花様年華-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

それぞれ辛く長い道のりをずっと歩んできたジスとジェヒョン。
それぞれ自分が悪いわけでもないのに自分を責めてきました。
今、やっと前向きに、自分も幸せを掴もうという気持ちになっている二人!

でも邪魔が入るんですよねえ…なぜなら…韓国ドラマだから!

さて、今回は13話からご紹介していきますので、お付き合いください♪

スポンサーリンク

【花様年華】(ネタバレあり)

花様年華 13話

ジスが住み始めた家のオーナーはソギョンに変わっていた。
強制撤去すべく作業員を送り込んでくるが、一人で闘い追い払うジス。

ソギョンはジスの家まで来て、夫から離れるまでジスを苦しめ続けると宣言する。

一方ジュンソは、祖父に両親が離婚しないよう助けを求めるが、そんな孫の気持ちを汲む事もせず、婿への憎悪をあらわにする祖父。

ストレスで体調を崩したジスは熱を出してしまい、ヨンミンがジェヒョンに助けを求めた。
一晩中病院のベッド脇でジスを見守るジェヒョン。
だが、快復して一緒に帰る二人は盗撮され、記事にされてしまう。

ソギョンの嫌がらせがゾンビのように次々と降りかかる。

一方セフンはジスを諦めたものの、ヨンミンの親権を得ようとしている。

ソギョンの目に余る暴走で、ジェヒョンはついに離婚訴訟を起こし、家を出てホテル暮らしを始めた。

ヨンウは、昔からずっと一人で苦しんできたジスが、また一人で恐怖と闘っている事に居ても立っても居られない。
かと言って自分に出来る事は、先輩にジスをちゃんと守るよう訴える事だけ、という憤りも。

しかしジスも、ソギョンのやり方には憤っていた。
ソギョンが嫌がる方法で反撃すると宣戦布告。
化粧をして気合を入れた装いで、ジェヒョンの居るホテルの部屋へと向かって行く。

スポンサーリンク

花様年華 14話

激しい嫉妬に突き動かされ、夫の元へ駆けつけるソギョン。
だが、ジスが居たのは夫の部屋ではなく、ホテルのラウンジだった。
ジスは、今回は元同僚まで巻き込んだ事が許せず、ソギョンを傷つけたかっただけだが、今後正当なやり方で闘うと宣言する。

公的機関からも不当解雇を追及されているソギョンは疲れ切っていた。

一方、ジスとの復縁も息子の親権も諦めたセフンは、もはやジスとジェヒョンの不幸を願うようになってしまっていた。
そんな時、以前訴訟を担当した老人に会い、この老人がヒョンソンに対して抱く恨みの根深さを目の当たりにして、良からぬ考えがよぎる。

ソギョンに不当解雇されたソニさんが過労で倒れ、脳の手術をした。ジスは益々責任を感じ、毎日看病してソニさんの家族の食事の用意もした。そして、ジェヒョンに相談する。

スポンサーリンク

ジェヒョンが今ソニさんの為に動く事は、長年準備してきた会長への復讐と自分の父への償いが滞ることになる。

「犠牲になっていい人など一人もいない。私は味方のない人の味方になる。」
昔の彼の信念がジスの信念となって、今の彼を葛藤させる。

嘆願書を作成し法律的に闘う準備を進めながら、ソニさんの世話を焼くジスを見て、ジェヒョンは昔の信念にもどる決心をする。

父を追い詰めた、過去の事件をよく知る元地方検事長を探し出し、会いに行く。

そして、赤と白のバラの花束をジスに用意する。
昔ケンカをした時に、赤と白のバラで仲直りしたのです。

いつもの居酒屋で待ち合わせ、遅れて来たジスを笑顔で迎えるジェヒョン。…と、ジスの背後から突然老人が現れ、ジェヒョンに接近して名を名乗った。その直後、ジェヒョンの笑顔が一変して衝撃の表情に…。

スポンサーリンク

花様年華 15話

少し前に、ヒョンソンへの訴訟で敗訴していた老人に腹部を刺され、緊急手術をしたジェヒョン。
手術は無事成功し、順調に回復する。

長年ヒョンソンの前でデモをしていた老人の優しい人柄を知っていたジスは、セフンに仕向けられたのかも知れないと勘づき、セフンに会ってみて確信し、警察に調査を依頼する。
実際セフンはあの時老人に電話し、ジェヒョンの居場所を知らせていた。

ジェヒョンの入院中、会いに行く事を我慢していたジスの家に、ソギョンが無事を伝えに来る。
改めてジスに謝られ、ソギョンはひざまづいてもいい、彼を諦めてと懇願する。

ジェヒョンは退院後、まず実家で母と過ごし、老人と面会する。
自分の父親の話をして、私たちは同じ境遇、父を死に追いやられた怒りを抱えたまま生きて来たが、貴方のおかげで怒りが消えたと感謝を伝えた。

そして、とうとう会長が取り調べを受けに出頭する時が来た。

ソギョンにとって、父も夫も離れていく深い悲しみ。せめて父そのものである父の会社を守ろうと決意する。
離婚届をジスに差し出し、会社を乗っ取ろうとしているジェヒョンを止めてくれたら、潔く身を引くと懇願する。

そんな中、ジェヒョンの計画は最終段階に入っていた。
労使協議会と組合幹部達を集めた臨時会議で、はたして彼は何と切り出すのか!?

スポンサーリンク

13話から15話までの感想

ジスの信念は見事ですね。
揺るぎない姿勢(生き様)は、人の心に響くのでしょう。
だからソギョンも、二人の関係を思いやっている部分がありますよね。

ソギョンのジェヒョンへの愛もまた本物で、諦めきれないのが切ないです。
幼い頃母親に捨てられ、娘への愛情は深いが人間性に難有りの父だけが頼り。ジス達のような友達や仲間も、キャンプなどの色んな経験も無さそうです。

本質は良い人柄だと感じさせるキャラだから、ソギョンにもジュンソにも幸せになってほしいです!

さて次回最終話ですが、個人的にこう予想しています。
ジェヒョンが会社を乗っ取る等と、いかにも復讐的な流れに見せかけて、実はそんなんじゃなく、皆が感動で驚くような、ジスも納得するような、寛大な優しさで決着をつけて終わるような気がします。
具体的に何がどうなるという想像力がなくて、かなり大雑把な予想ですが!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください