輝けきらびやかなボクヒの人生-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

少しずつドラマが動き出していますね。
サンアはチュンとウニムの実の娘がボクヒであることを知りました。

自分が見下していたボクヒが実は財閥の娘だったなんて!
そして自分自身は貧乏な家の子だったなんて!
サンアのショックは大きいようです。

シンサングループの後継者だと疑わないサンア。
実の娘ではないことがわかれば、その座も危うくなります。
そこで目をつけたのがシギョン。
チュンが信頼しているシギョンを味方につけようと考えたのです。

そんなシギョンは、ボクヒへの恋心が大きくなっているみたいです。
これまでも何かとボクヒを助け、気遣ってきましたが、ついにデートに誘いましたね。
それを知ったサンアはボクヒに用事を言いつけ、デートさせないよう邪魔をします。

サンアの嫉妬心がどんどん大きくなっていき…。
シギョンとボクヒ、サンアの三角関係はどうなるのでしょう。

では、第28話から紹介していきますね〜♪

スポンサーリンク

【輝けきらびやかなボクヒの人生】ネタバレあり

スポンサーリンク

28話

シギョンに呼ばれて会社まで来たボクヒ。
中に入ろうとすると、チャバンにつかまります。
ボクヒを行かせまいとするチャバン。
チャバンとボクヒはトイレで言い合いになります。
チャバンはボクヒの邪魔をするよう、サンアに指示されたのね。

そんなとき、ロビーで騒ぎがあります。
契約を突然打ち切られた取引先の社長がガソリンをかぶり、自殺しようとしたのです。
「専務を呼べ」と叫ぶ社長。
サンアのことを恨んでるのね。

騒ぎを聞きつけたシギョンやサンアは、急いでロビーに。
サンアがロビーに来ると、社長はますます興奮して、自分に火をつけて自殺しようとします。
なんとか止めないとと思うシギョン。

ちょうどそこに現れたのがボクヒ。
騒ぎを見かけ、なんとかしようと奮起。
ライターを持って火をつけようとしている社長の手を押さえ、説得しようとします。

自分も夫に不倫されて家もトラックも奪われ、死のうとしたことがあった。
それでも子どもたちのために死ぬのは思いとどまって、地下室で暮らしながら家政婦の仕事をしている。
でも、いつ追い出されて住むところがなくなるかと、毎日ハラハラしながら暮らしている。
ボクヒは何というか、怖いもの知らずというか…。

そんな話を聞かせるボクヒ。
取引先の社長はボクヒの話に耳を傾け、力を落とします。
そして、警備員に押さえられ…。
無事、騒ぎは収まりました。
簡単にあきらめちゃう社長もなんだか…。

ボクヒのおかげで騒ぎが解決し、社員たちはボクヒの勇敢さをほめます。
そんな話を聞いて、ますますボクヒに嫉妬心を燃やすサンア。

シギョンがボクヒに感謝し、話をしているところに、サンアとチャバンがやって来ました。
サンアはわざとチャバンに、妻は誰かと尋ねます。
ボクヒを指すチャバン。

ボクヒは慌てて、チャバンが離婚したもと夫であること、運転手になったことは知らなかったと言い繕います。
離婚していないから、シギョンと仲よくするのは不倫よと言うサンア。
チャバンは書類を出し忘れていたと話します。
驚くボクヒ。
元はと言えば、チャバンが悪いわよね…。
でも、気がついたときにすぐに出せばいいのに、何かたくらんでるのかしら?

法的にはまだチャバンの妻であることを知ったボクヒ。
手続きが終わっているとばかり思っていたのにと焦ります。
そんなボクヒを見て、呆れるシギョン。

スポンサーリンク

29話

ボクヒが騒ぎを収めるのに活躍した動画が広がり、おもしろくないサンア。
ボクヒが実の娘とわかってチュンに認められるのを恐れ、なんとしても家から追い出そうと考えます。
動画が出回るなんてすごいわね。

ボクヒの活躍を動画で見たチュン。
騒ぎを起こした取引先の社長に刑務所まで会いに行きます。
「おばさんが説得してくれたおかげで大ごとにならずに済んだ。とても感謝している」。
ボクヒにお礼を伝えてほしいと話す社長。
チュンは勇敢なボクヒを感心します。
チュンはサンアの悪賢さをちゃんとわかっていて、信頼できるわね。

場面変わって、大事にしていた指輪がないと慌てるウニム。
昨日つけていた指輪が突然、なくなったというのです。
あっ、サンアの仕業ね!

ボクヒが怪しいと話すサンア。
ウニムとチュンの寝室に入ったのはボクヒ以外にいないからだと言います。

疑いをかけられて必死で誤解を解こうとするボクヒ。
潔白を主張します。
サンアは地下室に行き、指輪を探します。
わざとらしすぎるわよね…。

そして、ボクヒのバッグの中を探すと、ウニムの指輪が出てきました。
身に覚えのないことに驚くボクヒ。
サンアはボクヒを叱り、平手打ちをします。
涙をためるボクヒ。
すぐ暴力を振るうんだから!

サンアは怒って、ボクヒをエプロン姿のまま家から追い出します。
冤罪をかけられて悔しがるボクヒ。
ちょうどそこに体験学習から子どもたちが帰ってきました。

追い出されたボクヒを見て、驚くウンスとウンハ。
3人は近くの公園に行き、段ボールで囲って、そこで朝まで過ごすことに。
子どもたちの明るさが救いね…。

ボクヒのことを心配し、様子を見にきたシギョン。
出前をとって、一緒に食べるのです。

一方、サンアは大嫌いなボクヒを一気に追い出そうと、チャバンに言いつけて、地下室の荷物をボクヒの実家に届けさせます。
ボクヒがいなくなって清清するサンア。

翌日、チュンがボクヒを会社に呼び寄せます。
ボクヒが犯人ではないと確信しているチュン。
ボクヒの親のことなどを尋ねます。

父親は銭湯を経営していて、子どものころは裕福だったこと、自分が生まれた産院のことなどをチュンに話すボクヒ。
産院の名前を聞いて驚くチュン。
それはサンアが生まれた産院と同じだったからです。
感の鋭いチュンは、ボクヒが実の娘だと気づくかしら?

スポンサーリンク

30話

ボクヒと話をするチュン。
ボクヒが生まれたのがサンアと同じ産院で、時期も同じことを知ります。
しかも、サンアが内緒でボクヒの調査をしていることも知ったチュンは、もしかしてボクヒとサンアが入れ替わったのではないかと疑います。
ボクヒが飲んだコーヒーカップを袋に入れるチュン。
ボクヒと親子鑑定する気ね。

ボクヒがウニムの指輪を盗んだという疑いを晴らすために、ボクヒに協力するシギョン。
ボクヒにその日のことを細かく思い出すように言います。
順を追って思い出すと、ウニムが夕食時に指輪をしていたことに気づきます。
これで疑いを晴らすことができると喜ぶシギョンとボクヒ。

ウニムとチュン、サンアがリビングで話をしているところに、シギョンとボクヒは現れます。
疑いを晴らしたいと訴えるボクヒ。
サンアは嫌がりますが、チュンは話を聞こうと言います。

ボクヒはその日の行動を話し、指輪を盗んだのが自分ではないと証明できました。
「指輪が1人で歩いていったということ?」と怒るサンア。
だれがかボクヒに罪をなすりつけるためにしたのではと話すシギョン。
みんなサンアの仕業だと気づいてるのね! いい気味ね!

自分がボクヒに濡れ衣を着せたことが明らかになりそうと焦るサンア。
話を逸らそうと、ボクヒとチャバンの関係をチュンやウニムに話します。
2人は夫婦で、自分たちをだましていたのだと。

ウニムは怒り、ボクヒを叱ります。
泣いてウニムにすがるボクヒ。
ウニムは許さないと言い、ボクヒを家から追い出します。
どうしてチュンは見てるだけなのかしら?

ボクヒは子どもたちと一緒に、継母の店に。
店の掃除を手伝い、しばらくおいてほしいと話します。
もちろん、反対する継母のスク。

そのとき、スクが転んで腰を打ってしまいます。
ぎっくり腰になって動けないスク。
スクの代わりに食堂を切り盛りするとボクヒは話すのです。
家から追い出されたのにボクヒや子どもたちは明るいわね!

スポンサーリンク

28〜30話の感想

サンアはボクヒを追い出そうと必死ですね。
もともとボクヒのことが大嫌いだったサンア。
チュンとウニムの実の娘であることを知ってからは、嫉妬心も増して、ますますボクヒを毛嫌いするようになります。

一方、ボクヒはそんなサンアに対して平常心。
サンアを怒るわけでもなく、マイペースです。

そして、韓国ドラマの定番。
高価なアクセサリーがなくなる事件。
意地悪なサンアがボクヒを罠にはめたのです。

真っ先に疑われるのがボクヒですね。
でも、シギョンに協力してもらって疑いを晴らしました。
スッキリです!

でも、サンアがボクヒを追い出そうとしくんだことをみんな気づいてるのに、サンアにおとがめなしだなんて!
ボクヒも黙ってないで、自分を苦しめたサンアに怒ればいいのに!
そうすれば、もっとスッキリしたはずです。

ボクヒとチャバンが夫婦であること、書類上は離婚手続きがされていないことも明らかになりました。
結局、ボクヒは会長宅を追い出されることに…。

でも、チュンがボクヒと自分の親子鑑定をするだろうから、ボクヒが自分の実の娘と知る日も近いはず。
それまでボクヒは頑張ってほしいです〜。

次回が楽しみです〜♪

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください