空港に行く道-あらすじ-1話-2話-感想つきネタバレありで!

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-1話-2話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
~外から見れば何不自由なく理想的な夫婦、家族を演じていても実際のところはわからないよねぇ。
心の隙間を埋めてくれる、そんな相手にお互い不思議な縁で出会い、
ちょっとした思いやりでインスピレーションみたいなものを感じちゃうんだよねぇ~
(*^^)v 何となく気持ちが通じて、もう気になってしょうがない!!
応援したくなるような、でも既婚同士だからその辺は難しいけど、
素朴な人柄がお似合いでもあるかなぁ~♪♪~

【空港に行く道】(ネタバレあり)

1話

客室乗務員の副事務長として洗練された感性を持ちオープンで陽気なチェ・スア。
頑張れが頑張るほど、ストレスも増え仕事と家庭を同時に進めて行くには、多少の困難があった。
家にはワンマンの夫と娘の衝突で、重苦しい空気が充満していて
精神的疲労を抱えていた。
スアはバリバリのキャリアウーマンだから、家事って何かと負担になるよ
おまけに帰れば自己中の夫がいて、一気に気分が滅入ってしまう
気も心も休まる場所がない!

機長の夫 パク・ジンソクと結婚し、一人娘で小学生のパク・ヒョウンを設けるが、
夫の独断的な命令で海外に留学させることになり・・
たった一人の可愛い娘を海外で生活させるなんで、理解に苦しみますね
夫は何でも自分勝手に決めるし、今一面白くないスア

愛くるしい一人娘エニーと妻と、平凡で幸せな生活をしている建築学科の講師 ソ・ドウ。
冷ややかな関係の妻キム・ヘウォンとエニー。二人の間で気をもむドウ。
ぎくしゃくした親子の関係を見ているのは辛い。ドウの気持ちがわかるよ

ヒョンウとエニーが同じホームステイ先のルームメイトという事で、
連絡を取り合っていたスアとドウ。
ある日、ドウに悲しい知らせが届く。
死に直面することほど辛いものはない、けれどそれがきっかけとなって、
スアとドウの新たな場面が展開するのは、巡り合わせとしか思えないよねぇ(^^♪

運命のいたずら的な流れで、一気に突き進む感じ

2話

エニーが事故死したという現実に直面したドウは、大急ぎでシンガポールへ向かう。
一通りの用を済ませ飛行機で帰る中、偶然ルームメイトの母のスアに遭遇したドウ。
二人は戸惑いながらも切ない感じで話を続けるのだった。
悲しみに打ちひしがれているドウは、傍にいるスアにジーンとくるものがあったようですね。

ヘウォンは一人娘の死を受け入れられず、仕事で気を紛らわしていた。
しかしドウの母 コ・ウニは孫娘の死を深く受け止め、真摯に向き合うのだった。
イベントで黙禱をする人たち。
ヘウォンは、結婚生活が偽りの人生であることを悟った。
いくら仲が悪かったといえ、娘の死はこの上ない悲しいものがあるのにねぇ。
ヘウォンは何もかも面白くない!自暴自棄で満たされない気持ちでいっぱい、気の毒だけど・・
実母より祖母のほうが死に対する悲しみの気持ちが大きいなんて、やりきれないしね。

シンガポールから帰国したヒョウンは、相変わらず父親のジンスクとバトルを
繰り返していた。
仕事のついでにシンガポール立ち寄りエニーの用を済ましたスア。
ドウはエニーの遺灰を教会で受け取り、空港でスアと再会する。
スアといることがドウにとってささやかな安堵感をもたらしてくれた。
エニーへの思いを名残惜しみ、ドウはスアを家まで送るが・・
スアは少しでもドウの役に立ちたくて、一生懸命支えている感じだよね
そんなドウは、エニーに対しての悲しみを一緒に受け止めてくれるスアに惹かれていく感じ
二人のかすかな心の叫びが通じる。。そんなシーンにうっとり~心を打たれるよね

1-2話感想

スアは厳格な夫にすごく不満で、ドウは妻としっくりいってない。
お互い既婚者で、それぞれの夫婦は冷めた仮面夫婦的なものもあり、
そんな時に出会ってなぜか胸に響き合うものが出来て・・
二人の出会いって、なんか運命的なものを感じてしまうよね~
何度もすれ違いながらやっと再会できた二人 (*^^)v
娘の死は限りなく悲しくて辛いものでしたが、同じ気持ちで心を寄せてくれる
スアの存在に感動しましたね。ドウといるとトキメキみたいなものを感じ胸が切なくなるスア。今後の展開がすごく楽しみですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください