私の心は花の雨-あらすじ-124話-125話-126話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-124話-125話-126話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の心は花の雨

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ゲオクはコンニムと会えず、亡くなってしまいなしたね・・。それにしても、記憶のないスンジェの事を騙し続けるイルランとスチャン・・そして協力するヘジュ!!この3人は絶対に許せません!!

今回は124話からお伝えしていきますね♪

【私の心は花の雨】ネタバレあり

124話

「ソナのお母さん」とは誰の事なのか、気になり始めるスンジェ。
・・そこでイルランたちに「ソナという子を知っているか」と聞くも「ヘジュの胎児名です。病院で一緒につけたじゃないですか」と話し、誤魔化すイルラン。
しかし、スンジェの記憶ではソナと名付けたのは病院ではないことから、イルランを疑い始める。
スンジェの記憶が少しずつ戻ってきている様子・・

また、ゲオクが倒れた日、ドクスが来ていたと話した家政婦の証言が嘘だと分かり、さらに困惑するスンジェ。
一方、正義感の強いソノが目障りなイルランとスチャンは、ソノを地方に異動させることに。
ソノを地方に異動させたらヘジュが黙っていませんよね!?

その頃、スンジェは「ヨニ(イルラン)、スチャン、ドクス、ミンギュ」自分の周辺の人物を調査するようガンウクに頼む。
ガンウクはイルランがヨニと同じ名前な事が引っ掛かる様子。

その夜、スチャンは自分と先約していたにも関わらず、イルランがスンジェとの約束を優先させたことに腹を立て、イルランの元へ。
そこで「俺はお前の女なのに、ミン・スンジェに気でもあるのか?」と怒鳴るスチャン・・その光景を偶然見ていたガンウクはイルランがヨニでは?と疑い始める・・。
やはりスチャンとイルランは男女の仲が続いていたんですね!

翌日、ソノを地方に異動するという話を聞き、怒ったミンギュは、イルランに電話し「ジェームス社長とその隣によく知ってる顔の看護師の写真を拾った・・これをジェームス社長に見せたら喜ぶでしょう」と電話を切る。

焦ったイルランとスチャンはスンジェの元へ・・そこにはミンギュの姿も。
ミンギュは慌ててきた2人の姿に、その場を取り繕う・・その後、スンジェのいないところで「よく考えろ。俺を刺激して全てを失うか、俺にミソンを半分渡し、会社をもっと大きくするか・・」と駆け引きをするミンギュ。
ミンギュはあの写真でミソン製菓を狙っているようです!

一方、家政婦がイルランの指示で噓を付いていることを知ったスンジェは家政婦を辞めさせる。
ゲオクの部屋で「ソナ」と書き続けるスンジェ・・するとヨニとお腹の子はソナという名前にしようと話している記憶を思い出し、自分の記憶のヨニと違う顔をしたイルランを見て、驚くスンジェ・・。

125話

ヨニについての記憶が蘇ったスンジェは、「俺の婚約者はソ・ヨニ・・あの女は偽物で母さんを見殺しにした張本人」だと気付く。
その後、イルランにはその事を内緒にし、本物のヨニを探すことに。
スンジェの記憶がついに!!

ソノを地方に異動させるという話を聞いたヘジュは、スチャンに文句を言いに行く。
そこで「ママは人の人生を20年も盗んで生きてきた・・私は偽物なのよ」と話しているヘジュの言葉をスチャンに会いに来たガンウクが聞いていた。
ガンウクもついにイルランが偽物だと知った様子・・

その事を知ったヘジュはガンウクの元へ・・そこで「私の本当の父はイ・スチャンなの。だから私たちは腹違いの兄弟なの・・だから黙っていて欲しい」とお願いするヘジュ。
困惑したガンウクは「1週間待つ・・それまでに話さないなら、ジェームス社長に話す」とヘジュに伝える・・。
ガンウクはいつも自分以外の事で背負うものが大きすぎて・・かわいそう・・

ガンウクがスンジェに話す前に、ミソンを売却し、海外へ逃亡しようと計画するイルランとスチャン。
・・一方、スンジェは信頼できるミスター・チェと呼ぶ男と会っていた。そこでイルランたちの動きを全て把握し、「彼らの手でミソン製菓をジェームス社長に戻すよう仕向けます」と話す。
スンジェは騙されている振りをして、2人を追い詰めるようですね!

一方ヘジュはガンウクを口止めしようと、自殺しようとしていると思わせる行動に出る。
ガンウクは悩むも、結局はヘジュを助けに行ってしまう・・そして「生まれながらに偽物として産まれた気持ちわかる?」と泣き、ガンウクを困らせるヘジュ。
ガンウクの優しさを利用するなんて!!

その頃、イルランが自分のヤケドを確認したことを思い出したコンニム・・一方、ギテクもコンニムを捨てて去って行く女性の顔を思い出し、イルランだと気付く。
ギテクの記憶もついに!!

コンニムを捨てた女性がイルランだと知ったヨニは、イルランの元へ・・。

126話

イルランに「ソナを捨てたのはあなたでしょ?」と激しく責め立てるヨニ。
しかし白を切るイルランに「必ず罪を償わせてやる」と涙を流し、決意するヨニ・・。
色んな人がイルランの悪事を知ってしまった以上、最大のピンチに立たされたイルラン・・

翌日、父親の誕生日だと、スンジェの好物を作るヨニ・・一方、イルランもスンジェのために「好物を準備した」とたくさんのおかずを用意していた。
しかし「この中に僕の好物はありません。忘れたのかな?」とわざと話すスンジェ・・そしてヘジュにも「お前は本当に俺の娘か?」と聞くなど、3人の心理を揺さぶるスンジェ。
スンジェも少しずつ攻撃を開始しましたねww

コンニムが「今日は父の誕生日だからと母が作ってくれました」とお弁当をスンジェに差し入れする・・そこでスンジェが自分の父と同じ誕生日で、好物も同じことを知るコンニム。
そして、スンジェが百日紅の刺繍が入ったハンカチを持っていることを知る・・。
もう少し・・あと一歩でスンジェとコンニムが親子だと気付きそう!!

ミソンを早く売りたいのに、誰もその話に食いつかず、焦るイルランとスチャン。
そこに「在米韓国人の事業家が売却に興味を示している」と連絡が・・。
・・早速会うイルランたち、その実豪華は口約束で「アメリカの会社を売ったお金で、お支払いします。だいたいい1ヶ月かかる」と話し、その条件を受け入れるイルラン。
・・この事業家はスンジェが依頼したミスター・チェだった・・。
スンジェの仕掛けた罠だとも知らずww

スンジェの電話を盗み聞きしたイルラン。そこで記憶が戻り、自分が偽物だとスンジェに気付かれたと知ったイルランは、スチャンに相談する。
・・翌日、スンジェの記憶が戻ったことを確信したスチャンは「スンジェを今夜、消す」とイルランと計画する。
まさか・・殺す気・・?

一方、スンジェはお弁当のお礼にと、コンニムを夕食に誘う・・。
その夜、食事を楽しむコンニムとスンジェ・・食事を終え、別れる2人・・その頃、コンニムを迎えに近くまでヨニが来ていた。
コンニムの元へ向かう途中で、スンジェを見かけたヨニは「ソンジェさん」と追いかける・・振り向いた瞬間、スチャンの指示で待っていた人物に襲われ、倒れるスンジェ・・。

私の心は花の雨 124話・125話・126話 感想

スンジェの記憶がついに戻りましたね!!イルランとヘジュが偽物だと知り、相当怒りに震えたはず・・しかし、その感情を抑え、確実にイルランたちを追い込むスンジェ。
その頃、ガンウクにもばれ、ギテクが思い出し・・もう絶体絶命なイルランたち。もうどこにも逃げる場所はないですよね?なのに、悪あがきなのかスンジェを殺そうとするとは・・もうあの2人は人間じゃないです!どこまでも自分たちを優先する態度と、そのために人の命を物のように扱う姿勢・・やはりあの2人には罪をきちんと償うべく、裁きを受けて欲しいです!!