秘密の家-16話-17話-18話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ドラマが少しずつ展開していますね。
相変わらずギョンソンを探し続けるジファン。
しかし、何の手がかりもつかめません。

一方、9年前の事故の記憶が蘇ってきたテヒョン。
事故のとき、人をひいたのではないかと気づいたのです。

スクジンに尋ねると、たしかに人をひいたのだと言います。
しかし、事故の処理は完璧にしたから大丈夫だと話します。

テヒョンはそれでも心配です。
これから立候補して議員になるのに、少しでも汚点があってはいけないから。
もし飲酒運転をして人身事故を起こしたことが明るみになったら、政治家生命は断たれるから。

ソルのこともありますね。
隠し子がいるとわかったら、それも汚点になります。
そして、テヒョンは気づいてしまったみたいですね、自分がひいたのがジファンの母親だと。

この先、どんな展開になっていくのでしょう?

さっそく第16話から紹介していきますね〜♪

【秘密の家】(ネタバレあり)

16話

ジファンのソルロンタンの店で、ギョンソンを探すチラシを見かけたテヒョン。
9年前に自分がひいたのはジファンの母親ではないかと気づきます。

そこにやって来たのがジファン。
なぜひとりで店にいるのかとテヒョンに尋ねます。
動揺する気持ちを見せまいと、テヒに手を出すなと文句を言いにきたと話すテヒョン。
ジファンはテヒョンのことを怪しく思います。
さすがのテヒョンも動揺するのね。

帰宅したテヒョン。
スクジンに、自分がひいたのはジファンの母親ではないかと尋ねます。
そして、ジファンの母親は死んだのかと。

スクジンはうなずいたあと言います。
事故で死んだのではない。しばらく入院していたが、最近、亡くなった。
ギョンソンの寿命だったのだから、気にする必要はないと。
ひどい言い方ね。

テヒョンはスクジンを責めます。
9年も隠していたのか。

母さんが事故を起こし、後始末をした。
俺に迷惑をかけるようなことはないようにしてくれと。
テヒョンの言葉にショックを受けるスクジン。
母親に対して偉そうに言うのね。強気のスクジンもテヒョンには負けるわね。

一方、ジュホンの両親から交際を反対されているジファン。
ミニョンはジファンを思い、これからソルは私が面倒を見る。
ソルがいなければ、ジュホンの両親も交際を許してくれるだろうと。

ジファンは言います。
ソルが生まれてからずっと一緒にいた。
ソルを諦めることはできないと。
そうよね、ジュホンも大事だけど、ソルはもっと大事。
ジュホンの両親はどうして反対するのかしら?

カフェで話をするミニョンとジュホン。
ミニョンは言います。
ソルは自分が産んだ子で、出産直後、逃げた私の代わりにジファンが育ててくれたのだ。
ジファンの子ではないのだと。

ジュホンはミニョンの話を聞いたあと、ジファンに会いに行きます。
どうしてソルの本当の親のことを話してくれなかったのかと。
ミニョン姉さんからすべて聞いたと。

ジファンはなんて心の温かい人なんだ。
そんな人が私の恋人で誇らしいと。
そして、2人は抱きしめ合うのです。
ジュホンも温かい人よね〜。

たびたび熱を出すソルを見て、つらいミニョン。
テヒョンに移植をしてもらおうと、事務所を訪れ…。
まずはテヒョンの検査からじゃない?
適合しないかもしれないのだし。

17話

テヒョンの事務所の前まで訪れたミニョン。
テヒョンとスクジンが事務所で話しているのを聞いてしまいます。

ギョンソンを車でひいたのがテヒョンで、スクジンが事故の後始末をした。
スクジンがギョンソンを9年間も世話をしてきたと話していました。

スクジンが帰ったあと、ミニョンはテヒョンに言います。
あなたが母さんをひいたのね!
それなのに平気な顔をしているなんて!
お母さんはどこにいるの?と、ミニョンはテヒョンに怒鳴ります。
ミニョンが知ってしまったのね。

何を妄想なんか言っているのかと、しらを切るテヒョン。
ミニョンは携帯電話に録音した音声をテヒョンに聞かせます。
スクジンとテヒョンの会話がそのまま録音されていたのです。

お母さんの居場所を教えてくれないなら、これを持って今から警察に行くと脅すミニョン。
困ったテヒョンは、今からギョンソンのところに連れて行くと言い、ミニョンを連れ出します。
駐車場に行き、ヤン運転手の車を借りて、テヒョンはミニョンと一緒に出発します。
えっ、ミニョンが危ない。テヒョンは信用できないのに。

車の中で、ミニョンはジファンにメールをします。
お母さんが見つかった、今から会いに行くと。
メールだけじゃなくて、さっき録音した音声も送らなきゃ!

テヒョンはミニョンを人気のないビルの工事現場に連れていきます。
話をするテヒョンとミニョン。
お母さんはどこにいるのかと、ミニョンはテヒョンに詰め寄ります。

テヒョンは言います。
ギョンソンは亡くなったと。

ショックを受けたミニョンはテヒョンに襲いかかり…。
ミニョンは足を踏み外し、ビルから落ちそうになります。
テヒョンの手を握って、助けてほしいと懇願するミニョン。
しかし、テヒョンはミニョンの手を離し、ミニョンはビルから落ちてしまいます。
テヒョン、ひどすぎる!
ミニョンは死んじゃうの?

ミニョンが落ちて血を流しているのを見て、帰ろうとするテヒョン。
そこにヤン運転手がやって来ます。
テヒョンはミニョンが自殺したと見せかけるようにヤン運転手に命じ…。

そんな中、ミニョンを必死で探すジファン。
すると、ミニョンから自殺をほのめかすようなメールが入ります。
ジノにミニョンの位置情報を調べてもらい、ジファンはビルの工事現場に。

すると、警察がいて、人が死んでいます。
死んでいるのはミニョンだと気づいたジファン。
ミニョンを抱き締め…。
本当に死んじゃったのね。
ヤン運転手が病院に運んで助けるのかと思ったのに。悲しすぎる!

18話

テヒョンはヤン運転手にミニョンの後始末をさせて、自分は事務所に戻りました。
自分がミニョンを死なせたことを思い出し、動揺を隠せません。
テヒョンは結局、その夜は家に戻りませんでした。

翌朝、ジンスクは着替えを届けに、テヒョンの事務所に行きます。
ジンスクは顔色が悪いとテヒョンの心配しますが、テヒョンは面倒そうにほっといてくれと言います。
テヒョンの様子がおかしいと感じながらも、ジンスクは事務所を出ます。
本当にジンスクはテヒョンにこんなに冷たくされてるのに、親バカすぎる!

テヒョンが着替えをしていると、カフスボタンが片方ないことに気づきます。
慌てて駐車場や車の中を探しますが、見つかりません。
事件現場に落とすってあれね。

ミニョンは死んでしまいました。
葬儀場でお酒を飲みながら涙を流すジファン。
ソルと一緒に幸せに暮らそうとしていたのになぜ?と涙が止まりません。

一方、病院で闘病するソル。
ジファンやミニョンが病院に来ないことを心配しますが、ジュホンが仕事で来られないと話します。
ミニョンに何度も電話したけれど、電源が切れているとソル。
大好きなミニョンと話をしたいのにと話します。
ソルには本当のことを言ってあげればいいのに。

ミニョンの死を知ったテヒ。
家に帰り、ジンスクやフンシクにミニョンのことを話します。
そこに帰ってきたのがテヒョン。

ミニョンが亡くなったことをジンスクが話すと、テヒョンは自分には関係ないと言います。怪しく感じたジンスクはテヒョンを問い詰めます。
ミニョンの死に関係しているわけではないのねと念を押し…。

すっきりしないジンスク。
ヤン運転手にミニョンのことを尋ねると、テヒョンの仕業で、後始末は自分が完璧にしたと話します。
どうして報告しなかったのかと、ヤン運転手を平手打ちにするジンスク。
ヤン運転手はどうして殴られてるのに、黙ってるのかしら?

テヒョンはミニョンが亡くなった現場にこっそり行きます。
なくしたカフスボタンを探そうと。
ちょうどそのとき、ジファンも現場に現れて…。

16〜18話の感想

テヒョンが気づいてしまいましたね。
9年前、自分がひいたのはギョンソンで、死んだことを。
後始末を完璧にしたと言っているが、どうして教えてくれなかったのかとジンスクを責めます。

そして、事実に耐えられないからでしょうか、テヒョンはどんどんエスカレートしているみたいです。
母親なのに、ジンスクを責めますね。
何事にも強気のジンスクですが、テヒョンに責められると何も言えないみたいです。

ジンスクのもうひとりの子どもであるテヒにはあんなに冷たいのが不思議ですね。
ユ看護師がフンシクに尋ねますね。
テヒはジンスクの本当の娘なのか? 出生の秘密があるのでは?と。

そんなユ看護師の話をこっそり聞いていたテヒ。
例によって、親子鑑定をするんでしょうか?

さて、ミニョンが死んでしまいましたね。
テヒョンがギョンソンを死なせたことを偶然、聞いてしまったのです。

テヒョンにとって、ミニョンは邪魔な存在。
ミニョンを故意に殺したわけではありませんが、死ぬとわかって、わざと助けなかったのです。

どんどん罪を重ねていくテヒョン。
でも、自分に責任はないと開き直っています。
罪は全部、お母さんが被ってくれと、ジンスクを責める始末。

ギョンソンやミニョンのことはテヒョンの仕業だと知っているのはジンスクとヤン運転手だけ。
早くテヒョンの罪が明らかになってほしいです!

早く次回を見たいです〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください