運勢ロマンス-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-運勢ロマンス-あらすじ-4話-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スホが寅年の男だと知ったボニは何としても捕まえなければ妹の命が助かりません!
そこでボニが出した答えは、期間限定で付き合うという条件だった!!

【運勢ロマンス】ネタバレあり

第4話「驚きの契約条件」

ボニは契約書を持ってスホの所へ。
契約はするが条件があると言うボニ。
その条件とは「3週間だけ付き合いましょう」と言う条件だった(≧∇≦)

スホは「話にならない」と断るが「人の命がかかっている」と食い下がるボニ。
「明日まで考える時間が欲しい」と言うスホ。

スホは友人リャンハにボニの契約条件に付いて相談する。
「もしかしたら難病なのかもしれない、最後の願いかも」ととんでもない推測をする二人。

ボニは妹ボラの命をどうしても救いたい。
そう願い続けて生きてきたこの数年。
何もしてあげられず、占いや迷信に頼るしかなかったボニ。

スホに呼ばれるボニ、「契約しよう」といわれる。
ところが「週に二回一日5時間で合計30時間の6回だ」と細かい条件。
それでもボニは承諾する。

ボニはスホを3週間で落とさなければ妹の命が危ない。
どうやってスホを落とすかを毎日研究するボニ。

スホの母は、占い師からもらった厄除けのお札を持ってジェジェファクトリーへとやって来るが門前払い。
そこに通りがかるボニ。
厄除けのお札を託され、見つからないよう貼ってくれと頼まれる。

今日は土曜日デートの日。
ボニとスホはホテルでディナー。
水しか口にしないスホを見て「食べる事の幸せを知らないのね」と哀れに思うボニだった。

会話もかみ合わなずぎこちない二人、ボニは何とかスホとベッドを共にしなければならない使命感に燃えている。
わざと自分に飲み物を振りまき、シャワーを浴びるボニ。

出てきたボニは「誤解しないで下さい」と前置きしてから「・・・したいことは・・・」とスホを見ると寝ている?!

「寝顔は優しいのに・・・」とつぶやくボニに、「何がしたい?」と目を開けるスホ。
寝てなかったのかしら(≧∇≦)勇気を振り絞ったボニですが・・・

「時間切れだ」と立ち上がるスホを帰すものかと必死に追うボニは思い切り転んでしまう。
ホテルのロビーで大勢の人に「天才ジェ・スホだ!」と取り囲まれてしまう。
スホは過呼吸を起こし恐怖の中に立たされる。
スホの様子に気付いたボニは、スホの手を取り連れ出す。

一度帰宅した後、スホはボニの家にやって来る。
ゴヌクを痴漢に間違えたスホはゴヌクに体当たり、怪我をする。

ボニはスホの傷の手当てをする。
帰り際、ボニに薬を渡すスホ。
3週間後にボニには手術か死が待ち受けているのでは・・・大病を患っていると勝手に思い込んでいるスホです

そんな思いが、勝手な思い込みだったことが分かったスホ。
「時間オーバーだ」とデートの時間を細かく計算する。
「今その時間を使います。今夜私と一緒に寝ましょう」と大胆に誘うボニだった。

第5話「あなたじゃなきゃダメなの!」

ボニは帰ろうとするスホに言う。
「契約恋愛を提案した時から寝ることが目的だった」と歯に衣着せぬ物言いでスホを驚かせるボニ。

スホは即刻断り部屋を出ていこうとするが、ボニもあきらめない。
ひざまずいて「あなたじゃなきゃダメなの」とスホに頼み込む。
ボニには大切な妹の命がかかっているのですもの

しかしスホは黙って部屋を後にした。

ボニは途方に暮れていた。
ゴヌクはそんなボニをテニスコートへと連れていく。
やるせない思いがあふれ出し、ゴヌクの前で大泣きするボニ。

ひょんなことからボニはゴヌクがあの有名なテニスプレイヤー、ゲーリー・チョイだと知ることに。
その頃スホも、ボニの隣の部屋の青年がゲーリー・チョイだと気づいたようだった。

ボニは会社に出社、退職届を出そうとスホの元へとやって来るが、スホは昨夜の出来事からボニを意識してしまう。
退職届を出すボニに、「ゲーリーの承諾をとることで責任を果たしたとしよう」と言い退職届を受け取らないスホ。

ゲームソフト「イフ」の産みの親であるボニは「イフ」を愛していると言う。
必ず承諾を取って来ると約束するボニだった。

ボニはゴヌクに「ゲームモデルのオファーを受けて欲しい」と頼む。
ところがゴヌクはただいま父親捜索中。
「時間がないから無理だ」と断るゴヌク。

スホの母はジェジェファクトリーへやって来る。
セキュリティーが万全のこの会社にどうしても入ることが出来ない母。
そこにボニが出てくる。

「スホがタヌキに取りつかれている」と言われ、以前お札を用意した母。
そのタヌキの正体はボニの様でした。
タヌキ・・・つまりボニに狙われているスホは良くないことが起こっていると母いわく

スホはどうやらボニに振り回されている様子。
ボニの事が頭から離れず、ダリムと打ち合わせ中も上の空。
不器用なスホがホントに可愛い~(*´∀`*)

スホはボニが頼まれて貼ったお札や、本に挟んだお札を偶然見つけてしまうのだった。
スホはもちろん剥がします

ゴヌクは父の居場所が見つかったと連絡を受け、ボニも一緒に向かうが遅かったようだ。
ゴヌクの父は荷物を残したまま出ていったと言う。
父の日記を見て、ゴヌクは父への想いを我慢できずに大泣きする。

ボニとゴヌクはバスで帰宅。
部屋の前でスホからの電話を受けるボニ。

スホはボニを問い詰める。
「寅年の俺をいけにえにしようとしたのか?甘い言葉でおだてて人を利用する理由は何だ」と言葉を荒げるスホ。

そこにゴヌクがやって来てボニの手を引き、連れて帰る。
しかしボニはこのままスホを返すことが出来なかった。
「ボラ(ボニの妹)のためだった」と説明しに行くボニ。
帰ろうとしていたスホの前に帰って来たボニを見て・・・。
スホの心の中、ボニは既に大きな存在として彼の心を占領しているようですね(^▽^)/

第6話「”イフ”に託した思い」

スホの前に走って来たボニ。
スホは車を走らせ去って行く。

翌朝出勤するボニは、スホに本当の事を話そうと決意してきた。
「良く当たる占い師に言われた、寅年の男と寝れば2年間意識のない妹は治る」と。
社長を利用するつもりはなかったと伝えたかったボニ。
なんとなんと・・・この独り言をスホは柱の後ろですべて聞いていたのです!

ゴヌクの元にやって来たスホは、ゲームの件で話があると言う。
居合わせたエイミーと3人で話し合うことに。
しかしゴヌクの答えは「気の合う人としか仕事はしない」と。

スホはボニの事が気になって仕方ない様子。
先ほどボニの携帯にかかって来た電話、寅年の男のようです。一体誰と会うのやら・・・

ボニが外出、スホは後をつけていく。
喫茶店に入ったボニの元にやって来た男性はゴヌクだった。
相手を確認したスホは店を出ていきます。防止にマスクで顔を隠したスホ、可愛いですね

ボニが作った”イフ”(ゲームソフト)には、妹を想う気持ちが込められていた。
2年間寝たきりのボラにいろんなことを体験させてあげたいと思うボニ。

ゴヌクはボニの為にゲームの件を引き受けることに。
おかげでエイミーも一歩スホに近づけたと言う。
どんな過去があってスホとエイミーは別れたのかも気になりますよね

今夜は会社の飲み会だった。
スホはかつて1度も飲み会にはやって来たことが無い。
今宵はボニがいるためか・・・初参加。
「明日は土曜日だから休め」と社員に向けても気の利いた言葉がスホの口から出る。

帰り道スホはボニに、「契約の時間が残っているから明日は付き合うように」と言い残し走り去る。

スホは占いを信じるボニに、占いがいかにいい加減かを伝えたかったようである。
あちこちのインチキ占い師を巡った一日だった。

ボニには残された時間が無かった。
必死になるあまり、身分証を偽造した男に危うく騙されそうになる。
危機一髪を助けてくれたのはスホだったが、ボニは侮辱されたと思いスホが許せない。
占いや迷信を信じないスホにとっては所詮占い、妹の為にと奔走するボニにわかってもらいたかったのでしょう

数日後、ボニの元には寅年を名乗る男から連絡が来る。
時間がないボニは、「明日の夜に会いましょう」と待ち合わせを取り付けるのだった。

いよいよ”イフ”のゲームソフト発表会の当日がやって来た。
発表会は無事に終了。
ダリムから打ち上げに誘われるボニは「いけない」と断る。
ボニの会話をたまたま聞いてしまったスホはボニの後をつけていく。

寅年の男と待ち合わせをしていたボニ。
男たちの不審な動きを察したスホは盗撮半犯だと知る。
警察に電話、ボニの危機を救うスホ。

ボニは途方に暮れて妹の入院する病院へとやって来る。
妹の部屋の前の廊下にいたのは何とスホだった・・・。

第4話から第6話の感想

占いや迷信に頼るしかないボニの気持ちもよくわかります。
人間の力ではどうすることも出来ない事・・・神頼みになるボニですが、スホにとっては怪しいボニの行動が理解できない半面、非常に気になって来たようですね(^▽^)/
数学的科学的、明確な数字の元に生きてきたスホ。
真逆のボニにどんどん惹かれていきます。
そんなスホの微妙な変化やちょっとお茶目な行動が、毎回楽しみでもあります!
ボニが何故そこまで寅年の男にこだわるのか・・・そのすべてを聞いてしまったスホ。
ボニはスホには伝えていないつもりですが、スホはしっかり聞いていましたね。
途方に暮れたボニの前に現れたスホ。
なんだかステキ!とっても男らしいスホに見えました(^▽^)/


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください