輝けウンス-あらすじ-58話-59話-60話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-58話-59話-60話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
最近のスホは男らしくていいですね。ウンス一筋なのも好感が持てます。
それに比べてスヒョンはビンナのことを愛しているのでしょうか。
優しさもないし、冷たいとこがビンナに似てきたようです。
昔のことがばれるのが怖いビンナは、今回はウンスにどんなことを仕掛けてくるのでしょうか。さっそく見てみましょう。

【輝けウンス】ネタバレあり

【58話】

ウンスはビンナに自分たちは仲良く交際しているから自分達のことは気にするなと言う。
ビンナは帰っていく。

スホはウンスに自分たちの母親は昔からの友達だと教えた。
ウンスは初めて聞いて驚く。
自分達が付き合っていると知ったら驚くだろうと言うスホ。
今度2人の前でそのことを公開しようと言うスホ。

友達との食事会に来なかったスヒョンに腹をたてるビンナ。

スミンに見合いの話が来た。
条件はあまり良くないが結婚しないよりはいいとスンミに見合いをすすめるソニョン。
しかしスンミはその話を断る。

それを聞いていたビンナはソニョンにその見合いの話を友達のヨンミの娘に持っていったらどうかと言う。
ウンスはすでに見合いはしましたよ!

ウンスはヨンミにユンガ食品の代表の奥様と友達なのかと聞く。
昔の友達で最近再会したのだと言うヨンミ。

ウンスはヨンミがその家に嫁いでいるビンナのことを知ったら驚くだろうと思った。

ソニョンはビンナに言われたとおり、ヨンミに会いにきてウンスに見合いをすすめた。
ヨンミはウンスには付き合っている人がいると言う。

ウンスの相手が食堂の厨房で働いていると聞いて、そんな人とは別れさせて見合いをさせたらどうかと言うソニョン。
あなたの息子です

福祉センターで働くビンナの祖母に手作りのかぼちゃ粥をあげるウンスの祖母。
いらないと意地を張るビンナの祖母。

ビンナの祖母は、家に戻り家政婦にかぼちゃ粥を作れと言う。
家政婦はかぼちゃの粥を作るには1日かかると答える。

ウノはヒョナからの電話を無視する。

ヨンミは祖母の作ったかぼちゃ粥をジェウにあげる。

ウノが電話に出ないので家の前までやってきたヒョナ。

そこにウンスが帰ってきた。
ウンスがウノの姉だと知ったヒョナ。
知っていたなら言うべきでしょうと言うヒョナ。

ウンスはウノの姉としてヒョナに話があると言う。
自分の弟と付き合っているのにスホに色目を使うのを見て、ウノがかわいそうで言えなかったと言うウンス。
ウノがかわいそうなのではなく、自分がスホに近づいたから嫉妬したのだろうと言うヒョナ。

ウンスはもうウノに近づくなと言う。

そこにスホが家から出てきた。
スホはヒョナに自分たちは交際していると教える。

ウノが帰ってきた。
スホはウノにヒョナのことをウンスの上司だと紹介する。
ウンスのことをどうどうと彼女だと紹介するスホのことをかっこいいというウノ。
自分の知っている人は交際していることを内緒にしていると言うウノ。

ジェウが持ってかえってきたかぼちゃ粥を喜んで食べるビンナの祖母。
買ってきたと嘘をついたジェウは明日も買ってこいと言われて困った。

ウンスの家で食事をするスホ。
すぐにでも結婚しそうだとからかう祖母。
ウノのことを義弟と呼ぶスホ。

ビンナはソニョンにスホをフランスに留学させたらどうかと言う。
しっかりと料理の勉強をさせてからテンジャンチゲの店を継がせるべきだと言うビンナ。
そして留学に関する書類をソニョンに渡す。

その気になったソニョンはスホに留学を勧める。
フランス語も英語もできないのになんで留学するんだと言うスホ。

スヒョンはウンスに、スホの将来を妨げていると考えたことはないかと聞く。
スヒョンはやはり冷たい男だ!

ウンスは一緒に帰ろうとヨンミの店にやって来た。

そこにジェウが来て、ヨンミを夕食に誘う。
ウンスと鉢合わせしたジェウ。

【59話】

ウンスはジェウに挨拶をする。

ウンスは一緒に食事をしようとジェウを誘う。

3人は焼肉屋に行った。

ヨンミはウンスにジェウのことを近所の家で運転手をしている人だと教える。
ジェウにいろいろ助けてもらったのだと言うヨンミ。

席を外したウンス。

ジェウはヨンミに本当は運転手ではないと話そうとしたが、ヨンミは運転手だから気が楽だと言う。
お金持ちの男性だったなら友達になれなかったと言う。
言えなくなってしまった…

ヒョナはスホとウンスの付き合いを知ってからウンスへの態度を変えた。

ウンスにコーヒーをいれろと言うビンナ。
コーヒーをいれるために給料をもらっているのではないと断るウンス。

ビンナの祖母はゴミの分別を命じられた。
やりたくなくて逃げてしまった祖母。

ビンナはスホに自分の友達が韓国にくるから案内をしてほしいと頼む。
週末は店が忙しいと言うスホ。
1日くらいなら自分が店を手伝うと言うビンナ。
スホに他の女性を紹介しようとしたのでしょう

ビンナの祖母はゴミの分別をするために戻ったがすでに分別は終わっていた。
ウンスの祖母がやったのだった。
そのせいで風邪をひいてしまったウンスの祖母。

ビンナは車で帰宅途中、ウンスと一緒にいるスホに一緒に帰ろうと誘うが、スホはウンスの家まで送ってくれとウンスを車に乗せる。

ビンナはスホに明日の友達の案内をよろしくと頼む。
その女性は綺麗な人かと聞くスホ。
家柄も良く、とてもきれいな人だからきっと好きになるはずだと言うビンナ。

ウンスの家で一緒に車から降りたスホ。
明日はビンナの友達に会いに行くのかと聞くウンス。
スホはウンスが見合いをしたときの自分のつらい気持ちがわかるだろうと言う。

ウンスはスホに自分がいなくても大丈夫かと聞く。
ウンスなしで平気だと思うのかと言うスホ。
二度とおかしなことは言うなと言うスホ。

スヒョンはビンナと仲直りするためにブレスレットをプレゼントした。
機嫌がなおるビンナ。

ウンスは自分がスホの負担になっているのではないかと考え始めた。

ビンナはスホの代わりに働くために食堂にやってきた。
玉ねぎの皮むきを頼まれるビンナ。

スホはビンナの友達の案内に行くと言い、食堂を出た。
ウンスはスホがビンナの友達に会っているのが気になっている。

泣きながら玉ねぎの皮むきをするビンナ。
(笑)

友達から電話が来た。
案内するためにやってきたのはスホではなく、スホの友達だったと聞いたビンナ。

ジェウはヨンミに会うためにクリーニング屋に来たが、ヨンミは留守で祖母が留守番をしていた。
そのまま帰るジェウ。

続いてデパートの元上司もヨンミに会いに来た。
ヨンミが誰かと付き合っているのかと考える祖母。

ウンスはスホから呼び出された。
待ち合わせの場所に行くと、ハード型のキャンドルやかわいい風船がいっぱい。
そしてケーキも。

スホが花束も持って、歌を歌いながらやってきた。
花束を受けとるウンス。

【60話】

スホはウンスを座らせ、愛していると告白する。
ウンスが自分から離れていきそうだから捕まえると言うスホ。

スホはウンスに指輪を渡し、結婚してほしいと言う。

ウンスは、結婚ではなく恋愛だけでは駄目かと聞く。
スホの家族は自分を受け入れないはずだと言うウンス。

スホは、両親は賛成してくれるはずだと言う。
ウンスはまだ心の準備が出来ていないと言う。

スホは、今日は諦めるが、絶対に諦めないと言う。
少し急ぎ過ぎているかも

スホはウンスに、今日は自分を家まで送って欲しいと言う。

スホを送っていくウンス。
家の前に来たとき、スホの父が帰ってきた。
ウンスは家の中に入る。

家族の前でスホはウンスと結婚したいと言うスホ。
驚く家族。
ウンスも同じ気持ちなのかと聞かれ、ウンスは突然お邪魔して申し訳ない、今日は帰ると言う。

父も今日は帰ったほうがいいと言う。

突然挨拶することになったことを怒るウンス。
スホは自分のことを愛しているなら準備なんかいらないだろうと言う。
家族も賛成していなかったではないかと言うウンス。

ソニョンはウンスが年上だし、家柄も良くないから気に入らないと言う。
スンミはスホにも自慢できるところがないと言う。
スヒョンは、スホはまだ結婚するには早いと言う。
スンジョンだけが賛成だった。

ソニョンは夫にウンスは自分の友達の娘でクリーニング屋の娘だと言う。
夫は家柄にこだわるソニョンの言葉にあきれる。

家に帰ったウンスは歓迎されなかったことを思い出して涙を流す。

ソニョンはスホにウンスの事は認めないと言う。
ウンスが好きだから絶対に諦めないと言うスホ。

ソニョンはヨンミに会いにきた。
ソニョンはヨンミに、スホとウンスの結婚には反対だと言う。
スホがソニョンの息子だと知ったヨンミ。
ヨンミは、ウンスはスホがユンガ食品の息子だとは知らなかったはずだと言う。

食堂の厨房で働いている男と付き合うはずがない、知っていたはずだと言うソニョン。

少し前にウンスに見合いを勧めたのはスホと交際を止めさせるためだったのかと聞くヨンミ。

ウンスは自分の大切な娘だ、正直スホの事を認めたわけではないと言うヨンミ。
ソニョンはとにかくこの結婚は認めないと怒って帰った。
こんな姑のところに嫁ぐのも嫌ですね

ヨンミはウンスに電話をして、仕事が終わったらすぐに帰って来いと言う。

ビンナに呼ばれたウンス。
家族みんなが反対しているのに、それでも結婚するつもりかと聞くビンナ。
自分がウンスの過去を話したら、この会社にもいられなくなると言うビンナ。
その過去にはビンナも入っている、黙ってあげているのは自分の方だと言うウンス

ウンスの祖母は福祉センターでウンスの話をした。
それを聞いているビンナの祖母。
結婚相手が挨拶に来て、その男性はユンガ食品の息子だと話すウンスの祖母。

それを聞いたビンナの祖母はビンナに会いに来た。
ビンナにウンスがスホと結婚するというのは本当かと聞く。
絶対にそうはさせないと言うビンナ。

スホの父はスホにウンスとのことは真剣に考えているのかと聞く。
本当に結婚したいと言うスホ。
ウンスは駄目人間だった自分を立ち直らせてくれたのだと言う。

ウンスがいい人だとはわかっているが、嫁になるのとは別だと言う父。
スホはウンスなら生涯自分の味方でいてくれると思ったと言う。

ヨンミはウンスにスホがユンガ食品の息子だと言わなかったことを怒る。

配達に出かけたヨンミ。
そのとき、ソニョンがやってきた。
ウンスにスホの事が好きなら別れてほしいと言うソニョン。
スホの将来の邪魔になると言う。
ウンスの事が嫌いだと言うソニョン。

58~60話感想

ソニョン、ひどいですね。ウンスがかわいそうです。
しかし、大切に育てた息子が年上の女性と結婚したいと言ってきたら、反対する母親も多いのかもしれませんね。
次回はヨンミvsソニョンのバトルがありそうです。
スホだけがウンス一筋で見ていて気持ちがいいです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください