素晴らしい遺産-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ハルラはミヒの食堂で厨房補助としてアルバイトを始めました。そしてゲオクのことを悪く思うのはやめたようです。
ミンジュはヨンベに離婚すると言いましたが財産分与を要求しています。夫であるペクドゥは姿を消してしまいました。
ソヨンの元夫はチャ料理長のようです。チャ料理長を見かけた友人と冷麺店に食事に来たソヨンは、そこで働いているゲオクを見て驚きました。

スポンサーリンク

【素晴らしい遺産】(ネタバレあり)

52話

ゲオクはソヨンに見つかってしまった。
ゲオクはソヨンを外に連れ出す。

ソヨンはなぜあの店で働いているのかと聞く。
ゲオクは日雇いのバイトを募集していたからだと言う。
ソヨンは少し前もあの店で働いていただろうと聞く。
SNSで見たと言う。

島にいるのは嘘だったのかと聞く。
ゲオクは事情があると言う。
ソヨンは結婚したのかと聞く。
ゲオクはそんなことはないと言う。

ソヨンは8000万ウォンを取り戻したから独り占めしようと隠れていたのだろうと言う。
そんなにお金が好きなのかと言うソヨン。
それはあなたでしょう

ソヨンは家族のことなど眼中にないのだろうと言う。
ゲオクはそうだと言う。
もううんざりだと言う。
自由になりたかったと言う。

ゲオクはスミンに金の無心をしただろうと聞く。
返すあてはあったのかと聞く。
また私に尻拭いをさせるつもりだったのだろうと言う。
ソヨンは縁を切って暮らせばいいいと言う。

ソヨンはミヒにゲオクがソウルにいて冷麺店で働いていたと言う。
私たちから逃げるつもりだったと言う。
ミヒは嘘をついて500万ウォンを送金してもらったと言う。
返金しようと思っていたと言う。

ソヨンは返す必要はないと言う。
8000万ウォン戻って来たのに一部しか取り戻せなかったと嘘をついていたのだと言う。
あの子の方が詐欺師だと言う。

ソヨンはゲオクとは縁を切ろうと言う。
電話が来ても無視をしろと言う。
そう言いながらまたお金をたかろうとするのではないでしょうか

ゲオクはヨンベに知り合いが来たら困るから店に出るのはやめると言う。
ヨンベは心配なら母親に本当のことを話して来いと言う。
ゲオクは秘密保持の契約があると言う。

ヨンベは私が無駄なことをしているのかもしれないと言う。
あんたを巻き込んでしまったと言う。
ゲオクはおかげで首をくくらないですんだと言う。
私のほうこそ役にたてずに申し訳ないと言う。

ゲオクはミヒに会いに行く。
ミヒはソヨンから話は聞いたと言う。
私たちのことは忘れて自分の人生を歩めと言う。

ゲオクは一人の時間が必要だったと言う。
縁を切ろうとは思っていないと言う。
ミヒはあなたは十分に頑張ったと言う。
これからは縁を切ろうと言う。
もっと早く解放すればよかったと言う。
そうしてあげれば偽装結婚などしなかったのに

ゲオクは私を信じて待って欲しいと言う。
それまでは元気にいてくれと言い帰って行くゲオク。

店にカードケースを忘れたソヨン。
店に取りに行くとミンジュがさっきは従業員が失礼な態度をとって悪かったと言う。
ソヨンは日雇いのバイトでも人を選ぶべきだと言う。

ミンジュは彼女とは親しいのかと聞く。
ソヨンは最低な人間だとは知っていると言う。

ミンジュはゲオクにコン・ソヨンとは姉妹かと聞く。

スポンサーリンク

53話

ミンジュはゲオクにコン・ソヨンとはどんな関係かと聞く。
2人は姉妹だろうと言う。

ミンジュはいくら世間体の悪い結婚でも家族が顔を見せないのが不思議だったと言う。
ゲオクは隠していたのではないと言う。
縁を切っていたので自然の流れだと言う。

ミンジュは家族は結婚したのを知らないのかと聞く。
ゲオクは血の繋がりはないから話す必要はないと言う。
亡くなった父親が20年前に再婚したのだと言う。

ミンジュはそれでも家族だろうと聞く。
ゲオクは10年間、金づるにされたと言う。
私が結婚したのだから縁が切れたのも同然だと言う。

私のせいでこの家に問題が増えるのも嫌だと言う。
ミンジュはこれからは目的達成のためにもっと用心しないといけないと言う。
コン・ソヨンには何も言わないと言うミンジュ。
ゲオクはありがとうと言う。
何か悪巧みを考えていますよ

ミンジュはコン・ソヨンはコピーカバンを売っているのだろうと聞く。
ゲオクは知らないと言う。
親戚のよしみで一つ買うつもりだがいいかと聞くミンジュ。
ゲオクは私には関係ないから好きにしたらいいと言う。

クムガンは映画の投資だけでなくFXも始めた。
一晩で700万ウォンも稼いだと浮かれている。
それを聞いたエリも大喜びする。
きっと痛い目にあうでしょう

市場に買い物に行ったゲオクは車の中で仲良く話しているミンジュとチャ料理長を見つけた。
店に帰って来たチャ料理長は友人と食事をして来たと言い、ミンジュは病院に行って来たと嘘を言う。
ゲオクは2人はどんな関係なのかと疑い始める。

ゲオクはソラクにチャ料理長は家族と親しいのかと聞く。
ソラクは父さんは信頼していると言う。
だし汁の作り方もチャ料理長なら伝授するかもしれないと言う。

クムガン夫婦がヨンベに会いに来た。
クムガンはヨンベに兄さんにはビルの管理は負担だったと言う。
これからは俺が協力すると言う。
ソラクはクムガンに兄さんの座を奪うつもりかと聞く。

ヨンベはミンジュを呼ぶ。
利川の土地をお前の名義にすると言うヨンベ。
今までこの家のために努めてくれた対価だと言う。

ミンジュはペクドゥとやり直すつもりはないと言う。
土地などいらないと言う。
もし私を引き止めたら冷麺店の支店をくれと言う。
そうしたらこの家の嫁として残ると言う。

スポンサーリンク

53話

ミンジュは自分の名義で冷麺店の支店をくれと言う。
そうしたらこの家の嫁として残ると言う。

ミンジュはチャ料理長に義父さんに冷麺店の支店をくれと言ったと言う。
チャ料理長は一緒にやろうと言ったのは支店のことだったのかと聞く。
ミンジュは土地をくれると言ったけれど店の価値は土地と比較にはならないと言う。
一緒にやってくれるだろうと聞く。
チャ料理長は僕でよければという。

ミンジュは義父さんは気弱になっているからこの店も長くて2年だと言う。
支店の料理長はあなただと言うミンジュ。

ゲオクはチャ料理長に結婚はしないのかと聞く。
チャ料理長は出会いがなくタイミングを逃したと言う。
彼女はいないのかと聞くゲオク。
チャ料理長はいないと言う。

厨房から出るとミンジュがゲオクを睨んでいた。
こわ~い

チャ料理長はヨンベにペクドゥの浮気を知っていたと言う。
先日酒を飲んだ時に浮気ではなく本気だと言っていたと言う。
子供が病気で心が痛いとも言っていたと言う。
でもペクドゥは優しい人だから戻ってくると言う。

ヨンベはミンジュの離れた気持ちは戻らないと言う。
ミンジュはペクドゥの浮気を願っていたかもしれないと言うヨンベ。
ヨンベはミンジュには言うなと言う。
筒抜けでは?

ヨンベはソラクにミンジュから支店をくれと言われたことを話した。
ソラクは言う通りにするのかと聞く。
ヨンベは数十年間支店は作らないと耐えて来たと言う。
ソラクは義姉さんは父さんの思いを知っているはずだと言う。

ゲオクは支店を出すってどういうことかと聞く。
ソラクは冷麺店の店主になるつもりだろうと言う。
平壌冷麺店の看板を掲げても味が違うと意味がないと言う。
ゲオクはだし汁の作り方を教えろということかと聞く。

ソラクは義姉さんがそんなことを言うとは思いもしなかったと言う。
ゲオクはだし汁の作り方を知っている人は誰かと聞く。
以前ペクドゥ兄さんに教えようとしたがダメだったと言う。
ゲオクはミンジュに振り回されてはダメだと言う。

ミンジュの言葉だけでなくペクドゥの話も聞かなければならないと言う。
ソラクは何か知っているのかと聞く。
ゲオクは今は確信がないと言う。
チャ料理長のことを言わなくては!

ソヨンはエリの婚家が平壌冷麺だと知った。
そしてミンジュが義姉だと聞き、驚く。
さらに冷麺店に嫁に来た33歳の女性がゲオクだと知り、驚く。

スポンサーリンク

54話

ソヨンはゲオクが冷麺店の店主と結婚したのを知った。
ソヨンは結婚したから自分たちと縁を切ると言ったのだと思った。
許さないと言うソヨン。

ハルラはガオンに自分の名前は言わずに父さんに渡してくれと言い箱を渡す。
ガオンはヨンベにハルラおじさんからだと言う。
すぐにバラしました(笑)

箱の中には帽子が入っていた。
ゲオクは素敵だと言う。
ガオンはヨンベの頭にかぶせてあげる。
よく似合うと言うガオン。

ソヨンはミヒにゲオクは金持ちと結婚したのではないかと言う。
ミヒは結婚したら私たちに連絡をするだろうと言う。
あなたみたいにコソコソはしないと言う。

ミヒはお祓いの準備はしたのかと聞く。
ソヨンはおはらいより数万倍も効力のあるアイテムを見つけたと言う。
母さんは卒倒するかもしれないと言う。
ミヒはまた問題を起こしたらゲオクではなくあなたと縁を切ると言う。
大きな問題を起こすますよ

ミンジュを家まで送って来たチャ料理長。
ミンジュはお茶でも飲んで行けと言う。
チャ料理長はミンジュに支店を2人でやっていこうと言う。

その時エリ夫婦がやって来た。
慌てて隠れるチャ料理長。
エリは電話にも出ないから心配できたと言う。
クムガンは玄関に置いてある男性の靴を見て誰か来たのかと聞く。
ペクドゥの靴だと言うミンジュ。

クムガンたちはミンジュが冷麺店の支店を要求したことを聞いた。

ペクドゥがソラクに電話をかけてきた。
ペクドゥは悪いのは俺だがミンジュとは無理があったと言う。
父さんを頼むと言うペクドゥ。

ソヨンは冷麺店に行く。
ヨンベに会うつもりだった。

52~54話感想

ソヨンはゲオクとは縁を切ると言ったのにヨンベと結婚したのを知って気持ちが変わったようです。今まで以上にお金をたかるはずです。本当に縁を切ってほしいです。
チャ料理長はミンジュのことが好きなのではなく利用しようとしているようです。ソヨンの元夫だったのだからきっと悪者に決まっています。ソヨンも騙されたのでしょう。したたかなミンジュもチャ料理長に騙されているようです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください