空港に行く道-あらすじ-7話-8話-感想つきネタバレありで!

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-7話-8話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
~ドウの母が息を引き取った。
偶然にも、スアが買ってきた小豆粥を食べながら祖母の思い出話をし、
会話もはずみ明るい笑顔を見せてくれた後のことだった。
「以前会ったボタンのおばあさん?」とスアが呼んでいたのが、ドウの母。
「人は死ぬ前に大切な人の為に何か残す」としみじみとスアに話すおばあさん。
その後、病院で倒れて亡くなったらしい。
スアはドウの母とボタンをきっかけにして縁があり、そのあとも小豆粥で
親しみが湧いていたのに、亡くなってしまうなんて残念~!!
ドウは悲しみでいっぱいの中、疑心暗鬼でヘウォンじっとを見たよ。
憎しみと腹立たしさが交錯しているよう。ドウの気持ちが痛いほどわかる・・

【空港に行く道】(ネタバレあり)

7話

雨の中のドウに走り寄りゆっくりと手を貸すスア。
そして、胸が締め付けられる思いで抱き合う二人。
そんな二人の姿と、遠くから心配そうに見ているメリーがいました。

最愛の人を亡くした気持ちを受け止めてくれる、スア気持ちが切ないよね

メリーは病院へ入ろうとしてアニーの母、ヘウォンにバッタリ遭遇してしまいます。
メリーが叫んだ「ヒョウンママ」という言葉を聞いてしまい、メリーに
尋ねるヘウォン。慌てて誤魔化したメリー。けれどどことなく腑に落ちない感じの
ヘウォン。

何でこんなところにスアが??ヘウォンは小さな一言も聞き逃さないよ、嫌な人

スアは「大切な人に必要なものを何か残す」というドウの母のメッセージの意味を
何気に思い出し、涙ぐんでいた。自分には一緒に悲しみを分かち合い泣くことしかできない
ある日、ドウは母の手紙が目に留まった。そこには、
「自分が大切にしていた作品、初めて作った作品をいくつか集めて、誰でも見る事ができる
場所に置いて欲しい。波の音、石の匂い、風がすり抜ける大きな木、耕運機が通れるぐらいの
明るい日差しの入るところに・・」
作品の所有者と住所の最期に「チェ・スア」の名前があった。
ドウは心を打たれ涙が溢れだした。

スアもドウも、亡くなった母の思い出にどっぷりはまり、母が書いた手紙を真剣に読んでいたね。
悲しみに浸り、母の思いを誠意をもって共感しながら二人は涙、涙・・
手紙に「スア」の名前を見つけたドウは、涙が二重になって思慕の念がこみあげてきたよ。
そばにスアがいてくれて、本当に良かったよね

フライトを終えたジンソクは、「ソ・ドウ」という名前をキム・ジュヒョンから
始めて耳にし、驚いていた。
スアとドウが、機内で長い時間一緒に過ごしたと、不透明な出来事を疑念の目で見、
ジンソクに話すのだった。

突然ドウの名前を聞いて、なんとも思わなかった日常が変化しつつあるジンソク・・
余計なことを話さなくてもいいのにねぇ

8話

メールが目に入ったスアは急いでドウの元へ駆けつける。
その時、夫ジンソクはヒョヌの店に偶然 居合わせていた。
スアとドウは悲しみのどん底で、自然に抱気合う。

居ても立っても居られない、スアの気持ちが先走って

店の二階に「ソ・ドウ」がいることを半信半疑でヒョヌに尋ねるジンソク。
無言のヒョヌを相手に素早く会計を済ますと、帰り際
二階を見上げ納得したように店を後にした。

ジンソクも薄々と感ずいてきているようだね

店の二階では、スアとドウの激しい気持ちの絡み合いが止められず、
がむしゃらに大胆な愛を確かめ合っていた。
勢いにまかせ熱い思いで壁を突き抜けた二人。

もう何にも怖いものなし!二人だけの世界って感じ(*^^)v

スアの姿がどこにも見当たらず、不思議に思うジェアとミジン。
するとドアの方から鍵を開ける音が・・
二人の思いに反して、帰宅したのはなんとジンソクだった。
行き先がわからずよどんだ雰囲気の三人。

ヒョウンを置いてどこに消えてしまったのか、まずい!スアの不可解な行動がバレてきそう

ドウはコーヒーを淹れながら、スアの表情を何気なく眺めていた。
落ち着いた感じで普段と変わらないスア。
大きな窓から日が昇るのをゆっくり眺め、コーヒーを飲む二人の光景が
静かな朝を迎えていた。
外の景色が徐々に変化していく、穏やかなシーンが純粋な二人の気持ちを
受け入れるような感じにも見えた。

二人の気持ちが通じ合い、心が和むひと時 !(^^)!

家に着き車から降りてくる場面を目撃されるスア。
ミジンは怒り心頭で、スアに気持ちをぶつけるのでした。

ミジンからあれこれ言われ適当に誤魔化すけど、結局自分の気持ちを抑えきれず涙してたね
スアの本心がわかり、ミジンは真剣にスアに怒ってた。とうとうバレてしまったかなぁ・・

7-8話感想

ドウの母が亡くなってしまったよね。こんな辛い時に傍にいてくれる
スアの存在がドウにとって何より心強かったのではないのかなぁ~
もう二人のスピードはぐいぐい進んでしまったよね。ただのロマンスではなく、
お互いの気持ちの結びつきが、温かさとヒューマニティを醸し出しているよ!
ジンソクやヘウォンが段々と二人の関係を気付きだして、隠し切れなくなるのも
時間の問題なようなそんな気がしますが・・







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください