空から降る一億の星-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-空から降る一億の星-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

空から降る一億の星

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
まさかの展開になりそうな予感がして、もうムヨンの過去もジングクの事件も、知りたいような知りたくないような・・ww
残りあと4話で本当に完結するのかなって不思議になるぐらい、衝撃な過去が待ち受けていそうな予感です!

今回は13話からお伝えしていきますね♪

【空から降る一億の星】(ネタバレあり)

13話

ムヨンはジンガンとの待ち合わせ場所へ。
そこで記念写真を撮り「自分の名前が見つかったみたいに嬉しい!」と喜ぶジンガン。
そんなジンガンに「一緒にジンガンの本名も見つけよう」と提案するムヨン・・しかし「お兄ちゃんがきっといつか話してくれると思うから、それまで信じて待つことにする」と話すジンガン。

その後、父親が自殺したらしいということを報告するムヨンは「それが本当かは分からない。でも、真実を話すことをためらう先生を見て、自分の家はあまり幸せな家庭ではなかったんだと思う」と悲しそうな表情。
そんなムヨンを抱きしめるジンガン・・。
ムヨンは幸せな家族を思い描き、その思いを糧に今まで生きてきたんでしょうからね・・

ムヨンは父親が自殺したという場所へ。
するとそこは幼い頃、遊んでいた場所だと思い出し、その奥に住んでいた家があることに気付くムヨン。
ムヨンが失っていた記憶が次から次へと・・

家に入っていくムヨン・・。
すると、その光景はまさに夢で見た通りで、遊んでいる2人の男の子、そんな子どもを優しく見守る父・・すると父を撃った人物がジングクだということに気付くムヨン。
動揺したムヨンは、ジンガンからもらった写真を取り出し、ジングクの部分を破り捨ててしまう。

翌日、ムヨンは覚えていたパスワードで、ジングク家に侵入し、手掛かりがないかを調べる。すると、ある箱を見つけ、開けるムヨン・・その中にはジングクがムヨンを探していたことを証明するチラシが入っていた・・。
ムヨンはジングクが父親を殺したことを信じたくなくて、証拠がないことを祈っていただろうに・・

ムヨンはセランの元へ。
そこで「銃を手に入れて」と頼み、「この子どもについて調べて欲しい」とチラシを渡すムヨン。その代わりにどんなことでもするという条件を受け入れることに。
しかし、殺したのがジングクだと判明すると、怒りでいっぱいのムヨン・・何をするか分からない勢いです・・

銃を受け取るムヨン。
するとセランは「この男の子はカン・ソンホ。ジングク刑事が捜していた子でチラシに載っている電話の番号はジングク刑事が当時使っていたもの」と報告をする。
そして自分がそのソンホだと名乗り「弟がいたと思う。母親と弟を探して欲しい」と頼むムヨン・・。

その後、ジンガンの元へ行くムヨン。
すると「どんなことがあっても、俺にとって、お前はお前だ」と意味あり気な発言をするムヨン。
そこにジングクが帰宅・・ムヨンの靴を見たジングクは「来たな」と呟き、中へ・・。
すると、奥から銃口をジングクに向けて、怒りの表情で出てくるムヨンの姿が・・!

14話

銃口をジングクに向け、近づいてくるムヨン。
父親を殺したのかと遠回しに聞いてくるムヨンに「お前の父カン・スングを撃ったのは私だ」「でも、間違いだったんだ」と話すジングクに「何がどう間違いだっていうんだ!」「俺の家族、家・・全部あんたが台無しにしたんだ!」と声を荒げるムヨン・・。
ムヨンが怒るのは当然です・・こんなところで繋がっているとは・・悲しすぎる・・

ジングクはムヨンに「俺を撃てば、お前は本当に殺人犯になってしまう」と止めるも、「心配するふりはするな」と聞く耳を持たない。
諦めたジングクは「撃ってもいい。でも、ここでは駄目だ。ジンガンに見えない所で」と話す・・。
その時、玄関のインターホンが鳴り、ジングクの同僚ソジョンが訪ねてきて、ムヨンはその場を去って行く。

帰宅したムヨンはセランからのメールを読んでいた。
そこには「ムヨン父スングは怪しい宗教にはまり、家を出た妻が隠れていた信仰集団のアジトを発見・・その後、そこを訪れ、妻と信者たちを殺した」という新聞の記事が・・。
その内容を見たムヨンは自分の父親が殺人犯で母親を殺したと知り、ずっと持っていた家族の絵を捨ててしまう。
自分の父親が殺人犯だったなんて・・思い出さない方が良かったのかも・・

一方、ジンガンはムヨンの捨てた絵を発見。
ムヨンに何かあったのではと察知し、理由を聞くと言葉に詰まりながら「父親が殺人を犯していたんだ・・しかも3人・・」と打ち明けるムヨン。
1人にして欲しいと話すムヨン・・捨ててあった絵を手に「私が持っておくね」と部屋を出て涙を流ジンガン。

その後、セランから強力3班チーム長の音声が入ったUSBを受け取る。
そこにはジングクがムヨン父を誤って撃ってしまったこと、その後、ムヨンを探していたことが録音されてあった。

事件の真相を知ったムヨンはジングクを呼び出し、自分を探した理由を聞く。
すると「スング(ムヨン父)が動いたんだ・・凶器を持とうとしたのかと思って、正当防衛だと考え撃ってしまった」「でも実際はそこにいたお前に自分が撃たれる所を見せたくなくて、スングは自分の後ろに隠そうとしたんだ」と打ち明けるジングク。
・・ずっと自分の父親が警官だと信じてきたムヨンは、その思い続けた相手がジングクだと知り、怒りに震え「あんたを許さない、絶対」と言い、去って行く・・。
もうムヨンの気持ちを考えると切なすぎて、悲しすぎて、泣けてきます・・

ある日、父スングの眠る寺を訪れ、涙を流すムヨン。
その帰り、心配していたジンガンから「愛してる」とメールが・・その文字に涙を流すムヨン。
帰宅し「もう一度、生まれ変わりたい」と泣くムヨン・・駆け寄り抱きしめるジンガン。
・・その後、2人は幸せであたたかい時間を過ごす・・。
今まで1人で辛い人生を生きてきたのに、思い出した記憶でさらに追い詰められるなんて・・

その後、ムヨンは「必要なくなった」とセランに銃を返しに行く。
そこでセランはムヨンが病院に運ばれてきた日、ある女の子も運ばれてきたこと、そしてその女の子はジングクの元へ養子になったこと・・その女の子の名前は「ユ・ジンガン」だということを知っていた。
しかし「あなたの言っていた弟はいなかったわ」とムヨンに真実を話さず、「もし教えて欲しかったらここに来なさい」と飛行機のチケットを渡し、意味あり気にほほ笑むセラン・・。
えっ・・ジンガンもムヨンの過去に関わりが?

家で過ごすムヨンとジンガン。
すると沸騰しているヤカンでヤケドをしてしまうジンガン。そんなジンカンのために薬局へ向かうムヨン・・すると途中で突然、昔の記憶が蘇る。
その記憶の中の弟・・ジンガンの幼い頃の写真を見るとそこに写るジンガンが自分の弟だということに気付き「妹だったのか・・」とつぶやく、ムヨン・・。

空から降る一億の星 13話・14話 感想

ちょっと色んな真実が出過ぎて、頭と感情が追い付かない!!ムヨン父を撃ったのはジングクで、ジングクの養子がジンガンで、ムヨンが弟だと思っていたのが妹で、それがジンガンだったと?こんな運命と呼ぶべきなのか、因縁と呼ぶべきなのか・・辛すぎます・・。
ムヨンとジンガンは血のつながった兄弟なのか・・どうしてジングクはジンガンを引き取ることになったのか・・謎は残ります。
そして、悲しみの中のムヨンを深い愛情で包み込むジンガン・・もう涙なしではこの先を見れそうにありませんww

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください