輝けウンス-あらすじ-61話-62話-63話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-61話-62話-63話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スホはウンスにプロポーズをし、家族にも合わせました。少し急ぎ過ぎているようです。
2人の付き合いに賛成しているのはスンジョンだけ。
案の定スホの母ソニョンは結婚は絶対に許さないとウンスにきつく当たります。
スホとウンス、2人の付き合いはどうなっていくのでしょうか。

【輝けウンス】ネタバレあり

【61話】

ウンスにスホと別れろと言うソニョン。
ヨンミが帰ってきた。
ウンスがスホを口説いたように言うソニョン。
怒ったヨンミはソニョンにウンスはあなたの家に嫁にはやらないと言う。
ソニョンは怒って帰った。

家に帰ったソニョンは怒りが収まらない。
それを見ていたビンナはスホに留学を進めてみるから心配するなと言う。

翌朝スホはソニョンに留学すると言う。
ただし、結婚してウンスと一緒に行くと言うスホ。
スホはウンスに優しくしてくれと言うが、ソニョンはスホを叩いて出て行けと言う。

ヒョナはウンスに今までの事は忘れて仲良くしようと言う。
どんな魂胆が?

デパートの元上司はヨンミのクリーニング店の近所に引っ越ししてくると言う。
ヨンミにプレゼントを渡す元上司。
ヨンミは友達なら今後はプレゼントなどを持ってくるなと言う。
負担になると言うヨンミ。

その会話を聞いていたジェウはヨンミへのプレゼントを渡さずにそのまま帰る。

ビンナの祖母の奉仕作業も終わりに近づいてきた。
ウンスの祖母は反省していないから、また福祉センターに来ることになるだろうと言う。
奉仕作業が終わったら、このビルを買い取って別の建物にしてやると言うビンナの祖母。
お金を持っていることが自慢なのかと聞くウンスの祖母に、ビンナの祖母は、貧乏は罪だと言う。
何様だと思っているのか

スンジョンはヨンミの元上司が近所に引っ越しをしてくるのは、自分が目当てだと勘違いしている。
自分のことをアピールするスンジョン。

ビンナとスヒョンは雑誌の取材を受けていた。
コーヒーを持っていくウンス。

ビンナの家庭での生活を聞く記者。
祖母が総理大臣だったので、勉強ばかりしていて家事は苦手だと答えるビンナ。
あのおばあさんは総理夫人?  ありえない!

兄弟についてインタビューを受けるスヒョンは、妹は医者で弟は父の元で勉強していると答える。
ビンナは、記者に近いうちに弟は留学する予定だと話す。

それを聞いているウンス。

部屋を出て行ったウンスにスホのことは諦めろと言うビンナ。
スホのことでビンナと話すつもりはないと言うウンス。

ウンスとヨンミは電話中。

そのときヨンミの店にやってきたソニョン。
ソニョンはスホのことは諦めろと言う。
娘とスホを結婚させてお金を取ろうとしても無駄だと言うソニョン。
ソニョンがヨンミにたくさんのひどい言葉を浴びせるのを、電話を通じて聞いていたウンス。
別れようとするような予感

1人店で泣くヨンミ。
そこにジェウがやってきた。
ヨンミの手を握って慰めるジェウ。

父の車を借りてウンスを迎えにきたスホ。
食事をしながらスホはウンスに今まで勉強した料理のレシピを見せる。
ウンスはそれを見て涙を流す。

スホは2人で新しいテンジャンチゲを作ろうと言う。

そしてスホはウンスを景色のいい丘の上に連れて行った。
鍵を撮りだすスホ。
このプレートにお互い願い事を書いて鍵を掛けておこうと提案するスホ。

スホは「ウンス、永遠に愛している」と書いた。
ウンスはスホにコーヒーを買ってきてほしいと言い、スホが買いに行っている間に帰ってしまった。
コーヒーを買って戻ってきたスホはウンスがいないので驚く。
そしてウンスが書いたプレートを見ると「ごめんなさい」と書いてあった。

【62話】

ヨンミを慰めるために居酒屋に連れて行くジェウ。

ヨンミは子供のことを悪く言われるのは辛いと言う。
そして今まで女一人でクリーニング店をやっていて、近づいてくる男性も多かったが、ジェウはそんな男とは違うと言う。
いい関係で良かったと言うヨンミ。

ヨンミは酔いつぶれてしまった。

家まで送っていくジェウ。

ヨンミが家に帰るとウンスがスホと別れたと言い泣いていた。
自分のせいだとウンスを抱きしめるヨンミ。

スホは酔いつぶれて家に帰ってきた。
寝言でウンスの名前を呼ぶスホ。

翌朝、ビンナはスホにカードを渡し、デートの時に使えと言う。
カードがどこで使われたかチェックするためだった。
それを知ってどうするつもり?

ビンナはウンスにスホが酔って帰ってきたことを話した。
介抱が大変だったと言うビンナ。
何も答えないウンス。

昨夜スホから何度も電話がかかってきたのに出なかったウンス。

ヒョンシクの書いた漫画がインターネットでスタートした。
スンミに密着して取材をするヒョンシク。

会社の書類を届けるためにスホの働いている食堂に来たウンス。
書類を渡して、急いで帰ろうとする。
スホはウンスを追いかけた。

スホは電話もメールも無視するなんてひどいと言う。
ウンスは、自分たちは別れたのだと言い去っていく。

ウンスの祖母のボランティア活動を取材するためにやって来た記者やカメラマン。
ウンスの祖母はビンナの祖母のことを寄付までしてくれた慈善事業家だと紹介する。
記者はビンナの祖母に今度はいくら寄付するのかと質問する。
その質問にウンスの祖母が変わって5000万ウォンだと答えた。
もっと多くてもいいのに

記者たちが帰り、ビンナの祖母はこれは詐欺だと言う。
お金は払えないと言うビンナの祖母。
ウンスの祖母は保護観察官にも寄付の話はしてあるから頼みますよと言う。

スホは昼間から酒を飲んでいる。
友達を呼びだした。
もう真面目に生きる意味がないと言うスホ。

ジェウはヨンミのことが心配でクリーニング店にやってきた。
酒でストレスを発散するのではなく一緒に運動しようと言うジェウ。
その提案に喜ぶヨンミ。

スンミはヒョンシクに自分が漫画のモデルになっていいのかと聞く。
スンミのことを外見はいまいちだが個性にあふれていると言うヒョンシク。
連載が成功したら男性を紹介してあげると言うヒョンシク。

ウンスの事を考えて酔いつぶれてしまったスホ。
友達が自分の電話でウンスにかける。
ようやく電話にでたウンス。

ウンスはスホに酔っているなら家に帰れと言う。
自分のことが心配なら、なぜ捨てるのかと聞く。
スホは悪くないと言い、ウンスは電話を切る。

スホを家まで送ってきた友達。
酔いつぶれたスホを見て、なぜここまで飲んだのだと言うソニョン。
ウンスと別れたのが原因だと言う友達。

スンジョンは子どもの恋愛に親が口を出すからこうなったと言う。
ヨンミの店でソニョンが大騒ぎをした話をするスンジョン。
ソニョンはウンスが気にいらないから怒鳴ってやったと言う。

ソニョンはウンスと母親はこの家の財産を狙っているのだと言う。

スホはソニョンがした行動を知り、ウンスが傷ついているのも知らずに電話にでないウンスを責めていたと言う。
スホは今から母がしたことを謝りに行くと言う。
止める母ソニョンを振り払うスホ。
ソニョンは椅子に倒れてしまった。

その時父親がたとえウンスを連れてきても自分も絶対に認めないと言う。

【63話】

ウンスとの結婚は絶対に認めないと言うスホの父。

ウンスも自分とは結婚したくないと言っているというスホ。
望み通り別れて嬉しいかと怒鳴るスホ。

スホを部屋に連れて行くスヒョン。
たかが女1人のために大騒ぎするなと言うスヒョン。

結婚は愛する人とするものだとは思うなと言うスヒョン。
だから婚約者を捨ててビンナと結婚したのかと聞くスホ。
そうだと答えるスヒョン。
スヒョンは、自分は愛する人と別れてもお前のように馬鹿な行動はとらないと言い部屋を出る。

部屋の外でビンナがその話を聞いていた。

ビンナはスヒョンが自分を愛していないのに結婚したことはわかっていると言う。
結婚する前は愛する時間がなかったのだと言うスヒョン。
これから愛していけばいいと言う。
少しは愛されていると思っていたのですね

ソニョンはお粥を作ったとスホを呼びに来た。
自分が悪かったと言うソニョン。
1人でいたいから出て行けと言うスホ。

別れたなら男らしくウンスのことは忘れろと言うソニョン。
ウンスを諦められないと言うスホ。
ウンスより可愛い女性を捜してあげると言うソニョン。
スホは叫びだした。
どんなに叫んでもウンスの事は認めないと言うソニョン。

スホはウンスの家の前に座り込んでいた。
スホに気付いたヒョンシクがウンスを呼び出す。
スホは玄関の外で泣きながら座っていた。

ウンスはスホにもう愛していないから帰れと言う。
スホはウンスがどんなに怒ってもウンスのことを愛していると言う。
ウンスは別れたからと言って、ぼろぼろになる男は嫌いだと言う。

スホはウンスに自分が居なくても生きていけるのかと聞く。
ウンスは今も生きているし、これからも平気だと答える。
もうスホが何を言っても自分の考えは変わらないから自分の人生から消えてほしいと言うウンス。

スホの前から去ったウンスは声を殺して泣く。

スホもウンスに自分が未熟だから悪かったとウンスに謝る。
そしてウンスに愛していると言い、帰っていく。
(泣)(泣)(泣)

ビンナはスヒョンが自分を愛していないのに結婚したと言ったことを考えていた。

コーヒーをいれにウンスが入ってきた。
昨夜スホが家族の前でウンスとは別れたと言っていたと言う。
ウンスにスホと別れたのに会社を辞めないのかと聞くビンナ。

この会社を辞めるなら転職先を捜してあげると言うビンナ。
自分は今辛いからほっといてほしいと言うウンス。

スヒョンはビンナに愛していないのではなく愛を信じていないのだと言う。
ビンナはウンスが羨ましい、スホに愛されているし、2人は愛し合っていると言う。
今日は実家に帰ると言うビンナ。

ウンスの祖母はヨンミにウンスがかわいそうだと言う。
ヨンミはウンスのことを馬鹿にするのが許せないのだと言う。

ビンナは父に会いに来た。
父にスヒョンの愚痴を聞いてもらうビンナ。
ジェウの机の上にあるヨンミが作った人形に興味を示すビンナ。
ジェウはその人形をビンナにあげる。

祖母からスヒョンが家に来ていると聞いたビンナは父と一緒に家に帰る。

スヒョンはスホが帰ってこないと連絡をもらい、ビンナを残し家に帰ることにした。

スホは連絡もとれず、いなくなってしまった。

ソニョンはスホがヨンミの家にいるのだろうとヨンミの店に怒鳴り込んできた。
スホを隠しているのだろうと言うソニョン。
息子を人質にするのかと言うソニョン。
思い込みもひどすぎる

ヨンミは家について来いと言う。

ヨンミの家で隅々までスホを捜すソニョン。

ソニョンは、スホは良い子だったのにウンスのせいだと言う。
別れたのにウンスのせいにするのかと言うヨンミ。
絶対にあなたとは親戚にはならないと言うソニョン。
ヨンミも意地悪な姑のいる家には嫁がせるつもりはないと言う。

ウンスは課長の指示でスホの父の食堂に書類を届けた。
書類を渡し、帰ろうとするウンス。
そこにソニョンがやってきた。

ウンスにスホをどこに隠したのかと怒鳴るソニョン。

61~63話感想

本当にスホがかわいそうです。ウンスを本当に愛しているのが良くわかります。
反対にソニョンはひどい母親ですね。スヒョンの冷たさはソニョン似なのでしょう。いくらスホを好きでもあんな嫌な姑がいる家に嫁がせるのは私も反対です。
スホはいったいどこに行ってしまったのでしょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。