輝くか、狂うか-あらすじ-22話-23話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-輝くか、狂うか-あらすじ-22話-23話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

輝くか、狂うか

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ワン・ソを心の底から愛しながらも彼を救うために違う恋を選んだシンユルは、渤海の姫で幼い頃に川に投げられた事で体が丈夫ではありませんでした。
どんどん弱っていくシンユルに心を寄せているワン・ソの異母兄弟ワン・ウクは、そんなシンユルと婚姻をあげようと準備を進めます。
その裏では、ワン執政が自分の権力を誇示する為だけにシンユル殺害計画を立てます。
それを救ったのは、ウクでした。

【輝くか、狂うか】ネタバレあり

輝くか、狂うか 22話

不穏な空気が流れる中、セウォン(ナ・ジョンチャン)はシンユル(オ・ヨンソ)の命を狙う任務を受けます。その指示を出したのはワン執政でした。
夜も深まった頃寝床にいるシンユルに刃を向けるセウォン、そこにウクが入って来て闘いになります。ウク(イム・ジュファン)は逃げるのがセウォンだとは知らずにとどめをさしてしまいます。
黄州家の用心棒だったセウォン、実はシンユルの実の兄だったのです。ウクはずっと自分達と一緒にいたセウォンが、シンユルを殺害する事が出来ずワン執政に逆らう事も出来ず自ら死を選んだのだと悟ります。
これって、哀しすぎる。シンユルが知ったら立ち直れないよ

ワン執政を騙す為、刺客に殺害されたと思わせ続ける事にするウクとシンユル。
そなたを殺してそなたを救う。そうウクが言うのでした。
なんか、キュンと来る言葉だね。最初はウクはワン執政側だしどうなの?って思ってたけれどドラマの終盤でとても頼りがいのある皇子様になった♡

心の支えだったセウォンを失い「あなたは、夜空から舞い降りる雪のようでした」という遺言を聞きヨウォン姫(イ・ハニ)は泣き崩れてしまいます。
ここにも1つ儚い恋があったんだね。ヨウォン姫のあんな辛そうな顔切なすぎる

ワン・ソ(チャン・ヒョク)は、自分では気づいてはいないけれど皇帝になりたがっているとウクが陛下に言います。
ウクはソを認めて皇帝にソがなれるように進んで行くのかな

ウクは、自分の気持ちを抑えシンユルとの婚姻解消を陛下に申し出ます。
陛下もこれを受領しウクは「そなたに会えて、嬉しかった。切なかった。愛おしかった」すべての感情を経験できたありがとうと優しくおでこにキスをするのでした。
ウクさん、素敵すぎます!このシーンはすごく綺麗で良かったです

輝くか、狂うか23話

どんどん弱っていくシンユルは薬も飲めない程になっていました。
ワン・ソ皇子、早く会いに来てあげて欲しいよ

そんな中、青海商団にやってきたワン・ソは「喪中」の紙を見てシンユルに何かあったのだと悟ります。
あ!そうかワン・ソはセウォンの事とかシンユルが襲われたって知らないんだ

青海商団の首領達とウクは、情報が漏れない為にワン・ソにさえ死んだのだと伝えます。大きな声で涙を流しシンユルの名前を呼び続けるワン・ソは、ワン執政の差し金だと知りすぐに殺しに行くと言い出します。
この時のチャン・ヒョクさんの演技は、声を出さないで泣くという本当の本当に悲しい時の泣き方に変わる時の演技が素晴らしい

私が皇帝になるのだ、ワン執政はついに本心を話します。渤海野村では民の衣服や食料をおさめさせ私腹を肥やしていました。
この状況を見かねたヨウォン姫がついに立ち上がります。2大豪族の黄州家と忠州家が手を結びそこに皇后陛下も協力をする事になったのです。
ヨウォン姫は、良識ある人なんだね。セウォンの死が彼女を変えたのかな

シンユルを診ていた医師は「冷毒には、より強い冷気で追い出すしかない」と決断します。しかしそれではシンユルの体がもつかどうか分からないと悩んでいると、シンユルは死んだと聞かされても状況的に生きていると確信を持ったワン・ソが会いに来ます。
状況証拠で生きてると確信できるのはすごいね。

輝くか、狂うか 22話から23話

ウクのかっこよさが際立った22話と23話でした。最初は悪役なの?と思ったけれど徐々にそこから抜け出してここに来てすごくかっこいいヒーロー的な感じで好感度アップでした(^^♪
ヨウォン姫のイ・ハニさんが髪の毛をアップにすると本当に美しくて見とれてしまいました。最終回に向けてワン・ソとシンユルがついに心を通わせて力を合わせてワン執政に向かっていく感じなので楽しみです。