馬医-あらすじ-48話-49話-キャスト情報ありで最終回まで!

韓国ドラマ-馬医-あらすじ-48話-49話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

馬医.jpg
若かりしカン・ドジュン、イ・ミョンファン、チャン・インジュはそれぞれ生まれも育ちも違うけれど、医学を志す熱心な若者たちだったが、ある事件を境に運命が大きく変わる。そしてその渦中に誕生する2人の子供たち。彼らの運命はいかに?!朝廷の中に渦巻く黒い動きと崇高な魂が入り混じる壮大なストーリーが展開されます!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとうミョンファンは追い詰められ、最後の最後に真人間の感覚に戻れたのでしょうか。
全ての人にとってショッキングな出来事ですが、クアンヒョンはじめ、チニョン、ソンハ、インジュたちの働きかけもあって、
やっとミョンファンの狂った歯車に終止符を打ってあげられた感じがしますね。さて、このあと最終話に向けて残された若者たちが、
それまでの出来事の中で狂わされたものをどう幸せの形にしていくのか、そんなところを見守っていきたいですね。     

【馬医】(ネタバレあり)

48話

クァンヒョンとインジュは顕宗に謁見し、自分がしたいと思うことは養父の無念を晴らすことであることを伝えながら、
昭顕世子の死にイ・ヒョンイクが関わっていたこと、それを告発しようとしたら逆に罪を着せられ無念の死を遂げることなったのはパク・ソックであることを話し、
それと共に養父を免賤出来ないか、そしてその娘であるチニョンも同時に免賤出来ないか相談をする。顕宗は第七代目王の時に殺人者の告発者が免賤された事例を見つけ、
それに基づきペク・ソックも同様の扱いとなった。そしてチニョンも。
これまで通り医官として過ごしていくことを望むクァンヒョンだったけれど、両班となった彼を朝廷の重鎮たちは放っておかなかった。
特にチャイジョンのホン・ユンシクは勝手に彼を文官職につけたらどうかと王に相談をした。しかしクァンヒョンは頑なに拒み、屋敷までも無料診療所にするべき改築を進めるのだった。
まるで実父のように自分の意思を押し通す姿を見て、ユンシクは「自分の父親と同じ道を歩みたくなければ・・・」と憤る。そんな時顕宗が倒れる。

49話

倒れた顕宗のもとにシン・ビョンハン、クァンヒョンらが駆けつけて診察を行ったところ、腸内に腫気があることが分かった。
「治腫指南」には開腹手術にかんする記録があるが、大変危険な手術である上、王の体を切ること自体が死罪に値するほどのことであるので、誰もが躊躇した。
しかしシン・ビョンハンは故コ・ジュマンであれば少しでも望みがあればそれを繋ぐだろうと思い直し、
大妃に願い出たところ許可が出る。手術にはチニョン、インジュ、テジュ、テマン、サアム、カヨンらが参加することになった。
腸内には膿が溜まっていて、病巣を見つけづらい状態で、いわゆる手探り状態だった。
そんな状態を見かねて中止させようとユンシクが動き出し、王妃に取り入り兵を連れて手術室に乗り込みクァンヒョンを取り押さえる。
しかしテマンやチニョンの助けもあり、様々な手を尽くし病巣を見つけ出すことができ、手術は成功に終わった。
後日その手術に参加した面々は式典にて称えられ、それぞれ表彰されたり、上の官位を貰う。
そして注目されていたクァンヒョン、もともとその資格はないけれど、実力が認められ王の主治医に抜擢される。

48-49話感想

養父の無念を晴らしたり、またチニョンの必死に生きる姿を枯らさないようにと、
全員が幸せな方向へ進めるよう努力するクァンヒョンの姿には最後まで感動させられますね。
チニョンが再びこれまでと変わらずみんなと過ごすことが出来るようになって本当に嬉しいですね。
そして最後に顕宗が倒れ、その執刀するという大仕事がやって来ましたが、その参加メンバーはそれぞれもう安心感がありますね。
どんな困難も乗り越えられるような感じられます。実際手術に成功し、式典でほめたたえられる姿はそれぞれ堂々として、誇らしげで印象的です!
さぁ、次回は最終話になります!