素晴らしい遺産-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ミヒに偽装結婚のことがわかってしまったゲオクは家に連れ戻されました。ゲオクは助けてくれたヨンベに恩返しがしたいと言いますが、ヨンベの家に戻るのを絶対に許さないミヒです。
ミヒはソヨンにゲオクばかり褒めていたことを謝りました。ソヨンもまた可哀想なミヒのために何もできない自分が情けないと涙を流します。
ヨンベはソラクにお前の好きな人はゲオクかと聞きました。

スポンサーリンク

    【素晴らしい遺産】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    64話

    ヨンベはソラクにお前の好きな人はゲオクかと聞く。
    黙っているソラクに図星のようだと言うヨンベ。
    好奇の目にさらされる覚悟はあるかと聞く。

    ヨンベはゲオクはいい娘だし、お前の惚れた相手だと言う。
    しかし気がかりなことはガオンだと言う。
    ガオンが受け入れられるかと聞く。

    ソラクは心配してくれてありがとうと言う。
    しかし僕のことより今回の騒動を収拾しなくてはいけないと言う。
    ヨンベは偽装結婚なんて1年も持つとは思っていなかったと言う。
    考えていることがあるから心配するなと言う。
    反対するかと思いましたが大丈夫でした

    ソラクはガオンにパパに結婚して欲しいと言っていが、あれは冗談か真実かと聞く。
    ガオンは真実だと言う。
    彼女ができたのかと聞く。
    ソラクはお前の考えを聞きたかっただけだと言う。

    ペクドゥはチャ料理長を家に呼ぶ。
    部屋の番号を教えようとするがチャ料理長が知っていたので不思議に思う。
    ビールをこぼしたチャ料理長はトイレを借りると言い洗面所に入って行く。
    トイレの場所を知っていたチャ料理長にさらに驚くペクドゥ。

    ペクドゥはチャ料理長とミンジュの仲を疑い始めた。
    もっと疑ってください

    ミヒはアルバイトのハルラがヨンベの息子だと知った。
    ハルラもミヒがゲオクの母親だと知った。

    クムガン夫婦はミンジュにこれからのことを話そうと言う。
    まずは義父さんを離婚させることだと言うエリ。

    クムガン、エリ、ミンジュはヨンベに話があると言う。
    エリはヨンベに母親に連れ戻されたのだから別れた方がいいだろうと言う。
    ミンジュは私たち夫婦のことで心配をかけたが、これからは今まで以上に孝行すると言う。

    ヨンベはこの辺でケリをつけようと言う。
    クムガンたちは大喜びし、弁護士を呼ぼうかと言う。
    籍を入れてしまったのだからプロの力を借りた方がいいだろうと言う。
    ヨンベは自分に任せろと言う。

    クムガンはこの際全て整理をしたらどうかと言う。
    ヨンベは財産のことかと聞く。
    ミンジュは一度考えてみたらどうだろうと言う。

    エリは再婚に反対したのはお義父さんのためだったと言う。
    クムガンは早くに財産分与してくれていたら何の誤解も生じなかったと言う。
    ミンジュはお義父さんの資産について口を挟む権利はないけれど家族間に不和が生じないようにこの辺で線を引くべきだと言う。
    ヨンベはよくわかったと言う。
    がめつい奴らです!

    ゲオクはソラクと食事に行く。
    家の雰囲気はどうかと聞くゲオク。
    ソラクは僕たち兄弟が解決すべき問題だから気にしなくていいと言う。

    ソラクは初めて会った時から君にはたくさんの暴言を吐いたり失礼なことをしたと言う。
    今日は謝りたくて呼んだのだと言う。
    ゲオクは私も散々迷惑をかけたと言う。

    ソラクは人との接し方が下手で時に好きな人の前では幼稚になると言う。
    アプローチの仕方もわからず、うまくいかない時の引き際もわからないと言う。
    ゲオクはあなたは情に熱い人だと思うと言う。

    ソラクはゲオクに僕のことが好きかと聞く。

    スポンサーリンク

    65話

    ソラクはゲオクに僕のことが好きかと聞く。
    ゲオクはソラクもハルラもガオンも好きだと言う。

    ゲオクはソラクにおじいさんは愛情深い人だと言う。
    おじいさんに似ているならあなたもそうだろうと言う。
    特にガオンに対しても同じだろうと言う。

    僕は愛情表現が下手だからガオンは寂しい思いをしていると言う。
    ゲオクはガオンは強い子だと言う。
    でもいい子に育ったのはあなたや家族の愛情のおかげだと言う。
    ソラクは君にも手伝って欲しいと言う。
    ガオンの母親として?

    ソラクは歩きながらゲオクの手を繋ぐ。

    ハルラはミヒからゲオクたちが偽装結婚だったことを聞いた。
    ハルラはソラクにいつから知っていたのかと聞く。
    遺産惜しさに詐欺みたいなことをして腹がたつと言う。
    ソラクは父さんに心配をかけたからだと言う。

    授業料も高いのになんども留年して父さんにいくら出させたと思っているのかという。
    ハルラは父さんに一番心配をかけたのは兄さんだろうと言う。
    兄さんに聞いたと言う。
    ガオンは父さんが外で作った子供だと父さんが近所に言っていたと言う。
    ガオンはヨンベの子供?

    ヨンベはゲオクを弁護士事務所に呼んだ。
    ゲオクは契約解除の件かと聞く。

    弁護士はゲオクにヨンベの財産管理を任せる書類を渡す。
    ヨンベは偽装結婚までして脅したが、心を入れ替えるどころかもっと厚かましく要求してきたと言う。
    弁護士はゲオクに財産権を委任されれば法的な権利が保障されるので今までより自由に行動できると言う。
    もしヨンベさんが認知症などで判断能力をなくした場合や亡くなった場合は成年後見人になって財産を管理できると言う。

    ゲオクはおじいさんには恩があるし、お金ももらったから役に立ちたいけれど私よりソラクに任せたらどうかと言う。
    ヨンベはソラクは血を分けた兄弟だから冷静に判断できないだろうと言う。
    弁護士は子供の一人に任せると兄弟同士が不和になると言う。

    弁護士は年内に財産分与を終わらせると言う。
    数日考えてみろというヨンベ。
    ゲオクはもし引き受けても謝礼はいらないと言う。
    ソヨンに狙われそうだから内緒にしなくては

    ヨンベは働いた分の金は渡すと言う。
    ゲオクはそれなら偽装結婚の3億ウォンは返すと言う。
    ヨンベは好きにしたらいいと言う。

    クムガンはFXも失敗し、買った株もその会社が倒産して価値が全くなくなってしまった。
    映画会社の代表を食事に誘う。
    クムガンは投資した金を一度返して欲しいと言う。
    撮影が始まったら戻すと言う。

    映画会社の代表は無理だと言う。
    クムガンは最初に投資した5億ウォンだけでもいいと言う。
    代表は契約書に投資した現金は途中でも回収はできないと書いてあると言う。
    クムガンはそこを助けてくれと言う。
    代表は契約書はサインをしたら変更できないと言う。

    クムガンはこのままでは家を取られてしまうと言う。
    代表は人情的に何とかしてあげたくても無理だと言う。
    この映画はきっと失敗するでしょう

    ミンジュはチャ料理長にお義父さんが離婚するようだと言う。
    チャ料理長は彼女は何も手に入れていないだろうと聞く。
    財産を狙って結婚したようには見えなかったし、店主と夫婦にも見えないと言う。
    ミンジュはお義父さんも簡単に離婚するならなぜ反対を押し切ってまで結婚したのか不思議だと言う。

    チャ料理長はゲオクの姉に会ってみたらどうかと聞く。
    ミンジュは名刺をもらったと言う。
    帰りに相談しようと言う。
    チャ料理長は今日は母親に会いに行くという。

    チャ料理長はこっそりソヨンの名刺の写真を撮る。

    ジャンウォンはゲオクが冷麺店のおじいさんと結婚したことを知った。
    ジャンウォンはなぜだと言い叫ぶ。

    スポンサーリンク

    66話

    ジャンウォンはゲオクになぜ結婚なんかしたのかと叫ぶ。
    ゲオクはガオンから聞いたのかと聞く。
    ジャンウォンはガオンと叔母さんの悪口を言っていたと言う。

    ゲオクはジャンウォンに説明をする。
    結婚は嘘なのかと聞く。
    ゲオクはおじいさんが困っていたから助けてあげたと言う。
    私たちは同士だと言う。
    叔母さんを信じると言うジャンウォン。

    ゲオクはミヒにおじいさんを助けてあげたらダメかと聞く。
    偽りの妻ではなく従業員としてだと言う。
    店で仕事を学んで、家の問題も片付けたいと言う。

    ミヒは世間の目があると言う。
    ゲオクは私がしっかりしていれば大丈夫だと言う。
    ミヒは考えておくと言う。
    ミヒがヨンベと結婚したらどうでしょう

    クムガンはキム社長に呼び出され金を返せと言われる。
    助けてくれと言うクムガン。
    キム社長はあなたを見ると気分が悪くなると言う。
    うちの旦那にそっくりだと言う。

    クムガンは俺が懲らしめようかと言う。
    キム社長は私が懲らしめると言う。
    48時間以内に金を用意しろと脅すキム社長。

    ゲオクはソラクにミンジュとチャ料理長が怪しいと言う。
    ソラクは君の誤解だろうと言う。
    そうならいいと言うゲオク。

    ゲオクはソラクにヨンベの財産管理を頼まれたことを話す。
    どうしたらいいと思うかと聞くゲオク。

    子供の塾代が支払われていないことを知ったエリ。
    その頃クムガンは路上生活者が大勢いるところで酒を飲んでいた。
    彼らを見てこんな風になるなら死んだ方がいいとつぶやくクムガン。
    プライドだけはまだ高いようです

    ハルラはミヒの店のアルバイトを辞めようとする。
    それを知ったゲオクは技術を身につけるには忍耐が必要だと言う。
    ハルラは金のための偽装結婚なら俺たち兄弟を懲らしめれば済んだはずのにどうして優しくしたんだと言う。

    ゲオクはハルラを抱きしめごめんと言う。
    あなたが本当の息子だと思えたのだと言う。
    これからはあなたを見守ると言う。
    恋愛するのは後にして今はしっかりボミに教えてもらえと言う。

    ペクドゥはミンジュに俺と暮らす自信はあるのかと聞く。
    君が俺と結婚したのはうちの財産に惹かれたからだろうと言う。
    20年以上経った今でも君の気持ちは変わらないだろうと言う。
    ミンジュは違うと言えば嘘になると言う。

    ペクドゥは久々に家に帰って浴室に入ったら便座が上がっていたと言う。
    君に怒られるから俺は20年以上蓋を閉めていたと言う。
    誰が家に来たのかと聞く。

    スポンサーリンク

    64~66話感想

    ペクドゥがだんだん垢抜けて来たような気がします。ソニに恋をしているからでしょうか。ミンジュに頭が上がらなかったのに今はミンジュには堂々と意見を言い、自信が出て来たようです。
    ソラクとゲオクは手をつないだりしてもう恋人同士ではないですか。ヨンベの妻だと思っている兄たちが今度はソラクの彼女になると知ったら驚くでしょうね。
    そろそろクムガンの破産する日が近そうです。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください