青い鳥のロンド-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-青い鳥のロンド-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

青い鳥の輪舞(ロンド).jpg
恋愛、結婚、出産、人間関係、マイホームの5つの夢を諦めた現代の若者たちに焦点をあてたヒューマンラブストーリー。
困難を乗り越え成長していく姿を温かな家族愛を絡めて描きます。
韓国では同時間帯視聴率1位を独走し、最高視聴率27,5%を記録した全世代に支持された大ヒット作品です!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジワンがミジンに告白をし、無事に2人が付き合い始めました。失恋したヨンジュが可哀想でしたが、悲しさをバネに良い脚本を書こう!と良い方向に立ち直ってくれましたね。
そんな中、ウンスとヒョンドの仲が母ソニにバレてしまいました。母娘の仲が悪くなるのを見て、ヒョンドはウンスと別れると宣言します。
ふたりの仲はこのまま終わってしまうのでしょうか?!

【青い鳥の輪舞】(ネタバレあり)

28話
母娘の仲がこじれないように、ヒョンドはウンスとの別れを決意する。
ウンスはソニとはもう一緒に暮らせないと家を出て行く。
ジョンエが悪徳闇金業者に返済するために金が必要だと知ったテスは、その闇金業者に身を引き渡すと脅して、金を諦めさせる。
ジョンエと会ったホテルを後にしようとしたとき、テスは偶然に居合わせたジェチョルに声をかけられる。その様子を陰からジョンエが見ていた。
ジェチョルが昔テフ産業を担当していた銀行員だと思い出したジョンエはニヤリとする。
ジョンエは後日セギ銀行までジェチョルに会いに行き、声をかける。
ジョンエの行動は悪だくみばかりで、嫌な予感しかしませんね~。
シン代表はテスの会社の会計資料をチェックさせたが、不審点は見当たらない。
そこで後日テスに会いに行き、投資額を増やしたいから、役員を納得させるために資料をすべて公開するよう言う。
テスはあやしみつつも要求する資料をすべて見せることにする。
マーケティングチームが、海外契約に同行する話が出ていた。ジワンが家でパスポートを探していると、父サンヒョンのパスポートが出てくる。ベストグローバル社の前身だったテフ産業のころは、中国進出のためにサンヒョンとテスが一緒に中国へ出張に行っていたとソニが懐かし気に話す。
ヒョンドは会社の前まで会いにきたウンスを冷たく追い返すが、泣き崩れるウンスを見て抱きしめる。
そのときちょうどかかってきたソニからの電話に出て、ウンスとは別れないと宣言する。
お~!男らしいですね!
そのころジワンは父のパスポートを見て気付いたことを確認するため、テスと会っていた。
ジョンエが身ごもった頃、長期出張で父は中国にいた。当時父と行動を共にしていたテスも中国にいたことになり、ウンスの実父にはなりえない。
29話
ソニはヒョンドを呼び出し、2人の交際を認めない本当の理由を話す。
ヒョンドはウンスの実の父親が自分の父親だと知り、ショックを受ける。
ソニがヒョンドに実父のことを話したと聞いたテスは、ウンスが自分の娘なんてことはありえないと怒り出す。
怒るくらいなら最初にきちんとそう言ってればいいのにー。
ジワンにその話を聞いたソニはジョンエに会いに行き、本当にウンスがテスの娘なのか確認する。面倒くさかったから嘘をついたというジョンエを叩き、叱責する。
ソニはウンスに会いに行き、二人に悪い事をしたと心から謝る。
ソニにヒョンドとの仲を認めてもらえてウンスは喜ぶ。
ヒョンドはテス本人に確認し、ウンスは娘ではないと知る。
安心するのも束の間で、テスはウンスとの交際は絶対に認めないと言い出す。
ジョンエは自分がテフ産業の経理をしていたことを明かし、ジェチョルに接触する。そしてジェチョルが記録していた取引ノートの話をする。
ソニはジワンにも今回の誤解のことを謝る。当時ジョンエは大金の入った通帳を持っており、それを父親のテスからもらったと言うから信じてしまったと振り返る。
しかし当時のテスにはそんな金はなかった。
ジワンは経理担当だったジョンエが、会社の資金に手を出したのではと疑う。そして当時財務担当だったイ支店長に確認してみることにする。
20年前の取引まで記載したジェチョルの取引ノートを、興味深げに見るジョンエ。テスと会わせるとちらつかせ、そのノートを見せてもらう。
ジワンは人事端末からイ支店長の電話番号を調べて電話をするが、それは使われていない番号であった。何かおかしいと思い始めるジワン。
おかしいことだらけよ!早く真実に気づいて~!
一方ジョンエは取引ノートから、当時テスが1冊の通帳だけではなく、40冊の通帳の解約を行っていたことを知る。サンジュンの金をすべて奪って独り占めしていたことを知り、怒るジョンエ。
30話
ソニはヒョンドを家に呼び、改めてたくさん傷つけたことを謝罪する。ヒョンドはウンスが実の娘でないことは、自分からは伝えないと約束する。
そしてウンスが母スギョンに呼び出されたことを知ったヒョンドは、慌てて自宅に戻る。
別れるよう言いつけても、応じないウンスを叱ろうとするが、ヒョンドやジワンの顔がちらつき抑えるスギョン。そこにヒョンドが到着してウンスを助け出す。
いつものサバサバしたスギョンらしさを抑えていて、面白かったです!
ホ監督が大河ドラマ監督に選ばれたため、1年はヨンジュとの単発ドラマ制作に携われなくなる。自分を心配する監督に、ヨンジュは実は中国進出の話があると打ち明ける。
2人はそのまま楽しく飲み明かす。
ジョンエはジェチョルに大金と引き換えに、銀行に保管してあるテフ産業取引明細書の控えを持ってくるよう頼む。ジェチョルはこれをきっぱりと断る。
ジェチョルってやることなすこと男前で素敵ですよね!
ジェチョルは今回のことをテスに教えようとベストグローバル社を訪ねるが、テスは話も聞かずに警備を呼ぶ。警備に連れられるジェチョルの姿を見たジワンは助けるが、テスはこの2人が知り合いだったことを懸念し、関係を調べる。
そしてキム家とカン家が、家族ぐるみの知り合いだと知ったテスは焦る。
新製品輸出のための中国との打ち合わせに、マーケティングチームからジワンに契約を任せることを決める。
何をたくらんでいるんでしょう~。
ソニの店にシン代表が来る。男性と会っていることが珍しく、ミンジャはヘンスクを呼ぶ。
ウンスがテスの娘ではなかったという話をしていた2人だったが、その話を駆けつけたヘンスクに聞かれてしまう。ウンスが兄サンジュンの子ではないと知って、驚くヘンスク。
この流れは非常にまずいのでは・・・?!
中国側との商談の日。新製品担当としてジワンが取り仕切る。しかし見せた設計図を中国側に盗まれてしまう。これはテスの差し金であった。
28~30話の感想
ウンスとヒョンドが血のつながった兄妹ではないことが分かりました!良かったです~。テスがはっきり否定しないから、みんな振り回されてしまいましたね。テスは昔サンジュンの大金を奪ったことを隠すために言わなかったんですが、まわりはいい迷惑ですね!
ソニに辛い思いを味わされたヒョンドですが、それを引きずらず、ソニの良い息子になろうと、ソニとの仲を詰めようとする姿がすごく素敵でした!こんな気配りができる男性はすっごく魅力的ですよね、ヒョンドの株がぐ~んと上がった回でした♪