私の心は花の雨-あらすじ-115話-116話-117話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-115話-116話-117話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自分はギテクたちの子どもではないと知ってしまいましたね・・。しかもチュンシムはコンニムがヨニの娘だと気付いてしまったし・・コンニムには本当の母ヨニと再会して欲しいけど、ギテクたちとも離したくないし・・気持ちは複雑です。

今回は115話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

115話

ギテクたちの会話を偶然聞いてしまったコンニムはショックを受け、家から飛び出るも、何もなかったようにチュンシムの待つ家へ帰るコンニム。
コンニムもあまりに突然の出来事で、戸惑ったでしょう・・

翌日、ギスンに「私は父さんたちの子ではなく、拾われてた子なの?」と聞き、自分が偶然聞いたことを話すコンニム・・そして自分が知っていることは内緒にしていて欲しいとお願いする。

自分の実の親は誰なのか・・考えながら歩いているコンニム・・そこに玄関先に水を撒いている人が・・。
コンニムはその水をよけきれず、靴下と靴がぬれてしまう・・そこにちょうどヨニが居合わせ「新しい物を買ってくるわ」と待つよう話す。
・・履き替えるコンニムの足の裏にホクロがあることに気付くヨニ・・。
ヨニも少しずつ、コンニムが娘なのでは?と勘づいているんじゃないかな?

一方、ヘジュはジェームスがコンニムに失望していると思っていたのに、役員の前でカフェの企画発表を自分ではなくコンニムに任せたことを知り、憤慨する。

「社長に頑張ると伝えて」とガンウクに言い、去って行くコンニム・・そんなコンニムを追いかけるヘジュ・・ヘジュは階段で足を踏み外し、転げ落ちてしまう。
そんなヘジュを心配して、駆け寄るコンニム・・しかし「この人に突き落とされた」とコンニムに罪をかぶせる。
出ましたね!ヘジュお得意の罪をかぶせる作戦ww

病院で検査するヘジュ・・そこに来たジェームスもコンニムを疑い続け、スチャンとイルランはコンニムを訴えると大騒ぎ。
スチャンとイルランは、ヘジュの実の両親ですからね~

警察署に呼ばれるコンニムとギテク、チュンシム・・そこにいたスチャンは「徹底的に調べてください」と去って行く。
「和解をしないと娘さんは前科者になってしまう可能性が高い」と言われ、戸惑うチュンシムたち。

翌日、ヘジュの病室を訪ねるコンニム。
そこで「前科者になるか、ファシンを辞めて私に謝るか・・コンニム次第だ」と話すヘジュ・・しかし「私は潔白だから仕事を辞めることも、謝ることもない」と宣言し去るコンニム。
コンニムも強くなりましたね!!

その後、ジェームスの元へ向かうコンニム・・そこにはジェームスに「娘の告訴は取り下げて欲しい」と土下座するギテクの姿が・・!

116話

ギテクの気持ちに心を動かされたジェームスは、ヘジュに「告訴は取り下げよう・・お前に考え直して欲しい」と話す。
しかし、それではコンニムを追い出せないと考えたヘジュは「ヨンファ堂のファシンデパートへの出店を考え直して欲しい」と条件を出す。
どこまでも追い込んでいくようですね・・

その後、ジェームスはコンニムを呼び「告訴は取り下げるが、出店の件は白紙に」と言われ、素直に承諾するコンニム。
「自分の非を認めたわけではなく、これ以上、私のせいで両親に辛い思いをさせたくないだけです」と去って行くコンニム・・なんだかスッキリしないジェームス。

一方、空港でミソンの債権と株を受けとったら娘ソナに会わせると、ヨニに航空券を渡すイルラン。
その事を毒キノコに報告し、別れるヨニ。

ヨニはその足でソナの墓参りに・・そこでガンウクに会う。
そして「3年前に会ったソナは本当の娘じゃなかった・・だからもう罪悪感は捨てて、幸せに生きて」とガンウクの手を握るヨニ。
ガンウクとヨニの仲が再びよくなって、本当に良かったです♪

その一方で、毒キノコが逮捕されてしまい、債権と株を用意できなくなってしまい、落ち込むヨニ・・。
そんなヨニを心配したチュンシムは夕食に誘う・・楽しそうな家族を見て「娘に会えなくなったけれど、このまま言わずに発とう」と決心する。
このまま渡米しては、一生娘には会えないのに・・

元気のないヨニを心配したコンニムはクッパ店へ・・そこで翌日、渡米することを知ったコンニムは涙する。

一方、ギテクに「ヨニがコンニムの本当の娘だ」と打ち明けるギテク・・「すぐに伝えたいけど、コンニムと離れたくない」というチュンシムに「それでもきちんと話さないと」と説得し、翌朝、ヨニに真実を話すことに。
ギテクは本当に優しくて、強い人です!!

翌日、ヨニをバス停まで送るコンニム・・その頃、ギスンから「コンニムが捨て子だと気付いている」と聞かされるチュンシム・・。
ヨニはコンニムにソナがつけていたブレスレットを渡し、別れる・・。

ヨニとコンニムの帰りを待つチュンシム・・そこへコンニムが帰って来て事情を聞いたチュンシムは「アメリカ?何言ってるの・・娘はここにいるっていうのに!」と慌てる・・。
そして「あんたがヨニおばさんの本当の娘なのよ」と打ち明けるチュンシム・・。

117話

ヨニが自分の母親だと知ったコンニムは急いでヨニの元へ・・そんなヨニもコンニムからの手紙に「自分は20年前に大邱で拾われた子だ」と書いてあり、コンニムこそがソナだと確信し、走り出す。
出会った2人は「ソナ・・」「お母さん・・」と涙の再会を果たし、強く抱きしめ合う。
ギリギリのところで間に合って良かった^^

・・ヨニが渡米してしまったと思い込んで、自分を責めているチュンシム。
そこにヨニとコンニムが帰ってきて、抱き合うヨニとチュンシム・・。

一方、空港に現れないヨニを不安に思ったイルランは、スチャンにクッパ店を偵察するよう指示する。
そこにヨニがいるのを見たスチャン・・イルランは「娘がコンニムだと気付いたのかもしれない」と数日間監視してみることに。
イルランたちにとっては、ヨニが渡米しないと困りますもんねww

その頃、記憶を断片的に思い出していたジェームスは、記憶の中で「スンジェさん・・」と呼ぶ女性が気になる様子。ふと雨の中倒れていた女性ヨニを助けた時に、ヨニから「スンジェさん」と呼ばれた事を思い出し、探して欲しいとガンウクに指示する。

その夜、コンニムの部屋で手を繋いで眠るコンニムとヨニ・・コンニムが実の母に会えて嬉しいはずが、なぜか涙が止まらないチュンシム・・。
チュンシムの気持ちを思うと切なくなります・・

翌日、買い物を楽しむコンニムとヨニ。そこで2人お揃いのヘアピンを買い、つけてクッパ店へ行く。
そんな2人に「年甲斐もなく・・」と拗ねるチュンシム・・すると「母さんのなんだけど・・」と同じヘアピンを贈り「ヨニお母さんとチュンシムお母さんに私からのプレゼント」と話すコンニム。
嬉しそうにピンをつけるチュンシム・・。
コンニムは、本当にいい子ですね♪

その頃、ガンウクの元に「階段の事件で目撃者を探していると・・」と清掃員がやってくる。
そこで「社長の娘が追いかけてきて、勝手に転んで落ちたんです」と証言する。

その事をジェームスに報告したガンウク。ジェームスはヨンファ堂を訪ねることに・・しかし道に迷ってしまう。するとそこで雨の中助けた女性ヨニを見かけたジェームス・・。

私の心は花の雨 115話・116話・117話 感想

ヨニとコンニムことソナがついに20年の時を経て、やっと再会出来ました~♪♪ずっと待ち続けていたヨニの事を思うと心が張り裂けそうです・・コンニムも嬉しかったことでしょう♪・・そして、コンニムとの別れになかなか決断できないチュンシムに「それでも伝えないと!」と涙を堪え、チュンシムを諭すギテク!!いつもは頼りないけど、ここぞという時は、しっかりと先頭に立ち、家族を引っ張る姿がとてもかっこよかったです♪
コンニムは、ヨニもチュンシムも同じように大切な母親だと思っているはずです!これからはもっと幸せに暮らせますように♪