被告人-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きをネタバレありで!

韓国ドラマ-被告人-あらすじ-1話-2話-3話-のキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

被告人.jpg
ソウル中央地方検察の検事パク・ジョンウ(チソン)が、最愛の娘の誕生日の翌日、夢から覚めると監獄の中にいた。記憶を失い妻と娘を殺したと濡れ衣を着せられ、死刑囚となったパク・ジョンウ。失った記憶を取り戻し無実を証明しチャ・ミノ(オム・ギジュン)への復讐を繰り広げるドラマです。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
話題作、被告人(ピゴイン)です。シリアスなドラマっぽくて、財閥御曹司役の多かったチソンが
無実の罪を着せられ被告人になるみたいなので、すごく楽しみなんです。
主人公のジョンウは既にかぞくもあるし、恋愛のような話が含まれることもないだろうし、
全話どのようにストーリー展開するのか楽しみです、
ではでは、観ていきましょう♪
【被告人】(ネタバレあり)
1話
有能な検事のジョンウ。仕事には厳しく、しかし家族にだけはとても優しい夫でパパです。今日は最愛の娘ハヨンの誕生日。美味しいものとケーキでお祝いして、幸せの中、眠りについたのです。
ジスとハヨンの「パパ起きて」の声で目覚める。
しかし!!「ここどこ?お前ら誰?」眠りから覚めたジョンウの目の前には、ジスとハヨンではなく、受刑服の知らない男達。ジョンウは、男達から「家族を殺して、ここにいるんだろ」と告げられ訳がわからず暴れ、家族を探し回る。しかし家族とは連絡がつかないんです。
ストーリーは4カ月前に戻る。
韓国大企業のチャミョングループの双子の悪い弟チャ・ミノ(オム・ギジュン)&温厚な性格の双子の兄チャ・ソノ(オム・ギジュン)
ある日、ミノは別荘殺人事件の容疑者殺人事件を起こします。世間から容疑者として注目され、ソノはミノに自首しろと家にきました。しかし、ミノはこれを断り、ソノを殴り自分の服、時計全て交換します。そして自身の服を身にまとわせたまだ意識のある兄をベランダからつき落とし、兄ソノに偽装し自身でミノの遺書まで書きミノが自殺を図ったように偽装工作します。
一人二役だから本当に見分けがつきません!
しかし別荘殺人事件を担当し調べていたジョンウは、ミノの
検死の結果、血液成分にアルコールが含まれてなかったと聞く。ミノは直前に大量の酒を飲んでいたと聴き込みを得ていたジョンウは二人が入れ替わった??と疑い始めます。。
ソノの妻の前にソノになりすまして、帰宅するミノ。しかし妻には、すぐにばれてしまう。
でも、「兄さんの子供でないと知ってる」と言われ、何も言えなくなる。
ソノが、意識を取り戻した。しかしジョンウに「ミノ」と言い残しソノは亡くなってしまう。さらに疑いが強くなったジョンウ。泣き叫びながらも喜ぶソノになりますミノ。。。
2話
ミノの死に疑いを持って解剖を依頼するジョンウ。ミノは、自分が偽装という事実が明らかになるか不安な気持ちで結果を待つ。しかし結果は、ミノ本人との結果がでる。
しかし、解剖医も少し疑問をもちミノに、眼鏡のかけ跡があるが生前かけていたのかと伝える。
脅威を感じたミノは解剖医を交通事故に仕向けます。
1話でジョンウが捕まえたやくざの事件にと関係があったんですね!
ミノは病院で痴ほう症を患う母にあう。母は、痴ほう症なのに、目の前のソノに成り変わった息子はソノではなくすぐにミノとわかってしまった。
結局、真相を掴めぬままソノはミノとして納骨されてしまう。
再び4ヶ月後
ジョンウは家族殺害の容疑をきせられ極度の不安症状と記憶喪失を患っています。
15年来の同僚検事ジュニョク(オ・チャンヒョク)はジョンウの殺害事件を引き受けることになって容疑者になったジョンウを調査室で会うことになる。
国選弁護士はジョンウ殴られ辞職した。新たな弁護士にウネ(ユリ)が代わりになる。
弁護する相手が弁護士として1度も勝利したことのないジョンウだと知り、記憶を探すし弁護することにします。ウネの父も死刑囚で濡れ衣を着せられる過去を持つ。
刑務所生活に少しずつ慣れていくジョンウ。
しかし、刑務所長がミノと繋がっていてジョンウの様子を報告します。
ジュニョクは、事件を再度調べるため事件の日のCCTVを観て画面に映る男に驚きを隠せない。
それは、ジュニョクが知る優しいジョンウの顔つきではなかった。
3話
事件が起きた3日前からはじまります。
ジョンウはミノへの逮捕状を請求します。ミノの元へも逮捕状が請求させ、指紋の採取が再び行われると連絡がきます。
ミノは、建物へ逃げ込みます。そこへ到着したジョンウ達。
探し回り、遂に蒸気の立ち込める機械室てミノを発見するジョンウ
しかし!ミノは蒸気の立ちこめる配管に、自らの手を押し当てたのです。
「ジョンウ、お前は私を捕まえることはできない」絶望感のジョンウ。
二人の演技がすごい!
数日後両手を大火傷し、指紋も失ったミノ。まだ捜査するジョンウはミノと二人で話します。
「私がミノだよ。証明してみれば?」と言うが冗談だよなどと挑発してきます。
が!!直後ジョンウは笑みを浮かべボイスレコーダーを取り出す。
声までは変えれないだろう。。。
捜査報告の記者会見。ジョンウは数時間経ってもこない。待たされる記者の元にジョンウが家族を殺したと連絡が入る。
話は刑務所に戻る
家族殺害の理由は、妻の不倫写真をみて激怒してだった。写真に映るのは妻とソノ。
一方、家に帰ってきたミノは差出人不明のソノとのツーショット写真を受け取る。
不安になるミノ。すぐ刑務所に駆けつけ、ジョンウの様子を伺う。
そこでジョンウと出くわし、ジョンウはミノを人質にとり家に帰らせろと言うが、ミノの事は覚えていないようだった。
控訴審放を受け取り来たジュニョク。しかしジョンウは、サインしなかった。
独房で自分が残したパク・ボン・グという落書きを思いだし、もう一度メッセージを見ようと独房に入るため悪いことをします。
しかし、メッセージのある隣の部屋になってしまうのです。
メッセージのある部屋にいる、服役囚に読み上げるように頼むのですが、そこにいたのは1話でジョンウが逮捕したシン・チョルシクだったのです。
1話から3話の感想
ストーリが回想に戻ったり現在に戻ったりと、激しいので理解するのに!!
展開も早くて、良くある犯人誰なの?なドラマと違って「ミノだよね?」と解るのですが、では何故ジョンウが、記憶を無くして被告人にされているのか?
そして、思い出し始めた?記憶を一審の朝に何故再び記憶をなくしたのか?ミノだけを忘れていることも凄く謎です。また、スタートの映像は脱獄するジョンウなんですよね。
登場人物同士の関係性が、どうなっているのか?
皆がキーマンになっているので、見逃せません。この先が気になるドラマです!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。