私の男の秘密-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-私の男の秘密-あらすじ-1話-2話-3話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

私の男の秘密

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
韓国ドラマって、あまりタイトルに凝らないですよね?
このタイトルも、「そのまま」なのですが、とっても気になります。
いったい、どんな「秘密」なのでしょう?

ソン・チャンウィをはじめ、豪華キャストも魅力的です。
いったい、どんな演技をみせてくれるのでしょう?

マクチャンドラマの決定版~楽しみですね(*^_^*)

【私の男の秘密】ネタバレあり

第1話

幼い姉妹のヘリムとヨリム。
ヘリムは、事故に遭い倒れているヨリムを置き去りにする…
いきなりの衝撃シーン

―14年後―
ヨリムを置き去りにした時の悪夢に、悲鳴をあげて目覚めたチン・ヘリムは美しく成長していた。
ヘリムの養母パク・ジスクは幼い頃に行方不明になった実の娘ヨリムを今も捜し続け…

今日も、部屋をめちゃくちゃにし、明らかに正気でない母親に顔をしかめるヘリム。
さすが母親!正気でなくてもヘリムが犯人とわかっているよう

母親をなだめる方法は一つだけ。
ヘリムは、当時作ったヨリムを探すビラをジスクに渡した。
愛おしそうにヨリムの写真をなでるジスクが泣かせる!

ヘリムの養父で国会議員のチン・グクヒョンは、満面の笑顔で食事を配る奉仕活動をしている。
韓国あるある!いろんな所でご飯を配っています。まだまだ貧富の差が激しい?

ヘリムの企みを全て見透かしているジスクは、ヘリムの制止を振り切りビラを持って家を飛び出すのだった。
ヨリムのこと以外は正常で明晰なジスク

しかたなく、父、グクヒョンに連絡するヘリム。

もう一人の主役キ・ソラは、明るくはつらつとした高校生。
ソラは家計を助けるため、自分で作った「特製海苔巻き」を市場の人に売っていた。
おなじみのキムパプ売り!!

海苔巻きを一度に20本も買う客が現れて、同じ海苔巻き売りのおばさんがソラに文句を言い始める。
ソラも言い返し、掴み合いの喧嘩になったところにソラの母親も駆け付け、ますます収拾のつかない大喧嘩になってしまった。
ソラ、ソラの父、母登場 キャラクターもわかりやすくうまい見せ方(*^_^*)

街に出たジスクは、必死にビラまきをしている。
グクヒョンの部下がジスクを連れ戻しにくるが、ジスクはうまく逃げる。
ジスクはなかなか足が速い?それだけ必死なのかな?なんとも気になる存在!

今度はヘリムがジスクを捜すことに。

ソラの母親の経営するチャンポン店。
父キ・ラソン、母モ・ジンジャは、学年トップの成績なのに大学へ進学しないという次女ソラを説得している。

自宅に帰った主夫ラソンは、ジンジャに命令されたキムチを漬けながら長女デラのわがままを聞いている。
デラはソラの進学資金を自分の留学費用にしたいというのだ。
デラは、韓ドラによく出てくるお金に執着心の強い性格みたい(^_^;)

しっかり者でテコンドーの得意な三女チャラが、そんなデラをいさめる役。
貧乏だけど明るい5人家族!

街角でビラを配り続けているジスク。
ヘリムもジスクをみつける。
そこへバイクでチャンポンの配達中のソラが通りかかる…
このスリーショットはもしや(^_^;)

棄てられたビラをタイヤに巻き込んでしまったソラに、すごい形相で駆け寄るジスク。
ジスクが立ちはだかったせいでソラは転倒、さらにジスクの平手打ちを受けてしまう。

そんなソラの前に現れたヘリムは、傲慢な態度をみせる。
バカにされたソラもヘリムに文句を言い、投げられたお金を叩き返す。
あー、ヘリムったら、いきなり、いじわる全開だわー(^_^;)

その後、この時の平手打ち画像がSNSに出回り、頭をかかえるグクヒョン。
グクヒョンに責められても、娘の捜索を諦めないジスク。
ジスク役のイ・ドッキ 熱演だなあ。母の愛深し(T_T)

実はSNSの画像は、ジスクを憎むヘリムの仕業なのだが、グクヒョンはヘリムを疑うことを知らなかった。

また、グクヒョンに、この件で親切めいた忠告をするウィ・ソネもいた。
登場人物が揃ってきましたね(*^_^*)

納骨堂に現れたジンジャ。
ジンジャはソラという幼い少女のお参りをしている…これは?

一方、今日も海苔巻きを売っているソラは、1,000ウォンの自分の海苔巻きを1,500ウォンで売っている男がいると聞き…
―続く―

第2話

ソラの海苔巻きを堂々と1,500ウォンで売っていた男こそ、後にソラの夫となるハン・ジソプだった。

二人は最悪の出会いをしたが、悪企みをしたのはジソプの母親ク・ミホンで、ジソプは何も知らなかったのだ。
海苔巻き20本のおばさんがジソプの困ったお母さん(^_^;)

ソラの話を聞き、お金を返そうとしたジソプだが、警察署から電話があり駆け出していってしまう。
後にはジソプの落とした財布が残っていた…

一方、ヘリムを大学のキャンパスまで訪ねてきた男がいた。
彼は財閥の御曹司で、ジソプと瓜二つの顔を持つカン・ジェウクだった。

ジェウクはヘリムに言い寄るが、ヘリムは冷たくあしらう。
ヘリムはジェウクの異母兄カン・イヌクを愛しているからだ。

また、ジェウクの母親のウィ・ソネもジェウクとヘリムを政略結婚させようと企んでいた。

カン・イヌクが研修医として勤めている病院に、突然、ニューヨークにいるはずのジェウクが現れる。

驚くイヌクに、ジェウクは平然と金の無心をする。
だんだん登場人物が増えてきた(*^_^*)

病院から立ち去ろうとしたジェウクは、入れ替わりにやってきたヘリムをみかける。

その後、抱き合うヘリムとイヌクの姿を目撃し、嫉妬の炎を燃やすのだった。
一人二役、成功しています。別人だものー!

警察署に駆け付けたジソプが見たのは、花札賭博で取り調べを受けている母ミホンだった。
なんとか釈放されたミホンだが、ジソプに海苔巻きの件で責められる。

自宅に戻ったソラが、ジソプの財布を確かめると、少ない現金と多数のクーポンが出てきて、親近感を覚える。

クラブでウエイターのアルバイトをしているジソプ。
女性客にからまれ屈辱的な目に合うが、ひたすら耐えるのみだった。
可哀想―(^_^;)

―ソラの家―
長女のデラは留学を諦めきれずハンスト中。
心配するソラに学費を譲れと迫るのも忘れない。

母ジンジャは、そんなデラを叱り、外へ連れ出す。
ジンジャは「ソラが気付いたらどうする?」と。
ソラは「拾ってきた子」だったのだ。
わかっていたけど(^_^;)

言い争うジンジャとデラ…そんな二人の会話を聞いてしまったソラ。

翌日。
ソラの通う高校に、グクヒョンとヘリムがやってきて、見せかけの謝罪をする。
カメラの前では下手に出ていたグクヒョンたちは、ソラと三人きりになると高圧的な本性をみせる。
よくあるシーンだけど、やっぱり腹が立ちますねー(^_^;)

グクヒョンからの金をきっぱりと断ったソラだが、悪賢いヘリムがソラの隙を狙ってポケットに金の入った封筒を忍ばせる。
さすがヘリム(^_^;)

カン家。
帰宅したイヌクは、義母ソネに金の無心をする。
嘘の下手なイヌクなので、ソネはすぐに真相を見破った。

後日、チン家。
霊媒師を呼んだジスク、ヘリム、ちょうど訪ねてきたソネがいた。
三人が言い争っている所に帰宅したグクヒョンは、祈祷の祭壇を壊しジスクを怒鳴りつける。
しかし、引き下がらないジスクは、無理やり精神病院に入れられてしまう…
―続く―

第3話

ポケットの封筒に気付いたソラは、お金を返すためにチン家に向かい、ちょうどジスクが連れ去られるところを目撃してしまう。
チン家の汚点を何度も目撃するソラ~縁があるからしかたない?

チン家で再び、対決するソラとヘリム。
ソラはヘリムの態度に怒り謝罪を求めるが、簡単に謝るようなヘリムではなかった。
本当に憎らしいヘリム!

過去の秘密を抱え、また、今度は養母を陥れたヘリムに安息はない。
ヘリムがバーで酒をあおっている所に、イヌクがやって来る。
ヘリムは、愛するイヌクには本音を漏らし酔いつぶれる。

イヌクがヘリムを送り届け、今度は二人が車中でキスしているところをジェウクが目撃してしまう…
間の悪いジェウク(^_^;)

一方、ジソプがアルバイトから疲れて自宅に戻ると、男と一緒にいるミホンが。
何度も男に騙されているミホンに忠告するジソプだった。

ヘリムを愛しているジェウクだが、ヘリムとイヌクの仲を見て、こちらも酒を飲まずにはいられない夜だった。

翌日。
三度、対峙するソラとヘリム。
ついにヘリムがソラの頬を叩き、ソラも叩き返す。
一歩もひかないソラが好き(*^_^*)

後に、この時偶然負った怪我を利用したヘリムが、ソラを窮地に追い込む…

ソラはジソプに財布を返そうと学生証を頼りに大学を訪ねるが、ジソプは休学中。
ソラがジソプの家に行くと、なんとミホンが例の男の正妻に怒鳴り込まれているところだった。
ミホンさん…(^_^;)

ソラが、これが最後と向かった先はジホンがアルバイトをしているクラブ。

その頃、偶然にも同じクラブで酒に酔ったジェウクがもめ事を起こしていた。
ひとりの男を酒瓶で殴り、出て行ったジェウク。

この時、入れ替わりにクラブやってきたジソプが、ジェウクのかわりに男に角材で殴られ、昏倒してしまう。

そこへやってきたソラが、倒れているジソプを見つける…
何という事!!

ジソプが運び込まれた病院でも、ジェウク、ジソプ、イヌク、ソラの4人は運命に引き寄せられるようにすれ違うのだが、今はまだ、お互いの存在を知らないままだった。
見事なニアミス(^_^;)

母からの電話で病院を後にしたソラは、帰宅すると警察に連行され、ヘリムに障害で訴えられたことを知る。
必死に弁明するソラと両親だが、警察はもとから権力の味方だった。

示談を望む両親は、必死にヘリムとグクヒョンに頭を下げる。
そんな両親の姿に、ソラも膝を折るしかなかった…
―続く―

第1話~第3話感想

1話40分なのに、ものすごく内容が濃かった。
だいたい、3話で24年も経っているのですからね。
でも、すっきりと人間関係や人となりが頭に入ったのは、さすがヒットメーカーのキム・ヨンシンとホ・インムの脚本だと思いました。
そうそう、すれ違うシーンもとってもよかった。
こちらは演出のチン・ヒョンウクさんの力でしょうか。

そして、注目の二役でしたが、こちらもさすが、ソン・チャンウィでした。
見事に演じ分けているというか、別人としか思えない。
ヘリムも期待を裏切らない悪女ぶりで、今後が楽しみです。
本当に可哀想な目に合ったソラが、全然めげないところもお気に入りです。
10年後のジソプ、ジェウク、ソラ、イヌクどうなっているのかなあ?
可哀想といえば、ヨリムオンマのジスクさん、気になります。

いすれにしても、各々に、より過酷な運命が待っているのは間違いありません。