野獣の美女コンシム-あらすじ-15話-16話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-野獣の美女コンシム-あらすじ-15話-16話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
シムがダンテに振られたことを知っているジュンス、シムを心配しています。
ダンテとジュンスの関係がイマイチ微妙な近頃ですが・・・。
ダンテはジュンピョ誘拐犯へ少しずつ近づいて行けるでしょうか!

【野獣の美女コンシム】(ネタバレあり)

第15話

ジュンスは先日の事を思い出していた。
駐車場で鞄と上着を車に残したまま叔父テチョルからの電話で駐車場を後にしたことを。
そしてエレベーターで上がった時に叔父から電話があり書類が見つかったと言われたこと。
もしかして叔父がジュンピョ誘拐犯なのか??と疑いを持ったジュンスでした

ダンテが仕掛けた樹木園の一斉メール。
ジュンスは犯人は樹木園にやって来るのではないかと思い出かけて行く。
一方テチョルは張本人、気もそぞろに樹木園へ。
ダンテももちろん犯人を確かめるべく樹木園へと向かう。

3人はそれぞれの思惑でヤンピョンの樹木園へと車を走らせるのだった。

しかし途中事故を起こし行けなくなるテチョル。
ジュンスの母テヒに電話、「遅れず樹木園へと向かえ」と言い電話を切るのだった。

ジュンスは樹木園のベンチの前に立つ自分の母を見てしまう。

ジュンスはショックだった。
樹木園の人にメモを渡し、テヒに手渡すよう頼むのだった。
メモには「取引は中止だ、すぐに逃げろ」と書かれていた。

ダンテが着いた時には既にいなくなっていたテヒとジュンス。

ジュンスはあまりにもショックだった。
自分の母がジュンピョを誘拐した犯人??
犯人と何かしら関係があることがわかってしまいました

酔っぱらったジュンスからの電話で心配し駆けつけるシム。
ところがジュンスはシムの肩に寄りかかり寝てしまう。
困ったシムはダンテに助けを求めるのだった。

目覚めたジュンスはダンテの部屋にいた。
ダンテの部屋のカレンダーに、父親の命日と書かれ納骨堂の場所が記されていた。

ジュンスは家に帰るとジュンピョの父の命日だから納骨堂へ行くように言われる。
ダンテの家で見たカレンダーと同じ場所、同じ日の命日。

ジュンピョの真相に近づくジュンスは、納骨堂へと急ぐ、そこで祖母と鉢合わせ。
祖母はジュンスを呼び止め、急に体調不良を訴えジュンスの行く手を阻むのだった。
これにはわけがあります
ジュンスとジュンピョを鉢合わせさせないための祖母の演技です

15日前、実はダンテはジュンスの祖母である会長に、「ジュンピョを見つけた」と報告していたのだった。

以前会長から預かった遺伝子結果と、一致したジュンピョの遺伝子結果。
まさにダンテそのものの遺伝子結果だった。

ジュンピョは自分であることを話すダンテ。
そして「誘拐犯を探し出すまでは絶対にジュンピョであることを明かしてはダメだ」と二人だけの秘密にしているのだった。

ダンテが会社の中にいる犯人を捜し出すには、会長の秘書と言う役が一番動きやすいということで、突然会長秘書として入社することになったようである。

ジュンピョは祖母に相談する。
「好きな人がいるが自分の複雑な状態を話すことが出来ない。ゆえに好きだけれど受け入れることが出来ない」という。
本当はシムの事が好きでたまらないダンテ、辛いですよね( ;∀;)

シムはダンテに振られたけれど、自分の気持ちに正直にまっすぐ進むシム。
ダンテに映画のチケットを渡したり、散髪に一緒に行こうとしたりと積極的なシムです。

第16話

シムは地方の刺身店の壁画を描きに行くという。
両親が送っていけないのでダンテが送って行くことに。

朝からシムを待っているダンテ。
シムは大喜びだった。

刺身店では手違いから多くの絵描きが集まっていた。
皆「我こそは!」とアピールするが、シムは断られると素直に引き下がろうとする。
それを見たダンテが夫婦のふりをして、お涙頂戴の嘘をつき仕事をゲットする。

お似合いの新婚さんだと思われているシムとダンテは、一晩同じ部屋で一つの布団で寝る事となるが・・・。

緊張して眠れない2人。
ダンテは散歩に行くと言って部屋を後にする。
そのうちシムはぐっすり寝てしまう。
帰って来たダンテはシムを布団に。

しかし、朝起きるとダンテは布団の中に。
シムは早起きし、壁画に色付けをしていた。

地方から帰って来たダンテを待っていたのはジュンスだった。
ジュンスはダンテがジュンピョではないかと疑っているのか、ダンテの歯ブラシを遺伝子検査に出そうかと考えたようだが・・・持ち帰ることは出来なかった。

ダンテはバス停で絵画展のチラシを見つける。
「シムが喜びそうだ!」と思うダンテ。
チケットをグナムからシムに渡すよう頼むダンテ。

同じころジュンスも絵画展のチケット手にシムに電話。
シムは用があるとジュンスの誘いは断るのだった。
グナムからチケットを受け取ったシムはジュンスからだと勘違いします・・・

仕事中のダンテにジュンスの祖母(会長)から電話がかかって来る。
「家に来るとジュンピョの時の記憶が戻るかも?」と言われ家に呼ばれるダンテ。

庭に入って来たダンテは、幼少の頃の記憶を少しだけ取り戻すのだった。

ジュンスは鞄と上着が盗まれてしまった事で、テチョルが怪しいと思うのだった。
テチョルの仕業だと見つけることが出来るのでしょうか(≧∇≦)

第15話から第16話の感想

樹木園にダンテより一足先に着いてしまったジュンス。
自分の母親がそこに立っている姿を目撃してしまいショックでした。
ジュンスは母を逃がします。
一足遅れて到着したダンテの前にはすでに誰の姿もありませんでした。
ジュンピョが自分であることは判明しましたが、肝心の誰が誘拐したのかをまだ見つけることが出来ないダンテ。
とても近くにいる犯人を早く見つけて欲しいものです。
ジュンピョが誘拐されて以来ずっと捜し続けてきた祖母は、やっとジュンピョであるダンテと再会出来ましたね!
おばあちゃんに会えたダンテ、ホントに良かった(^▽^)/
そして1日も早く犯人を見つけて、シムとも恋仲になることが出来ればいいですね(^▽^)/








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。