輝けウンス-あらすじ-82話-83話-84話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-82話-83話-84話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンミのそばにいたいために地方の病院に行くことを止めたジェウ。ジェウはヨンミの義母からもヨンミに会いに来てもいいとの許可をもらいましたが、祖母にビンナの父親だと言えないヨンミは一人で悩みます。
ビンナに愛情表現ができないスヒョンはウンスの助けを借りて、ビンナに尽くします。その甲斐あってビンナの機嫌は直りました。
力を貸してくれたのがウンスだと知っていたビンナはウンスにお礼を言います。

【輝けウンス】ネタバレあり

【82話】

スヒョンは父にユンガ食堂をフランチャイズにしようと提案する。
しかし、父は自分が代表だから大事な決定は自分がすると言う。

ビンナはスヒョンに義父はスホの新製品には大賛成なのにスヒョンの意見に反対するのはなぜかと言う。
スホにユンガ食品を取られてもいいのかと言うビンナ。

スンジョンはヨンミに冷たくしたことを謝りにきた。
ヨンミの元上司スンフンとの関係を聞くスンジョン。
なんの関係も無いと聞き、喜ぶスンジョン。
単純すぎる女性!

ビンナの祖母はジェウのことを調べている。

散歩に行くビンナの祖母はキャッチボールをしている男性たちの横を通り過ぎる。
そのときボールを取り損ねた男性が祖母のほうに倒れ掛かってきた。
それを助けるウンスの祖母。

ウンスの祖母がヨモギを積んでいるのを見て、自分もやり始めるビンナの祖母。

生ごみを片付けるように言われたビンナはウンスにやれと言う。
義父が見ていたのに気づき、しかたなく捨てに行くビンナ。
途中で中ゴミを落としてしまう。
そのゴミを片付けようとしたウンスにビンナにやらせろと言う義父。

スヒョンは自分の提案を父に反対されたことで落ち込んでいる。

ヒョンシクの子供たちはスミンが母親だったらいいと言う。

スミンはヒョンシクを呼び出した。
スミンは自分には恋愛の経験がないと言う。
こんなに気になる人はヒョンシクが初めてだと言うスミン。
スミンはヒョンシクに自分のことが嫌いかと聞く。

ヒョンシクはスミンのことは好きだけれど、子供が2人もいるから交際はできないと言う。
締切りがあると言いヒョンシクは帰っていく。

ウンスは祖母に会いにきた。
祖母は、ウノはヨンミが再婚するのは嫌だと言っていたと言う。
ヨンミには好きな人がいるのかと聞くウンスに、そろそろヨンミは再婚してもいいだろうと言う祖母。

ウンスが帰ろうと店を出るとジェウがいた。
ウンスに今度また一緒に食事をしようと言うジェウ。

そこにヨンミが戻ってきた。
ウンスは母に挨拶して帰る。
ジェウは近い内に娘にヨンミのことを話すつもりだ、きっと理解してくれるはずだと言う。
大反対するでしょう!

料理が下手くそなビンナに料理を教えるソニョン。
何を教えてもやる気のないビンナに怒るソニョン。
それならウンスと作ればいいとエプロンを外して叩きつけるビンナ。

ビンナは義父に怒られる。
ビンナは会社と家事と大変なのだと言う。
結婚するまで水も自分でいれたことがなかったと言うビンナ。
ソニョンは、ビンナは最初から料理を覚えるつもりがないのだと言う。

スンジョンは、ウンスは朝早くから起きて一人でご飯を作っているのに、ビンナはソニョンの作る夕飯の手伝いをしているだけではないかと言う。

泣いてしまったビンナ。
スヒョンはビンナをかばい、サボっているのではないだろうと言う。
義父はエプロンを投げつける態度は悪いと言う。
今日は休んで明日ソニョンに謝れと言う義父。
今謝らないのですか!

ビンナの祖母はジェウを監視している。

ヨンミの店に入っていくジェウ。
祖母はジェウがヨンミにケーキを渡すのを見ている。

【83話】

ビンナの祖母はジェウがヨンミにケーキを渡しているのを見る。

驚きでふらつく祖母。
スンジョンが見つけ、自分のカフェに連れて行く。

スンジョンはヨンミのことをウンスの母だと教える。
ばれてしまいましたね~

帰ってきたジェウにつきあっている女性がいるだろうという祖母。

その女性が誰か知っているのかと聞く祖母に、知っていると答えるジェウ。
知っていて付き合っているのかと言う祖母。
知っていると言うジェウ。

このことをビンナが知ったらショックを受けると言う祖母は、ジェウにそれでもビンナの父親かとせめる。
ジェウは自分も悩んだが、ヨンミはいい人で一緒にいたいと言う。
あんな女のために病院長の話も断ったのかと言う祖母。
あんな女ではないとヨンミをかばうジェウの態度にショックを受ける祖母。

朝ごはんを作るウンスを手伝うスホ。
男は台所に入るなと言うソニョン。

スホの父も家では男女の役割を区別したほうがいいと言う。

スホはいつも母に家事を任せて、休んでいる父のことをひどいと言う。
母のスニョンに今まで家事をしながら3人の子供を育ててきてお疲れ様だと言うスホ。
わかってくれて嬉しいと言うソニョンは、これから週末は男性に家事をしてもらおうと言う。

スンジョンはスンミにヒョンシクのことは諦めろと言いう。
バツイチと子供のいる男性は駄目だと言うスンジョン。

ウンスはヨンミの再婚についてスホに相談する。
そこに入ってきたビンナに、もし父親が再婚するとしたらどう思うかと聞く。
会社では仕事をしろと言うビンナ。

スホの考えた企画をやり直しだと言うスヒョン。
これで3回目のやり直しだと言うスホ。
もっと細かいところまで調べて来いと言うスヒョン。
意地悪ではなく本当の意見でしょう?

ビンナは祖母にジェウの付き合っている人が解ったかと電話をする。
まだわからないと言う祖母。

ビンナの祖母はヨンミに会いにきた。
ヨンミにクリーニング屋ごときがジェウと付き合っているのかと言う祖母。
何が狙いか聞かせてもらおうと言う祖母。
親戚になるのも嫌だったのに、うちの婿を誘惑するとはどういうつもりかと言う祖母。
ジェウがビンナの父親だとは知らなかったというヨンミ。
ジェウは全て知っていると言っていたと言う祖母。

ジェウが知っていると聞いたヨンミは驚く。

帰ってくれと言うヨンミに、別れるならいくら渡せばいいのかと聞く祖母。
祖母はお金をあげるから婿には手を出すなと言う。

嫌いだと言ったのに会いに来るのはジェウだと言うヨンミ。
嫌いだと言った言葉を覚えておけと言う祖母。

レベルに会った恋愛をしろという祖母に、クリーニング屋を馬鹿にするなと言うヨンミ。
良心も反省もなく、お金の事しか考えていないあなたより堂々と生きていると言うヨンミ。
そして大切な自分の娘を苦しめた人を許すことはできないと言うヨンミは帰らないなら警察を呼ぶと言う。
負けるな!ヨンミ

その用紙をみていたスンジョンに、今見たことは内緒にしてほしいと言うヨンミ。

ヨンミはジェウを呼び出した。
ジェウにウンスとビンナの関係を知っていたのかと聞く。
最近知ったと言うジェウ。

知っていたのに自分のことを好きだとよく言えたと泣くヨンミ。
ウンスが暴力教師のレッテルを貼られてどれだけ苦しんだかわかるかというヨンミ。
ジェウがビンナの父親だと知って、自分はウンスに対して罪を犯したような気持ちだったと言う。
それでもジェウのことが気になったと言う。

ジェウはヨンミの言っていることがわからないと言う。
ウンスとビンナに8年前何があったのか聞くジェウ。
8年前、ビンナがウンスにしたことを話すヨンミ。

病院に戻ったジェウはビンナが嘘をつくはずがないと言い聞かせる。
大嘘つき女ですよ

ジェウはビンナに会いに行く。
一緒に夕食を食べようと言うジェウ。

ビンナはジェウにパパの好きな人にはいつ会わせてくれるのかと聞く。
それより聞きたいことがあると言うジェウ。

高校の時の事件を話し出したジェウに、その話は忘れたいと言うビンナ。
あの日のことを思い出すと怖くなると言うビンナ。
これ以上話は聞かないと言うジェウ。

今度は、ジェウはウンスを呼び出した。
ジェウは、自分はビンナの父親だと言う。

ウンスに8年前のことを聞くジェウ。
ビンナが嘘をついているとは思えないと言うジェウ。
どちらかが嘘をついているのだと言うジェウ。

本当のことを聞きたいのかと聞くウンス。
8年前に言ったことと同じで自分はビンナを叩いてはいないと言うウンス。

家に帰ったウンスはビンナを呼び捨てする。

【84話】

ジェウにビンナには内緒にしてほしいと頼まれたウンスはヨンミと付き合っているのがジェウだとは言えない。
ビンナには何も言わずに部屋に入って泣くウンス。

ユンガ食品が上場企業になった。
喜ぶスヒョンとビンナ。

ウンスは食堂で昔の教え子に会った。
ウンスに挨拶をする教え子たちはビンナの親友だった。

教え子に会ってから様子がおかしくなったウンスを心配するスホ。
ウンスは、今は話せないが後で必ず教えると言う。
ウンスはスホに抱き着き元気をもらう。

ソニョンはヨンミに会いに来た。
ビンナの悪口を言うソニョン。
父親が医者で人格者でも娘はとんでもないと言うソニョン。

スミンはヒョンシクの家にやってきた。
ウリとナラが学校から帰ってきた。
スミンを家に入れる2人。

ビンナはウンスに、自分の友達にあったとき、なぜ知らない振りをしなかったのかとウンスを責める。
誰かと違って嘘はつけないというウンス。
(笑)

スミンはヒョンシクの家の掃除をしてかえって迷惑をかけてしまう。
子供たちに責められているところに帰ってきたヒョンシク。

ヒョンシクはスミンにもう来ないでくれと言う。
子供たちは優しくされたら懐いてしまうと言う。
ヒョンシクと会う前から2人とは仲良しだったと言うスミン。
ヒョンシクは父親としてスミンに会ってほしくないと謝る。

スミンはヒョンシクに自分のことが好きだろうと聞く。
違うというヒョンシクをバックで叩いて、絶対に諦めないと言うスミン。
はっきりしていてスミンはかわいい

ビンナの祖母はジェウにヨンミのことは諦めたのかと聞く。
女に夢中で家族のことを考えないのかと怒る祖母。
ビンナがアメリカに行くことになったのは祖母の動画が原因ではないかと言うジェウ。
ウンスがビンナを叩いたことは間違っているのかと言う祖母。
誤解があったのかもしれないと言うジェウ。

ヨンミに別れろと警告したらヨンミはもうジェウには会わないと言っていたと言う祖母。
自分は会わないと言うのにジェウが言いよって来るのだと言われたと言う祖母。
ヨンミは悪くないと言うジェウに、自分のことを姑と思っているのかと言う祖母。
こんな姑は誰でも嫌です!

ウンスはヨンミに電話をする。
まだジェウに会っているのかと聞くウンス。
ジェウはお母さんのことが好きみたいだと言うウンス。
もしも私のせいでお母さんが…と言おうとしたウンスの言葉をさえぎり、もう終わったのだと言うヨンミ。
電話の向こうで泣いているウンス。

ウンスの教え子がビンナに会いに来た。
そのとき家にいたのはウンスとスホだった。

82~84話感想

8年前のビンナの嘘はだんだんとばれて行きそうです。ビンナの友達がばらしてしまうのでしょうか。
ウンスは自分のせいでヨンミがジェウと付き合うのをやめたのだと知って辛いですね。母には幸せになって欲しいけれど、ビンナの母親になってほしくはないですよね。ウンスの気持ちも複雑です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。