知る。
ソノの人柄を認めたゲオクは、ヘジュを呼び出し、ソノとの仲を許す・・そんなゲオクの言葉に「本当にソノさんと付き合ってもいいの?」と大喜びするヘジュ。
だから、ソノの気持ちは?wwそこが一番重要なのにww

コンニムを待ち伏せしていたソノ。
「君に会うと元気になれる・・毎日会えたらいいのに・・」とコンニムの手を握るソノ・・そんなソノの手を握り返し「さっきまで辛くて、憂鬱だったけど、全部消えちゃった」と話すコンニム。
2人は見つめ合い、抱きしめ合う・・そんな2人をガンウクが偶然目撃してしまう・・。

45話

コンニムとソノが抱き合う姿を目撃してしまったガンウク。
とっさに路地に身を隠し、ソノの話していた好きな人がコンニムだという事、そしてコンニムもソノの事が好きな事を知り、衝撃を受け、涙を流すガンウク・・。
いきなり抱き合っているとこを見るとは・・ガンウク、辛かったでしょうね・・

一方、ドクスは清掃員から「これは重要な書類では?」と破かれたイルシンの注文書を渡される。
その事をすぐにゲオクとイルランに報告・・ドクスは「コンニムが郵便物を渡し忘れ、その事実が明るみになるのを恐れて、破って捨てたのでは?」と推測。しかし、スチャンを追い出すためにこの作戦を実行したイルランは「スチャンお兄さんが、間違えて破ってしまったのかも」とスチャンに疑いが向くよう、仕向ける。
これでコンニムの疑いも晴れるかな?♪

その後、注文書の破片を見つけたイルランは、スチャンの仕業だと印象づけるために、その破片をスチャンの書類の間に挟む。
・・すると、ドクスがその破片を発見し、スチャンを問いただすも訳が分からない様子のスチャン。
スチャンはイルランの仕業だとは思ってないんですねww

これはコンニムの仕業だと思ったスチャンは、工場にいるコンニムに「お前の仕業だろ!!」と突っかかる。
そんなコンニムをかばうギテク・・するとさらに激高したスチャンはギテクを殴ってしまう。
スチャンの本性が出ましたね~あらら

そんなスチャンの姿に「会社の損害を与え、従業員に責任を擦り付け、挙句の果てに暴力をふるうなんて・・」と失望するゲオク・・。
これはイルランの思惑通りになるかも・・

一方、コンニムとソノの仲を知ったガンウクは、気持ちを確かめようと、コンニムを呼び出す。
コンニムはソノのことを「前から好きだったけれど、事情があって気持ちを隠していたの。でも、どんなに避けても考えてしまうし、恋しいし、もう気持ちを隠す事は出来ない」と話す姿に自分が鈍感だったことを悟るガンウク。
自分の好きな人が、違う人への募る思いを話している・・こんなに辛いことはないですよね?

コンニムの「弟のような存在のソノさんが好きな人が気になったんでしょ?私は合格?」とおどけて聞く姿に、切ない心情を隠し、精いっぱいの笑顔でオッケーと笑うガンウク。
ガンウクの気持ちを思うと胸が張り裂けそう・・

翌日、コンニムを呼び出し、今回の発注書の件でコンニムに否がなかったことを話し、謝罪するゲオク。
濡れ衣が晴れたコンニムを工場の仲間も喜んでくれる。
コンニムは仲間から慕われている様子♪

一方、イルランの作戦により、追い込まれたスチャン。
このままではミソン製菓から追い出されるのでは・・と心配していた。そんな時に明日、ゲオクが仁川に行くという事を知り、わざとゲオクが乗る車を故障させるスチャン・・。
また何を企んでいるんでしょうか・・

翌日、スチャンの思惑通り、車が故障して一人、タクシーで仁川に向かうゲオク。
そんなゲオクが心配で付き添うイルラン・・しかし「一人で大丈夫」と説得され、帰るイルラン。
その光景を車の中で見ているスチャン・・ゲオクが一人になり、歩き出した事を確認すると、アクセルを踏み、どんどんスピードを上げ、ゲオクに向かっていくスチャン・・。

私の心は花の雨 43話・44話・45話 感想

最初はイルランに似ず、心の綺麗な子だな~なんてヘジュの事が好きだったのに・・ソノに振り向いてもらえないからって、噓をついて、コンニムがピンチなのに助けないなんて、呆れて失望してしまいました。しかも、ソノの気持ちそっちのけで、強引に交際にもっていこうとする態度が気に入りませんww
そして、ソノとコンニムの抱き合う姿を見たガンウク・・もう切なくて、胸がぎゅーっと締め付けられます。このままガンウクは自分の気持ちを隠したままなんでしょうか?でも、弟のように可愛がっているソノのためにも諦めるような気もします・・。