風と雲と雨-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

賄賂事件の黒幕がキム一族だと判明したり、ハジョンがなくなったり、マンソクがインギョのスパイだと判明したり、ボンリョンが母と再会したりと様々な展開があった前回。
そんななか今回、ビョンウンやチョンジュンに復讐を企むチソンが動き始めるも…。

スポンサーリンク

【風と雲と雨】(ネタバレあり)

スポンサーリンク

22話

ハジョンは生前チョンジュンに恨みを持っていて、用心棒だったチソンはその無念を晴らすべく復讐を企んでいた。
一方、ビョンウンはインギョと話していた。
そこでボンリョンがチョンジュンと頻繁に会っていることを報告したインギョ。
するとビョンウンは引き続きボンリョンの動きを監視するようインギョに頼むのだった。
その夜、ビョンウンの元に刺客が現れる。

チソンが復讐に来たのです

チソンはビョンウンを刀で切り付け逃走するとジャヨンと遭遇。
ジャヨンはかつてチソンの怪我の手当てをしてあげいい雰囲気になったことがあり、逃げてきた男がチソンだと気付いたジャヨンはボンリョンと共に彼を護衛から守ってあげた。
その後、チソンは逃げる際に怪我をしていて意識を失ってしまい、ボンリョンとジャヨンはひとまず彼を部屋に隠すことにした。
しばらくして目を覚ましたチソン。
するとそこにはボンリョンやチョンジュンがいて、彼らと話すことに。
そしてハジョンの死についてチョンジュンは無関係だと改めて知ったチソンは、彼への報復はやめることに決めるのだった。
翌日、町ではビョンウンが刺客に襲われたことが大きくニュースになっていて、護衛たちはその犯人探しを行なっていた。
そんななか、マンソクがインギョのスパイになった経緯が明らかになる。
マンソクは家族を人質にインギョから脅されていて、彼に従わざるを得ない状況にいたのだ。

仕方なくという感じで本当にチョンジュンのことを裏切った訳ではないようです…

その後、マンソクが壮洞キム氏の屋敷に出入りしていることを知ったパルヨンはマンソクに掴みかかりそのことを追求。
そしてインギョに脅されインギョにはスパイに見せかけているが自分はチョンジュンの味方だと説明。
さらにチョンジュンにずっと持っていた相続についての文書を手渡すのだった。

マンソクがスパイだという疑いは晴れましたね

その後、チョンジュンと興宣君は趙大妃に呼び出される。
その場にはボンリョンも呼ばれていて、趙大妃はある青年を紹介する。
彼はミンといい、王族で哲宗の異母兄の息子。
すると趙大妃は「私は彼を次期国王として推薦する」と宣言。
実はミンを趙大妃に紹介したのは、ボンリョンを殺そうとし、今は町で評判の占い師となったソンファの兄・ソンジンだった。
それを知った興宣君、チョンジュン、ボンリョンは驚くのだった。

スポンサーリンク

23話

その後、ボンリョンは趙大妃からミンが次期国王に相応しいかどうかを尋ねられる。
そこでボンリョンは「彼からは王の気は感じられません」とバッサリ。
その回答に趙大妃は不機嫌になりながらも「私が彼を王にしてみせる」と言うのだった。
一方、キム一族のジャグンの持病が悪化するなか、チソンに襲われ怪我をしていたビョンウンが復活していた。

ビョンウンが倒れキム一族の覇権を握れると思っていたビョンハクは少しガッカリしていますね…

その夜、眠りについたボンリョンはある夢を見る。
それはチョンジュンと出掛け、花をプレゼントされ、ラブラブな雰囲気でキスをする夢だった。

夢に出て来るほど想ってるんですね

一方、興宣君は趙大妃から紹介されたミンが本当に王族の人間なのか疑っていた。
趙大妃の甥からミンは本当に王族の人間だと説明を受けるも、興宣君は釈然としないのだった。

本当にミンは王族の人間なのでしょうか…

一方、趙大妃にミンを紹介した占い師・ソンジンは、ビョンウンと話していた。
そこで「計画通り趙大妃はミンを気に入りました」とニヤけるソングン。
するとビョンウンは次にチョンジュンを潰すよう指示するのだった。

ミンが突然現れた黒幕はビョンウンだったんですね…

一方、チョンジュンはソンジンのバックに権力者がいることに気がつき始めていた。
そんななか、ナハプがチョンジュンの元に占って欲しいとやって来る。
そして占った結果、チョンジュンは「後日ジャグンの屋敷に伺います。これはお二人の命に関わることです」と告げるのだった。

スポンサーリンク

24話

趙大妃はミンを哲宗に紹介。
哲宗も彼の存在は知らなかったようで彼について疑うなか、趙大妃「彼が次期国王候補です」と話す。
するとそこにはチョンジュンがやって来て、「次期国王はジェファンだ」と改めて宣言。
さらにミンを趙大妃に紹介したソンジンの予言はインチキだと指摘した。
それを聞いた哲宗は「ならば2人でこの国の命運を占ってみろ」と2人に占いをさせる。
ソンジンが平和的な予言をする中、チョンジュンは疫病が流行するから備えるようにと予言。
その場がざわつくなか、チョンジュンとソンジンは互いに自分の予言が外れたら自分の首をはねるという約束をするのだった。
一方、町外れの村では早くも疫病が流行し始めていた…。

チョンジュンの予言が現実になりそうですね…

その後、それを知ったジャヨンは子どもたちを病から救って欲しいとボンリョンに助けを求める。
そしてボンリョンが村に向かうとそこには病により道端で村人たちの姿が。
その村は貧しい村のため役所からも見放されているようで、ボンリョンは「疫病を止めないと!」と急いで策を練るのだった。
一方、チョンジュンと興宣君も疫病に備え動き始めていた。
チョンジュンが薬を準備するなか、興宣君はキム一族に対策を講じるよう話しに行く。
しかしキム一族はその話を聞いても対策を講じる気が無いようで、興宣君は呆れてその場を立ち去るのだった。
その後も興宣君は役人たちに疫病対策を講じるよう掛け合うも、役人たちは国の予算を使うことを渋ったりとなかなか動いてくれない。
それには興宣君も憤りを感じるのだった。

他人事という感じの役人たちの態度は見ていて腹立たしいですね…

その後、疫病は町にも広がりチョンジュンの予言通りになるのだった。

スポンサーリンク

感想

22話ではチソンが復讐に動き始めた回でした。
ビョンウンを襲撃したことでチソンは指名手配状態になってしまいましたね。
またラストには趙大妃がハジョンに代わる新たな次期国王候補を連れて来て驚きの展開に。
また彼を趙大妃に紹介したのがソンファの兄・ソンジンだったという展開も驚きでした。
そして23話ではチソンに襲われたビョンウンが復活しました。
さらに趙大妃にミンを紹介したのもビョンウンの差金だと判明したり、まだまだ覇権をめぐるキム一族との争いは続きそうだなと感じました。
そして24話では、町に疫病が流行し大変なことになってしまいました。
そんな状況下でまともに対策を講じない役人たちの様子は、このコロナ禍での政府の動きとリンクするものを感じました。
疫病の流行は収束するのか、そして国の覇権争いはどうなるのかなど今後の展開が気になるところです。

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください