輝くか、狂うか-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-あらすじ-10話-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

輝くか、狂うか

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
身分を隠したままのワン・ソは、男装をしたシンユルが気になって仕方ありません。
自分は男が好きだったのかどうしてこんなに気になるのだろうかと性別関係なく惹かれてしまうのでした。
シンユルも、開封での偽装結婚からワン・ソが忘れられずどんどん募る恋心。
2人の恋、皇子たちの戦い。どう進んで行くのでしょうか。

【輝くか、狂うか】ネタバレあり

輝くか、狂うか 10話

ウク(イム・ジュファン)を憎む陛下(リュ・スンス)は、ウクと親しくしているシンユル(オ・ヨンソ)が何かを企んでいると考え皇子たちの前に呼び寄せます。
シンユルは、自分は商人だから皇子たちがつけた装飾品を売り出し儲ける事が目的だと言いますが、ウクと手を組んで自分を陥れるつもりだろうとシンユルを追い詰めますが実はその儲けたお金で病に苦しむ民を助けるのが目的だとワン・ソ(チャン・ヒョク)が助け舟を出します。
ワン執政は、自分の立場が劣勢になったのを知り陛下に囁きます「本当の敵はウク皇子ではなくソ皇子ではないかと」青海商団に入り浸っていた時に手を組んだのではないかと言うのです。
陛下も大変だね、ソの事を信頼していたのにワン執政の一言ですべてが信じられなくなってしまうよね

ケボン(シンユル)を心配したワン・ソは、青海商団に向かいます。すでに皇族だとばれていたのでワン・ソの扱いが格段に変わります。ケボンに会うと二人は「会いたかった」と言い合います。
男同士と思っているワン・ソだけど、まるで女と思っている感じだよね、女だけど

そこにワン・ソが入り浸っていると情報を得た陛下が現れます。副頭領がケボンだと知らないワン・ソは、陛下が青海商団の副頭領と企んでるのだろうと言われても理解ができません。
これってさ、早くケボンが副頭領で女性だってワン・ソに知らせないと窮地に追い込まれちゃうよね

シンユルの機転で陛下は、ワン・ソが身分を隠して青海商団で働いた事、早衣仙人の捜査だった事を理解しもう一度ワン・ソを信じる、だから裏切らないでくれと話すのでした。
良かった。母にも疎まれたワン・ソが陛下の為にやっていた事で陛下にも疑われてしまったあら本当の孤独になってしまうから、絆が結びなおせて本当に良かった

陛下が戻った後、ケボン(シンユル)を捜していたワン・ソはケボンが女性だったと知ります。
気づいた時のワン・ソ皇子が可愛すぎる(笑)

輝くか、狂うか 11話

ウクとソの二人は同じ人を愛していました。シンユルまたの名をケボン。青海商団の副頭領でした。ウクは、ソにシンユルを取られるのが嫌でシンユルが女だという事を黙っていたのです。
でも、シンユルはソが好きだよね

皇后ユ氏は、ワン・ソ皇子が破軍星から光に運命が変わったのではないかと皇子格闘大会で陛下を陥れなかったワン・ソに思っていました。
柴微星と出会った事によって破軍星が光になる事もあると知り、それが妃のヨウォンだったのだと聞かされます。
今まで冷たくあたっていたソに対して後悔しなんてひどい事を言って来たのだと自分が許せなくなるのでした。
知らなかったとはいえ、ひどかったよね。実の母のする事ではないかな

ワン・ソは、青海商団にケボン(シンユル)を訪ねに行きます。
そこで、シンユルが女だと知っているとソがいい2人はキスを交わします。
ついに心が通じ合ったんだね、でもウクはどうなる?

ワン・ソの身辺を探る妻は、シンユルが同じ蝶の半分しかないネックレスを持っている事に気づきます。また、妓生でワン・ソが贔屓にしている女にも目をつけます。
ソが実は陰の刺客だって薄々気づいてきたのかも

ワン・ソとシンユルが開封で婚礼を挙げた事が分かってしまいます。
偽装でもダメなのかな、そっか高貴な方は許せないよね

輝くか、狂うか 12話

ワン・ソの妻は、シンユルを牽制します。
女だと知った以上もう会えなくなるなと穏やかに言います。
静かに言われる方が迫力あって怖いね

シンユルに会いに青海商団まで来たワン・ソは、会わせたくないペンミョたちの目をかいくぐり振蟻で薬と治療費を渡した所を訪ねに行きます。
ささやかに一緒に笑ったり、食事を共にしたりしながら年を重ねていきたいとワン・ソは話します。
気持ちが盛り上がっているけれど、妻の事忘れちゃダメだよ。怖すぎるから

母との誤解が解けたワン・ソは、落ち着いた時間を過ごしていました。初めての時間を過ごすワン・ソはとまどいながらも母の愛情を受け母を許そうと思っているのでした。

ウクは、ワン執政と手を組みシンユルを牽制します。この件から手を引けと。シンユルも負けておらず儲かると分かっているのに手を引けないと言い張ります。
ウクは、民をただで働かせて利益を得ようとしているのをしるとシンユルはなぜかあっさりと引き下がるのでした。
ダヒョンという新しい女性の名前がでてきたけど、ウクとどんな関係?シンユルと似てるという事だからきっと美人は間違いないよね

皇子の最初の婚礼は皇命でないといけない、もしそれを破ればその相手は死罪となり決して許されることはないとウクが言います。
偽装結婚でもゆるされないの??

その話を聞いたシンユルは、忘れなければいけないのかと部屋に帰り偽装結婚の衣装を抱いて涙を流します。こっそり部屋にいたワン・ソは偽装結婚したのがシンユルだと気づき運命を感じるのでした。

輝くか、狂うか 10話から12話 まとめ感想

ついにワン・ソとシンユルの気持ちが通じ合って一気にラブラブになったのがみていて可愛かったです。
でも、キスしすぎ(笑)ワン・ソは妻がいるけどシンユルに夢中でちょっと心配になります。
政治の方も西京変遷でもめていてそこにシンユルが絡んできてるから、そっちでもちょっとごたつくのかなと思います。
最初に婚礼をあげたんがシンユルとワン・ソって言っても偽装結婚なのにそうなっちゃうの??と少し不思議な感じです。