輝くか、狂うか-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-あらすじ-13話-14話-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

輝くか、狂うか

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自分達の婚姻が死を招くものだと気づいたシンユルは、せっかく心が通じたのにどうしていいのか分からずうろたえるばかりでした。
ワン・ソは、開封での偽装婚姻がいけないものだとしってもシンユルへの気持ちを止める事ができません。
西京変遷、2人の恋どうやって進んでいくのでしょうか。

【輝くか、狂うか】ネタバレあり

輝くか、狂うか 13話あらすじ

まだ床入りをしていなかったワン・ソ(チャン・ヒョク)とヨウォン(イ・ハニ)は、強制的にその日をむかえます。

ヨウォンは、偽装とはいえ自分よりも先に婚礼をあげたシンユル(オ・ヨンホ)にワン・ソを突き放して欲しいという打診をします。
死罪になるかもしれないと知ったシンユルはもちろん承諾します。
皇命じゃない婚姻が死罪って、罪が重すぎるよ

青海商団を訪ねてきたワン・ソに、シンユルは少し距離を置いて接しながらも皇帝陛下が毒を盛られていると伝えます。解毒剤がないので早く経路を見つけて毒を手に入れないといけないとワン・ソと話します。
食べ物に毒をいれられちゃうんだったら、何を信じたらいいか分からないよ

陛下に毒を盛るなんてワン執政の仕業に違いないと確信するワン・ソ。何としてもワン執政を追い詰め、皇帝陛下を救いたいと考えます。
しかし、弟であるワン・ウクがキム執政と繋がっていたのでした。

妻と床入りをしシンユルとの関係を断ち切らなければいけないワン・ソは、陛下の毒について調査を重ねていました。
結婚して何年も経つのに床入りしてないってどれだけ仮面夫婦なんだろう

早衣仙人の首領に会わせろと皇帝はワン・ソに言います。主牢が誰なのか分からないから気持ちが落ち着かないのかと考えるワン・ソは、自分が会いに行った方がいいのかと悩みます。

輝くか、狂うか 14話

早衣仙人の首領として皇帝陛下に会う事にしたワン・ソは、陛下に毒を持っているのはワン執政だと話します。
しかし、陛下は自分が信頼していた弟から騙されていた事に怒りを隠し切れません。皇帝陛下として誰を信じていいのか、誰が味方なのかと疑心暗鬼の日々に疲れ果てていました。
自分の事を信頼している風に装っている人が毒を盛っていたり、陰で裏切っていたりとそんな目にあったら何もかも嫌になるよね

結局、皇帝陛下はワン・ソを信じる事に決めます。ワン執政には早衣仙人の頭領には会えなかったと言い真実を隠します。

次期皇帝にとワン執政に言われたワン・ウクは、2人で今の皇帝を引きずり降ろそうと考えます。
ワン執政と手を結ぶのは悪党への第一歩になっちゃうよ。シンユルを取られたくないからなのかな

毒を見抜くには金化石が必要で、それが藍色ならマンダラゲを扱っているとシンユルが突き止めます。
2人で話したいのに、ワン・ソの事を気遣い距離を取るシンユルに兄の首領が倉庫に2人を閉じ込めます。少し2人で話した方がいいのにと。
よ、首領粋なはからいだね

不埒の時間を持つ事が出来2人でしたが、シンユルは固い態度を崩しません。それをみたソは、ケボンならいいじゃないかと言い架空のケボンを捜すフリをしてシンユルの心を柔らかくします。愛おしくて仕方ない2人、だけどこの恋に走ってしまったらその先に待つのは重い罪揺れる気持ちの2人でしたが溢れる気持ちを抑えられず抱きしめ合います。
おさえようとすればするほど、恋しい気持ちはあふれでてしまうよね

輝くか、狂うか15話

少しずつ奥を盛られて起き上がれない程になってしまった皇帝陛下に変わって、ワン執政が政治を動かすと宣言します。
ワン・ソの妻は、周りをウロウロするシンユルが許せず今すぐ都から去るように渓谷します。毒を操るワン・ソの妻は、シンユルにお茶を出します。「これを飲んだら生きて帰れますか」とシンユルも負けていません。
静かな女の闘いが怖い

皇帝陛下に飲ませているマンダラゲの解毒剤を明日までに渡さなければすべてをワン・ソに話すと妻に宣戦布告をかけます。
この時の妻・ヨウォンの目が笑ってない顔がすごい

毒のせいで幻想が見える皇帝陛下に合わせて自分も同じように振舞うワン・ソ。
皇帝陛下の心の闇にそっと寄り添います。
シンユルは、ヨウォンから解毒剤を渡すと言われ亥の刻に指定の場所に向かいます。

西京変遷で鍵を握る青海商団にヨウォンは税金の支払い漏れで糾弾しようと潰しにかかります。

そこに内管が訪ねてきて、ワン・ソの最初の婚姻が皇命でない事を再確認し二人に死罪が下る前にこの場所から姿を消せと言います。その時シンユルの手首に星の痣があるのに気づきます。その痣を持つものは柴微星の下に生まれた女なのです。
破軍星の下に生まれたワン・ソを肯定の道に導けるのは柴微星のもとに生まれた女だけ。
2人は運命で結ばれていたのでした。

輝くか、狂うか 13話から15話 まとめ

シンユルとワン・ソの恋が進みそうで進まなくて切ない感じでした。
それに絡んで皇帝陛下が飲まされている毒について調べて行く2人の勇ましさが際立ちました。
そんな2人だけど、ワン・ソの妻ヨウォンの辛い気持ちも切なかったです。
シンユルとワン・ソが目くばせをしていたり、ちょっとした親しさを見せる時のヨウォンの顔が悲しそうでした。