緑豆の花-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます。
クルミットです♪
他国が関与してきて、国王側も東学党と和解するしかないってノリで和約締結に至ったわけですが、12箇条は守られていくのでしょうか?
これからもまた楽じゃない道のりだと思います。
がんばれチョン・ボンジュン!

今回は25話からご紹介していきますので、お楽しみください♪

スポンサーリンク

【緑豆の花】(ネタバレあり)

緑豆の花 25話

ボンジュンがイガンに託したのは、興宣大院君イ・ハウンに手紙を渡す役目だ。

“村の犬”接長が奥さんの看病で郷に戻ることになり、地元に帰る道中、離脱したキム接長達に偶然再会する。
お金が無くて山賊をしている彼らの助けになればと、村の犬接長は、イガンが土に埋めた鬼の銃を掘り起こしてしまう。
キム接長は早速その銃を、ジャインに売りに行く。鬼の件など知らないジャインは、この銃の持ち主をキム接長に話してしまう。

執網所巡りを始めたボンジュンが一番最初に訪れたのは、古阜執網所だ。
イヒョンの親にも挨拶をしたいと自宅に行くと…東学党のお経?を大袈裟に唱え始めるペク夫妻コメディ入ってました♪

そんな時、怪しい日本人グループがボンジュンを訪ねて来た。力を合わせて清軍を追い出しましょうという話で、相手にならなかった。その中にはイヒョンの留学中の先輩がいた。
その先輩自体かなり怪しい、とイヒョンは嫌な予感がした。

一方漢陽入りしたイガン、ヘスン、ポドゥリは、早々に嫌な光景を目の当たりにしてしまう。
清軍の恐ろしさは、ケダモノ以下の行為だった。

スポンサーリンク

緑豆の花 26話

イガンをふってからメソメソしっぱなしのジャインは、ドッキに励まされて、イガンに語った自分の夢を叶え始めよう!と、まずは父の代わりに漢陽へ行く決意をする。

イヒョンは仕事始めとして、使用人文書の焼却を執行する。
まずは自らペク家の文書を持ち出し、民の前でユウォル自身に焼却をしてもらう。
大粒の涙を流しながらそれを燃やすユウォル。
イヒョンは使用人を財産だという者達に、財産ではなく人間なんだと訴える。

最近兄とイヒョンが怖くてどうしてよいのか悩むミョンシムは、ボンジュンから「怖さに打ち勝つ唯一の方法は、向き合うことだ。」と助言をもらい、敢えてイヒョンに別れを告げに行く。
イヒョンはミョンシムの手を握り、「この手を離したらペク・イヒョンじゃなくなってしまう…」と、己の鬼と闘う苦しみ、ミョンシムがいるから鬼と闘えている事を打ち明ける。
彼もまた正直に向き合ってくれたのだ。
彼女は迷いなく彼を抱きしめ、待つからゆっくり、しっかり闘って、イヒョンになって戻って来てと伝えた。
イヒョン、よかったね!強い味方がここにもいた!

イヒョンの先輩日本人は武田という男で、間者行商人の中村と通じてるらしく、中村を通してジャインに会おうと言ってきた。

イガン達は都会的な漢陽に気遅れしつつ、ようやく同志のパク・ドンジンに会うことができた。
大院君までは小舟に乗ってまだ遠く…と思いきや、舟こぎの男が大院君だった!

スポンサーリンク

緑豆の花 27話

やっとボンジュンの手紙を大院君に読んでもらえた。
内容は、日本軍を追い払う唯一の方法は国と民が一体となる事、早く弊政改革を進めるよう求めるものだった。

その頃朝鮮国王は、日本から提案された内政改革5箇条に対し、日本公使館大鳥圭介と武田陽介を通して拒否し、撤兵を求める。

イガンは大院君に付いて王宮でボンジュンへの返事を待つ間、王宮を歩く吏官たちの中にイヒョンのキラキラした姿を妄想していた。

そんなイヒョンは、ミョンシムの手作り弁当でピクニックを楽しんでいた。
その時遠くで聞こえる訓練の弾の音にイヒョンの体は硬直し、兵士時期の記憶がフラッシュバックして過呼吸になってしまう。
少し落ち着いたが、執網所への帰り道も、最後にボンゲを撃ったときの情景が頭をよぎる。
執網所では、元義兵のキム接長と仲間たちがユウォルの手料理を食べていた。

王宮の門前では、弊政改革を推進すべく校正庁を設けるというおふれが貼られていた。
漢陽入りしたジャインとドッキもそれを目にし、漢陽に任房をつくる為王宮の担当者を訪ねる。

日本を無視した内政改革に対して日本は、朝鮮に圧力をかけてきた。

スポンサーリンク

25話から27話までの感想

今回の3話を見ていると、「日本、どした?」と思ってしまいます。
朝鮮にいる理由がないのに居座って。誰も頼んでないのに、朝鮮の政治に首をつっこむ。
挙げ句の果てに軍力を披露したかったのでしょうか?

リアルな歴史上の真実はわかりませんが、東学党の乱から日清戦争に至るまでの大筋はこのドラマの通りのようです。

武田先輩辺りから沢山の日本人が出てきますが、皆さん韓国の役者さんなのか、ユン・シユン氏の発音の方が素晴らしいです!
日本語を話す若様も素敵♪

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください