花道だけ歩きましょう-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-花道だけ歩きましょう-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

花道だけ歩きましょう

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チョンドンはヨウォンに告白しましたが断られてしまいました。しかし、もう一度考えてほしいと言うチョンドン。
スジはチョンドンがヨウォンに惹かれていることを知っていますが、それでも自分に振り向かせようと必死です。
ジフンもまたスジの気持ちを知りましたが、チョンドンのようなタイプが珍しいからで、そのうち飽きると思っているようです。
ヨウォンは眠ってしまった娘のボラムを背負って歩くチョンドンを見つけました。

【花道だけ歩きましょう】(ネタバレあり)

43話

ヨウォンはボラムを背負って歩いているチョンドンを見つけた。
体調は大丈夫かと聞くヨウォン。
チョンドンは良くなったと言う。

申し訳なさそうな顔をしているヨウォンにチョンドンは考え直してほしいとはもう言わないと言う。
君の立場を考えず自分の気持ちしか考えていなかったと言う。

君を困らせたくないから今まで通りに気楽に接してほしいと言う。
ヨウォンはチーム長は素敵な人だと言う。
チョンドンはこれからも仕事を頑張ると約束してほしいと言う。
ヨウォンはそうすると約束する。

コンニプはギュチョルがジョンスクと一緒にショッピングをしているのを見つけた。
ヨウォンに最近、お父さんが若返ったが何かあったのかと聞くコンニプ。
ヨウォンはボラムのために若くしているのだろうと言う。
恋をしているからです

ヨウォンはチョンドンからもらった手袋ではなく前から使っていた手袋で出勤した。
それを見たスジはチョンドンからの手袋は捨てたのかと聞く。
ヨウォンはその質問に答える必要はないと言う。

スジはあの手袋はチョンドンの愛の証だったのにそれを拒否すると言うことかと聞く。
ヨウォンはあなたに私の生活に口出す権利はないと言う。
スジは私はチョンドンと付き合うからその権利はあると言う。

私に選ばれたのだから付き合うのは当然だと言う。
だから今後はチョンドンに近づくなと言う。
どこまで自信家なのでしょう

ヨウォンは2人のことは関係ないが、私が従う必要はないと言う。
スジはあなたはインターンなのだからテーブルを拭いて会議の準備をしろと言う。

黒糖豆乳のパッケージについて会議をするチーム。
ヨウォンは元気がでるというイメージで強い色彩より暖かい色にしてはどうかと言う。
子供にも飲ませられるような信頼があるパッケージがいいと言う。

スジは朝の忙しい時に母親の愛情や信頼を気にすると思うのかと言う。
インパクトが優先だと言う。
ヨウォンはスジにアンケートの結果を見せる。

オレンジ系や黄色、ベージュ系が人気になっている。
コンビニやスーパーでも子供が最初に選ぶ色がそれだと言うヨウォン。

スジは作家の個性を無視するならなぜコラボをするのかと聞く。
家庭で作る豆汁が大企業の飲料の参考になると思っているのかと言う。
嫌ならコラボをやめればいいのに

スジはソナにチョンドンとスンドゥブ店の社長はなぜ親しいのかと聞く。
ソナは兄さんが社長にハングルを教えているからだと言う。
今日も行くと言っていたと言う。

スジは食堂の場所を聞く。

ヨジュはスジのスタジオに配達に行く。
そこにいたソナを見て驚く。
ソナはヨジュを見て怯える。
ヨジュはソナにここが職場なのかと聞く。
仕事場だから帰ってくれと言うソナ。

ヨジュが帰ったあとも怯えているソナ。
そこにイナムから電話がかかって来た。
イナムの声を聞いて少し落ち着いたソナ。

スジはコンニプの食堂に行く。
中ではチョンドンがコンニプに字を教えていた。
コンニプはスジに営業は終わったと言う。
スジは食べに来たのではないと言う。

スジはチョンドンの隣に座り、私に会いたくなかったかと聞く。
はい!全然会いたいと思いませんでした

コンニプはチョンドンに恋人かと聞く。
スジは挨拶をする。
コンニプは私のせいでデートもできず申し訳ないと言う。
チゲを用意すると言うコンニプ。

チョンドンはスジに誤解されたから帰ってくれと言う。
スジはせっかくだからチゲを食べて行くと言う。

そこにチョンドンに会いたくてボラムが入って来た。
ボラムはチョンドンに抱きつく。
ボラムを追いかけてヨウォンが入って来た。

44話

ヨウォンは食堂にスジがいるので驚く。

ヨウォンはボラムに家に戻ろうと言うが、ボラムはおじさんと一緒にいたいと言う。
ヨウォンはボラムを叱り、しぶしぶ家に戻ったボラム。

食事を終えたスジはチョンドンにタクシーを拾ってくれと言う。
チョンドンは連絡もなしに来るのは困ると言う。
スジは慣れるように頻繁に会いに来ると言う。
そのうち受け入れてくれるだろうと言う。

スジは必ず私のことを好きにさせてみせると言う。
どこからその自信がでてくるのか知りたいです

チョンドンはジフンにスジのことを話す。
ジフンは今はお前のことが好きだがそのうち飽きると言う。

チョンドンはジフンに人を好きになったことがあるかと聞く。
ジフンはこの年でなければおかしいだろうと言う。
チョンドンは誰かを好きになるのは大変だと言う。
ジフンはヨウォンかと聞く。

チョンドンはヨウォンのためには諦める方がいいのだろうけど難しいと言う。
諦めないでください

ヨジュはソナをいじめていたことを後悔していた。
それを聞いたギュチョルは今からでも謝ってこいと言う。

ギジャはチャンがコンニプの食堂で働いていることを知った。
食堂にいるチャンにギジャは私の指輪を盗んだくせにまだ近所にいたのかと怒鳴る。
チャンは私は盗んでいないと言う。
ギジャはあなた以外に誰が盗んだと言うのかと言う。

コンニプが出て来た。
ギジャはコンニプにこの泥棒を辞めさせろと言う。
チャンの腕を掴み出て行けと言うギジャ。

そこにイルナムが出て来た。
イルナムはギジャを見て、公園で犬の糞の始末をしないで逃げて言ったおばさんだと言う。
うちの従業員を勝手に連れて行くなと言う。

ギジャは元はうちの従業員だと言う。
ジヨンはイルナムにこの方はうちのVIPだと言う。
なぜ盗みを働いたチャンをかばうのかと言うジヨン。
イルナムはジヨンもギジャも追い出す。
初めてイルナムが良い仕事をしたようです

チャンはコンニプに盗んだりしていないと言う。
騒ぎを起こしたうえに親子ゲンカまでさせてしまって申し訳ないと言う。
コンニプは長く商売をしていると人を見る目が養われると言う。
チャンは自分のことより他人が食べるものに気を使う人だと言う。
チャンを信じていると言うコンニプ。

スジはヨウォンにチョンドンの気をひくために姑や娘まで利用しているとは驚いたと言う。
意外と恋愛上手だと言う。
ヨウォンは言いがかりだと言う。
スジはそれなら気をつけろと言う。

娘に恥ずかしいだろうと言うスジ。
ヨウォンは娘に恥じることなどしていないと言う。
チョンドンの気持ちをもてあそんでいると言う。
娘には恥じないなら会社を辞めろと言う。
スジは私が辞める機会を作ると言う。

ギュチョルはジョンスクを家に招待した。
ジョンスクはこの家は居心地がいいと言う。
ギュチョルは時々来たらいいと言う。
ジョンスクは頻繁ではダメかと聞く。
何度見てもこの女性は怪しく見えます

ヨジュはソナに謝りに行く。

その日ソナはイナムと映画を見に約束をしていた。
スタジオから出て来たソナはイナムと一緒だった。
2人の姿を見て驚くヨジュ。

スジはチョンドンに母さんが法律のことで相談があると言っていると言う。
今夜うちに来れないかと聞く。
チーム長として社長に行くと思えばいいと言う。
チョンドンは対外協力チームの責任者として行くと言う。

ヨウォンに電話がかかってきた。
ボラムがいなくなったと聞き、急いで帰るヨウォン。
急いでいるヨウォンを見つけたチョンドンは何があったのかと聞く。
ヨウォンはボラムがいなくなったと言う。

走って行くヨウォンを追いかけようとするチョンドン。
スジは行くなと言う。
チョンドンはスジにごめんと謝りヨウォンを追いかける。

45話

ボラムがいなくなったと聞き、急いで帰るヨウォン。
チョンドンはヨウォンの後を追いかける。

ヨウォンはタクシーに乗って行ってしまった。
スジはチョンドンに電話をかけるが、チョンドンは今日は行けないと言い電話を切る。

ボラムはバスに乗った。
コンニプの家族は全員でボラムを探したが見つからない。

帰って来たヨウォンはボラムを探しに再び出て行く。
町中を探し回るヨウォン。

ヨジュやイナムもボラムがいなくなったと聞き、探しに行く。
イナムはソナとのデートを中断した。

チョンドンはボラムが飛行機公園に行きたがっていたことを思い出した。
ドンウが知らせたのかもしれませんね

ボラムは飛行機公園まで来たが、だんだん暗くなって来たので泣いていた。
そこにチョンドンが探しにきた。
ボラムはチョンドンを見つけて泣きながら駆け寄る。
チョンドンはボラムを抱きしめ、もう大丈夫だと言う。

チョンドンから電話を受けたヨウォン。
飛行機公園で見つかったと聞き、急いで向かった。

ボラムはチョンドンにだっこされていた。
ヨウォンを見つけて駆け寄るボラム。
ヨウォンは泣きながらボラムを抱きしめる。

ヨウォンはみんなが心配したと言い、ボラムを叩く。
ボラムはママが嫌いだと言う。

チョンドンはボラムがここに来た理由がわからないのかと聞く。
ボラムは、ママがは忙しいし、パパは空にいるからここに来たと言う。
チョンドンはパパが恋しくてここに来たのだろうと聞く。
泣きながらうなづくボラム。
(泣)

ヨウォンはママが悪かったと言いボラムを抱きしめる。

家に帰ったボラムとヨウォン。
家族のみんなは安心する。
自分のせいでボラムがいなくなったと自分を責めるヨウォン。
ボラムの寝顔を見ながら泣いているヨウォン。

チョンドンから電話がかかって来た。
チョンドンはヨウォンが泣いているのに気づき、君は立派な母親だと言う。
ボラムが自慢のママだと言っていたと言う。

スジはチョンドンのために洋服から靴、鞄まで大量に買い込む。
私の恋人ならゴルフができないとダメだと言いながらゴルフ用具まで買う。
絶対に受け取ってもらえませんよ

スジはソナに新車を見せ、この車は気に入ったかと聞く。
ソナは車のことはよくわからないと言う。
ソナは買った荷物を車の座席に積んだ。

スジはヨウォンに駐車場まで来るようにと言う。
駐車場に降りて言ったヨウォンはスジから手袋を渡させる。
みすぼらしい手袋をしていたらハナ飲料の社員として恥ずかしいと言う。

ヨウォンは気持ちだけもらうと言う。
そこにチョンドンが降りて来た。
スジはチョンドンに車のキーを渡し、あなたの車だと言う。

43~45話感想

ボラムはいつも一人で寂しかったのですね。チョンドンがボラムを探し当てたのはドンウの心がそうさせたのかもしれません。ボラムもチョンドンに父親を感じているのかもしれません。
スジは今まで気に入ったものはすべて手に入れてきたのでしょうね。だから今回もチョンドンが手に入れられると思っているようですが、初めて屈辱を味わうことになるのでしょう。はっきり言ってそこまでスジは美人ではないし、性格が悪いですから金持ちでなければみんなは友達にはなりませんよ!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください