花道だけ歩きましょう-あらすじ-106話-107話-108話-感想付きネタバレでありで!

花道だけ歩きましょう

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨウォンとチョンドンはボラムの許しも得て、結婚に向けて順調に進み始めました。
コンニプは土地を売る決心をしました。契約をするためハナ飲料にやってきた家族。しかしヨウォンだけが売れないと印鑑を押しませんでした。
ヨウォンはドンウの死の原因がハナ飲料にあると言うジフンとパク社長の話を聞いてしまったのです。その真相を聞くためジフンに会いにきたヨウォンです。

【花道だけ歩きましょう】(ネタバレあり)

106話

ヨウォンはジフンに夫の死について知っているだろうと聞く。
ジフンは何を言っているのかと言う。
土地売却の話でないなら帰ってくれと言う。

ヨウォンは私の夫はハナ飲料のせいで死んだと言う。
あなたは原因を知っているはずだと言う。
夫に何をしたのかと問い詰めるヨウォン。

そこにチョンドンが来た。
チョンドンはどうしたのかと聞く。
ジフンは彼女が何か誤解しているようだと言う。
ここで騒げば家族が驚くから連れて帰ってくれと言う。

チョンドンはヨウォンに帰ろうと言う。
ヨウォンはまだ質問に答えていないと言う。
チョンドンはヨウォンを車に乗せる。

ヨウォンはチョンドンにドンウの死の原因がハナ飲料に関係があると言う。
ジフンはそれを知っていると言う。
パク社長がジフンに話しているのを聞いたと言う。

チョンドンは本当かと聞く。
ヨウォンはあなたにとって兄も同然のジフンが死亡事故に関与しているなんて信じられないだろうと言う。
ヨウォンはこの耳ではっきりと聞いたと言う。

この前会った退職した購買チーム長はハナ飲料に脅かされていたと言っていたと言う。
ドンウはハナ飲料の不正を暴こうとして事故にあったのかもしれないと言う。
チョンドンは僕が調べると言う。
下手に動けば君が危険だと言うチョンドン。
誰よりもヨウォンを信じているチョンドンです

ジフンはビョンレにパク社長が農場を売って契約をやめると言っていると言う。
ビョンレは最近爽快ケナポナシの売れ行きがよくないから販売を終了して炭酸水に力を注ごうと言う。
ジフンは手を引く代わりに10億ウォン要求していると言う。
ビョンレは今まで彼の言いなりでいくら払って来たと思っているのだと言う。
一銭も払うなと言うビョンレ。
怒らせたらどうなるかわかりませんよ

ジョンスクはスジの家に戻り、また家政婦として働くことになった。

土地を売却しなかったことをコンニプに謝るヨウォン。
コンニプは土地代の60億ウォンより大事な問題が起きたのかと聞く。
ヨウォンはお金よりも重要なことが起きたと言う。

チョンドンはジフンにナム・ドンウ記者の死はハナ飲料に関係ないのかと聞く。
ジフンはヨウォンに振り回されるなと言う。
お前も僕が犯罪者だと疑っているのかと聞く。

チョンドンは兄さんが産地偽装に関わっていたと知って驚いたと言う。
ジフンはハナ飲料と社長を守るためだったと言う。
ジフンはヨウォンが亡くなった夫のことを忘れられるようにお前がなだめろと言う。

ジフンはヨウォンがパク社長との会話を聞いていたことを知った。

ヨウォンは警察でドンウの事故の再調査を依頼した。
しかし刑事は事故に不審な点はなかったと言う。
事故が起きた場所はカーブが多い事故の多発地帯だと言う。
運転手の過失と判断されていると言う。

ヨウォンはドライブレコーダーの修理は難しいかと聞く。
当時修理を試みたができなかったようだと言う刑事。
結局再調査は依頼できなかった。

ヨウォンにパク社長から電話がかかって来た。
パク社長はドンウのことで話があると言う。

107話

パク社長はヨウォンにドンウ記者のことで話があると言う。
ヨウォンはすぐに行くと答える。

チョンドンは元購買チーム長に会いに来た。
チョンドンはハナ飲料の不正を明かそうとして退職し、今でも会社からの脅迫は続いているのかと聞く。
さらにカフェを畳もうとした理由は何かと聞く。

元購買チーム長はカフェをたたむのは私の勝手だと言う。
チョンドンはナム・ドンウ記者を知っているかと聞く。
彼の死にハナ飲料が関係しているかもしれないと言う。

元購買チーム長はパク社長にケンポナシの輸入台帳を渡したのが悪かったと言う。
パク社長がドンウ記者にその台帳を渡したのだと言う。
そのせいでドンウ記者に被害が及んだのかもしれないと言う。

元購買チーム長はチョンドンに君も気をつけろと言う。
やはり脅迫されているようです

ヨウォンはチョンドンと一緒にパク社長に会うことにした。

パク社長はヨウォンに事故当日にドンウ記者がここに来たと言う。
ドンウ記者が亡くなったのはハナ飲料のせいだと言うパク社長。

そのときパク社長の携帯にハナ飲料から10億ウォンの入金があったと言う知らせが送られて来た。
同時にジフンから自分の指示通りに話せと言う内容も送られて来た。
あと10分早く着いていたら

ヨウォンは事故の日に何があったのかと聞く。
パク社長はハナ飲料がドンウ記者に賄賂を渡したと言う。
産地偽装の件を口止めしようとしたのだと言う。

しかしドンウ記者は大金には目もくれずジフンに突っ返していたと言う。
ヨウォンは事故がハナ飲料のせいだと言うのはどうしてかと聞く。
パク社長は当時ハナ飲料がうちと契約を切らなければ産地偽装もなかったし、ナム記者も取材をしなかったと言う。
だからハナ飲料のせいだと言ったのだと言う。

パク社長は事故の場所は危険な事故の多発地帯だと言う。
帰り道は運転に気をつけろと言うパク社長。

ビョンレはジフンにパク社長はまた裏切るかもしれないから早く海外に行かせろと言う。
ヨウォンにはどんな手段を使ってもいいから土地を売らせろと言う。
ジフンはどういうことかと聞く。
ビョンレはチョンドンの婚約者だからできないと言うのかと聞く。
事故?脅迫?まさか殺す?

ヨウォンとチョンドンは事故現場にやってきた。
ドンウは賄賂をお金を早く返したかったはずだと言うヨウォン。
チョンドンはドンウ記者は記者の鑑のような人だったと言う。
最後まで真実を追求するには強い意志が必要だと言う。

ヨウォンは記者である夫を誇りに思っていたと言う。
今は悲しいだけだと言う。

チョンドンはヨウォンにドンウ記者はケンポナシの輸入台帳を持っていたかと聞く。
元購買チーム長がパク社長を通してドンウに渡したと言っていたと言う。
ヨウォンは書類はなかったと言う。
ジフンが持っているのをイルナムが見ていますよ

ヨウォンはイルナムにドンウの車の中にあった遺品を持ち帰ったのはお義兄さんだろうと聞く。
その中にケンポナシの書類はなかったかと聞く。
イルナムはこの前ハナ飲料で働いていた時ジフンの部屋で見たと言う。
イルナムはいい仕事をしました

ヨウォンは本当かと聞く。
イルナムはその書類がどうかしたのかと聞く。
ヨウォンはドンウの事故はハナ飲料のせいかもしれないと言う。
今はそれしか言えないがはっきりするまで誰にも言わないでほしいと言う。

チャンは食堂の仕事の他にもニンニクの皮を剥くアルバイトをしていた。
イルナムは俺を責めるために見せつけているのかと聞く。
土地は売れなくても俺が身を粉にして働くからやめろと言う。

チャンは土地を売ってお金をくれと言う。
時間がないと言うチャン。
イルナムは売れるまで待ってくれと言う。
売れるまで待っていたらチュオンはどうなるかわからないと言う。

イルナムはチュオンとは誰かと聞く。
チャンは私たちの子供だと言う。
あなたには5歳の息子がいるのだと言うチャン。

108話

チャンはイルナムに私たちには5歳の息子がいると言う。
イルナムはなぜ今まで黙っていたのかと聞く。
チャンはあなたには父親の資格がないと思ったからだと言う。

あなたは子供がいると言っても変わらないだろうと言う。
イルナムはさっきの時間がないと言うのはどう言うことかと聞く。
チャンはあの子は心臓が悪いのだと言う。
手術をしないとこれ以上持たないと言われたと言う。
イルナムはそれで鼻血を出しなからアルバイトをしていたのかと聞く。

チャンは息子のことは口出ししなくていいと言う。
自分がなんとかするからあなたは土地が売れるのを待っていればいいと言う。

翌日からイルナムはサンムンの働いている清掃の仕事をやることにした。
今度こそ続けてください

ヨウォンはいつも通りに出勤した。

ジフンはヨウォンに体調はどうかと聞く。
ヨウォンはジフンに夫のことは私の誤解だったと謝る。
ジフンは誤解が解けて良かったと言う。

ジフンはチョンドンに炭酸水プロジェクトの遅滞で資金面に悪影響が出ていると言う。
状況が厳しくなれば寄付や後援が切られていくと言う。
俺たちの施設も例外ではないと言う。
園長や子供達の影響は避けたいからヨウォンの説得を急いでほしいと言う。

チョンドンはジフンにケンポナシの輸入台帳は会社で保管をしているのかと聞く。
後日、産地偽装の件を公表するときに備えて資料を揃えておきたいと言う。
ジフンは会社にはないと言う。
元社員が台帳の原本を持ち出したようだと言う。
ジフンの部屋の金庫の中にあります

ジフンは今重要なのは炭酸水プロジェクトだと言う。
チョンドンはわかったと言う。

スジはヨウォンを呼び出した。
スジはヨウォンに花束を渡しチョンドンと結婚すると聞いたと言う。
ヨウォンはありがとうと言う。
しかし私たちは祝福される仲ではないと言う。

スジは謝罪もしたいと言う。
ジフンとあなたの仲を誤解してしまったと言う。
今後はクールに付き合おうと言うスジ。

スジは婚家の土地をハナ飲料に売れと言う。
私のことを根に持って父やジフンを苦しめているように見えると言う。
そんなことをしてもあなたに得るものはないだろうと聞く。
ヨウォンはそのうちにわかると言う。

ジフンはヨウォンにそろそろ土地の契約をしようと言う。
ヨウォンは婚家で少し問題が起きて数日待ってほしいと言う。
ジフンは土地の購入が遅れるとチョンドンが苦しい立場になると言う。

イルナムは1日働いた日当をチュオンの治療費に使えと言いチャンに渡す。
チュオンの写真を見せてほしいと言うイルナム。
チャンは携帯電話に入っているチュオンの写真を見せる。
子供の頃の俺に似ていると涙を流すイルナム。

チャンは言うことをよく聞くいい子でかけっこやボール蹴りが好きなのに心臓が悪いのでいつも見ているだけだと言う。
イルナムは俺がなんとしても手術をして走り回れるようにすると言う。
やっと心を入れ替えたようです

ギュチョルはチョンドンに役所に一緒に行ってもらい公正証書を作成した。

ギュチョルは娘たちには内緒にしてほしいと頼む。
チョンドンはなぜ詐欺の加害者を許したのかと聞く。
自殺をしようとしたほど苦しんだではないかと言う。

ギュチョルは最初はやり返したいと思ったが、そうしても過去は消えないから少しでも返済を受けるのが賢明だと思ったと言う。
相手も気の毒な気がしたと言う。

ジフンはチョンドンとギュチョルが話しているのを見ていた。
チョンドンに今一緒にいた人は誰かと聞くジフン。
ヨウォンの父親だと言うチョンドン。

ヨウォンはジフンの部屋に決済書類を持っていく。
ジフンは部屋にいなかった。
ヨウォンはケンポナシの輸入台帳を机の上を探し始める。

そのときジフンが戻って来た。

106~108話感想

イルナムはやっとまともになりそうです。子供がいると知って父親として恥ずかしい人間ではダメだと思ったのでしょうね。もう揺らがないことを期待します。
ヨウォンはジフンに誤解していたと謝りましたが、それは嘘ですね。まだ死の真相を探っています。チョンドンには言わないつもりのようです。きっと優しいチョンドンを苦しめたくないのでしょうが、チョンドンは相談してほしいと思うはずです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください