輝けウンス-あらすじ-106話-107話-108話-最終回までネタバレありで!

韓国ドラマ-輝けウンス-あらすじ-106話-107話-108話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ビンナとウンスの8年前の事件はやっと解決の方向に進んだようです。残りはヨンミとジェウです。ウンスとビンナはさすがに姉妹の関係になるのは嫌ですよね。
その前にスンミとヒョンシクがいました。妊娠したスンミはどうするのでしょう。しかし妊娠するくらい親しい付き合いには見えませんでしたが、一夜の過ちにならないことを願います。

【輝けウンス】ネタバレあり

【106話】

ビンナはウンスにジェウとヨンミがまだ会っているようだと言う。
ウンスはそれが嫌なのかと聞く。
2人が結婚したら私たちは姉妹になるのだと言うビンナ。
ウンスは人には支えてくれる相手が必要だと言う。
私たちにはその相手がいるではないかと言うウンス。
それでも駄目なものは駄目だと言うビンナ。

スホがヒョンシクに文句を言いに行こうとするのを阻止するスミン。
スホはスミンにヒョンシクに言わずに一人で子供を産むつもりなのかと聞く。
これは自分の人生だからほっといてくれ、自分が家族に話すまでは黙っていてくれと言うスミン。

ヒョンシクはスホが言っていた言葉を考えていた。
「責任」、「出来た」とはいったいどういうことだろうと考えるヒョンシク。
子供しかないでしょう

ジェウは病院を後輩の医師に任せようと思っている。
ビンナを食事に誘うジェウ。

ビンナはジェウに少しお腹が出てきたと言う。
それなら洋服を買ってあげると言うジェウ。
これからもずっと買ってほしいと言うビンナにそれは難しいと言うジェウ。
ジェウはアフリカに医療奉仕に行くことにしたと言う。
いつ戻るのかと聞くビンナ。
ジェウは2年かそれ以上になる事もあると言う。
ビンナは自分のせいで辛い思いをしたから行くのかと聞く。
辛かったこともあるが、ビンナにはたくさん喜ばせてもらったと言うジェウ。

ビンナはスヒョンにジェウが行ってしまうのか寂しいと言う。
スヒョンは正直に行かないでほしいと言えばいいと言う。
それでも行くと言うならウンスのお母さんに頼んだらどうかと言う。
2人の事を知っていたのかと聞くビンナ。
スヒョンはウンスのお母さんが行かないでほしいと言ったら行くのを止めるかもしれないと言う。
その通りだと思います

ナラはヒョンシクにスミンに外国に行くのを止めろと言えと言う。
スミンを捕まえろと言うナラ。

ビンナはヨンミに会いにクリーニング店に来た。
ウンスも来たがビンナがいるので中に入らずに帰る。

ビンナはヨンミに8年前のデパートでの出来事を謝る。
ヨンミはウンスに謝ったからもう充分だと思っていたが謝ってくれてありがとうと言う。
ビンナはジェウがアフリカに行くことを教える。
2人の関係は大歓迎ではないが、自分のせいで別れるのは嫌だし、パパが苦しむ姿を見るのも嫌だと言うビンナ。
ヨンミはもう終わったことだと言う。
ビンナは、パパは終わっていないと言う。

ビンナはヨンミに先日家に入れず、辛かった時に食事に連れて行ってくれてありがとうとお礼を言って帰る。

ヒョンシクはスミンを呼び出した。
妊娠したのでしょうと行くヒョンシク。
私の問題だと言うスミン。
ヒョンシクは海外に行かせたくない、行かないでほしいと言うヒョンシク。
スミンは、子供は一人で育てるから心配するなと言う。
ヒョンシクは、スミンにはお母さんになる資格はないと言う。
子供より自分のプライドを優先させるのかと言うヒョンシク。
ヒョンシクはスミンが外国に行くと言ったときにスミンを愛しているから行かせようと思ったと言う。
スミンをとても愛していると言うヒョンシク。
ヒョンシクはスミンを抱きしめる。
ちょっぴり感動~

スミンのお腹が鳴った。
ヒョンシクは嬉しそうに食べるスミンを見ている。
スミンはヒョンシクに超音波写真を見せる。
これは何と聞くヒョンシク。
ウリとナラの時は見ていないのかと聞くスミン。
スミンは双子を妊娠していた。
子供が4人になるから稼がないといけないと言うスミン。

ウンスはヨンミに会いに来た。
さっき店でビンナと話をしているのを見たがビンナは何を言ったのかと聞く。
デパートでのことを謝ってきたと言うヨンミ。
ウンスは、ジェウが外国に行くからと止めてほしいと言われたのではないか聞く。
そうではないと言うヨンミ。
ウンスはヨンミにジェウが外国に行っても後悔しないかと聞く。
ウンスはお母さんの一番の幸せを考えてほしいと言う。

その話を聞いていたウンスの祖母。

ウンスの祖母はジェウの病院に行った。
待合室で順番を待っている間、ジェウが看護師にこの病院を後輩に任せることにしたと話しているのを聞いた。

ウンスの祖母は病院の帰りにヨンミの店に寄った。
ウンスの祖母はヨンミにジェウを捕まえろと言う。
ウンスの父親を亡くしたときに後悔したではないか、また後悔したいのかと言うウンスの祖母。

ヨンミはジェウの病院に駆け付けたが、ジェウはすでに帰宅していた。
ヨンミは家に帰る途中、ジェウに会った。
ジェウはヨンミに会いに行くところだったと言う。
ジェウは海外に行く前に挨拶をするつもりだったと言い、今までありがとうと言う。
ヨンミはジェウに行かないでと言う。
行かないで自分の隣にしてほしいと言うヨンミ。

ジェウはヨンミを抱きしめる。

【107話】

ヨンミの告白に驚いたジェウはヨンミを抱きしめる。
ジェウは勇気がなくてヨンミを手離してしまって悪かったと謝る。
ジェウは、どこにも行かずヨンミの隣にいると言う。

スヒョンは父に会社の相談をした。
スヒョンは初期費用はかかっても自分達の工場を作って商品を生産させた方が利益になると言う。
会社のイメージが悪くなるのではないかと言う父。
イメージも大切だが実績は無視できないと言うスヒョン。
父はその話は終わりだと言って行ってしまった。
それを聞いていたスホはどちらの意見ももっともだと考える。

ジェウとヨンミは屋台で酒を飲む。
最初は気まずかった2人もだんだんと昔の雰囲気に戻ってきた。
ジェウはヨンミにもう一度始めようと言う。
たくさん泣かせたことを一生かけて償いたいと言うジェウ。
ヨンミはうなずく。

翌日もヨンミの店にやってきたジェウ。
毎日会いたいのですね~

ウンスの祖母がやってきた。
ヨンミは祖母にジェウと一緒に食事をしようと誘う。
3人はレストランに行く。
ウンスの祖母に料理を取り分けてあげるジェウ。
祖母をお母さんと呼ぶジェウに、祖母は、自分はヨンミの母ではなく姑だと言う。
祖母はビンナの祖母にヨンミの事を話したのかと聞く。
ウンスの祖母に先に許可をしてもらおうと思ったと言うジェウ。

ウンスの祖母は2人が結婚したら嬉しいと言う。
ジェウはそのつもりだと言う。
ジェウはヨンミと別れるつもりはないし、2人で余生を送りたいと言う。
祖母は2人に寄り添って暮らしてほしいと言う。

またヨンミに会いに来たジェウ。
このところ毎日ですね~

ヨンミはジェウにまだ結婚は考えていないと言う。
ジェウは恋愛だけで終わりたくないと言う。
子供たちも理解してくれるはずだと言うジェウ。
自分達のせいで子供たちが辛い思いをするかもしれないから子供たちがいいと言うなら自分も結婚を考えてみると言うヨンミ。

スホとウンスはヨンミの家に遊びに来た。
ウンスはヨンミがジェウと寄りを戻したと聞き、喜ぶ。
ヨンミはウノが心配だと言う。
ウノは自分が説得するからお母さんは自分の幸せだけ考えろと言う。

ヨンミはウンスに、ジェウと結婚することをどう思うかと聞く。

スヒョンとビンナも実家に遊びに来た。
ジェウが外国に行くのを止めたと聞いたビンナはヨンミと付き合い始めたのかと聞く。
ジェウはまた交際を始めたと答える。

ビンナはジェウが持っていた実の母の形見の品を探した。
ジェウにこれは私がもらってもいいかと聞くビンナ。

ウンスはスホにヨンミがジェウと結婚したいようだと話をする。
賛成だと言えなかったと言うウンス。
ウンスは口では幸せを願ったけれど結婚の話がでたら胸が痛くなったと言う。
再婚となると別なのでしょうか?

ジェウはビンナに再婚しようと思うと言う。
ビンナに祝福してほしいと言うジェウ。
驚いたビンナ。

【108話】

ジェウのヨンミと再婚したいと言う言葉を聞いてビンナは興奮する。
結婚なんてありえないと怒って帰るビンナ。

ウンスは祖母に電話をする。
ウンスは自分もお母さんの結婚に賛成だと言う。

ウンスはビンナに親たちの結婚の話を聞いたかと言う。
どう思うかと聞くウンス。
父の決心が固そうだから反対にしても何も変わらないだろうと言うビンナ。
ビンナはウンスと私が姉妹になるなんて笑えると言う。
ウンスも本心は大喜びではないと言う。
パパと結婚して損はないだろうと言うビンナ。
損とか得とか母は計算高い女性ではないと言うウンス。

姉妹になるのだから喧嘩は止めようと言うウンス。
自分達の関係を複雑にしないで欲しいと言うビンナ。
私が姉になって威張られるのが心配なのかと言うウンス。
どんどん威張ってください

スミンのことが心配で病院にやってきたスホ。
スミンと一緒にいたヒョンシクはスホに助けてくれと言う。
自分が未熟なのはわかっているがスミンと子供を諦めたくないと言う。
どんなに傷ついても家族から認めてもらってスミンを幸せにすると言うヒョンシク。
スホは本心かと聞く。

ヨンミはジェウにウンスは許してくれたと言う。
ビンナの祖母にも話すと言うジェウ。
時間はかかっても一緒に過ごせばわかってくれるはずと言うジェウ。
ビンナの祖母と一緒に暮らすのは反対です!

スヒョンは父に生産ラインを拡大する企画書を渡した。
父に反対だろうがじっくり見て検討してほしいと言うスヒョン。
父は会社の利益のために代々続いた製法を変えるのは駄目だと言う。

そこにスホが提案した。
伝統の製法を守ったプレミアム味噌と、誰でも買える大量生産の味噌の両方を販売したらいいのではないかと言う。
父もスヒョンもそれが可能なら一番いいと言う。
スヒョンはスホにその企画書を作ってくれと言う。

最近スンジョンとスンフンはいい雰囲気だ。
お互いに贈り物をして喜んでいる。
スンフンからもらったカップルシャツに着替えるスンジョン。

ビンナはジェウに電話をする。
ビンナは本当にヨンミと結婚したいのかと聞く。
ジェウはお前には悪いが結婚したいと言う。
ビンナは祖母には自分から話すと言う。
祖母の反応は想像できるだろうと聞くビンナ。
想像したら恐ろしいですね

ウンスはウノにヨンミの結婚を伝える。
姉さんは平気なのかと聞く。
ウンスはお母さんが幸せが一番だと言う。
ウノはお母さんのために努力をしてみると言う。

ジェウはヨンミに2人が住む家について考えようと言う。
ゆっくり考えようと言うヨンミ。
ジェウは早く結婚したいと言い、ヨンミを抱きしめる。

ビンナは祖母に話があると実家に帰ってきた。
ビンナは祖母にパパがヨンミと寄りを戻したと言う。
それを聞いて驚く祖母。
ビンナは祖母にパパはヨンミと結婚したいと言っていると言う。

祖母は、ビンナは結婚に賛成なのかと聞く。
ビンナはパパが決めた事だと言う。
ビンナは実は私がヨンミにパパが外国に行くのを止めさせて欲しいと頼んだのだと言う。
祖母はビンナにママに対して酷い仕打ちだと言う。
ママには悪いがパパの再婚に反対はできないと言うビンナ。
祖母に自分のために結婚を許してあげて欲しいと言うビンナ。

そこに帰ってきたジェウ。
祖母はジェウに亡くなった娘がいるのに他の女と結婚するなんて許せないと言う。
ジェウを叩く祖母。
祖母は娘の名前を呼びながら倒れてしまった。

106~108話感想

今回は2つのカップルが結ばれました。スミンとヒョンシク、ジェウとヨンミです。どちらの告白も素敵で感動しました。
ジェウとヨンミの結婚に思ったよりビンナの受け入れが早かったです。本当に心を入れ替えたのかもしれませんね。問題はビンナの祖母です。他人の幸せを考える性格ではないですからジェウの気持ちなんて無視するのでしょうね。
祖母は倒れてしまいましたが、そんなことでジェウたちの気持ちは変わりませんよね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。