赤と黒-あらすじ-10話-11話-12話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-赤と黒-あらすじ-10話-11話-12話をネタばれありで!
最終回までの感想を全話配信します。

赤と黒.jpg
おすすめの韓国ドラマ「赤と黒」は、復讐と欲望が渦巻く男女の愛憎劇、
1人の男の数奇な運命にからみつく愛と復讐のラブサスペンスストーリー。
主演は大人気韓国時代劇「善徳女王」のピダム役で大ブレイクしたキム・ナムギル。
妖艶でミステリアスな魅力あふれる演技が光る主人公シム・ゴヌクはまさにはまり役。
切なくも復讐に燃える姿に目がはなせない…。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回までのお話。
しっかりヘシングループの中に潜り込めたゴヌク、シン女史は何か感づいているようですね。
パーティーでテソンとゴヌクが入れ替わったことでテラとゴヌクとキスをしたことで、すっかり心動かされてしまったテラはゴヌクとの距離が一気に縮まっていく気がします・・・。どこまで親密になっていくのかしら?
ジェインもテソンに惹かれている感じだし…。気になる気になる~。ってことで早速続きへGO!
【赤と黒】(ネタバレあり)
10話
ソニョンが亡くなった日のことをクァク班長に質問され、自分の運転する車に突然男がぶつかってきたことを思い出し、背中に大きな傷があったことを話す。このことからクァク班長らはホン家を追い出されたもう一人のテソンが生きていると確信する。

やっぱり刑事のカンは侮れませんね…。
ゴヌクは男に連絡し何やら企んでいる様子…。ホン家の長男、テギュンをターゲットに株式操作をほのめかしリークする。
記事を知ったホン会長は驚き激怒する。

長男登場!と思いきやいきなりゴヌクの罠に引っかかってますね!
ジェインは料理を作るためゴヌクのためにゴヌクのアパートへ行く。居合わせた映画監督は驚く。アパートが監督の家だと知ったジェインはゴヌクに電話をし「用事ができた」と言ってキャンセルすし、アパート近くまできていたゴヌクの後を追って、ゴヌクの本来の家を見つける。「私を騙して何を企んでいるの?」と激怒するジェイン。ゴヌクを口論になったジェインは部屋を出ようとするが、以前二人で撮った写真を大事そうに飾ってあるのを見つけ・・・出ていくが材料を買って戻ってくる・・・。

言い争っても二人は何となく惹かれあっているからジェインは戻ってきたんでしょうね。
11話
クァク班長がやってくる。ゴヌクに「3月7日のサッカーの試合は見たか?」と質問する。スタントマン仲間とアクションスクールにいたと話すゴヌク。「仕事柄ケガも多いだろう、背中にキズはあるのか?」と返すクァク班長に少し慌てた様子で否定するゴヌク。ゴヌクの家で料理を作ったとき背中の傷を見ていたジェインだが、偶然通りかかり話を耳にする。嘘をつくゴヌクに疑念を抱く・・・。

クァク班長、直球ストレートに聞いてきましたね!
モネがテラにゴヌクと二人きりで別荘にいたことを問いただしている。「風邪をひいて運転できなかった」と理由を説明し、ゴヌクは先に帰ったと嘘を言う。しかしテラとゴヌクの会話を聞いてしまったモネはふたりの関係に気づいてしまう。わざと義兄=テラの夫の前で問い詰めるモネ・・・。

さすがに動揺の仕方が尋常じゃないからテラの夫も感づいちゃったかもしれませんね。バレちゃうのも時間の問題かしら?
試写室でゴヌクとテラが閉じ込めれてしまう。まだ学生だった頃を思い出し、友達と見た映画の話・・・涙を流しながら「あんな恋をしてみたかった」と話すテラ。再びキスをするふたり・・・運転手がやってきて試写室のカギをあけ何事もなかったようにふるまうテラは運転手に口止めをする・・・。

きゃーーーっ!ここまでくるともうテラは・・・完全にゴヌクの手中ですね。それにしてもクールなテラが笑顔を見せるこのシーン、ぐぐっときますね~☆
12話
ゴヌクがもう一人のテソンだと知ってしまったクァク班長。同じ施設で育ったソニョンとゴヌク。ソニョンはゴヌクをテソンと呼び弟のようにかわいがっていた。ソニョンの残した手紙を大切に持っていたゴヌクは、納骨堂でこの手紙を燃やしてしまう。燃えカスの中からソニョンの写真と手紙の一部を見つけるクァク班長・・・。

雨の中放り出されたゴヌクをソニョンが助けたんですね…。
カン・ユンチョルに騙され大金を持ち逃げされたテギュン・・・シン女史は「テソンが韓国に戻ってからおかしなこと続き・・・」と漏らす。その言葉に驚くテギュンはテソンを疑い、ゴヌクの前でテソンを責める・・・。テギュンはアメリカへ戻り交通事故で亡くなってしまい悲しみにくれるヘシンファミリー・・・。

テソンにそんな度胸はないでしょっ。ってか、テギュンの出番が思ったより少なかったですね。
ホン会長はテギュンのかわりにテソンに会社を譲ると言う・・・跡取りとして気持ちを入れ替えろと言われたテソン。これを聞いたシン女史は激怒し倒れてしまう。「兄貴が亡くなったのに涙も流さない」と責められるテラ。しかし一人別館へ行き泣いているテラのもとへゴヌクが・・・また唇を重ねるふたり。ジェインとモネがキスをする二人をみてしまう。

ジェインにもモネにも見られてしまってもう言い逃れできなくなったテラですね。
10-12話感想
ゴヌクの気持ちを理解してくれたクァク班長!せっかくゴヌクを止めようとしてくれたのに…やっぱりヘシングループへの復讐心は留まることがなさそうです。どんどん親密さを増すテラとゴヌクだけにめちゃくちゃ気になっちゃうわ。キスするだけのシーンでも大人な魅力がすごい二人!早く続きが知りたいです~。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。