素晴らしい遺産-あらすじ-82話-83話-84話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

チャ料理長が偽名を使っていたのがバレそうになりましたがごまかしました。ソヨンを利用してゲオクに近づき平壌冷麺店を乗っ取ることを考えているようです。
ヨンベに財産相続企画案を発表した兄弟。ペクドゥは平壌冷麺店をクムガンは本音を言うタイミングを逃し、何もいならいと言いました。ハルラは4人で公平に分けるべきだと言い、ソラクは自分が一番たくさん欲しいと言いました。
ガオンの母親が名前を変えてソラクの前に現れました。

スポンサーリンク

【素晴らしい遺産】(ネタバレあり)

82話

ソラクはメーガンを見て驚く。
メーガンは気づいたかと言う。

ソラクはなぜ来たのかと聞く。
メーガンはクライアントの中にあなたの名前を見つけたから来たと言う。
ソラクはそれが理由かと聞く。
メーガンは会いたかったと言う。

でもここでは仕事の話をしようと言う。
仕事の話をしたメーガンはこれから話すことが多くなりそうだと言う。

メーガンはチョンアという名前だった。
高校生の頃チョンアは妊娠し、ソラクに相談したのだった。
父親はソラクなのでしょうか

ヨンベはペクドゥを出し汁室に入れた。

ミンジュはチャ料理長と食事をする。
ミンジュはチャ料理長にもう少し我慢してくれと言う。
出し汁作りをマスターしたらお義父さんが支店を出してくれるかもしれないと言う。
そうすれば私も出し汁の秘訣を知ることができるからペクドゥは必要なくなると言う。

チャ料理長は君が心変わりをしない限り君のそばから離れないと言う。
一緒になれる日が来るまで耐えてくれと言う。
ゲオクに乗り換えるのではなかったですか?

ゲオクはソラクに今日ガオンと食事をすると言う。
言葉を選んで話すから心配しなくていいと言う。
ソラクは心配なんかしていないと言う。

ヨンベはゲオクに利川の土地と広州のマンションの権利書を渡し、売りに出せと言う。
ゲオクはなぜ売るのかと聞く。
売却せずに譲る方が税金を抑えられると言う。
ヨンベは私なりの考えがあると言う。

その会話を聞いていたエリ。

ソヨンはギョンホを探すためにチラシを貼ることにした。
冷麺店の近くにも貼りに来たついでにゲオクに会う。
ゲオクはそのチラシを見て見覚えがあると言う。
写真が古すぎて誰かわかりませんよ

ハルラとボミは一緒に暮らすことにした。
ハルラは今まで住んでいたマンションを売った。
2人で家具を見に行くがシンプルでいいと言うボミに対して高級家具を欲しがるハルラ。
なかなか意見が合わない。

ゲオクとガオン、ジャンウォンは食事に行く。
ガオンはゲオクに私のパパが好きかと聞く。

スポンサーリンク

84話

ガオンはゲオクに私のパパが好きかと聞く。
ゲオクは誤解させてしまったら申し訳ないけれどパパとは親しい友人だと言う。
おじいさんとの偽装結婚でいろいろ相談に乗ってもらったのだと言う。
だから気にしなくて大丈夫だと言う。
ガオンは残念に思っているかも・・・

メーガンがソラクの会社に来た。
ミーティング中にソラクのことを呼び捨てにするメーガン。
驚く社員に呼び捨ての方が意思が伝わるから誰でも呼び捨てで呼ぶと言う。
メーガンはスラクたちの企画を見て甘いと言う。
これでは生き残れないと言う。

メーガンはソラクに夕食に行こうと言う。
ソラクはなぜ子供の話をしないのかと聞く。
メーガンは怖かったと言う。
ソラクはガオンの母親だと思っているならガオンの前に現れないでくれと言う。

クムガンはわざと顔に朱肉をつけてヨンベに会いに来た。
ヨンベは顔はどうしたのかと聞く。
クムガンはガソリンのせいで皮膚炎になったけれど大丈夫だと言う。

クムガンはヨンベに財産相続企画案を渡す。
今まで傲慢だったと言う。
上道洞の式場と利川の土地を何割か欲しいと言う。
エリはお義父さんの世話は最後まですると言う。

ヨンベはみんなの前で話すべきだったと言う。
今更遅いと言う。
エリはみんながめつくてひどいと言う。

クムガンは父さんの言う通りだと言う。
急に顔面が痛くなってきたと言うクムガン。
その時朱肉を落とした。
ヨンベは騙したのかと聞く。
クムガンは笑わせようと思ったと言う。
この人は改心したはずではなかったでしょうか

ハルラはヨンベに父さんが買ってくれたマンションを売ったと話す。
これからは賃貸マンションでルームメイトと暮らすと言う。
ヨンベは皿洗いのアルバイト辞めて手に職をつけろと言う。
ハルラは肉の解体の技術を身につけると言う。

ゲオクはソラクにガオンにあなたのことが好きなのかと聞かれたと言う。
ソラクはなんて答えたのかと聞く。
ゲオクは違うと言ったと言う。

ソラクはゲオクを呼び捨てにする。
ある人に呼び捨てにすると意思が伝わると言われたと言う。
ゲオクは何かあったのかと聞く。
ソラクは抱きしめていいかと聞く。
時間をくれと言ったのは僕なのになさけないだろうと言う。

ゲオクはソラクを抱きしめる。

スポンサーリンク

85話

ゲオクはソラクを抱きしめる。
何があったかわからないけれどずっとそばにいるから心配しないでくれと言うゲオク。
ソラクは君がいてくれて良かったと言う。

ハルラはクムガンに1億ウォンの小切手を渡す。
マンションを売って賃貸マンションを借りた残りの金だと言う。
ハルラはクムガンに何年かかっても構わないから利子をつけて返してくれと言う。

義姉さんや姪っ子のためだと言うハルラ。
クムガンは利子をつけて返すと涙ぐむ。
ハルラは本当に心を入れ替えたようです

ハルラがクムガンにお金を渡したと聞いたヨンベ。

ヨンベはペクドゥに出し汁作りを教える。
そのためペクドゥは筋肉痛でふらふらになる。

ハルラが同居するのが女性だと知ったヨンベ。
ヨンベは女性ならダメだと言う。
結婚するなら理解するが、それならいっそ式を挙げろと言う。
ハルラは今はそんな時代ではないと言う。

ソラクはどんな人かと聞く。
ヨンベはその女性を連れてこいと言う。
会ったら気に入りますよ

ソヨンはゲオクに店の近くにギョンホ探しのチラシを貼ってくれと頼む。
ヨンベの家に行くゲオク。
チラシを置いたまま部屋に入り話をしていた。

そこにチャ料理長がやってきた。
チラシを見て驚くチャ料理長。
チラシを丸めて犬の方に投げた。
ゲオクは犬がくわえていたチラシを取ろうとするが置き忘れた自分が悪かったと反省する。

ソラクはガオンが家に来たときのことを思い出す。
チョンアの母親が赤ん坊を抱いてソラクに会いにきた。
赤ん坊をソラクに渡し、もうチョンアには会わないでくれと言い帰っていった母親。

メーガンは学校から出てくるガオンを待っていた。
メーガンの顔を見て驚くガオン。
メーガンは私が誰かわかるのだろうと聞く。

スポンサーリンク

82~85話感想

クムガンは反省して自分の力で真面目に働くはずではなかったですか? いまだにヨンベの金をあてにしています。反対にハルラはマンションを売った金を自分で使わずにクムガンに渡すなんて成長しました。ボミと結婚しても大丈夫です。
ガオンは母親だとわかったようですが、嬉しいでしょうか。あのメーガンという女は気に入りません。名前からしてどこかの国のメーガンと同じで偉そうです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください