逆転のマーメイド-あらすじ-49話-50話-51話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-逆転のマーメイド-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

逆転のマーメイド

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
サンウンはジェウンには女の人がいると誤解しています。しかし自分には何も言う権利はないと自分の気持ちを抑えるサンウン。
ファヨンの正体を知ったヒョンジュ。ジンソプに正体を話されては困るファヨンはイェウンに慰謝料を払うことにしました。ファヨンから慰謝料を払うと呼び出されたイェウン。そこにヒョンジュもやって来ました。

【逆転のマーメイド】(ネタバレあり)

49話

ファヨンはイェウンだけでなくヒョンジュも呼んでいた。
ファヨンは慰謝料の金額が大きいから証人が必要だったと言う。
イェウンに小切手を渡しサインをしろと言うファヨン。

サインをするファヨン。

イェウンはファヨンに2人はどんな関係かと聞く。
離婚する前からでデキていたのだろうと聞く。
最初から離婚を望んでいたのに、慰謝料がほしくて男の存在を隠していたんだろうと言う。
イェウンは妄想癖があるようでクズらしい発想だと言う。

ヒョンジュに帰ろうと言うイェウン。
ファヨンはヒョンジュに父のことで話があるから残れと言う。

ファヨンはヒョンジュに慰謝料を払ったからジンソプに私の正体を話すなと言う。
ヒョンジュはもう一つ残っていると言う。
イェウンを苦しめるなと言うヒョンジュ。

帰ろうとしたところにセランが入って来た。
セランはヒョンジュを見て驚く。
ヒョンジュはセランになぜここに来たのかと聞く。
セランは兄の会社だと言う。
ヒョンジュはジンソプがお前の兄かと聞く。
そうだと言うセラン。
ヒョンジュが財閥の息子だとわかってしまいます

ヒョンジュが帰った後ファヨンはセランにあいつを知っているのかと聞く。
セランはTMOグループの後継者で未来の私の夫だと言う。
驚くファヨン。

サンウンはドフンに会いに来た。
ドフンに恋愛経験はあるかと聞くサンウン。
あると答えるドフン。

サンウンは人を愛する気持ちってどんな感じかと聞く。
ドフンは旦那さんはいい人だから問題ないだろうと言う。
サンウンはいい人だから憎いと言う。
彼を愛しすぎているのが問題だと泣き出すサンウン。

ヒョンジュはセランを食事に誘う。
喜んで会いに行くセラン。

ヒョンジュはセランに義姉に俺のことを話したかと聞く。
セランはTMOグループの後継者だと言ったと言う。
なぜ義姉のところにいたのかと聞くセラン。
ヒョンジュは彼女が俺の友達を苦しめたと言う。

セランは義姉は性格が悪すぎると言う。
ヒョンジュは前の奥さんはどうだったのかと聞く。
セランは天使だったと言う。
前の義姉は姑が2人もいたから苦労していたと言う。

ファヨンはマルシムにイェウンに慰謝料を払ったと言う。
会社は資金難だから父に用立ててもらったと言うファヨン。

ファヨンはマルシムに私の株をあげようかと言う。
マルシムはほしいと言う。
株の譲渡には印鑑と身分証が必要だから貸してくれれば手続きをすると言う。
絶対に悪事をたくらんでいます

マルシムはファヨンに印鑑と身分証を渡す。

ヒョンジュはダホンを呼び、応募したシャンプーの成分分析表をまだ提出していないと言う。
ダホンはノウハウを教えるとクビになるかもしれないと思ったと言う。
ヒョンジュはノウハウの共有に同意して応募したのではないのかと聞く。
同意しないなら入賞を辞退して辞表を提出してくれと言う。
賞金も返してくれと言うヒョンジュ。

ダホンはクビは仕方ないけれど賞金の返還は納得できないと言う。
ヒョンジュは規則違反だと言う。

ジニは誕生日に家族写真を撮りたいと言う。
そして来年の誕生日には妹か弟が欲しいと言う。
一人では寂しいと頼むと言うジニ。

サンウンは妹か弟ができるとあなたの世話がおろそかになるからジニだけでいいと言う。
ジニはそれでもいいから欲しいと言う。
願いを叶えてあげましょう

ジェウンはサンウンにさっきのジニの願いは忘れてくれと言う。
サンウンは契約夫婦に子供はあり得ないと言う。
妹が不妊だから私まで子供がいないと母は一生孫を抱くことができないと言う。
可哀想な母だと泣き出すサンウン。
ジェウンはサンウンに申し訳ないと謝る。

50話

ファヨンはセランにヒョンジュが好きなのだろうと聞く。
セランは彼の会社に採用されるために今シャンプーを作っていると言う。
ファヨンはTMOに入社したら落とせる自信はあるのかと聞く。
セランは一緒にいたら落とすチャンスも増えると言う。

ファヨンは私が協力してあげると言う。
私がどうやってジンソプを落としたか見ただろうと言う。

ダホンはヒョンジュに応募したシャンプーは私が作ったのもではないと言う。
賞金を返して退職届を渡す。

ヒョンジュは詐欺は犯罪だと言う。
ダホンは子供たちのためにお金が必要だったと土下座して謝る。
あのシャンプーを作った本人を入社させるから許して欲しいと言う。

ヒョンジュは処分は会議で決めるから帰っていいと言う。
ダホンは警察だけは勘弁して欲しいと頼む。

ダホンが賞金を返せたのはマンボクがお金を貸してあげたのだった。
いい人ですね~

マルシムはファヨンが自分の料理を食べないのでお手伝いを雇った。
しかしお手伝いの人が作った料理を食べたファヨンはマルシムの方が美味しいと言う。
それを聞いたマルシムは頑張って作ると言う。

ファヨンはマルシムに楽をさせたくなかったし、お手伝いに払うお金が惜しかったのだった。

ドフンはサンウンに自分の作った曲を聴かせる。
いい歌だと褒めるサンウン。
ドフンは直接歌い出した。
その歌はサンウンとジェウンの結婚式で歌った歌だった。

サンウンは思い出した。
私が誰か知っていたのかと聞くサンウン。
ドフンは君の夫が誰なのか多くの人が知っていると言う。

サンウンは夫と親しいのかと聞く。
ドフンは友人を通じて知り合ったが親しくはないと言う。
僕たちは友人だし、やましいことはないと言うドフン。
サンウンは自分の知り合いと親しくしたら主人が不快に思うと言う。

ドフンはご主人とは3回だけ会っただけで、君の話はしないと言う。
サンウンはなぜ話したのかと聞く。
ドフンは君には隠し事をしたくないと言う。
今みたいに気晴らしの相手にして欲しいと言うドフン。
僕も君に甘えていると言う。
サンウンのことが好きなのでしょう?

ダホンは会社を辞めて、マンボクのチキン屋で再び働き始めた。

イェウンはダホンからシャンプーのことを聞いた。
ダホンはイェウンに私の代わりにTMOで働いてくれないかと聞く。
イェウンはシャンプーはもう作りたくないと言う。
マンボクはイェウンにダホンを助けてあげてくれと言う。
嫌だと言うイェウン。

ヒョンジュはイェウンに話があるから会おうと言う。

51話

ヒョンジュはイェウンを呼び出した。

ヒョンジュはイェウンに人魚のカードと財布を渡した。
イェウンは無くしたと思っていたと言う。
イェウンは交通事故のときに病院に運んでくれたのはあなたかと聞く。

ヒョンジュは結婚式で夫の浮気を知った時に横にいた男も僕だと言う。
イェウンはなぜ黙っていたのかと聞く。
ヒョンジュはタイミングが合わなかったと言う。

ヒョンジュは僕が無職でなくても親しくしてくれるかと聞く。
イェウンは立派な会社で働いたらお祝いをすると言う。
ヒョンジュは僕が何かを打ち明けたら騙していたのではなく話すタイミングを逃しただけだと思って欲しいと言う。
イェウンは言えなかった理由があるのだろうと言う。

イェウンはずっとやりたかったことを仕事にできるかもしれないのにやりたくない気持ちがあると言う。
やると悪夢だったことと忘れたい顔を思い出してしまうからだと言う。

ヒョンジュは逃げたい気持ちはわかるが逃げてばかりはいられないと言う。
自分は悪くないのにチャンスを逃すのは惜しいと言う。
嫌でもすべきこと実行してこそ堂々と生きていけるというヒョンジュ。
ヒョンジュはどんな仕事かわからないけれど乗り越えて欲しいと言う。
これからは自分のためにやりたいことをやって欲しいと言う。
一緒に働きましょう!

ジェウンはサンウンに自分にできることはないかと聞く。
サンウンは何もしなくていいと言う。
私が契約を破ったのだと言う。
あなたが好きだと言うサンウン。

あなたも気づいているだろうと聞く。
寂しさの原因はあなただと言う。
契約結婚だからお金以外は求めてはいけないのにあなたを好きになってしまったと言う。

これからはあなたが望まないことはしないと言う。
ジェウンは私が何を望んでいないのかわかるのかと聞く。
サンウンはあなたは家庭の平穏を壊したくないのだろうと言う。
契約結婚の妻という線を越えないで欲しいのだろうと聞く。

ジェウンはそうだと言う。
サンウンはでも私はあなたの心が欲しくなってしまったと言う。
だからこのまま何もしないでいてくれたら自分でなんとかすると言う。

ヒョンジュはイェウンに実は無職ではないと言う。
その先を話そうとするヒョンジュにおめでとうと言って抱きつくイェウン。

ファヨンはイェウンの作ったシャンプーを高いお金を払って分析してもらった。
セランはそのシャンプーの見本と成分表をTMOグループの人事課に提出した。

ヒョンジュは早起きしてイェウンと一緒に海苔巻きを作る。
出来上がった海苔巻きを売りに行く2人。
海苔巻きは1本2000ウォンで客も増えていった。
安い! 買いたい! 食べたいです!

ジンソプは道端で海苔巻きを売っているイェウンとヒョンジュを見つけた。
ジンソプはイェウンに慰謝料に大金を払ったのに海苔巻きを売っているのかと聞く。
イェウンはあなた名義の家や貯蓄がなくて財産形成の立証に時間がかかると言われ慰謝料はわずかだったと言う。

ジンソプは裁判になったらもっと少なかったのに俺が優しいから大金を払ってやったのだと言う。
海苔巻きなんか売って俺に恥をかかすなと言う。

ジンソプは俺が全部買うから二度とするなと言う。
イェウンはあなたには売らないと言う。
ジンソプは勝手に4000ウォンを置いて海苔巻きを2本取って行ってしまった。
車の中でイェウンの作った海苔巻きだと喜ぶジンソプ。
ファヨンが知ったら暴れ出しますよ

セランの提出したシャンプーを所長が気に入り、開発チームのチーム長としてセランを迎えることを検討している。
セランはヒョンジュに採用の邪魔をするなと言う。
ヒョンジュは私情は挟まないと言う。

ファヨンはイルサムに会いにジムに来た。
ファヨンは偽父親になった男を探せと言う。

そこにビョンスクが来た。
ファヨンはビョンスクに会いに来たのだと言う。
仕事は慣れたかと聞くファヨン。
ジンソプの反対を押し切って雇ったのだから頑張れと言う。

ビョンスクは兄さんの会社なのに威張るなと言う。
ファヨンはニートから救ってあげたのに恩知らずだと言う。
ビョンスクは夫の食事も作らない人が偉そうな口を叩くなと言う。
兄さんはイェウンの作った海苔巻きを夢中で食べていたと言う。
あ~言ってしまった。嵐が起こります

ファヨンはジンソプは内緒でイェウンに会っているのかと聞く。
ビョンスクは兄さんは会社で海苔巻きを食べながらイェウンの料理が恋しいと言っていたと言う。
怒り出すファヨン。

ファヨンは海苔巻きをたくさん買って帰って来た。
ジンソプが帰って来た。
ファヨンは海苔巻きを掴み、ジンソプを叩き始める。

49~51話感想

スーパーでたくあんを投げつけたり、海苔巻きで人を叩いたり、韓国ドラマでは食べ物を粗末にしても視聴者から文句は出ないのでしょうか。日本ではあり得ないことです。
ファヨンはヒョンジュが財閥の息子だと知りましたが、自分が誘惑する気は無いようですね。無理だとわかっているのでしょうか。しかしイェウンが幸せになるのが悔しいのかセランを送り込もうとします。しかし、それは無駄な努力だと思います。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください