私の心は花の雨-あらすじ-109話-110話-111話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-109話-110話-111話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
展覧会にジェームスことスンジェ、イルラン、スチャン・・そしてヨニ・・当時の登場人物が揃いましたね!!これはなんだか動きがありそうな予感!!
イルランは嘘を貫き通し、ミソンの嫁をして生きられるのでしょうか??

今回は109話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

109話

会場にヨニの姿を発見したイルランとスチャン・・ヨニとスンジェを会わせないために、スチャンがヨニの手を引き、無理やり連れ出す。
なんとか難を逃れたイルランたちはヘジュに「ジェームスとスンジェは別人だ」と答える・・しかし納得いかない様子のヘジュ・・。

翌日、カフェの事でコンニムを呼び出すジェームス。
昼食を一緒に取る・・そこで2人ともピーナッツアレルギーだと知り、驚くコンニムとジェームス。
ピーナッツアレルギーはかなり重要なキーワードですよね!!

一方、ジェームスの秘書に買収したスチャンたちは、ジェームスが取り寄せた韓国医師会の郵便をすり替えさせ、病院の院長だった過去を葬り、自分が何者かの手掛かりを掴めないよう仕向ける。
スチャンは悪知恵がよう働きますねww

その夜、手掛かりがなかったことに失望してしまったジェームスはガンウクを呼び出し、一緒にお酒を飲む。そこで信頼しているガンウクに自分の秘書になって欲しいと依頼・・そんなジェームスの頼みを引き受けるガンウク。

そこで全ての事情を知った「毒キノコ」はヨニを全面的にバックアップすることに・・。
・・ヨニを心配して待っていたチュンシムに「ここを出て行こうと思う」と打ち明ける。一人で抱え込むヨニを慰め、全ての話を聞いたチュンシムは「人の命をもてあそぶなんて、最低なやつだ」と激怒する。
ヨニにとって最大のピンチですが、ここまできたからには頑張って欲しいです!!

ヨニが出て行く事を止めるためにギテクは家族全員を連れ、クッパ店へ・・。そこで「誰かがあんたを苦しめたら、私とここにいるあんたの家族がそいつを懲らしめてやるから、ここにいて欲しい」と話すチュンシム。
ギテクとチュンシムは本当に心の優しい人たちです・・

自分の事を家族だと大事に思ってくれている事を感じたヨニは、みんなと一緒に暮らしていくことに・・。

その頃、ジェームスがスンジェだと、諦めきれないゲオクは、「母親が未練を持ったままでいると息子が成仏出来ない」とスンジェの位牌がある寺へ向かう。
一方、ハンマウム病院の前に立ち尽くすジェームス・・そこにゲオクが通りかかる・・。

110話

ジェームスに「スンジェ!!」と声を掛け、近づくも自分に気付かない息子を見て、記憶喪失になっていることを悟るゲオク。
ジェームスに「ミン・スンジェという名前で、ハンマウム病院の院長をしていた」「妻と娘がいる」ことを伝えるも、思い出せず頭痛が起きるジェームスことスンジェ。
さすが母親・・記憶がない息子のことも一瞬で分かるんですね♪

その後、自宅にジェームスを呼び、写真を見せたり、自分があげたマフラーを見せるゲオク・・「お母さん・・覚えていなくてごめんなさい・・」と涙を流すジェームス。
ジェームスもゲオクの事を母親だと感じるんでしょう・・

昼食を終え、帰宅したイルランたち・・そこで自宅にジェームスがいることに驚く。
・・そこで「展覧会では、お義母さんが記憶をなくしたスンジェさんに会ったらショックを受けると思って、他人のふりをした」と嘘をつくイルラン。
次から次へと嘘が出てくるなんて・・呆れてしまいますね!!

翌日からジェームスの秘書をして出勤するガンウク。
そこで自分の家族が見つかったと打ち明けるも「なんだかしっくりこない・・冷たい感じがする」と話すジェームス。
ジェームスのスンジェの部分が拒否しているんでしょう・・

一方、ジェームスが父親ならファシンデパートが自分のものになると考えたヘジュは、そのまま噓の人生をつき通す決意をする。
噓だらけの人生・・ヘジュも大変でしょう・・

翌日、ジェームスを招待するゲオク。
「父が好きな花なの」とアジサイを購入するヘジュとイルラン、息子のために手料理を振る舞うゲオク、スンジェの帰還を喜ぶドクス・・そして「パパが戻ってきたんだから、伯父さんは追い出した方がいい」というヘジュの話を聞いてしまったスチャンは、この状況に苛立っていた。
スチャンは実の父親ですからね~のけ者扱いされていい気分なわけありませんww

ジェームスを囲み、楽しく食事をする家族たち・・イルランがジェームスを気遣う姿や「ここに住んだら一緒の寝室を使う」という発言に爆発寸前のスチャンは「ヘジュが誰の娘かばらしてやる!」と暴れる。
そんなスチャンを止めるイルラン・・そこに「お願いだからやめて・・お父さん!」と止めに入ってくるヘジュ・・。

111話

スチャンの事をお父さんと呼ぶヘジュ・・驚くスチャンとイルラン。
ヘジュはスチャンに「あなたが父親だと嫌だ。だから今回も身を引いて・・私はミン・スンジェの娘として生きていきたい」「娘として最初で最後のお願いよ」と必死に頼む。
・・そんなヘジュの言葉に一人、泣くスチャン。
大嫌いなスチャンですが、ヘジュの思いに我慢することにした父親の涙を見て、ちょっと切なくなりました・・

一方、ジェームスはヘジュの部屋で自分の写真を発見する・・「お父さんをより近くで感じたかった」と話すヘジュに「早く戻れず、申し訳ない・・これからはずっとお前のそばにいるよ」と抱き合う2人。
その後、ヘジュの説得で一緒に住むことにしたジェームス。
ジェームスは完全にヘジュが娘だと思い込んでますね・・

スンジェが帰ったあと、ヘジュにスチャンが父親だと知っていた事を問い詰めるイルラン。
そこで「ミン・スンジェの娘にしたのはママなんだから、責任を取って」と話すヘジュ。
・・落ち込むスチャンに「私たちにはヘジュをスンジェの娘にするしか選択の余地はないの」「それが私たちが唯一生き延びられる方法なの」と説得するイルラン・・悔しい気持ちを押し殺すスチャン。

翌日、ジェームスからミソンの人間だと知らされるガンウクは複雑な気持ちになる・・。
・・カフェの件でファシンにコンニムがやってくる・・そこで秘書として働くガンウクと再会する・・きまずい雰囲気の2人。
やはりこの2人は別れられない運命なのかな♪

打ち合わせを終え、ガンウクに挨拶するコンニム・・そこでガンウクが指輪をしていない事に気付き「指輪を外したんだね・・」と聞くと「もう必要ない物だから・・別れたんだから」と冷たく答えるガンウク。
2人は自分の本当の気持ちを伝えることが出来ないまま、別れてしまう。
え~!!ガンウク・・コンニムに諦めさせたいからだろうけど・・ひどい・・

一方、決心したスチャンはイルランを呼び出す・・「ミソンを手に入れるまで我慢してやる」「俺も協力する・・スンジェを信頼させてミソンをお前の物に・・そしてここを出よう」と話すスチャン・・。
スチャンとイルランは、夫婦同然の仲みたいですね・・

ジェームスことスンジェが引っ越ししてくる日。
荷物をほどく手伝いをしていると、コンニムの肌着にある赤い花の刺繍が入ったハンカチを持っていることに気付くイルラン。

焦ったイルラン・・スチャンは「それならまたヨニからコンニムの肌着を奪って、ジェームスを信じ込ませたらいい」と企む。
・・一方、ヨニはチュンシムから「ソナの居場所をなかなか教えないのは、スチャンたちが時間稼ぎをしているように思える」「やつらの言葉は疑ってかからないと」と言われ、不安になる。
チュンシムは相当勘が鋭いタイプですよね!!

スチャンと作戦を練るイルラン・・そこに「イルラン・・娘を返して」と家にやってくるヨニ・・。

私の心は花の雨 109話・110話・111話 感想

スンジェが、本当の母親ゲオクと再会出来た事はとっても嬉しいことだし、喜ばしいことです♪しかし、それにより、イルランを妻だと思ってるし、ヘジュの事は完全に娘だと信じ切ってしまっていますよね・・。
その光景に我慢ならず、苛立ってしまいます!!人の人生を奪った上、人の記憶を操ろうなんて・・本当にイルラン、スチャン、ヘジュは最低です!!
そして、ガンウクとコンニム・・こんなに早く再会するとはwwしかし、ガンウクの態度が別人のように冷たくて、コンニムが可哀そう・・。
この2人・・本当に別れてしまうのかな・・。