秘密の家-19話-20話-21話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ミニョンが死んでしまいましたね。
ジンスクとテヒョンの話を偶然、耳にしてしまったのです。

テヒョンが酔ってギョンソンを車でひいたこと。
そして、スクジンがギョンソンを9年間もずっと隠していたことを。

ミニョンは驚いてテヒョンを責めますが、そんなことをする前にジファンに言えばよかったのに。
自分の身が危ないって思わなかったのかしら。
テヒョンやジンスクはお金で何でも解決しちゃう悪人なのに。

テヒョンに人気のない廃墟に連れて行かれたミニョン。
結局、足を踏み外して、落ちてしまいました。

テヒョンはミニョンを助けられたのに、わざと手を離して落としてしまいましたね。
そして、ヤン運転手がミニョンの死は自殺だと見せかけ…。
ヤン運転手はいつも無表情で、何を考えているのかわからない怖さがあります。

ジファンはミニョンの死の真相を探ることができるでしょうか?

さっそく、第19話から紹介していきますね〜♪

【秘密の家】(ネタバレあり)

19話

カフスボタンを探しに、廃墟を訪れたテヒョン。
ボタンを見つけて拾おうとしたとき、ジファンが現場に現れます。
慌てて隠れるテヒョン。

ジファンは現場を見渡し、ミニョンの死について何か手がかりになるものはないかと探します。
すると、カフスボタンが落ちているのを見つけます。
ボタンを拾おうとしたとき、テヒョンが背後からジファンの後頭部を木材で殴り…。
ジファンはその場に倒れてしまいます。
テヒョンは本当に悪人ね。

ジファンが気を失ったのを確認したテヒョン。
カフスボタンを拾って、その場を去るのです。
そして、途中で川にカフスボタンを投げ捨てるのです。
えっ、捨てちゃうの? カフスボタンが片方しかないと、よくないのでは?
証拠になっちゃうのでは?

しばらくしてジファンが目覚めると、首が切れて血が出ていました。
だれが自分を殴ったのだろうと不審に思うジファン。
そして、さっきたしかに目にした、カフスボタンがなくなっていることに気づくのです。
カフスボタンがなくなったことが、何かの証拠になりそうね。

そんな中、ソルが退院することになりました。
家に帰って、ミニョンを探すソル。
しかし、ミニョンはどこにもいません。

ソルがジファンに尋ねると、ミニョンは遠くに行ったと言います。
大好きなミニョンがいなくなって涙を流すソル。
ソルはミニョンのことが大好きなのね。

ミニョンが本当に自殺したとは思えないジファン。
ミニョンの壊れた携帯電話をジノに調べてもらいます。
すると、録音データが書き換えられていました。
怪しく思うジファン。
ジノは頼もしいわね!

ジノとジファンが話しているところに、1人の男性が訪ねてきました。
ドライブレコーダーのデータが入ったUSBをさし出し、一緒に大金を儲けないかと男性が言います。
男性はかつて、殺人犯を捕まえた件でテヒョンを脅した人でした。

ジノがデータを見ると、たしかにジファンが殺人犯を追いかけて捕まえたあと、テヒョンが手柄を横取りしている映像が映っていました。
一緒に映像を見るジファン。

すると、ジファンはあることに気づきます。
それは、テヒョンの袖口にあるボタンカフスで…。
わ〜、おもしろくなりそうね〜。

20話

動画に映っているテヒョンの袖口に、廃墟で見かけたカフスボタンと同じものがあることに気づいたジファン。
さっそく、テヒョンに会いに事務所に行きます。

ミニョンの死に関わっているのかと尋ねるジファン。
テヒョンは当然ながら、しらを切ります。
しかし、ジファンに動画を見せられ、カフスボタンのことを言われると、テヒョンは顔を曇らせます。
テヒョンが本当のことを言うはずはないに。

言い繕い、相変わらず、ミニョンのことを侮辱するテヒョン。
ジファンは怒って、テヒョンを殴るのです。

そんな中、ジファンのことを心配するジュホン。
事務所に行くと、ミニョンの通話履歴を調べた書類がありました。
ミニョンが亡くなる前、同じ番号に何度もかけていることを不審に思ったジュホン。

「もうすぐ移植してくれるドナーが見つかる。
説得中だ」とミニョンが話していたことをジュホンは思い出します。
もしかしたら、この番号はソルの父親のものかもしれないと気づきます。
ジュホンは鋭いわね。

その番号にかけてみると、テヒョンの番号だとわかりました。
すぐにテヒョンに会いに事務所に行くジュホン。

ジュホンはテヒョンに尋ねます。
ソルの父親はテヒョンではないかと。
テヒョンはしらを切ります。
ミニョンが一方的に好意を持って、自分につきまとっていただけだと。

怒ったジュホン。
亡くなった人を侮辱するなんて、うそを平気で言うなんて、最低の人間だと、ジュホンはテヒョンに言うのです。
ジュホンはかっこいいわね。スカッとするわ!

一方、ジュホンは母親のヘンジャと話をしていると、母親が言います。
母親に会えずに死んでしまったなんて、ミニョンは気の毒ねと。
「母親って、ギョンソンおばさんじゃないの?」と尋ねるジュホン。

実はミニョンの母親はギョンソンではなく、別の人。
アメリカに行ったという話を聞いていると話します。
ジファンもこのことは知らないだろうと。
この母親っていうのがすごく気になるわね。だれかしら?

そんな中、ジノがミニョンのクラウドデータにアクセスすることに成功。
データには、ある音声がアップされていました。
さっそく、録音された音声を聞くジファン。
ジノはハッキングの腕を持っているのね!

音声はテヒョンとスクジンが話しているものでした。
それによると、テヒョンがギョンソンを車でひき、スクジンが9年間も隠していたというもので…。
えっ、ジファンはもう知っちゃうのね。

21話

母親がいなくなったのはテヒョンとスクジンの仕業だと知ったジファン。
すぐに、ジノがギョンソンを見かけたという療養所にいきます。
療養所でギョンソンのことを尋ねますが、職員は教えてくれません。

ジファンは療養所で女性清掃員を見かけます。
それは、かつて別の療養所でギョンソンと間違えた人物で、その女性の息子は女性が全身麻痺だと話していた人です。
女性清掃員に詰めよると、「病気のふりをすれば500万ウォンをくれる」と言われたと白状します。
少しずつ明らかになっていくわね。

黒幕がいて、ギョンソンを隠していると確信したジファン。
その足でテヒョンの家を訪れます。
ミニョンが亡くなる前に、ミニョンの携帯にギョンソンを見かけたとメールが来たと話すジファン。

驚くスクジンとテヒョン。
ジファンはミニョンの携帯のデータが見られることを2人にほのめかし、何か行動を起こさせようとしたのです。

場面変わって、病院で。
フンシクが検査に来ました。
検査のあと、ジュホンのところに行き、2人で話をします。

テヒョンとの結婚をもう一度考えてくれないかと話すフンシク。
テヒョンは酒や女とは無縁だ。
きっとジュホンを一生大切にしてくれるだろうと。
フンシクは鋭そうなのに、全然、テヒョンのことを知らないのね。

ジュホンはフンシクにきっぱり断ります。
それに、「テヒョンには恋人がいた」とつけ加えます。
詳しくは本人に尋ねるといいと話すジュホン。
フンシクがミニョンやソルのことを知ったら、激怒するわね。

ジファンが何かを知っているのではないかと、気が気でないジンスク。
ジファンの事務所に行き、大金を投げつけます。

十分なお金を入れたから、ソルの教育費にあてなさい。
その代わり、テヒョンの前には2度と現れないと約束しなさいと言い捨てるスクジン。
スクジンは太々しいわね。

ジファンはスクジンに怒りを感じて言います。
ギョンソンを車でひき、それを隠すために拉致監禁した人がいると。
そのことが明らかになれば、そいつの将来はないだろうと。
驚いて言葉が出ないスクジン…。

19〜21話の感想

ドラマの序盤ですでに急展開ですね。
ジファンが知ってしまいました。

テヒョンがギョンソンを車でひき、それを隠すために、スクジンがギョンソンをどこかに連れて行ってしまったことを。
愛する母親を奪ったのはテヒョンとスクジンだと知ったのです。
録音からはギョンソンが亡くなったことはわからないので、ジファンは再び探し続けるでしょうね。

それにしても、ギョンソンはどこにいるのでしょう?
スクジンがヤン運転手にギョンソンを始末するように言いましたが、そして、スクジンはギョンソンが死んだと思っていますが、生きていますしね。
ヤン運転手は何を考えているのでしょう?

テヒのことも気になりますね。
ソルに肝臓を移植するドナーを探しているみたいです。
そして、そのことでジファンに近づきたいと。

でも、ジファンとジュホンはおたがい、心から愛し合っています。
2人とも気持ちが揺れることはないでしょう。

ジファンはジュホンの手をとり、そばにいてくれるだけで元気になれると言います。
ジュホンもまたジファンのことを信じ、話してくれるまで待つと言います。

ジファンもひとりで秘密を抱えず、ジュホンになんでも話せばいいのにと思ってしまいますが…。
でも、ソルの父親がテヒョンだとジュホンが気づいたのはよかったですね。
もともとテヒョンのことが嫌いなジュホンでしたが、これでテヒョンのもとに行くことはないでしょう。

どんな展開になるのか気になります。
早く次回を見たいです〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください