素晴らしい遺産-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

結婚契約書を誰かに盗まれたと思ったゲオクはこっそり家を出て行こうと思いました。しかしヨンベに見つかり、結婚契約書もヨンベが持っていました。ヨンベはゲオクに今度やったら違約金を払えと脅かしました。
ミンジュは夫ペクドゥが浮気しているのに気づいています。ペクドゥをつけて行きソニと車の中で抱き合っている写真を撮りました。
ペクドゥ夫婦とクムガン夫婦はゲオクを呼び出しました。そしてゲオクに1億ウォンの小切手を渡しました。

スポンサーリンク

    【素晴らしい遺産】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    37話

    ペクドゥはゲオクに1億ウォンの小切手を渡す。
    クムガンは手荒な真似はしたくないから平和に解決しようと言う。
    エリはあの家から出て行って欲しいと言う。

    封筒の中には入籍を諦めて家から出て行くと言う念書が入っていた。
    ゲオクは私が出て行ったらヨンベが悲しむと言う。
    クムガンはこの額では足りないのかと聞く。
    ゲオクは私が家を出なければいけない理由は何かと聞く。

    エリはお義父さんの遺産をもらう気でいるようだけど、万が一そうなっても裁判をして取り戻すと言う。
    そのとき後悔しても遅いと言う。
    ペクドゥは父さんがあなたを入籍するとは思えないと言う。
    この辺で諦めたらどうかと言う。

    ゲオクはこれ以上ゴタゴタしたくなけれど大事なことだから即決できないと言う。
    少し考える時間が欲しいと言う。

    ボミは家の修理を大家であるハルラに頼んだ。
    初めてハルラを見たボミはハルラがイケメンだったので驚く。
    パク・ヒョンシクみたいだとつぶやくボミ。
    パク・ヒョンシクの方がイケメンだと思います

    結局修理もできず帰るハルラ。

    ボミはスミンの紹介でミヒの店で働くことになった。

    ゲオクはガオンの下着がきつそうだったので新しいものを買って来た。
    しかしガオンは自分には構うなと言う。

    パングムは店に戻って来た。

    ソラクはヨンジを食事に誘う。
    喜んでレストランに行くヨンジだがソラクは友達を連れて来た。
    ソラクはヨンジにテレビ局で働いているPDだと紹介する。
    2人は気が合いそうだと言うソラク。

    ソラクはPDにヨンジはうちの会社の社食が気に入って入社して来たのだと言う。
    PDはうちの食堂も美味しいから一度来てくれと言う。
    そんなの嘘に決まっているでしょう

    ヨンジはソラクに2人で食事をするからもう帰れと言う。
    ここまでされたら諦めるしかないでしょう

    ゲオクはヨンベに本格的に戦争を開始しようと言う。
    ヨンベは何かあったのかと聞く。
    ゲオクは1億ウォン渡されて出て行けと言われたことは黙っていた。

    ゲオクは私もお金は好きだけれど親より遺産の方が大事なんてあそこまで俗物にはなれないと言う。
    欲まみれになった性根を叩き直してやると言う。
    ヨンベはお前は私の言う通りにすればいいと言う。
    ゲオクは明日区役所に行こうと言う。

    ソラクはヨンベとゲオクが違約金について話しているのを聞いた。
    違約金ということは契約書があるはずだと思いゲオクの部屋を探す。
    飾ってある絵の後ろから封筒が落ちて来た。
    中身は念書だった。
    結婚契約書ではなかった

    そのときゲオクが入って来た。
    ゲオクは私もあなたの部屋に入ったからこれでおあいこだと言う。
    ソラクは念書を見せ、これは何かと聞く。
    ゲオクはあなたも同意したのだろうと聞く。
    ソラクは僕はそんな汚い真似はしないと言う。

    結婚契約書は庭の犬小屋の中に隠したのだった。

    ソラクはサインをするのかと聞く。
    ゲオクは1億ウォンは大金だけど割りに合わない気もすると言う。
    考えているところだと言う。

    ヨンベとゲオクは区役所に向かう。
    それを知ったミンジュとハルラは2人を追いかける。
    書類を提出しようとしたときミンジュとハルラが走って来た。

    スポンサーリンク

    38話

    ヨンベとゲオクは婚姻届を提出しようとした。
    そのときミンジュとハルラが走って来た。

    役所の人はヨンベとゲオクに身分証が必要だと言う。
    ゲオクたちは身分証を取り出す。
    ハルラはヨンベの身分証を取り上げ、届けを出したら縁を切ると言う。
    ミンジュはまだ早いだろうと言う。

    係員が役所内で騒ぐなと言いに来た。
    ゲオクは2人分の身分証をヨンベに預け、係員と一緒にミンジュとソラクを外に連れ出す。
    ヨンベは役所の人に2人の身分証を渡す。

    厨房にチャ料理長が戻って来た。
    チャ料理長は飛行機に乗せてあげると言い、パングムを背負う。
    大喜びするパングム。
    子供ですか?

    ゲオクは重大な発表があるから来るようにと家族全員にメールを送った。

    集まった家族の前で話し始めるゲオク。

    ゲオクはお金のことは家族といえども貸し借りはきちんとしなければならないと言う。
    うちの家族は良好な関係を築きたいから整理すると言う。

    ゲオクは最近国会で議論されている親不孝防止法があると言う。
    それは財産贈与を受けた子供が親を扶養しない場合、親に犯罪行為をした場合財産を返さなければならないなどであると言う。
    ヨンベは親の金を持ち逃げを防止する法律だと言う。

    ソラクはその法案はまだ国会を通過していないと言う。
    ゲオクは法的に何かをするつもりではないと言う。

    ヨンベは民法にも同じような内容があると言う。
    ゲオクは親やその配偶者に犯罪行為を行ったり、扶養義務を怠ったりしたら贈与を取り消せると言う。
    ミンジュはそれは贈与して半年以内の場合だと言う。
    ゲオクはミンジュによく知っていると言う。
    国家情報員ですから

    ゲオクは半年過ぎても訴訟で勝った判例があると言う。
    この10年間でお父さんが贈与した財産目録だと言い、みんなに見せる。
    親子の間で訴訟などありえないけれどクリアにしたいと思うと言う。

    ヨンベは結婚式もできなかったからみんなで食事をしようと言う。
    新しい母さんに料理を作ってあげろと言う。
    ゲオクは簡単で良いと言うが、ヨンベはお祝いだからしっかり作ってもらえと言う。

    ソヨンはミヒの携帯電話を使ってゲオクにメールを送る。
    鉄板を買い替えたいから100万送れという内容だった。
    それをみたゲオクは1週間前に50万送ったばかりなのにもうないのかとつぶやく。
    来週送金するとメールを送るゲオク。
    喜ぶソヨン。
    また詐欺をしているようです

    ヨンジはヨンベの家に行く。
    ヨンジはソラクの後輩で何回か冷麺を食べに来たが覚えているかと聞く。
    ヨンベは確かに見覚えがあると言う。

    ヨンジは近くに来たのでお父さんの顔を見に来たと言う。
    ヨンベは店に行って冷麺を食べろと言う。
    そのときゲオクが帰って来た。

    ヨンジはゲオクになぜあなたがいるのかと聞く。
    ソラクも帰って来た。

    スポンサーリンク

    39話

    ゲオクはヨンベに店で集金してから帰ると言う。
    ソラクは肉の配達に来てくれていると言う。
    ゲオクは帰ると行って去って行く。

    冷麺を食べて帰るヨンジ。
    ソラクは紹介の腹いせかと聞く。
    ヨンジは復讐しに来たと言う。
    ソラクは悪かったが急に家に来ないでくれと言う。

    ヨンジはゲオクのためかと聞く。
    家から会社までゲオクと関係があるとは驚いたと言う。
    ヨンジはこれからも冷麺は食べに来ると言う。

    ヨンベはゲオクにヨンジのことを聞く。
    性格もいいし、仕事もできると言う。
    かない気が強いと思います

    ヨンベはゲオクにお前が2人の間を取り持てと言う。
    ソラクの相手を見つけるのも重要な役目だと言う。
    ゲオクはわかったと言う。

    ミヒはソヨンがゲオクから金を送ってもらったことを知った。
    ジャンウォンは叔母さんに金をたかるのはやめろと言う。
    ソヨンは給料が入ったら返すと言う。

    ソヨンはゲオクはおかしいと言う。
    詐欺師から全額返してもらったのではないかと言う。
    私たちが奪うと思って逃げたのだろうと言う。
    逃げていないけれどお金があると知ったら奪うのは確実です

    ミヒはソヨンにあなたに唆されてレーザー治療を受けた自分が情けないと言う。

    ヨンジはゲオクを呼びだした。
    ソラクの父さんと知り合いなのを隠していたなんて残念だと言う。
    ソラクは未婚の父だから恋愛には一線を引いていると言う。
    しかし傷ついた過去に負い目を感じているのだと言う。

    そこに惹かれたと言うヨンジ。
    私がソラクの傷を治してあげたいと言う。
    ヨンジは冷麺店への配達はやめてくれと言う。

    これ以上ソラクとは会わないで欲しいと言うヨンジ。
    ヨンジはあなたのことが嫌いなのではないけれど欲しいものはからなず手に入れると言う。
    そんなに自信があるほど可愛くないです

    チャ料理長はミンジュに顔色が悪いと言う。
    ミンジュはペクドゥと別れると言う。
    チャ料理長はまた浮気をしているのかと聞く。
    ミンジュは浮気なんかどうでもいいと言う。

    ミンジュは彼と結婚して我慢して来た対価を求めるつもりだったと言う。
    お義父さんが親不孝防止法を引き合いに出して財産管理をすると言って来たと言う。
    チャ料理長は結婚相手が全財産をもらうつもりかと聞く。

    そのときゲオクが入って来たのでチャ料理長は厨房に戻る。

    ゲオクはミンジュに念書を返す。
    ミンジュは急にゲオクに丁寧な言葉を使った。
    ミンジュはゲオクのことをお義母さんと呼ぶ。
    ゲオクもまたよろしくと挨拶を返す。
    戦いが始まったようです

    ミンジュとエリはゲオクのために料理を作る。
    エリはデパートで買ったカルビチムを持ってきた。

    食事をする家族たち。
    ゲオクはヨンベにデパートと同じ味だと言いカルビチムを勧める。
    ヨンベはエリに買って来たのかと聞く。
    ゲオクは飲食店を営んでいるあなたに買って来たものを出すはずがないと言う。

    ゲオクはクムガンに会社は順調かと聞く。
    エリは心配しなくても大丈夫だと言う。
    ゲオクはいつも手ぶらで来るから経営が悪化しているのかと思ったと言う。

    ソヨンはゲオクがヨンベと腕を組んで仲良く歩いているのを見つけた。

    スポンサーリンク

    37~39話感想

    韓国ドラマで人の男を取ったりする悪女は普通美人ですがヨンジは全然きれいだと思いません。それなのになぜ欲しいものは必ず手に入れると言える自信があるのでしょう。
    ミンジュはペクドゥに全く愛情がないようです。浮気の写真も撮っていたのは離婚するときに財産をたくさんもらうためだったようです。新しく来たチャ料理長といい感じのようですが、チャ料理長も全然魅力がありません。このドラマ!もっと素敵な人を出演させてください。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください