紳士とお嬢さん-7話-8話-9話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ヨングクの2年前に亡くなった妻の法事の日、ヨングクは妻の写真や物を家族に許可なく勝手に片付けました。
それは、妻が望んだことでしたが、子供達はヨングクに泣きながら抗議しました。そんな中、ジェニが居なくなってしまいます。

そして、ダンダンはヨングクに母親を失くして子供達は苦しんでいる。子供達は物ではない。子供達を見ているのかとヨングクに涙ながらに訴えました。そこにジェニが戻り、ダンダンから痣のことを聞いたヨングクは、苛めの事実をジェニに初めて聞き、気がついてやれなくてごめんと言ってジェニを抱きしめました。そして、勝手に母親の物を片付けたことを謝りました。
翌日、ヨングクはダンダンに話があると誘いました…

では、今回は7話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【紳士とお嬢さん】(ネタバレあり)

紳士とお嬢さん 7話

サラは、ヨングクの部屋にお茶を運び、いぶかしげな目でダンダンを見つめ、部屋を出ていった。

なんで部屋に呼ばれてるの?と思ってるよね。

ダンダンは解雇される心配をしてびくびくしていたが、ヨングクは、ダンダンに言われたことは全て本当のことだと気づかされたこと、ジェニの苛めのこともダンダンのおかげで知ることができたことにお礼を言った。
そして、子供達と打ち解けられるように力を貸して欲しいとダンダンに頼んできた。
そして、毎日あったことをメールで報告するように言われた。

ダンダン、クビにならなくてすごく嬉しそう

サラは、怒った様子でなんの話しをしていたのかをダンダンに聞き、自分にも報告するように言った。

そして、グクヒは失恋を癒す旅に出掛けていった。

セジョンは幼稚園の帰りにゲームをして遊びたいとダンダンに言い、二人は一緒にゲームをしていた。そこにヨングクが来て、セジョンを怒った。
セジョンは拗ねて部屋にこもってしまった。
ダンダンは、ヨングクに交渉して、セジョンが週2回ゲームをしてもいいという約束を取り付けた。
セジョンはとても喜んだ。セジョンとヨングクは笑顔で久しぶりに打ち解けた。

それを見ていたサラは面白くないようで、ゲームは辞めさせた方がいいとヨングクに言った。
しかし、子供のことはいいとヨングクに言われてしまう。

サラ、ピンチ!

次の日、セジョンはヨングクと幼稚園に登園した。ジュデクはダンダンに、先生が来てから子供達が明るくなったと褒めてくれた。

そして、その時セジョンが養子だということを聞かされる。
それを偶然耳にしたサラは凄い剣幕でジュデクに怒った。

もしかして、サラがお母さん?

ヨンシルは、スチョルのいない間に部屋でラーメンを食べ、ジュデクに見つかりそうになっていた。呼ばれたダンダンは、ヨンシルを責め立てた。二人は喧嘩になってしまう。

スポンサーリンク

紳士とお嬢さん 8話

サラの元に元彼が来て、6年前に俺の子を生んだろ?と聞いた。
サラは振られて、元彼は他の誰かと結婚したようだ。

その夜、サラは夢を見ていた。サラは子供を一人で生んで子供を捨てようとした。だけど、やはり捨てることはできなかった。

サラと男の話を偶然聞いていたギジャは、夜中に泣いていたサラを問いただした。そして、サラの部屋の引き出しから、セジョンの写真を見つけた。
サラはセジョンが私の子供だと話した。

衝撃的な事実!

だからサラはヨングクと結婚したがっていたのだと気がつきギジャは涙した。

次の日、ギジャは幼稚園のお迎えに行き、セジョンを勝手に連れて帰ってしまう。
ダンダンは、サラに電話をかけ、サラはギジャに確認して、ギジャが連れ帰ったことを知った。

サラは今日のことを自分が伝えるから会長には報告しないようにダンダンに言った。

サラは、6年間の我慢が無駄になるとギジャに怒鳴った。ギジャはもう会いに行かないと言って二人は泣いた。

なんだかかわいそう

スポンサーリンク

次の日、ヨングクが姉のように慕うエナがアメリカから帰国した。
スチョルはエナを迎えたが、エナはスチョルを見るとふらついた。飛行機に酔った様子だった。

エナってダンダンの母親のジヨンじゃない?スチョルは気がついてないみたい

やはり、エナはジヨンのようだ。スチョルはなにも気がつかない。
エナはスチョルに気がつき、思わず吐いてしまう。
ジヨンはアメリカで交通事故に会い、整形をしていた。顔も名前も違うジヨンにスチョルは気がつくわけがないのだ。

だけど、スチョルはエナに見覚えがあるような気がしていた。

凄い

実は、ジヨンはダンダンとスチョルに会いに戻ったことがあった。しかし、その時既にヨンシルとデボムの4人で楽しく暮らしており、ジヨンは二人を眺めて帰っていった。

ジヨンは、夜中に荷物をまとめて出ていこうとしていた。そこに偶然ダンダンが通りかかり、荷物持ちを手伝った。

夜中に物音を聞いたヨングクは、フライパンを持ち泥棒と間違えてダンダンを殴ろうとした。

ダンダンはそんなヨングクをかわいいと思った。

スポンサーリンク

紳士とお嬢さん 9話

ヨングクは、道端でジェニが男の子の前で口紅を塗るのを見つけ、車から降りて怒った顔で話しかけた。そんなヨングクにジェニはあきれ果てた様子だ。

ヨングクは彼氏と勘違いしているが、ダンダンはジェニに初めてできた友達だと説明するも、聞き入れる様子がない。
そんなヨングクを見て、父も同じ態度をとったと苦笑い。

父親ってみんなこうよね

ギジャとミスクは、娘達のことで揉めて、喧嘩をしていたが仲直りした。

ダンダンとヨングクは化粧品店に来ていた。
何をしに来たのかというと、ジェニの口紅を買うためだった。
ヨングクは、透明の口紅を持ってきた。ダンダンに怒られると、先生くらいの色にしてくださいと言った。

その後、口紅を渡して、彼氏ができたかと嫉妬したと素直に話してヨングクはジェニと仲直りをした。

この二人が笑ってるの初めてみたよ。全部ダンダンのおかげだね

その頃、ヨンシルの母ダルレと弟のゴン、そしてダルレの孫のミリムが帰国した。
5年前、ゴンのせいで家を失い、ダンダン達家族に迷惑をかけて海外へ逃げていたのだ。

3人は迷惑をかけたお詫びをしようとダンダン達の住んでいた家に行ったが、ヨンシルとデボムが借金をして家族が離散したと聞かされる。

ゴンはヨンシルに連絡をとり、身を隠して住んでいるスチョルの部屋に上がり込んでいた。

スチョルが戻り、ゴン達はお金をスチョルに渡した。そのお金は5年間ベトナムで働いて稼いだお金だった。
ゴンは働いて家を買い戻すとその場で約束した。
家族は手を取り合って泣いた。

その時、デランはお金を払い、デボムを調査させていた。そして、デボムが自分の家に裏門から入ったことを確認した。
興奮したデランは、自分の目で確かめに行った。

みんな来てるのにやばいよ。

デランは、部屋に入って怒った。
そして、スチョルのことを父親だと言ったデボムの頭を、この詐欺師め~。と言いながら掴んだ。

大変だよ~

そこにヨングクとエナ(ジヨン)が入ってきて、ヨングクは騒ぐのをやめるように言った。

スポンサーリンク

紳士とお嬢さん 7~9話感想

いや~大変なことになりました。家族勢揃いだし、デボムがスチョルの息子と分かっちゃったし、デランはご立腹だし、この状況は普通はもう絶対クビですよね。
そこにダンダンはいなかったけど、結局ばれちゃう予感もしますよね。
一体どうなってしまうのでしょうか?次回も楽しみです!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください