金持ちの息子-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-金持ちの息子-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

金持ちの息子

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヒョンスクに仕事を休職して旅行にでることを打ち明けたギョンハ。
ヒョンスクにとっては一難去ってまた一難。
笑顔で送り出すことは出来なそうな雰囲気ですが・・・
ギョンハは旅立つのか?ヨンと同じ道を歩むのか?
そろそろ決断の時が近づいてきている感じですね。
そして、危険だとわかりながらもゲドンのレシピノートを捨てることができないテイル。
自分のしたことへの罪悪感からか悪夢にうなされる日々。
心の片隅には良心が残っているようですね。
テイルの味方になると決めたソヒはグァンジェたちを裏切るのでしょうか・・・?

【金持ちの息子】(ネタバレあり)

40話

ヨンハたちの家とは正反対にスノクたちに笑顔で迎えられるグァンジェ。
ソニョンが心配なボクスンはグァンジェにソニョンに誰とキャンプに行ったのかと聞かれたら男同士で行ったと言って欲しいとグァンジェに頼みます。
大変ですね・・・

ギョンハはウォニョンの会社に行きサンティアゴへ行くことを黙っていたことを謝ります。
理由はヨンなのかと聞くウォニョン。
「スノクの話ではヨンが不本意な結婚をしようとしていて可哀想だと・・・スノクはお前とヨンを結婚させてあげたいと思っているようだ。」と話します。
ギョンハは「そんな事・・・もしお母さんが聞いたら卒倒する。」と話し、「お母さんを恨んでいないのか?」と言うウォニョンに「お母さんの気持ちは分かるわ。」と答えます。
振り出しに戻る・・・

それでも「お前の本心が聞きたいんだ」と言うウォニョンにギョンハは「私はヨンに拒まれたの。私たちは歩むべき道が違うと・・・旅先で自分の道を見つけるわ。だから行かせて。」と伝えます。
ウォニョンは旅は口実で海外で暮らすつもりなのではと不安になります。
よくわかっていますね・・・(^^;)

ヨンハたちはアイドルグループに渡すお弁当のメニューをグァンジェの得意料理のタッカルビに決めます
ヨンはソニョンからキャンプに行っているとき電話したのにと責められます。
気分が悪いと言ってプロポーズの返事を先延ばしにするソニョン。
仕事に行かなくてはいけなくなったヨンと入れ替わりに会社に来たソヒ。
ソニョンの雰囲気が変わって来ましたね・・・

ソニョンにキャンプのことを探られ答えないソヒ。
ソニョンと激しく言い合いになります。
そこにウォニョンが来て驚くソヒ。
理由を聞くウォニョンにソヒは「みんな嫌いよ。」と泣き出します。
ソニョン・・・変貌(゚Д゚;)

グァンジェたちは30個のお弁当の注文を受け張り切ります。
ギョンハはイケメングループの心を掴むパッケージを考えることに。
知らせを受けたチェ理事は喜び手伝いに駆け付けようとしますがグァンジェはお母さんにテイルが入院したこと。退院して1人家にいることを伝えて欲しいとお願いします。
怒るチェ理事・・・

お弁当を無事に渡しクタクタな2人。
朝早くグァンジェからの電話で起こされたヨンハ。
俺たちの弁当が大変なことになっていると聞いて不安で慌ててパソコンを立ち上げます。
クレームではなく沢山のフォロワーから注文が殺到していることに驚きおもわず叫ぶヨンハ。
よかったですね~

スノクの家でお弁当の注文が殺到していると報告し、ミョンソンとボクスンに力を借りたいとお願いするヨンハたち。
グァンジェのタッカルビが1番美味しかったのは嬉しいですね~

沢山の注文をこなし順調なグァンジェたち。
ミョンソンとジョンヨンは、タッカルビの店舗をしている知りあいが病気で入院することになり、その間代わりに彼の店舗で仕事をしてみてはどうかと話を持っていきます。
悩むグァンジェですが、他の料理は作れないけどタッカルビだけには自信があると、やってみることに。
頑張れ!!

ソヒはテイルの世話をしにテイルの家に通っていました。
レシピノートが気になるソヒ。
そのことに気が付いたテイルはレシピノートを見せてやると言ってソヒの手をとり無理やり抱きつきます。
必死で拒むソヒ。
こんなキャラだったとは・・・

そこへスヒが戻ります。
スヒは「男を簡単に信用しないで・・・世の中には危険な男がいるのよ・・・」と伝えソヒを家に返します。
そしてテイルに「これからは母親として接していく・・・今まで自分の子供だと実感が出来なかったけど・・・周りの人を困らせたりする姿は私にそっくりね・・・」とため息をついます。
わがままな子供と言う感じですね・・・

家に戻るとソニョンがヨンの部屋を掃除していました。
気に入らないソヒはソニョンとまた衝突してしまいます。
そこへボクスンが帰ってきて・・・
ボクスンに激しく責められたソヒは泣きながらヨンの会社へ。
慰めるヨン。
ソヒは泣きながら「ばかな兄さんのせいよ!いっそウォニョンさんにギョンハを愛していると言えばいいのに!どうして好きでない人と結婚するの?ソニョンさんに悪いと思わないの?結婚したら毎晩彼女と寝ながら心ではギョンハを想うなんて・・・」
ごもっともです。

2人の話を全部聞いてしまったウォニョンは声をかけることが出来ずに帰って行きました。
グァンジェはヨンハと借金を返済しに男性のもとを訪ね自分の作った料理を渡します。
笑顔が素敵です~

グァンジェはスノク達の家でタッカルビを振る舞います。
ミョンハとモンモンもこっそりスノクの家へ。
お酒が入り盛り上がるヨンエ。
何かが起こりそうです・・・

酔っぱらったヨンエはヒョンスクのもとへ
ヒョンスクに絡むヨンエ。
その話を部屋で聞いているギョンハはたまらず部屋から出てきます。
恐ろしい人ですね(-_-;)

タッカルビ店がオープンします。
1番に来店したのはグァンジェが借金返済をしている男性でした。
ウォニョンたち家族も駆け付けます。
楽しそうに働くヨンハを不安そうに見つめるヒョンスク。
次第に席が埋まり店は大繁盛に。

41話

家に帰り疲れ切った様子のヒョンスクたち。
周りの反応が気になって味わう暇もなかったと話します。
閉店した後もグァンジェはタレの味を追求します。
そして初日の売り上げに喜ぶヨンハたち。
チェ理事には頑張ってもらわないとですね。

スノクの家からの帰り道。ベンチに座りコンパスをながめながら、ため息をつくギョンハ。
そこにソヒが通りかかります。
「本当に兄さんと終りにしてしまうの?」と聞くソヒにギョンハは「ヨンには素敵な女性が側にいてヨンのお母さんもその人を気に入っているわ・・・ソヒ彼女と仲良くするのよ。」と笑顔で応えます。
たしかにそうですね・・・

ソヒは会社でヨンを待っていました。
ギョンハが旅先でヒョンビンと会うことを話すソヒ。
ヨンはそんなソヒをなだめ家に帰します。
ヨンには強引さが無いのでギョンハも踏みだせないですよね・・・

グァンジェが数時間バイトしたホストクラブに興味津々のジョンヨン。
あれこれグァンジェに質問します。
間に入り説明するヨン。
ジョンヨンはミョンソンに見つかり連れて行かれます。
面白い夫婦ですね(^^;)

スヒにお父さんが来たと言われ部屋から出てきたテイル。
父親とはスファンではなくボムジュンでした。
今後は遠慮なくうちに出入りするつもりなのかと聞くテイルにスヒは「うちで暮らすのよ。3人での生活に徐々に慣れていきましょう。」と伝えます。
「急に言われても困ります・・・」と言って受け入れることなくその場を離れるテイル。
平気な素振りをしているスヒですが心労が伝わりますね・・・

合格発表の日ドキドキしながらパソコンを開くヨン。
ソヒは会社を辞めることに決めました。
店長に退職届をことづけて去って行くソヒ。
店長から話を聞きグァンジェの店で働くのではと考えるテイル。
ソヒが辞めることを阻止します。
あんなことをしておいて最低ですね・・・

「君が必要だ。君でないと。君は信用できるから。ありのままの僕を見てくれる・・・特別扱いするわけでもなく・・・」と話すテイルの言葉を受け入れるソヒ。
いつも側で同行するためにと言って服を選びに行く2人。
ソヒ・・・

グァンジェたちの店に現れたテイルとソヒ。
お祝いの花を渡し、グァンジェを苛立たせます。
テイルの側にいるソヒを気にかけるヨンハ。
怒るチェ理事を半ば脅すような態度で去って行くテイル。
ヨンハが何か言える立場じゃないですよね・・・

スヒは店長にグァンジェに渡したカードが使えなくなっていることを聞きました。
テイルがなぜそこまでグァンジェを嫌うのか悩むスヒ。
店長はテイルもヨンハを好きなのではないかとスヒに伝えます。
店長は誰の味方?

家に帰りテイルの部屋を見て回るスヒ。
タブレットにヨンハの画像が沢山あることを確認するとボムジュンにテイルがグァンジェを嫌う理由がわかったと言って頭を悩ませます。
それだけではないですが・・・

ソニョンはヨンに結婚後の生活について話します。
「私を嫌っているソヒと住むのは嫌です・・・私が持っているマンションに2人で住みましょう。家族とは別居したいわ。」と伝えるソニョン
同居したいと話すヨンに「昔あなたを置いて家出したのだから文句は言えないはず・・・義母さんも1人の方が再婚しやすいわ。」と言って同居を拒みます。
「お金の管理も私が。共同名義の方がメリットがあるそうだから。」と明るく話すソニョンに「僕は嫌です家族との別居が・・・わかってもらえませんか?」と伝えるヨン。
ソニョンこんな人だったんですね~(゚Д゚;)

ソニョンは「家族と別居したいのには理由がある・・・父がこの結婚に反対しています。相手の男はともかく家庭が気に入らないと・・・私はあなたがギョンハさんと親しくしていることも理解できません。この結婚考え直した方がいいかも・・・とにかくソヒとの同居は嫌です。せめて義母さんだけに。私が最後に答えを出す前に連絡を下さい。」とヨンに迫ります。
恐ろしい子~(゚Д゚;)

立ち去るソニョンを呼び止めて「建設技術者の資格試験に合格しました。」と伝えるヨン。
ソニョンは「その資格を持つ人を大勢知っています。呼びと止められたとき愛しているとか2人で暮らそうとか言ってくれると思ったのに・・・他の男ならそう言うわ。」と言って去って行きました。
ヨン可哀想・・・

部屋に戻り今日も沢山稼いだと言って眠ろうとするグァンジェに一杯おごってくれと話すヨン。
グァンジェは「兄貴。試験に合格したんだな?!そうだろ?」と言って喜びヨンと飲みに出ます。
ジョンヨンも加わりヨンの合格を心から喜び称える2人。
良かったですね~

ウォニョンの家に現れたヨン。
試験に合格したと伝えるとヒョンスクもウォニョンも喜びます。
ヨンは「お酒の力を借りないと言えない事があります・・・。言わないと一生後悔すると思うから・・・苦しくて辛いから。社長、奥様・・・僕はギョンハさんを愛しています。彼女が好きなんです。自分の身の程は分かっています。でも・・・どうか言わせてください彼女を愛しているんです。」と自分の本心をぶちまけます。
そんなヨンを泣きながら叱るギョンハ。
ヨンは「ギョンハは何も気にすることなくスペインへ行けばいい。心の整理をしたかった・・・このままだといい夫になれない気がして・・・俺は結婚して子供を作り君を心の中にしまい込んで思い出すことはしない・・・幸せになれギョンハ。」と言って去って行きます。
ギョンハここまで来たのに踏み出さないなんて・・・

ヨンハはグァンジェが探している足りないものが塩であると気が付きます。
厨房で悩みながら眠るグァンジェ。
ゲドンと行った塩田の夢を見ていました。
ヨンハは眠るグァンジェの手に以前グァンジェが自分にプレゼントしてくれた塩の小瓶をそっと握らせます・・・

42話

朝ソヒの部屋に顔を出したヨンハ。
ソヒにテイルに気をつけるよう忠告します。
ソヒは「全部わかっている・・・代表がヨンハを好きなことも。でも今必要とされているのは私なの。私は代表が好き・・・だから複雑に考えないことにしたわ。だから・・・忠告には従えない。」と答えます。
ソヒが決めることですね・・・

ギョンハが旅にでると聞いて激怒するヒョンスク。
その声にミョンハたちも慌てて部屋から出てきます。
お父さんの許可は取ってあると聞きヒョンスクの怒りはピークに。
ヒョンスクから許可を取って行くのは無理そうですね・・・

グァンジェにお弁当を依頼したファンクラブの会長からケータリングの注文が打診されます。
お弁当ならまだしもケータリングは無理なのでは?と思うヨンハ。
店は定休日の日だし俺たちには素晴らしい助っ人がいると話すグァンジェにやる気になるヨンハたち。
頑張っていますね~

ミョンソンからヨンが試験に合格したと聞かされたボクスンは嬉しさが込み上げます。
ウォニョンはギョンハを空港に送ります。
そこにソヒから電話が入り・・・
泣いているソヒ。ヨンが怪我をして死ぬかもしれないとギョンハに伝えます。
ふらつく足元で病院へ行くギョンハ。
血だらけでベッドに横たわる患者を見て倒れてしまいます。
ヨン・・・(T_T)

ギョンハは自分を呼ぶ声に目を覚まします。
目の前には自分を心配するヨンの姿が・・・
「君が怪我をしたと聞いて・・・」と言ってギョンハを抱きしめるヨン。
お互いの無事を心から喜ぶ2人。
ヨンは「行くな。ギョンハ・・・行かせない。」と言ってギョンハを強く抱きしめます。
その2人を遠くから見つめるウォニョン。
ソヒとウォニョンは2人のために芝居を打ったのでした。
やっとですね(^^;)

グァンジェは自分のレシピノートを作ります。
家で泣きじゃくるヒョンスクをなだめるミョンハ。
ヨンとギョンハは家に戻りヒョンスクに気持ちを伝えます。
2人を結びつけたウォニョンはスノクの家に避難していました。
理由を聞いて驚くスノク。
大変ですね・・・

ヒョンスクは結婚を前提に付き合っている人がいながら、どういうことなのかとヨンに詰め寄ります。
ヨンは跪き「ソニョンさんを愛していないけど、努力しようと思いました・・・ギョンハのためにそうしようと。他の人と結婚したら彼女がらくになると・・・ソニョンさんにはきちんと伝えます。結婚するつもりでしたが愛せないと。現世の運命の人はギョンハさんです。」と自分の気持ちを伝えます。
納得してもらえますかね?

グァンジェの店で食事しながらギョンハとヨンのことを説明するモンモンたち。
ボクスンたちバレていないか心配するヨンハはスノクの家へ。
そこでソヒを送ってきたテイルを見かけたヨンハ。
「妹のように大切に想っているソヒを傷つけたら恩師とは思わない。グァンジェ以上にあなたを憎みます。」とテイルに伝えます。
テイルは「君は誤解している。僕が愛しているのはヨンハだけだ。君を手に入れるためならどんなとだってする。なんだってできる・・・今君の隣にいる男を何としても君から引き離してやる・・・全てを失っても君さえ手に入ればそれでいい・・・」と答えます。
ひぇぇ怖すぎる・・・Σ(゚Д゚)

スノクはボクスンにいつも以上に優しく接します。
「ありがたく思うなら・・・一度だけは許してちょうだい。」と呟くスノクに首をかしげるボクスン。
スノク面白い( *´艸`)

家に戻るテイル。ボムジュンをゲドンと勘違いし思わず声をかけます。
食べてもらいたくてと食事を用意したボムジュンに冷たく接するテイル。
部屋で酒を飲みヨンハの言葉を思い出します。
どうにもなりませんね・・・

ヨンの店で今日のことを話し合い幸せそうな2人。
見つめ合いキスをします。
そこへソニョンが現れ・・・
外に出て話そうと言うヨンにソニョンは平手打ちします。
怒りがおさまらないソニョン。
謝るヨンに手をあげますがギョンハが庇い代わりにぶたれてしまいます。
ソニョンを追いかけるヨン。
ソニョンと別れてからにするべきですよね・・・

ウォニョンとソヒがヨンの店に。
ソヒはウォニョンに兄を認めてくれてありがとうと感謝の気持ちを伝えます。
今日の出来事を笑いあう2人。
ソヒ。兄のために頑張りましたね。

ギョンハはソニョンに謝ります。
不愉快だと話すソニョン。「悪いと思うなら私たちの前から消えて欲しい。親戚も結婚すると思っているのに恥ずかしくて別れられない・・・絶対に結婚します。」と伝えます。
ソニョンの前に跪くギョンハ。
ソニョンは土下座されても気持ちは変わらないと言って去って行きました。
意地になりますよね・・・

酔っぱらったヒョンスクはスノクの家を訪ねます。
ヨンとギョンハのことを涙ながらに訴えるヒョンスク。
「ヨンが嫌いなんじゃない・・・育って来た環境も今の環境も悪すぎる・・・お荷物を抱えているでしょ。三回も結婚したのに結局一人になった母親。苗字の違う妹の父親代わり・・・なぜギョンハがそんな子と結婚を?おかしいでしょ!」とわめきたてます。
言い過ぎです(-_-;)

話を聞いていたボクスンが部屋に入ってきてとうとう喧嘩に。
ヨンが現世の運命の人はギョンハだと言ったと聞いてショックを隠せないボクスン。
ヒョンスクに「私もギョンハが絶対に嫌い。嫌なの。だからお互い気を強く持って反対して!」と伝えます。
許してもらえる日は来るんでしょうか・・・

部屋に入れてもらえずにソファーで寝ているウォニョン。
ギョンハは切なくなります。
ヒョンスクはボクスンにギョンハが気に入らないと言われた言葉を思い出し怒りが込み上げます。
ウォニョンの会社を訪ねたヒョンスクは離婚届をウォニョンに渡し、ヨンを婿にするか私と離婚するのかを選ぶように迫ります。
離婚して切なくなるのはヒョンスクでは?

ヨンハはグァンジェを奈落の底に落としてやると言ったテイルの言葉を思い出し不安になります。
探していた味にようやくたどり着きヨンハを抱きしめるグァンジェ。
ヨンハはテイルからグァンジェを遠ざけるために別れを決意します・・・

感想

やっと2人で歩んでいくと決めたヨンとギョンハ。
しかし問題は山のようです・・・
変貌したソニョン。ヒョンスクもボクスンも2人を許すとは思えませんし、このまま2人で逃避行でもするんでしょうか?
あんなに反対する気持ちがわかりませんね。
そしてテイルの自分への執着に危険を感じはじめたヨンハ。
グァンジェから離れると決意します。
ヨンハの気持ちも理解しがたく・・・
なんで?と思わずにいられませんが、順調なグァンジェの仕事を妨害されることを恐れてのことなのでしょう。
ゲドンの味を再現出来て無邪気に喜ぶグァンジェが切ないですね。
次回はどんなことが待ち受けているのかちょっぴり不安になります。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください