高品格の片思い-あらすじ-1話-2話-3話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-高品格の片思い-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

高品格の片思い.jpg
このドラマは韓中合作のウェブドラマで、中国インターネットサイトで初公開されて以来、大反響になり、その後韓国での放送となった。チョン・イルの俺様的でありながらどこか憎めないキャラクターと、チン・セヨンの純粋で真面目なキャラがどのように絡み合っていくのか、はたして恋愛に発展するのだろうか…。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
次世代の気難しいCEOチェ・セフン(チョン・イル)は山奥に暮らしていた純粋な女性ユ・イリョン(チン・セヨン)に目を奪われ、イリョンをスカウトする。しかし、イリョンは芸能界にはまったく興味がない。育てる新人すべてをトップスターにするというセフンが彼女をスターにするために奮闘していく。俺様的なのにずっこけてしまうセフンが愉快な笑いを届けるコミカルなラブロマンスである。
【高品格の片思い】(ネタバレあり)
【1話】
高級車から降りるGチョイエンターテインメントの代表チェ・セフン(チョン・イル)。
部屋ではチャン代表と監督ら3人が次のキャストについて話をしている。
そこにセフンがどうどうと入ってくる。
3人はそのまま凍り付いてしまった。
スター顔負けの登場ですね~
セフンはまさか私抜きで勝手に話を進めているのではないですよね~と探りをいれる。すると監督らはセフンの会社所属のユン・ジウォンはピンと来ないのでSYエンターテイメントのナミョクを使うと主張する。
するとセフンは「つまり、監督はこのような感じがお望みなのでしょう」と言って額縁に入ったナミョクの写真を出した。
3人は「そうそうナミョクがいい、彼にはオーラがある、きっと大物になるよ」と言い、ナミョクを褒め讃える。「チェ代表もそう思うでしょう?」と…
セフンは「ありがとうございます。私もそう思います」と答え、写真をもう一枚出した。それは本当のナミョクの写真で、先ほど3人が褒めていたのは実はユン・ジウォンだったのだ。ユン・ジウォンに廊下に飾ってあったナミョクの写真と同じポーズをさせて撮影し、そしてできた写真を3人の前にどうどうと出していたのであった。
セフンは相談をする時間をさし上げましょうと言いその部屋を出た。
巧みな作戦ですね。あっぱれ、あっぱれ!
セフンの策略は成功しユン・ジウォンをキャストに選ばれた。
セフンは精神科医ジョンヒョンを訪ねるが、ジョンヒョンはセフンの偉そうな態度にうんざりして話を聞いていない。
その頃、グラビア撮影を嫌がってスターのミンジュ(ボラ)が逃走した。ミンジュを見つけたホ室長は、警護員と一緒に追いかける。ミンジュをやっと袋小路に追い詰めたが、そのときミンジュが「誘拐犯です。 助けてください」と叫んだ。 これを聞いたユ・イリョン(チン・セヨン)は棒でホ室長の頭を叩いた。
精神科医ジョンヒョンはセフンの話を聞いているうちに自分の方がおかしいのかと精神科医を訪れていた。
精神科医が精神科医に相談?
そうこうしているうちにまた、ミンジュに逃げられ、ホ室長はセフンにミンジュが消えたという報告をした。 セフンはなぜ報告しなかったのかと怒鳴るが電話に出なかったおまえが悪いんだとホ室長はイライラが増してくる。
ホ室長の気持ちよくわかります!
ミンジュの変わりにリハーサルを出来る子を探さなければならない。ホ室長は立っているイリョンを見ると自分を叩いた事の責任をとれと言った。警察に行くか人助けをするかどちらにするかとイリョンを脅す。
結局、ミンジュの変わりにカメラリハーサルに参加することになったイリョン。セフンは逃げたミンジュを捕まえてリハーサル現場にやってきた。 すでに、イリョンでリハーサル撮影は開始されていた。
撮影現場に入ったセフンは、白いドレスを着て、スポットライトをあびてカメラの前で微笑んでいるイリョンを見て、固まってしまった。 イリョンの天使のような微笑みに、セフンは心臓がドキドキ、バクバク…。ただただイリョンの姿にうっとりしていた。
一目惚れですかね~
【2話】
ミンジュは撮影を開始した。
衣装室ではイリョンが服や靴、そこらにあるものを投げつけていた。みんな止めようと近づくが物が飛んでくるので近づけない。セフンがト飛んでくるものを避けながらイリョンのところに近づくのに成功した。しかし、衝立で隠れていたが、実はイリョンは何も身につけていなかったのだ。セフンに自分の裸を見られてイリョンは悲鳴を上げながらセフンの頬に思い切り平手落ち…
これは災難ですね~
セフンはそのまま倒れてしまった。
しばらくして目を覚ましたセフンはイリョンのことを怒り出した。弁護士をたてるとまで言う。
しかし、ホ室長は、イリョンは何も知らずに連れてこられて、撮影され、そのうえ裸まで見られたのだから、反対に訴えられるのはこちらだと言う。
次にイリョンを事務所に連れてきた。 セフンはイリョンが殴ったことを責めるが、反対にイリョンは1日中連れ回され、裸まで見られて、あの場で殴らない人はいないと言う、2人の口論はどんどんひどくなり、ホ室長が仲裁に入った。
セフンは撮影しているとき、なぜ、イリョンがあれほど魅力的に見えたのだろうかと、不思議に思い、あらためてイリョンを見てみる。特に美人でもスタイルがいいわけではなく、印象も平凡だと分析するが、カメラフラッシュをあびると…。イリョンの美しさが目に浮かび、うっとりしてしるセフン。
本当に美しいですね~。カメラの技術は素晴らしい
セフンはこの状況を精神科医のジョンヒョンに相談するため電話をした。イリョンを見ていないジョンヒョンは半分聞き流す。
そうですよね~、見てもいない人のことを聞かれてもね~
セフンはイリョンの元へ戻り「私が悪かった。そのおわびに、私が君を育ててあげよう」と言った。
しかしイリョンは「私はもう大人ですけど」と…。
イリョンって天然? かわいい〜
その気はないと真面目に言うイリョンに、今までにいないキャラで新鮮だと言い拍手をするセフン。イリョンは芸能人になるつもりがないから服を返して欲しいと言う。しかし、それが本気で言っていると思っていないセフンは「つっぱねるふりをするのはここまでにしろ」とイリョンの腕をつかむが、イリョンに押され再び意識を失ってしまう。
セフンがやられたのを見て喜ぶホ室長。よくやったとイリョンをたたえ、今のうちに帰ったほうがいいと言う。
ホ室長は相当ストレスがたまっていますね~
しばらくして覚めたセフンは帰ってしまったイリョンを探して走り始めた。
バスに乗ろうとするイリョンを発見し、セフンはイリョンを引き寄せ…ドキドキ。
【3話】
セフンは暴力を振るったイリョンと訴えると騒ぐが、反対にホ室長にこちらが誘拐、監禁、セクハラで訴えられると心配する。イリョンの隣には支援者チャン代表が座っている。
1話で出てきた社長ですね
セフンが2人は知り合いなのかと聞くと、ホ室長が2人の出会いを話し始めた。
以前、チャン代表は五台山に登山に行った。チャン代表は道に迷ってしまい、歩けど歩けど同じ場所に戻ってしまい、途方にくれていた。だんだん暗くなり、不安でいたところに突然、暗闇の中からイリョンが現れたのだった。
チャン代表はイリョンの家で宿泊させてもらい、翌朝目覚めると、そこには天使のようなイリョンがいた。チャン代表はその笑顔に一目惚れしてしまったのだった。
あの笑顔なら誰でも惚れてしまいます
ホ室長は話を続けた。
イリョンは五台山の山奥に1人で住んでいて、テレビもコンピューターもないそうだと…。
チャン代表は朝ご飯までご馳走してもらい、イリョンにお礼をしたいとお金を渡そうとしたが、イリョンは「あたりまえのことをしただけです。 そして私は幼い頃、おじいちゃんから物を欲しがってはいけないと学びました」と断った。
ホ室長からイリョンの話を聞いたセフン。セフンは、大当たりだ、作られたキャラクターではなくオーガニックなキャラクターだと絶賛し、イリョンを自分の人生の目標にするとまで言った。
自然の中で生活しているからオーガニック?
精神科医ジョンヒョンは、誰でも芸能人になりたいとは思っていないと言うが、セフンは自分が育ててやるのだからだから断るはずがないと自信満々だ。
セフンの事務所では、イリョンをスターにするためのプロジェクトチームを作った。
本人は何も知らないのに…
とにかくイリョンを連れてこなければと、セフンは車で五台山に向かった。車は途中までしか入れない。車から降り、山道を登って岩も越えて、どんどん山奥に進んでいった、しかし、いくら歩いてもイリョンの家にはたどり着けない。この先かと確信してたどり着いた先は岩でできた絶壁だった。叫ぶセフン…。
1~3話感想
セフン演じるチョン・イルくん、いいキャラクターですね。完全に俺様ですね。反対に山奥に住むイリョンは天使のようです。
セフンはイリョンに惹かれたのでしょうか。それともただトップスターにしたいだけなのでしょうか。そんなはずはないですよね。イリョンに惹かれていることにセフン自身はいつ気づくのでしょうか。
私もセフンにトップスターに育ててほしい…。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。